2019年09月15日

失われた一人のために ルカによる福音書15:1−10 2019.09.15 聖霊降臨後第14主日(特定19)

失われた一人のために   ルカによる福音書15:1−10  2019.09.15   聖霊降臨後第14主日(特定19)   

 今日の聖書日課福音書ルカによる福音書15章は、多くの人に知られまた好まれている箇所です。この箇所は「福音の中の福音」とも言われ、主イエスの教えと行いを理解する上で分かり易い箇所であり、また主イエスの最も中心にあるお考えが例え話として語られている箇所でもあります。
 主イエスは、ルカ15:10で「言っておくが、このように、一人の罪人が悔い改めれば、神の天使たちの間に喜びがある。」と言っておられます。
 主なる神は絶えず私たちに働きかけておられます。その働きかけは私たち一人ひとりに対するメッセージであり、私たちは一人ひとりが神さまとの二つと無い関係の中で、その人にしかない経験をするのです。
 仮に、私に子供が10人いるとして、私の持ち物を平等に分けるとすれば、物や金銭については10分の1ずつにすることができます。でも、私が子供を愛する時の愛は、10分の1ずつになるわけではありません。私は親として一人ひとりの可愛さを知り、10人の子供それぞれに対する特別な思いをもって関わり、結果として10通りの関係を結んでどの子のことも愛することになります。私は10人の誰もが大切であり、もしかしたらその10人の中で一番手のかかる子供ほど心を痛め心配し、家族の中で共に喜びの中で過ごせるように一層関わらないわけにはいかなくなるかもしれません。それは、10人いる自分の子供が誰一人として失われてはならず、むなしく滅び去ったりしてはならないと思う親としての愛が働くからです。神の愛は、全ての人に与えられていますが、それは数字に表されるような均質的、画一的なものではありません。
 今日の福音書の「見失った羊」や「無くなった銀貨」の例えには、当時の指導者たちが考えていた救いの約束の枠からはじき出されて遠く離れ去った人に対する神の愛が描かれています。
 主イエスが、つとめて交わりを持ち、愛を注がれたのは、見失われた一匹の羊のような人であり、無くなってしまった一枚の銀貨のような人たちでした。そう例えられる人は、正統なユダヤ教の信仰を持った人々からは罪人呼ばわりされ、切り捨てられ、交わりを絶たれてしまう人々でした。指導者たちは、自分たちを救われた者の側に置き、「神に選ばれた者」としての一致と団結を図ろうとしていたのです。
 その中心的な役割を担った一派がファリサイ派でした。ファリサイとは「分離した」「分けられた」という意味を含み、自分たちを神に選び分けられた者と位置づけて、この人々自身によって名付けられたとも考えられています。そしてそのような人々の中に数えられる事のない下層民を「地の民」と呼んで蔑んでいたのでした。
 ファリサイ派には次のような規約があったと伝えられています。
 「地の民には金を預けてはならず、何の証言も取ってはならない。秘密を明かしてはならない。孤児の保護を頼んではならない。旅の道連れになってはならない。金を管理させてはならない。」
 ファリサイ派をはじめとする指導者やそれに従う人々は、自分たちの団結をはかり神との関係を清く保つために、律法に背く事を極度に嫌いました。そして神との間の契約である律法を全うできない人について「罪人が一人でも神の前で抹殺されるなら天に喜びがある」と言っていたのです。
 地の民と呼ばれる人々は、日々の交わりから排除され、汚れた者とされて、接触する事を嫌がられました。
 でも、主イエスはそのように罪人呼ばわりされて切り捨てられる人々と交わり、食事を共にしておられました。このような主イエスのお姿を見るとユダヤ教徒たちは心の底から驚きまた腹を立てたのでした。ファリサイ派の人々にとって、地の民と交わる事は自分を汚す事であり、自分が罪人になる事に他なりませんでした。
 こうした状況で、主イエスがファリサイ派の人々や律法の専門家に向かってお話しになったのが今日の福音書です。
 主イエスは羊飼いの例え話をなさいました。実際の羊飼いも、先ほどお話しした「地の民」呼ばわりされる人々の中に含まれていました。羊飼いは危険の多い仕事です。僅かな緑を求めて羊を連れ歩きます。砂漠があり崖がある難しい道を時に先頭に立ちまた時には後ろに周り、一匹も失う事がないように働く羊飼いには、会堂での祈りも決まった時刻の律法の朗読も無縁でした。羊一匹一匹に名前を付けその性格も知り抜き、昼も夜も群れを守り導くことが羊飼いの仕事です。こうした過酷な状況でも自分の羊を一匹も失うまいと懸命に働く羊飼いを思うと、主イエスが何故この例えをなさったのか私たちにも分かってきます。
 指導者たちが自分たちの都合の良いように他人を裁き、罪があると断定しようとも、神は罪のある人がそのままに滅び去ることを望まず、ご自分のみ心の中に呼び戻そうとして止まないのです。ファイリサイ派では「罪人が抹殺されるのが神の喜びだ」というのに対して、主イエスは「失われた者が見つけ出され、神の許に迎え入れられる事が天の喜びだ」と言いました。ファリサイ派のように自分を正しく選ばれた側に置いて誇る人々にとって、罪ある人は救いの外にある人になりますが、主イエスにとってはそうではありません。いつも御声に従って羊飼いのそばにいる羊ばかりではなく、御声が聞こえないほど遠く離れてしまった羊であっても最後の一匹までを掛け替えにないものとして大切になさるのです。罪の中にさまよっていた羊でも神自らが尋ね求め探し出し、見つかった時には神ご自身がそれをお喜びになるのです。100匹いるのが本来の姿であるのなら、最後の一匹も他の99匹と同じように大切であり、とりわけいなくなった一匹が見つけ出される事は天の喜びです。
 もう一つの例えである「無くなった銀貨」の例えも同じ事を意味しています。
銀貨は10枚そろえて婚礼などの特別な喜びのしるしとして用いられました。一枚欠けても、貨幣として9枚分の価値はありますが、特別な喜びは失われるのです。私たちも一人ひとりが神の喜びを示す銀貨のような存在である事を心に留めたいと思うのです。
 私たちが自分を愛する以上に、神は私たちを赦し、愛し、受け入れ、導いてくださっています。この神の御心に立ち返ることこそ天の喜びであると主イエスは言われます。主イエスはまことの羊飼いとして、ご自身が傷つき十字架の上に身を投げ出してまで、私たちを招き寄せてくださいました。この羊飼いの導きによって私たちが神の愛に立ち返る時、神の許に大きな喜びがあるのです。
 そうであれば、私たちが自分で「私のような不信仰な者が・・・」と言って神に近づく事をためらうのは、かえって神の愛を損ない、神の招きに対して失礼なことをしていることになります。それは、神の前に謙遜である事とは違い、神の愛を無駄にする事に他なりません。
 「見失った羊」のたとえも、「無くした銀貨」のたとえも、私たち一人ひとりがそれぞれに他ならぬその人として神に愛され、招かれていることのたとえです。主イエスは、私たち一人ひとりの名を呼び、主の愛の中に連れ戻し、その中で生きる恵みを与えてくださっています。その恵みを感謝して、喜びをもって主なる神の御許に立ち返り生かされることが出来ますように。
posted by 水戸聖ステパノ教会 at 17:54| Comment(0) | 説教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

解放の手紙 フィレモンへの手紙1節から      聖霊降臨後第13主日(特定18)  2019.09.08

解放の手紙    フィレモンへの手紙1節から      聖霊降臨後第13主日(特定18)  2019.09.08
 
 今日の使徒書フィレモンへの手紙は、1章だけの小さな手紙です。パウロがフィレモンという一人のクリスチャンに宛てて記したこの手紙は、フィレモンの奴隷であるオネシモという人に関する個人的な手紙です。
 コロサイに住む熱心なクリスチャンであったフィレモンには、オネシモという奴隷がいました。このオネシモはフィレモンのもとから逃げ出して、パウロが投獄されているローマ或いはエフェソであったとも考えられていますが、そこまで来て、そこでオネシモはパウロに出会います。パウロと出会ったオネシモは、パウロを通してイエスをキリスト(救い主)として受け容れ、信仰を得てクリスチャンになりました。パウロは、10節で、オネシモを「獄中で生んだ私の子」と表現しています。
 当時、獄中にあったパウロは、オネシモにそばにいて助けてもらいたい気持ちもあったと思われますが、フィレモンの奴隷であるオネシモをフィレモンのもとに送り返すことにします。その時に、パウロがフィレモンに宛てて自分の思いを記しているのが、この「フィレモンへの手紙」です。
 しかも、パウロはこの手紙の中でオネシモをただフィレモンの奴隷として送り返すのではなく、16節にあるように、もはや奴隷としてではなく、「愛する兄弟として」受け入れるようにと願っています。パウロはオネシモについて11節でこう言います。「彼は、かつてはあなたにとって役に立たない者でしたが、今は、あなたにも私にも役立つ者となっています。」
 旧約聖書の出エジプト記や申命記には、当時の奴隷の取り扱いに関する規定が記されている箇所があります。それによれば、奴隷は主人の所有物同然であり、財産の一つと考えられていました。奴隷はその家族も含めて全てが人の所有物と同じであり、売り買いされたり贈り物として他人に渡されたり、また、ある場合には借金の担保とされ、遺産相続の対象にもされていました。
 このような当時の社会の中で、オネシモのように主人のもとから勝手に逃げ出すことには厳罰が与えられ、多くの場合死刑に処せられていたようです。
 オネシモは敢えてフィレモンのところから逃げ出したのです。ある辞典の中には、オネシモは「おそらく主人フィレモンの財に手をつけて逃亡」したとしるされています。
 やがてオネシモは逃亡先でパウロに出会いました。そして、先ほども触れたとおり、オネシモはパウロを通してイエス・キリストと出会い、回心して、イエスを自分の主とする人になり、獄に捕らわれていたパウロのために働くようになっていたと想像されます。パウロは獄にあって不自由な生活をしていましたから、オネシモがパウロを訪れ、出会い、導かれてキリストによって生きるようになったことはパウロにとっても大きな喜びであったことでしょう。パウロはこうして獄に入れられていたからこそオネシモと出会い、オネシモはキリストの福音を受け入れたとも言えます。また、オネシモにしてみても、あのままフィレモンのもとに奴隷で居続けていたら、イエスを救い主と信じてその信仰によって生きることには導かれなかったかもしれません。奴隷のオネシモはフィレモンの許から逃げ出しましたが、その結果、自分では思ってもみなかったパウロとの出会いが与えられて、クリスチャンへと導かれました。パウロもオネシモも神の不思議な導きを感じていたに違いありません。全てのことを通して神がお働きになり、自分たちを良き事へとお導き下さったということをパウロもオネシモもあらためて思い知らされたことでしょう。
 パウロは、神の不思議な働きと導きが、パウロとオネシモの間ばかりでなく、パウロとフィレモンの間にも、オネシモとフィレモンの間にも及んでいることを信じて、パウロはフィレモンに手紙を送るのです。パウロはその中にこう書き記します。
 「彼は以前はあなたにとって役に立たない者でしたが、今はあなたにもわたしにも役立つ者となっています。」
 パウロはオネシモをいつまでも自分のところに留めておくのではなく、フィレモンのところに送り返すことにします。逃亡の罪による罰をオネシモに加えないで、親しく友として受け止めて欲しいとパウロは書き加えています。
 このオネシモの名がパウロが記した他の書簡の中にも出てくる箇所があります。それは、聖書をお手許にお持ちの方は是非開いて確かめていただきたいのですが、コロサイの信徒への手紙第4章9節の言葉です。7節から9節までを読んでみましょう。
 「私の様子については、ティキコがすべてあなたがたに知らせるでしょう。彼は主にあって愛する兄弟、忠実に仕える者、私と同じ僕です。彼をそちらに送るのは、あなたがたが私たちの様子を知り、彼によって心に励ましをうけるためです。あなたがたの一人、忠実な愛する兄弟オネシモを一緒に行かせます。こちらの事情はすべて、彼らが知らせてくれるでしょう。」
 このように、パウロは自分のしたためた手紙をオネシモに持たせ、オネシモはティキコに伴われてコロサイにいるフィレモンの所に戻っていった、と考えられます。オネシモは既に回心してクリスチャンになっており、フィレモンと同じくキリストに生かされる者としての兄弟愛をもってオネシモを赦し受け入れるようにとパウロは願っています。
 フィレモンへの手紙に戻って、更にパウロは18節で、もしオネシモがフィレモンに何か不都合なことをしたり負債があるなら、それはわたしが負うべきものとしておいて欲しい、とまで言っています。パウロがここまで言う言葉の内実はとても大きく重みのあることです。
 先ほども触れたとおり、奴隷の逃亡は死罪にさえ値します。もしフィレモンが当時の法に照らしてオネシモを処刑するというのなら、オネシモの身代わりに私を処刑してくれとパウロは言っていることにもなるのです。
 パウロにここまで言わせる力は何だったのでしょうか。それは、このパウロの言動はパウロ自身がイエス・キリストへの信仰に裏打ちされているからであると言えます。
 主イエスは十字架の上で自分を十字架に付けて罵る人々を執り成し「父よ、彼らをお赦しください。彼らは何をしているの分からずにいるのです。」と祈りました。そしてこのイエスに生かされたステファノが人々から石を投げつけられて死んでいく時に、ステファノもイエスと同じように「主よ、この罪を彼らに負わせないでください」(使徒言行録7:60)と叫びました。パウロは、その場に立ち合い、ステファノを迫害する側に立ち、ステファノに石を投げる人々の上着の番をしていました。主イエスが十字架で祈った言葉をステファノが再現して、自分に石を投げつける人々を執り成している姿を若いパウロは目の当たりにしたのです。
 そのような神の赦しと愛によって、それまではイエスを救い主であると告白する人々を迫害していたパウロは回心し、パウロはイエス・キリストの愛の力によって生かされてる者へと導かれたのです。
 主イエスが、私たちが本来は自分で負うべき、でも負いきれない罪の結果をご自身に引き受けて、私たちを神の愛の中に生かしてくださったように、パウロもまたオネシモの負債を自分に引き受け、オネシモが生かされていきます。
 イグナチウスという教父がおり、この人が1世紀末に記した手紙が残っています。その手紙の中に、オネシモという人がエフェソで主教になった事が記されています。このオネシモが同一人物であるとすれば、オネシモはパウロとの出会いを通してキリスト者になっただけでなく、フィレモンの許に戻った後にに、多くの人の信頼を得て、キリストとその教会のために働くようになったと考えられます。かつては無益な逃亡奴隷であったオネシモが、人の思いを超えた神の力に生かされて、パウロが記しているとおり「あなたにもわたしにも有益な者」となっているのです。ただ一人の人フィレモンの奴隷であったオネシモが、神の奴隷に、神の僕になっていきます。
 神は、当時の奴隷制度の枠を越えて、パウロやフィレモン、逃亡奴隷オネシモたちを通して働いています。
 私たちも、神の愛の力に生かされてその召し出しに応えていく時、そこに働く神の不思議な力を経験することにもつながっていきます。私たちは自分の思いを遙かに超えて働いてくださる神のお働きの器となれるよう、祈りつつ御心を行う勤めにあずかることができますように。
posted by 水戸聖ステパノ教会 at 17:51| Comment(0) | 説教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月04日

日曜学校主催のバーベキュー  

2019年9月1日(日)日曜学校主催のバーベキュー

行く夏を惜しんで、日曜学校のBBQの会を行いました。
このところ、このBBQの会を8月の最終日曜日に行ってきましたが、今回は、9月の第1日曜日が1日ということもあり、この日の実施となりました。
日曜学校の礼拝の後、日曜学校を担当する信徒と子どもたちは、用意していた野菜をカットしたり、スイカ割りを楽しんで、いよいよ火を起こし、高学年の生徒たちはフランクフルトなどの役割を担い、礼拝(聖餐式)を終えた牧師や信徒も合流して、昼食を兼ねてのバーベキューになりました。
DSC_0208-02.JPG
posted by 水戸聖ステパノ教会 at 15:02| Comment(0) | 説教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする