2020年12月05日

「聖書の日曜日(バイブルサンデー)」降臨節第2主日に(雑感)

「聖書の日曜日(バイブルサンデー)」降臨節第2主日に(雑感)
 降臨節第2主日は、「聖書の日曜日(バイブルサンデー)」です。
 日本キリスト教協議会(NCC)のホームページには、「Bible Sunday(世界聖書日曜日)を覚えて」と題して以下の文章が掲載されています。
450年ほど前、英国聖公会が第一祈祷書を作成した際、その中でアドベント(待降節)に、第1主日「キリストが与えられたことを感謝する」、第2主日 「聖書が与えられたことを感謝する」、第3主日「教職が降誕の備えをする」、 第4主日「再臨への備えをする」、と祈祷課題を設けました。これを受け英国聖書協会は、毎年アドベント第2主日を「み言葉の主日」=「聖書日曜日(バイブル・サンデー)」と制定しました。聖書は、世界に存在する 7,000 以上の言語のうち、まだ 700未満の言語にしか翻訳されておりません。すべての人にそれぞれの母国語で福音が届く日を待ち望みつつ、共に祈りましょう。
 日本聖公会第65(定期)総会で、『聖書−聖書協会共同訳(2018年)』〈以下協会共同訳〉の公祷での使用が認許されました。
 現在使用されている『聖書-新共同訳』にしても、新しい『聖書-聖書協会共同訳』にても、カトリックからもプロテスタントからも教派を越えて委員が集って翻訳された『聖書』です。
 日本聖公会では、既に主教会によって、刊行されて間もなくこの『聖書-協会共同訳』の試用が認められていましたが、今総会で日本聖公会の公的礼拝でこの聖書を用いることが許認されたわけです。
 日本聖公会では、現行「祈祷書」が1990年に用いられるようになりましたが、それまで用いていた『祈祷書』(文語式文)には各主日の特祷と共に文語の聖書日課(使徒書、福音書)が組み込まれており、聖歌は別として、「祈祷書」一冊で聖餐式をしていたと言えます。基本的に礼拝において聖書は聴くものであり、聖公会の信徒は礼拝(ことに聖餐式)に聖書を携える習慣は薄かったと言えます。
 前祈祷書から現行祈祷書への移行は、聖書の扱いについても大きな変化をもたらしました。それまで聖書の朗読箇所は毎年同じ主日には同じ箇所だったのですが、現行祈祷書の聖書日課は3年周期となり、しかも現行祈祷書には、聖餐式の各主日と祝日の特祷は載っていますが、3年周期となった聖書日課(旧約、使徒書、福音書)はその箇所が示されてはいますが本文は載っていません。そこで私が当時勤務していた教会の信徒の方々にお勧めしたことは、礼拝や集会にはそれぞれに自分の聖書を持参することでした。
 私は、その当時勤務していた教会の週報裏面に、次のような文章を記しました。その一部を転載します。
「料理人は自前の包丁を、大工さんは自分で研ぎ上げたノミやカンナを持っています。そして自分の仕事にその道具は欠かせません。もしかしたらそれは気安く他人に貸せるようなものではないのかもしれません。文章を書く人の万年筆、書をする人の筆、それも同じことでしょう。これと同じように、キリスト者なら礼拝や集いに自分の聖書を持っていって当たり前なのではないでしょうか。
信仰そのものは姿や形に表せるものではありませんが、自分の聖書を読むことでその聖書にいつの間にか開き癖がつき手垢がつき、聖書が自分の手に馴染んでくるにつれて聖書の内容も私たちの心に馴染んでくるのです。
 聖書に朱線を引いたり書き込みをしたりすることには好きな人と嫌いな人がいることでしょう。私は聖書を2冊持つことをお薦めします。一つは読んでいて心打たれた箇所には線を引いたり自分なりのマークをつけたりして、その聖書が汚れてくるのを楽しむように勉強に用いるもので、もう一つは何の雑念も入れず静かに神と対話するために用いるもので原則として書き込み無し。そんなふうに用いようとする方のためには、前者の聖書としては引照つき(聖書の中のある単語が他のどの箇所で用いられているかが記されている)や広縁(書き込みがたくさん出来るように余白部分を多くとってある)の聖書をお薦めします。」
 聖公会の信徒にとって自分の「聖書、祈祷書、聖歌集」は、礼拝における「三種の神器」であり、その中でも聖書はキリスト者として教派を越えて大切にされています。
 聖公会出版(当時)は1988年に『特祷・聖餐式聖書日課』(A.B.C各年用)を発行しました。この『聖書日課集』は、なかなか便利な代物で、殆どの教会と信徒に用いられるようになりました。礼拝の最中に旧約、使徒書、福音書日課を聖書のあちこち開く手間は省けるし、時には朗読の中で一部分を省略して読むこともあるのですが、その時にもスンナリ朗読できるし眼で追っていくこともできます。
しかし、この『聖書日課集』が発行された頃、ある先輩聖職が「こんなくだらないもの作って・・・」とぼやいていたことを印象深く思い出します。実は私も同感なのです。
 私は、聖餐式の聖書日課に限らず、聖書を開くときに、あの分厚い一冊の中のどこの部分を開いているのかを実感したり、その日の聖書日課がどのような脈絡の中にある箇所なのかを理解したりするためにも、『聖書日課集』ではなく「旧・新約聖書」を手にすることをお薦めしています。
 説教の時にも、例えば「イエスのこの言葉は旧約聖書のこの言葉が反映しているので、実際にその箇所を開いてみましょう。」、「イエスのこの言葉はこの福音書で2度目であり、1度目は○章△節に記されているので確認してみましょう。」と実際にそこを開きながら話を進めたいことも度々あります。そのようにしながら、旧新約をとおして聖書の世界が立体的に、また網の目のように理解されることを目指したいと思ってきました。
 『聖書日課集』は便利です。先に記したとおり、礼拝での朗読の時には余計なストレスを感じさせませんので、聖餐式にあの1冊があれば、スンナリと礼拝が進みます。しかし、この便利な代物だけを用いていると、一冊の聖書を用いて学ぶことで得られる多くの事が切り捨てられてしまいます。
 それでも、日本聖公会の殆どの信徒は主日にマイ『聖書』を持参するより、『聖書日課集』(A、B、C年計3冊)を携えて礼拝に臨み、教会にも3年周期で使用される『聖書日課集』が常備されるようになりました。
 そして20年近い時が流れ、時代は更に次の段階に進みました。上記の通り『聖書-協会共同訳』を公祷で使用することが認められ、礼拝に使用する聖書は、急速に「新共同訳」から「協会共同訳」に移っていくことでしょう。
 しかし、『聖書−協会共同訳』の文章による新判の『特祷・聖書日課集』(A.B.C年)発行予定は今のところありません。
そこで、日本聖公会では管区で各主日の「特祷、旧約聖書、応答の詩編、使徒書、福音書」のデータ(協会共同訳を使用)を各教区に配信し、それを用いる場合は各教会でダウンロードして印刷することに動いていきそうです。
 毎週、過不足なくそのデータを印刷して準備することは難しいことであり、紙資源も大量に消費することになり、わたしはあまり気が進みません。私の個人的な思いとしては、本教会では、管区で進んでいる祈祷書改正の動きを睨みながら、2021年も『聖書-新共同訳』を用いて切り替えの準備を進めるのが良いだろうと考えています。
 いずれにしても、新しく聖書をお求めの方は、『聖書−聖書協会共同訳−旧約続編つき』を購入なさるようにお勧めします。そして、機会ある毎に『聖書−新共同訳』との言い回し(訳し方)の違いなどに関心を持ちながら、聖書の世界への関心を更に深めていただきたく願っています。
(2020年12月6日)
posted by 水戸聖ステパノ教会 at 12:18| Comment(0) | 牧師のコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月10日

帯状疱疹体験記

帯状疱疹体験記

 「帯状疱疹」を経験しました。「帯状疱疹」は、水疱瘡を引き起こした菌が長い間神経節に潜伏し、ある程度の年齢になると、疲労やストレスなどのために体の抵抗力が落ちたときに神経に沿って体の表面に発疹となって表れ、そこに痛みを伴う病気です。
 この病を経験した多くの方が「痛くて大変だった。」と言っておられますが、このたび、私も「ああ、その痛みとはこういうことだったのか!」と追体験したわけです。
 そして、この病の対処は、どんな病気にも当てはまることかもしれませんが、初期の症状にできるだけ早く気づいて治療することであるということを痛感しました。
 私が「帯状疱疹」になったことを話題にすると、「始めはやっぱりチリチリしましたか?」とご自身の経験を確認するかのように話してくださる方もおられました。
 繰り返しになりますが、「帯状疱疹」は早めの対処により予後も随分違ってくるように思います。そのことを、多くの人にお知らせし、痛く辛い思いをする人が一人でも少なくなるように、この拙文をしたためました。以下、私の「帯状疱疹体験記」です。

10月4日(日)
 午後、寛いでいると、おへその右脇の少し奥の辺りが時々チリチリとするのを感じるようになりました。それほど頻繁にチリチリするわけではなく、それは痛みという程でもなく、1時間に1回か2回程度からは始まったように思います。それがしばらく続くので、次第に「何だろう、これは?」と思い始めたのですが、この時にこれが帯状疱疹の初期症状であることを知っていればもっと早く医者に行く判断ができただろうと思うのです。

10月5日(月)
 通常の勤務をしていましたが、時々「チリチリ」を感じ、それが頻繁になってきました。でも、痛みがあるわけではないので、「そのうち治まるかもしれない」と思い、特に対処することは考えていませんでした。

10月6日(火)
 夕方、へその右脇にダニに噛まれたような赤い発疹が一つできました。そこに強い痒みがあり、私はダニに噛まれたのだと思い込んでいました。「チリチリ」する感じは引き続きその発疹の奥の方で発生していました。

10月7日(水)
 この日も、時々へその右脇の痒みを感じながら一日を過ごし、夜になって発疹の箇所を見てみると、発疹は3つほどに増えています。私は、「確かにダニがいる。」と思い込み、その対処を考えていました。

10月8日(木)
 「チリチリ」感は少し痛みを増してきました。表面はかゆいのですが、その発疹の少し奥がただチリチリするだけではなく、やや痛みを伴うように感じられます。「これはダニが原因ではないのではないか。」と思い、インターネットで「脇腹の痛み、チリチリ」などと入力して検索してみました。虫垂炎や尿路結石をはじめ幾つかの可能性が考えられましたが、いずれにしても翌日内科医を受診してみることにしました。夜になって発疹の部分を見てみると、発疹が最初にできた部分に細かな発疹が増え、更に右の脇腹の方に新しい発疹が2つ、3つ増えてそこには痒みもあります。再度インターネットでこの症状を入力して検索してみると、これはどうやら「帯状疱疹」の可能性が高いと考えられました。「早く医者に診てもらわねば・・・」と思いましたが、既に夜。明日の午前中は予定がいっぱい。少し焦る気持ちで一夜を過ごしました。

10月9日(金)
 発疹の内部あたりに感じられる「チリチリ」は、「チクチク」に変わり痛みが出てきました。午後3時過ぎ、やっと近所の「内科・皮膚科医院」に行くことができました。受付の「どうなさいましたか?」の問いに、「帯状疱疹ではないかと思うのですが・・・。」と答えて、問診票に必要事項を記入して待合室に座りました。名前を呼ばれて診療室に入ると、医師は私の主訴を聞くと直ぐに「そこを見せてください」と言い、衣服を捲り上げた私の腹を診るなり、「ああ、帯状疱疹ですね。この辺にも出てきていますね。」と右脇腹の背中側にも更に3箇所ばかり増え始めた発疹を指摘してから、小冊子『帯状疱疹の治療を受けられる方へ「帯状疱疹といわれたら・・・」第5版』を開いて、私の症状とその治療方針を簡単に説明してくださいました。そして「お家でこれをよく読んでください。」ということで診療は終わりました。診療時間は、私の感覚で1分、実際には5分程度であったかと思います。
 1週間分の抗生物質(ヘルペスウイルス感染症治療薬)と塗り薬(非ステロイド性抗炎症薬)を処方していただき、「一週間後にまた来てください。」ということで、帰宅しました。
 薬が効き始めるには服用開始から2、3日程度かかるとのことで、帰宅後すぐに第1回目を服薬しました。

10月10日(土)
 発疹箇所の幾つかはその表面がただれており、薬を塗って滅菌ガーゼを当てて絆創膏で止めました。発疹のある箇所の内側から時々ヒリヒリとした痛みが湧き上がってきます。その他にも時々体内の時限爆弾が破裂したかのような痛みが起こります。医者からもらった冊子には、帯状疱疹はストレスや疲労の蓄積によって体の抵抗力が落ちているときに発症しやすいと記されており、「せめて、今からでも」と思い、この日はできるだけ安静に過ごすように心がけました。

10月11日(日)
 ズボンのベルト部分が腹に当たると、体に痛みが走ります。体を動かすとそれに合わせて神経に痛みが走ります。じっとしていても、腹の中に痛みのもとになる地雷があって、その地雷が時々爆発しているような感じで体内に痛みが走ります。安静が一番の特効薬だと思って、午後は寝て過ごし、90分ほど眠りました。医師から指示されたとおりに忘れずに服用して、「早く時間が経たないかな。そろそろ薬が効き始めるぞ、もう少しの我慢だ。」と自分に言い聞かせました。塗布薬も朝晩忘れずに患部に塗りました。

10月12日(月)
 患部の痛みを感じながら一日を過ごしました。じっとしていても腹や胸からズンと痛みが起こります。体を動かすとそれに合わせて衣服と肌がこすれるような感覚で神経が痛みます。「薬が効いているからもうすぐ快方に向かうから、大丈夫!」と自分を励ましました。

10月16日(金)
 薬を忘れることなく服用、塗布を続けて1週間が過ぎ、発疹の表面のただれは少し治まってきたように見えます。診療に行くと、医者は患部を診るなり、「ああ、良くなってきていますね。痛いですか?」。私は「はい、体の中に痛みの地雷があって、時々爆発しているみたいで・・・。」と答えました。鎮痛剤2種類と胃薬を2週間分処方されました。1週間飲んできた抗生物質はもう必要ないとのこと。基本的にはもうこれで治療は済んだことなのかと、少々心許ない思いにもなりましたが、何か良くない変化があれば直ぐにここに来れば良いからという思いで医院を出ました。

10月22日(木)
 医師の指示通りに2種類の鎮痛剤を飲み続けています。鎮痛剤が効いている時は大分楽に過ごせるようになってきました。夜中に痛みで目を覚ますことも次第に少なくなってきています。薬効が切れてくる時間には腹の中にズンと痛みが走ったり、体を動かすと、神経を刺激するからでしょうか、胸から腹にかけて痛みを感じます。体を揺さぶらないようにそろりそろりと歩きました。医者の見立て通り、病は峠を越え、痛みは日に日に軽くなってきているようです。シャワーを浴びた後に、発疹の表面の皮がかさぶたが取れるように剥がれ、治ってきていることを実感しました。

10月29日(木)
 医者から、痛みが和らいだら薬を止めても良いと言われていましたので、昼の服用をスキップしました。夕方近くなると、腹の中に時々ズン痛みを感じました。睡眠中に痛みで目が覚めることのないように夕食後には服薬しました。

10月30日(金)
 初診後3週間です。今日は朝、昼ともに服薬せずに、午後3時頃、受診に向かいました。患部を診た医者は、「もう大丈夫ですね。痛みがあれば鎮痛剤を出しますが、どうですか?」とのことで、私は「無しでも大丈夫だと思います。」と応え、一応治療は終了しました。

10月31日(土)
 胃薬も止めたせいでしょうか。胃が少しむかついて腰がだるい一日を過ごしました。そのだるさや胃のむかつきが今回の服薬とその終了が影響しているのかどうかは確かではありません。
 
11月3日(火)
 その後も3日程度は睡眠時間を十分にとることを心がけました。

11月6日(金)
 気がつけば、ほぼ一日中、痛みも気分の悪さも忘れて過ごしていました。へその右脇から帯状疱疹の発疹の後が残っていますが、これは当分消えないでしょう。

 私がこのような文章をしたためる気になったのは、「帯状疱疹」は、できるだけ早くそれに気付いて投薬治療を開始すれば軽い症状で済むこと、そして初期症状として体の中が「チリチリ」することから始まることを、未経験の人々にお知らせしたかったからです。
 私は、あと一日は早く医者に行けただろうし、そうすればもっと軽くて済んだだろうと反省していますが、他の方々の話では、比較的早く対処できたのかも知れないとも思っています。
 今回の罹患をきっかけに私の周辺の数人がこの病の経験者であることが分りました。そして私同様にまた私以上に、痛んで辛い経験した方もおられました。
 ある方は「最初の発疹が目に出て、眼科医がものもらいと誤診して、帯状疱疹としての治療開始が遅れて酷い目に遭いました。」と話してくださり、「私の友人は一週間入院しました。十分に休んでくださいね。」と言ってくださる方もありました。また、中には発疹が消えても長く神経痛が残る例もあるとか。医師は、「帯状疱疹」を罹患した人はその後に癌の発症率が上がるので、毎年の人間ドックを心がけるように助言してくださいました。また、子どもの頃に「水疱瘡」の予防接種をしておくと罹患しても軽くて済むように、「帯状疱疹」も予防接種をしておくと発症を抑えられるようです。私の妻はかつてその予防接種を受け、私にも勧めましたが、私はそれを嫌がり受けませんでした。受けていたら結果がどうであったかは分りませんが、少なくともこのような拙文を公開することはなかったでしょう。
 教訓:「体内にチリチリ来たら即受診」。健康に過ごせますように。
 (2020年11月10日)
 
posted by 水戸聖ステパノ教会 at 21:50| Comment(0) | 牧師のコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月19日

祈りの習慣

祈りの習慣 司祭ヨハネ小野寺達
 
 ほぼ毎日、決まり事のように祈っていることがあります。私の場合は、「朝の祈り」、3食の「食前の祈り」、勤務する幼稚園での「始業の祈り」や「終業の祈り」等々。それは、ある意味、単調で変わり映えのない日々の祈りです。
 例えば勤務する幼稚園で、私は園長として、「主なる神さま、み守りのうちに新しい朝を迎え、こうして祈りをもって一日を始める恵みを感謝します。この日もあなたのお与えくださる良き交わりのうちに、あなたの愛によって共に育まれ導きを受けることができますように。ことに主イエス・キリストは幼子を祝し、神の国はこのような者の国である、と教えてくださいました。どうか子どもたちが主のみ旨に従って育ち・・・」と、いわゆる自由祈祷の中で祈祷書の言葉を想いつつ、祈っています。
 時に、祈りの言葉に自分の実感が伴わず、形式的で上辺だけの祈りになってしまうことに嫌悪感にも似た思いが付きまといます。そんな私が、日々の祈りを坦々と行っていく恵みを再認識する出来事が起こりました。
 その出来事とは高速道路での走行中に受けた追突事故です。その日、私は教区の集まりで静想の講話を担当し、良い時を過ごせた充足感を胸に他の婦人信徒と共にその集会から帰る途上で、高速道路を走行中に、居眠り運転でスピードを上げた後続車に突然に追突されたのです。念のために救急車に乗せられての応急処置と検査を強いられましたが、双方とも運転者と同乗者には大きな外傷はなく、軽度の怪我で済んだのでした。私の車両は修理不能になりました。
 翌朝、幼稚園での始業の祈りで「主なる神さま、み守りのうちに新しい朝を迎え、こうして祈りをもって一日を始める恵みと導きを感謝・・・。」と祈り始めると、この当たり前の祈りが、どれほど多くの恵みと導きの上に受けて成り立っているのかについての感謝が湧き上がり、胸が詰まる思いになりました。
「そうだったんだ。ずっとこの恵みと導きを前提に祈っていたんだ。事故に遭った翌日にもこのように祈れることそのものさえ、大きな恵みなんだ。」
 毎日、形ばかりの祈りになりそうであっても、決まった時間に、神の御前に手を合わせて祈る行為は、下支えしてくださっている神の恵みと導きがあればこそ成り立つのであり、時が良くても悪くても、実感があろうがなかろうが、私たちは神に対して応答しながら生きていくことが大切なことであると、改めて感じる時となりました。神の恵みに応答して生きることは、私たち人間の神に対する責任であり、このことは信仰生活の「基本のき」です。
 もし、祈りの言葉に実感が伴わないことがあっても、その言葉は私たちの意識を掘り下げ、祈りの言葉と私たちの経験を結びつける準備が進むでしょう。
 「主よ、わたしの口を開いてください。わたしは主の誉れを現わします。」という祈りで起床し、「あなたのみ手にわたしの霊をゆだねます。」という祈りで一日を終える生活を保ちたいと思います。
 (『聖公会の信仰』AAMJニュースレター第57号 2020年10月16日発行 所収)
posted by 水戸聖ステパノ教会 at 23:00| Comment(0) | 牧師のコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする