2018年05月20日

神の息吹に生かされる 使徒言行録第2章1節−13 2018.05.20

神の息吹に生かされる
B年 聖霊降臨日  使徒言行録第2章1節−13    2018.05.20
 

 主イエス復活の日から50日目になりました。キリスト教の教会暦におけるこの日は、聖霊降臨日です。
 キリスト教以前のイスラエルの暦にまで遡れば、この日は、刈り入れの祭りとして祝われた日で、小麦の収穫を終えて鎌納めをする祭が行われていましたが、イスラエルの民はこの日を「シナイ山でモーセを通して十戒を与えられた日」という意味づけを与えて祝うようになりました。この日は、過ぎ越の第2日から数えて7週目の日で50日祭(ペンテコステ)と呼ばれ、やがてキリスト教の教会暦では主イエスの復活から50日に当たるこの日は聖霊の降臨によって弟子たちの宣教が始まり、教会が誕生したことを記念する日になってきました。
 主イエスの復活から50日経ったこの日、ユダヤはペンテコステの祭りでした。弟子たちはこの日も一同で心を一つにして祈っていました。この時、弟子たちは、炎のような舌のような姿を取った神の大きな力を受け、部屋を出て、あちこちの国の言葉で主イエス・キリストのことを語り伝え始めたのでした。弟子たちのこのような姿を見た人々は驚き、あっけにとられて言いました。
 「どうしてわたしたちは、このエルサレムで、めいめいが生まれた故郷の言葉を聞くのだろうか(使徒2:8)」。「彼らがわたしたちの言葉で神の偉大な業を語っているのを聞こうとは(使徒2:11)」。
 聖霊に満たされた弟子たちは、周りの人々がそのように驚きあっけにとられるほどに、神の力に突き動かされて、神の意思のままに他の国の言葉まで用いて主イエス・キリストを宣べ伝え始めました。聖書は人の思いや考えを遙かに超えて働く力を「神の霊」と呼んでいます。
 新約聖書の原語であるギリシャ語では、この「霊」という言葉は、πνευμαと言い、私たちの体を動かす霊とか精神と言う意味があり、またこの言葉には息とか風という意味も含んでいます。また、この言葉は旧約聖書の原語であるヘブライ語ではルーアハ(ruah)という言葉で、やはり霊という意味と共に、風、息という意味があります。
 神が人にご自身の息を与えた話、風を送った話は、旧約聖書、新約聖書にいくつか出てきますが、皆さんはどのような話を思い起こすでしょうか。
 3つの物語を思い起こしてみましょう。
 先ず、主なる神が最初の人をお創りになった時のことを考えてみましょう。
 主なる神は、土の塵でアダムを形作り、その鼻に命の息を吹き入れました。人はこうして生きる者となりました。私たち人間は土くれから創られやがてはまた土の塵に戻っていきます。そのような土くれに過ぎない私たちは、主なる神によって命の息を吹き入れられて生きています。
 第2に、今日の聖書日課福音書に記されているように、甦った主イエスがそのお姿を弟子たちに現された時のことです。甦った主イエスは、その日の夕方、弟子たちの中に立ち復活のお姿をお示しになりました。弟子たちは部屋の戸には鍵をかけ閉じこもっていましたが、主イエスはその部屋に来て弟子たちの真ん中に立ち「あなた方に平和があるように」と言われ、弟子たちに息を吹きかけて「聖霊を受けなさい」と言ってくださいました。この時まで、弟子たちはイエスを裏切った弱さや醜さに打ちのめされ、また、ユダヤ人の指導者たちが自分たちのことも捕まえに来るのではないかと怯えて、家の戸には鍵を掛けて部屋の中に閉じこもっていました。主イエスは、その弟子たちに息を吹きかけて、「聖霊を受けなさい」と言われました。
 このように、弟子たちの罪を赦して新たに生かしてくださるために、甦りの主イエスは弟子たちに新たな息を吹き込んでくださいました。この息は人を新たに生まれさせる息であり、「人間の再創造」の息とも言えるでしょう。
 そして第3に、甦りの日から50日経ったこの日の、神の息吹を思い起こしてみましょう。主イエスが天にお帰りになった後、弟子たちが心を一つにして祈っていた時、神は弟子たちに聖なる力ある霊を送ってくださいました。目に見える主イエスは天に昇り、目に見えるお方ではなくなりました。弟子たちは、この世界で、主イエスに代わる別の助け主を与えられて、その力によって、「大いなる神のみ業」を宣べ伝え始めるのです。
 弟子たちは、この時に、イエスこそ私たちの救い主であり、また世界の救い主である事を宣言し、この救い主イエスを世界中に恐れなく伝えていく力が与えられています。また、弟子たちは、主イエス・キリストを中心にした共同体エクレーシアをつくり拡げていく歩みをこの時から進めていくのです。
 このように神から与えられた聖なる息吹は、人に命を与え、人を神の愛とつなぎ合わせ、神の御心を行う力を与えて働きます。それは、昔の弟子たちだけに与えられているのではなく、今も私たちに絶え間なく注がれ、私たちはこの霊によって生きる力を与えられているのです。神の霊は、天地創造の時から今に至るまで、この世にあるもの全てに与えられ、私たちがこうして存在することを良しとしてくださり、私たちに神の御心を行うように促し続けておられます。
 神の霊は、私たちに命を与えてくださいました。神の愛は主イエスを通して、自分の力だけで生きようとする時に限界があり滅びに向かわざるを得ない私たちにも完全な赦しと愛を与えてくださいました。更に神の霊は、私たちが本当にこの世界に生きた証を立てることが出来るように、神の御心を行う力を与えて下さっています。
 このように神の霊について振り返ってみると、私たちは私たちを通して働こうとしている神の霊に対して、どれほど邪魔したりその働きを無駄にしてしまっているのか振り返らないわけにはいきません。
 パウロは「あなたがたは聖霊を悲しませてはなりません。」と言っています。聖霊は、私たちを通して、神の御心が行われるように促しています。使徒言行録第2章に記された風と炎のような舌の意味することは、弟子たちを通して働こうとしている神の熱い思いを絵画的に表現していると言って良いでしょう。その熱い思いが私たちにも臨んでいるのです。もし、神の御心が自分を通して顕されることを喜びとせず、その働きに与ることを逃避するのであれば、聖霊はどんなにか嘆き悲しむことでしょう。
 聖霊の働きを邪魔しさえしなければ、教会はもっと成長するでしょう。
 例えば、神が私たちにある働きをさせるために聖霊を送ろうとしているのに、私たちの方で勝手に「出来ません」と言って、本当はやりたくないだけのことなのに、聖霊を悲しませているようなことはないでしょうか。聖霊が私たちを通して働こうとしているのに、怠惰、悪口、妬み、批判などによって、聖霊の働きを邪魔し、自分の可能性を小さくし、そこから開かれるはずの世界を損ねたり小さくしてはいないでしょうか。
 主イエスの弟子たちを見ても分かるとおり、彼らに特別な学識や教養があったわけではありませんし、特別な能力や技術に長けたわけでもありません。主イエスの弟子たちは、ガリラヤ湖の漁師であったり、徴税人であったり、むしろ無学な庶民が多かったと言って良いでしょう。神はそのような人々を聖霊を宿す宮として用いられました。それは、人が自分の能力だけを誇りとして、聖霊の働く余地を埋めてしまうことがないように、人が自分の働きを誇って聖霊の豊かな働きを邪魔してしまうことがないようにするためでした。
 私たちも一人ひとりは弱く小さな器に過ぎません。でも、弱いからこそ、そこに主の霊は働きます。パウロは「わたしは弱い時にこそ強い(Uコリ12:10)」と言います。私たちは、自分の弱さの中に聖霊を満たしていただく時に、強くされるのです。主イエスは「あなたがたに平和があるように」と息を吹くかけてくださいます。
 私たちの弱さの中に聖霊を満たしていただき、一人ひとりが聖霊を宿す宮として強められ、神の御心を行い、神の御名が誉め称えられるように生かされたいと思います。
 聖霊降臨日にあたり、私たちは聖霊の力に生かされる信仰生活をおくる思いを新たに致しましょう。
posted by 水戸聖ステパノ教会 at 21:51| Comment(0) | 説教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月14日

大祭司主イエスの祈り B年 復活節第7主日 ヨハネによる福音書第17章11節−19  2018.05.13

 大祭司主イエスの祈り
B年 復活節第7主日 ヨハネによる福音書第17章11節−19  2018.05.13

 今日、復活節第7主日は昇天後主日です。主イエスは十字架の上に殺されて三日目に甦り、その日から40日に渡って弟子たちにお姿を現わされました。甦りの日から40日目経った日、主イエスは弟子たちの前で天に昇って行かれました。
 今年の復活日は4月1日でした。その日から数えて40日目の昇天日は、先週の木曜日5月10日でした。それから10日経った日つまり主イエスの甦りの日から50日経った日に弟子たちに聖霊が与えられており、今年は来週の主日5月20日が聖霊降臨日になります。
 教会暦のこのような流れに基づいて言えば、今日は、主イエスが天に昇った後の、まだ聖霊を与えられていない10日間の中の主日を過ごしています。この主日は、昔から「待ち望み」の日曜日とも呼ばれおり、私たちはこの主日を、弟子たちと共に主イエスが再び来てくださることを待ち望みつつ、祈ることへと導かれる主日にしたいと思います。
 ルカによる福音書の一番最後の部分第24章52−53節には、次のように記されています。「彼らはイエスを伏し拝んだ後、大喜びでエルサレムに帰り、絶えず神殿の境内にいて、神をほめたたえていた。」
 私たちは、ニケヤ信経や使徒信経の中で、「主イエス・キリストは、天に昇って神の右に座し、再び来られます。」と唱えているように、再臨の主イエスにお会いすることを待ち望みながら生きています。
 主イエスが天に昇っておられ、また私たちの所においでのなるという視点を持ちながら、今日の福音書に注目してみましょう。
 今日の福音書の部分を含めて、ヨハネによる福音書第17章全体は、主イエスが弟子たちと別れる前の晩(すなわち十字架にお架かりになる前の晩)に、熱い思いで天の主なる神に向かって祈っておられる箇所であり、「大祭司イエスの祈り」の箇所と呼ばれています。主イエスの地上の生涯が十字架の上で終わった後、弟子たちは目に見える主イエスのいない世界に生きていかなければなりません。その弟子たちのために、主イエスはご自身に迫る十字架の死を前に、血の汗を流すほどの思いで祈っておられます。このような主イエスのお姿と祈りの内容から、この箇所が「大祭司イエスの祈り」の箇所を呼ばれるようになります。少し祭司の働きを考えてみましょう。
 祭司は神の人々の間に立って、人々の思いと献げ物を一つにして神に献げ、神の思いを人々に伝える働きをします。神と人の間で、お互いの仲介者となって儀式を執り行います。特にユダヤ教の中では、人々の命の身代わりとなる羊を生け贄として献げ罪の赦しと人々の浄めを仲立ちする働きをしました。しかし、主イエスは神の御前でご自身を十字架の上に献げてくださり、その十字架の出来事は神殿の儀式も祭司の働きも必要としない、ただ一度の必要にして十分な贖いを完成してくださったのです。
 この主イエスが大祭司と位置づけられ、まさにこの後十字架に架けられようとする直前に、弟子たちとこの世のために祈っておられるのが、ヨハネによる福音書第17章なのです。
 主イエスの、祈りの内容に注目してみましょう。特に「願い文」になっている箇所を見てみると、第17章11節で主イエスは「聖なる父よ、わたしに与えてくださったみ名によって彼らを守ってください。わたしたちのように、彼らも一つとなるためです。」と祈っておられます。また、17節では「真理によって、彼らを聖なる者としてください。」と祈っておられます。
 主イエスの願いは、弟子たちが神に守られること、主なる神がイエスと一つであるように弟子たちもまた神と一つになること、そして弟子たちが聖なる者となることでした。
 主イエスは、人間の姿をとり、人々の目に認められる存在となってこの世に宿りました。私たちは、いつでも、何をする時にも、イエスの名によって守られ、信仰による導きを受けており、真理へと導かれています。主イエスは弟子たちとの別れを前に、主イエスが目に見えるお方ではなくなっても弟子たちが神としっかりつながり一つであるように、その守りと導きを天の主なる神に祈っておられます。そして、神の大きな守りの中で、弟子たちの横のつながりに於いても、一つになるようにと祈ってくださっています。
 私たちがイエス・キリストの名によって一つになるということは、私たちの考え方や行動の様式や発言の内容までが画一的なるということではありません。そうではなく、神の言葉を土台に据えて自分にとってこれが本当に神の御心であると信じる道を探りながら生きていく時に、私たちはその信仰において一つです。そして、私たちのそれぞれの生き方と働きがキリストの体の一部となり、イエスの体の働きの中に意味づけられるのであり、それは教会を一つのキリストの体として立て上げていくことに繋がっていきます。
 主イエスは弟子たちとの別れの前夜に血の汗を流して祈りました。その数時間の後、主イエスは十字架に架けられます。この世で目に見える主イエスがいなくなると、弟子たちを怯えさせ弟子たちの勇気をくじこうとする沢山の霊が迫り、また弟子たちを誘惑することでしょう。そればかりでなくイエス・キリストの名が誤解されて、その名を信じる人たちがユダヤ教の会堂から追放され、またローマ当局からも弾圧されるようになっていきます。それでも、主イエスの十字架に示された神の愛に生きる者として、この世界に神のみ業を行なうことで一つとなるように、主イエスは大祭司として祈っていてくださっています。
 この祈りは、主イエスが十字架にお架かりになる前夜の祈りであると同時に、主イエスが天にあって私たちのために執り成してくださる祈りでもあります。
 私たちがイエス・キリストの名によって守られ導かれながら、大祭司イエスが示してくださった真理、主イエスこそ真の救い主であることを証しするためにここから遣わされて参りましょう。主イエスは天に昇った後、父の右に座し、今も大祭司として天からこの世界を祈りで包んでくださっています。
 そして、私たちは、私たちが天で祈っていてくださっている主イエスと一つであるしるしとして、助け主である聖霊をお与えくださることを約束してくださいました。私たちは、大祭司主イエスによって祈っていただいています。私たちは、主イエスの祈りに支えられて、神とこの世界の間に立ち、私たち一人ひとりも祭司の務めを担うのです。この世界の祈りを神に届け、神の御心をこの世界に知らせ、御心を実践していくよう働いていく使命をを与えられています。
 ことにこの主日に、私たちは聖霊の力を待ち望みながら、ひたすら祈ることを通して、主の御心を実践していく教会としての力を受けることが出来ますように。
posted by 水戸聖ステパノ教会 at 05:14| Comment(0) | 説教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月06日

新しい戒め−互いに愛し合う− ヨハネによる福音書15:9−17    B年 復活節第6主日 2018.05.06

 新しい戒め−互いに愛し合う−
ヨハネによる福音書15:9−17    B年 復活節第6主日 2018.05.06

今年はイースターが4月1日でした。使徒言行録第1章3節によれば、主イエスは甦ったあと40日にわたって弟子たちにお姿を現し、弟子たちを力づけました。そして、甦りの日から40日経った日に、主イエスは天に昇って行かれました。今年は復活日から40日経つ日は5月10日であり、今日は主イエスが天に昇って行かれたことを覚える昇天日の直前の主日です。
 今日の聖書日課福音書は、主イエスが弟子たちと別れる前のいわば遺言に当たる言葉です。これから弟子たちは、地上での目に見える主イエスのいない中で、救い主イエスを信じて、その主イエス・キリストに導かれていくことになります。私たちも、主イエスが天にお帰りになった後の時代を生きており、目には見えない主イエスを救い主と信じ、その御言葉に導かれ、その御心が行われるように生きていく者です。今日の聖書日課福音書は、そのように生きていく時、私たちが立ち戻るべき信仰の原点を指し示しています。
 今日の福音書で、主イエスは互いに愛し合うことを教えておられます。第15章12節で「わたしがあなたがたを愛したように、互いに愛し合いなさい。」と言い、17節でもまた「互いに愛し合いなさい。これがわたしの命令である。」と言っておられます。
 主イエスは、弟子たちに、互いに愛し合うことを掟として与え、また命令しておられます。この「掟」という言葉と「命令」という言葉はどちらも同じ言葉が一つは名詞で、もう一つは動詞で用いられているだけで、意味の違いがあるわけではありません。
 聖書での「掟」について考えてみましょう。
 旧約聖書では、「掟」は「戒め」という言葉でも用いられています。イスラエルの民にとっての「掟」「戒め」は、神から与えられた律法の言葉を意味しています。例えば主なる神はレビ記(22:31)の中で、イスラエルの民に向かって「あなたたちはわたしの戒めを忠実に守りなさ。わたしは主である。」と言っています。この「掟(戒め)」の中心となるのが、イスラエルの民がエジプトでの奴隷状態から救い出されてた後、荒れ野を放浪している時にモーセが神から与えられた「十戒」でした。この十戒を核にして、その周りに具体的な事柄をどうすべきか、律法の言葉が細かく定められ、その細かな一語一句がイスラエルの民の生活の指針となっていきました。イスラエルの民はこの律法を守ることで神の御心から離れないように生きることに努めたのです。
 しかし、こうした律法の言葉はそれが創られた時の精神を忘れると、その文言が独り歩きし始め、人間の自分勝手な思いによって都合の良いように解釈されたり他人を裁くための剣として用いられるようになることも多いのです。イスラエルの民の中でも、異国の人々と交わりを持たざるを得ない人(例えば徴税人)や律法の規程の枠の中では生活することの出来ない立場の人や病人などは、次第に社会からはじき出され除け者にされていくことになりました。
 主イエスの時代のイスラエルの歴史を振り返ってみると、イスラエルの民にとって、神との間に結ばれた契約を神の掟として守り通すことは特別な意味がありました。それは、主イエスの時代、イスラエルはローマの占領下にあり、ヘロデ王もローマ皇帝とそこから遣わされている総督の傀儡政治を前提とした王であったのですが、掟に忠実な人々はこのような政治に不満を募らせローマ軍やヘロデ政権に対する反乱を試み、それを鎮圧するためにローマ軍はエルサレム神殿を占領して破壊し、イスラエルの国は滅亡することになるのです。ユダヤ人たちは自分たちイスラエル民族の一致の象徴であったエルサレム神殿を失いました。その後彼らは、神殿という一致の「場」を失っても、イスラエルの民として民族のアイデンティティを保つために、それまで以上に「掟(戒め)」を大切にするようになっていくのです。
 このようなユダヤ教徒の生き方は、イエスをキリストと信仰告白する人々を二重の意味で苦しめました。一つは、クリスチャンはローマ当局からユダヤ教の一分派と見なされていたので、ローマに反抗するユダヤ人と同じように見なされ、ローマから弾圧される対象になったこと。もう一つは伝統的なユダヤ教徒たちからみるとクリスチャンはユダヤ教の掟に忠実ではないと誤解され、ユクリスチャンはユダヤ教徒たちからも神を冒涜する者として迫害され、ユダヤ教徒の各地の集会施設であった会堂から追放されていくことになるのです。
 ヨハネによる福音書が編集されたのは、起源80年代末から90年代にかけてであったと考えられています。地上での生身のイエスが十字架に付けられて50年(半世紀)を経た時代を生きるクリスチャンにとって、主イエスを救い主とする信仰を保っていくことは容易なことではなかったでしょう。初代のクリスチャンが自分たちの信仰を確認し、生きる勇気を奮い立たせたのは、生前のイエスの残した言葉と行いを思い起こすことによってでした。弟子たちは主イエスのみ言葉と行いを思い起こし、自分たちもイエスの御跡を踏んで生きていこうとする思いを絶えず新しくすることによって教会を育てていったのです。そのような彼らにとって一番中心になった御言葉が「わたしがあなたがたを愛したように、互いに愛し合いなさい。」という主イエスのみ言葉だったのです。
 当時のユダヤ教が異邦人を排除して民族として団結しようとする中で、民俗宗教の域を出ないユダヤ教は孤立していきました。その一方、キリスト者たちは、主イエスの掟(教え)に倣い、人種や民族を限定せず、職業の違いや貧富の差を問題とせず、全ての人が互いに愛し合う共同体を創りあげるように教え教会を立てあげていきました。その主イエスは、私たちにも、神のお考えになる姿を現すことが出来るように、目の前の隣り人に愛をもって関わる信仰の共同体を創りあげることを命じておられます。そして主イエスはその共同体である教会の角の親石となりました。
 そのことを福音記者ヨハネは第15章13節にあるように、主イエスさまの言葉として「友のために自分の命を捨てること、これ以上に大きな愛はない。」と伝えています。ここで主イエスが言っておられる「友」とは、14節を見れば明らかなように「互いに愛し合いなさい」という主イエスの「掟」を行う者のことです。主イエスは、主イエスが示した神の愛を実践する人をご自分の友としてくださるのです。
 主イエスやその弟子たちは、先ほども少し触れたように、ローマ帝国からもユダヤ教の側からも弾圧され迫害され、とても辛く厳しい状況に置かれていました。でもその厳しい中で、クリスチャン集団はその共同体全体で復活したキリストの体を表現し、主イエスの「互いに愛し合いなさい」という命令を実践したのでした。私たちも、主イエスの体である教会の部分としてそれぞれの人が生かされています。私たちはその「互いに愛し合う」ことの内実を創っていくことができるように、毎主日の礼拝で御言葉を受け主イエスの体と血を受けて、養われ、ここから遣わされていくのです。
 たとえ私たち一人ひとりの力は小さくても、私たちは永遠の初めから永遠の終わりまで生きて働く神の大きな歴史の中に用いられて生かされています。私たちは、その神の大きな働きの中に意味づけられ、受け入れられています。それは、16節にあるとおり、私たちが救い主イエスを選んで起きたことではなく、先ず主イエスが私たちを選び神の愛によって生かして下さっている事なのです。
 私たちは、主イエスを通して先ず神に愛されている者であることを知り、その恵みに応え、例え小さな私たちでも神の愛の働きを行うことが出来るように、ここから遣わされていきましょう。
posted by 水戸聖ステパノ教会 at 17:00| Comment(0) | 説教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする