2020年01月12日

イエスの洗礼 マタイによる福音書第3章13−17   顕現後第1主日    2020.01.12

イエスの洗礼 マタイによる福音書第3章13−17   顕現後第1主日    2020.01.12

 教会暦は、主イエス・キリストの御降誕を祝う降誕節から、主イエスの公生涯のお働きに学ぶ顕現節に入りました。顕現後第1主日は、主イエスの公生涯が始まる最初の主日であり、「主イエス洗礼の日」です。
 今日の聖書日課福音書は、主イエスが洗礼者ヨハネから洗礼をお受けになった物語が取り上げられています。私たちはこの主日に、主イエスが罪のないお方であるにもかかわらず、敢えて罪人の側に回って洗礼を受けて下さったことを学び、罪ある私たちとも共にいて下さる主イエスによって導かれる思いを新たにしたいと思います。
 現在の聖餐式聖書日課は3年周期であり、今年はA年です。福音書にはマタイによる福音書を中心に採用されています。
 マタイによる福音書の中心となるテーマの一つは「共にいてくださる神」ということです。主イエスが、ヨルダン川で洗礼者ヨハネから洗礼を受けたことも、罪の無い神の子が罪ある者と共にいてくださることのしるしとなることでした。
 マタイによる福音書の始めの箇所と終わりに着目してみると、始めの箇所では主イエスの誕生を「インマヌエル−神は私たちと共にいます−」という出来事であることが記され、また、マタイによる福音書の一番最後の箇所で、甦った主イエスは弟子たちに「見よ、私は世の終わりまでいつもあなた方と共にいる」と言っておられることが記されています。
 このように、マタイによる福音書は、父親となるヨセフに産まれてくる幼子をイエスと名付けるように告げた天使がその子は「インマヌエル−神が共におられる−」と告げたことに始まり、甦りの主イエスが世の終わりまで共にいてくださるという約束で終わっています。マタイによる福音書は、例えて言えば、「神が共におられる」という大きな括弧の中でイエスの生涯を描いている、と言えます。
 今日の聖書日課福音書で、主イエスが洗礼者ヨハネから洗礼を受けたことを記しるしていますが、少し前の第3章11節でヨハネは「私は、悔い改めに導くために、あなたがたに水で洗礼を授けている」と言っています。その言葉のとおり、ヨハネが授けていたのは罪を告白して悔い改めのしるしとしとなる洗礼でした。主イエスがこの洗礼を受けられたということは、罪の無い主イエスが罪人の側に回り、これから始まる公生涯を罪ある者と共に生きてくださるしるしを身に受けられたということなのです。
 イエスの父親となるヨセフは、イエスの誕生の前に、夢で天使から「生まれてくる子はインマヌエルと呼ばれる」と告げられました。その子どもが30歳になる頃に宣教の働きを始めますが、その最初に、敢えて私たち罪人の側に回って「罪の赦しのしるし」となる洗礼をお受けになったのです。
 私たちは、日頃の生活の中で、「相手の立場に立つ」とか「相手の身になる」という言葉をしばしば使います。でも、もし私たちが本当にそうしようとすれば、その難しさを感じないわけにはいかないのではないでしょうか。
 人はよく、表面上は仲の良さを装いながらも、当の本人のいない所で、その人の悪口を言ったり陰口をたたきます。こうしたことは相手の立場に立つこととは正反対のことです。私たちは、一見親しく見える人同士でさえ、相手の話はろくに聞かず、理解もせず、自分の思いだけを相手に向かって吐き出して意気投合したつもりになり、実は少しも相手と出会えてもいなければ理解し合えてもいないと言うことさえ多いのではないでしょうか。
 私たちが他の人の話を聞くこと一つとっても、私たちが一歩立ち止まって、相手の人がどんな背景からどんな気持ちを伴ってそのことを口にしているのかを改めて考え直してみると、相手の話を聞いてその人を理解することがいかに大切なことであり、また難しいことなのかを認めないわけにはいきません。それでも、私たちは主イエスに共にいていただきながら何とかそのようにしようと努めるところに神の恵みが働きます。
 パウロは、人と共にいることとを「喜ぶ者と共に喜び、泣く者と共に泣きなさい」と教えていますが、その根底には主イエスの生涯と十字架があったのです。
 主イエスが、インマヌエル(神が我らと共にいます)というお姿をとって下さって、ヨルダン川で洗礼者ヨハネから洗礼をお受けになったことは、神が私たちの喜びにも悲しみにもどこまでも共にして下さることのしるしです。主イエスは、私たちの悲しみや苦しさをご自身で引き受けてくださり、私たちの罪も一緒に背負って下さって、私たちを罪の中にとどめず、私たちが主イエスとの交わりの中で、愛と赦しを得て、本当の自分を回復出来るように、どこまでも関わり続けて下さり、支え続けて下さいます。
 主イエスはその証として、ご自身は罪がないにもかかわらず、罪人の側に回り、私たちと同じ地平に立ち、私たちの罪の背景を知り、私たちと共にいてくださる徴を洗礼によって示して下さいました。そして主イエスは、この洗礼をお受けになった後に、当時の社会に中で見捨てられた人、虐げられている人、落ちこぼれてしまった人たちとどこまでも共にいて、その人たちの人生を回復する働きを始めていかれるのです。
 主イエスが洗礼者ヨハネの前に現れて洗礼をお受けになろうとした時、ヨハネは驚き、尻込みしてこう言いました。
 「私こそあなたから洗礼を受けるべきなのに、あなたが、私のところへ来られたのですか。」
 これに対して、主イエスはお答えになりました。
 「今は止めないでほしい(そうさせてもらいたい)。正しいことをすべて行うのは(すべてを正しく行うのは)我々にふさわしいことです。」
 主イエスはここで、正しいことをすべて行うのは「我々に」ふさわしいと、複数形で答えておられることに注目してみましょう。
 神さまが私たち一人ひとりに与えて下さった使命とそのご計画は、人それぞれの顔立ちが違うのと同じように、それぞれに固有であり、仮に表面的には同じ仕事をしてもその意味は一人ひとり違うはずです。私たちはそれぞれに与えられた固有の人生を、インマヌエルととなえられるお方に伴われて歩んでいます。私たちが正しく神の御心を行おうとする時、その傍らにはいつも主イエスがいて下さることを、主イエスはここで「我々」という言葉を用いて示しておられるのです。主イエスがヨハネから洗礼をお受けになることは、イエス個人のことではなく、主イエスと私たちにとっての大切な事柄なのです。
 主イエスが洗礼をお受けになって水から上がると、すぐに天が裂けて神の霊がイエスに降りました。当時は、天はドームのようになっていて、神はその天蓋の上からこの世界を支配しておられるという天体観、宇宙観の時代でした。主イエスが洗礼を受けて、他の人々と共にいますことをお示しになったことは、天の神とこの世のイエスの間に隔てのない完全に一致することであることを、神自らがお示しになったのです。更に主なる神は、この主イエスを「これはわたしの愛する子、わたしの心にかなう者」と言って祝福しておられます。神の願いは、人が罪の中に滅びることではなく、裁かれることでもなく、インマヌエルによって再び正しく生きる力を得ることであり、そのことが今、こうして地上に示されたことは天の喜びでもあるのです。
 主イエスが神と私たちとの間にある罪の隔てを取り除いてくださって、私たちはこのお方を信じる信仰によって、誰でも、分け隔て無く、神の御前に進み出ることが出来るようになりました。私たちが一人ひとりの大きな違いを超えて互いに一つとなり共にいることが出来るのは、インマヌエルである主イエスがいて下さるからです。私たちの足りないところも、過ちも、主イエスによって補われ、赦されて、インマヌエルであるこのお方が私たちの中にいて下さるから、私たちはこうして一つになって祈ることが出来るのです。その集まりが主イエス・キリストの体となり、本当の教会の姿となるのです。
 主イエスが洗礼をお受けになり、私たちと共にいて下さる生涯をお始め下さった恵みを共に感謝しましょう。そして、私たちも教会の良い交わりを築き、この地に主が共にいて下さることを示せるように育まれて参りましょう。主イエスがすべての人を洗礼の恵みへと招いておられます。主イエスと共に生きる喜びと感謝をもって、洗礼の喜びを伝えていくことができますように。

posted by 水戸聖ステパノ教会 at 21:01| Comment(0) | 説教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月07日

「ヘロデの虐殺を逃れて」 マタイによる福音書第2章13-15,19-23節 A年(降誕後第2主日) 2020.01.05

「ヘロデの虐殺を逃れて」 マタイによる福音書第2章13-15,19-23節       A年(降誕後第2主日) 2020.01.05

 私たちは、クリスマスの12日間を過ごしています。その間に今日の福音書の個所を読む事になりますが、私はこの箇所を読むたびに、主イエスの誕生にまつわるこんな悲惨な話があることに辛い思いになります。
 日本でのクリスマスは、12月24日のクリスマス・イヴの賑やかさが過ぎるのと共に去ってしまいますが、教会暦での降誕節は12月25日から始まって12日間続きます。この降誕節の中で、12月25日が主イエスご降誕の日に始まり、26日が「最初の殉教者聖ステパノ日」、27日が「福音記者聖ヨハネ日」、28日ヘロデの兵士らによって虐殺された幼子を記念する「聖なる幼子の日」です。更に1月1日の「主イエス命名の日」があり、私たちはこれらの日を含めた12日間を通して主イエスのご降誕を深く思い巡らせる時を過ごしています。
 今日の聖書日課福音書は、ヘロデによって多くの幼子が殺害された物語が取りあげられています。私たちは皆、今日の福音書の箇所から、ヘロデ大王の狡猾さと残虐さ、それに猜疑心の強さを思うのではないでしょうか。
 ヘロデ大王は、対外的には支配者であるローマの動きを気にしながら振る舞い、当時のローマの権力者たちからは比較的に良い評価を受けていました。ところが、内に対しては自分の王位を守るために妻の弟や妻の母親などを殺し、イスラエルの正当な王位継承者を抹殺して我が身を守りました。更には本来ヘロデ王には祭司長を任免する権利などなど無かったにもかかわらず、自分の親族を祭司長に任命するような横暴な面があり、それに反発する神殿指導者たちを追放し、弾圧するような人でもありました。そのようなヘロデ大王をはじめとするヘロデ家の狂気と病理について、曾野綾子氏が『ヘロデ』と題した小説でもとりあげています。
 今日の聖書日課福音書には、東の国の占星術の学者たちが、エルサレムにやって来た時のヘロデの対応が記されています。旅をしてエルサレムに来た学者たちは、こう尋ねました。
 「ユダヤ人の王としてお生まれになった方は、どこにおられますか。わたしたちは東方でその方の星を見たので、拝みに来たのです。」
 マタイによる福音書第2章3節を見ると、「これを聞いて、ヘロデ王は不安を抱いた。」と記されています。先ほど紹介したように、学者たちのこの言葉は、ねたみも強く疑り深いヘロデの気持ちを逆撫でする事になりました。ヘロデには、自分以外に王がいてはならないし、もし王座を狙うような者がいれば、生かしておけなかったのです。そこでヘロデはこの学者たちに次のように言いました。
 「見つかったら知らせてくれ。わたしも行って拝もう。」
 ヘロデは心にもないことを言い、その情報を得たら早速その「ユダヤ人の王として生まれた方」の命を奪い取る腹づもりだったのでしょう。
 ところが、この学者たちは幼子イエスを見つけ、喜びに満たされ、礼拝し、自分の宝物を献げて、別の道を通って自分たちの国に帰っていきました。これを知って腹を立てたヘロデは、ベツレヘムとその周辺の2歳にならない幼子を皆殺しにしました。当時、ベツレヘムは小さな田舎町で、ある聖書学者は実際にヘロデの兵士たちによって幼子が殺されていたとしたら、その数は15人から20人程度であっただろうと推測しいます。いずれにしても、一人の領主が自分の座を守るために、多くの幼子の命を奪ったのでした。
 この時、ヨセフは夢でお告げを受けて家族はエジプトに逃れ、幼子イエスの命は助かりました。
 マタイが記したこの物語から、「聖家族には神の守りがあった」とか「神の子はその一生が神の御手にあった」と簡単に言うことも出来るかとは思いますが、私はこの物語をその様な言葉でまとめてしまいたくはありません。このヘロデ王による幼子虐殺の出来事は、この後主イエスが生きていく上で大きな影響を与えたであろうと思います。
 イスラエルの民が子どもを教育する時、自分たちが何故今ここに生かされているのかと考えることをとても大切にします。イスラエルの民は、自分たちの先祖が昔エジプトの地で奴隷であり、その弱く小さな民を主なる神は選び、エジプトの地から救い出して下さったことを代々に渡って語り継いでいます。そして、そのようにして救われた民なのだから、十戒を中心にした律法を守ることを大切にし、子孫にもその事をしっかり語り継いで、そのような民のひとりとしてどのように生きるべきかを教育していくことに心掛けていました。
 また、旧約聖書の民であるイスラエルの人々は、何故今の自分が存在するのか、それは何によって守られ生かされているからなのかを考え、伝えていくことを大切にしていました。自分たちのルーツをいつも思い起こして、アイデンティティを確認していたと言えるでしょう。そのような文化の中にいたイエスの父であるヨセフも、イエスが生まれた頃にヘロデ王がベツレヘムとその周辺の子どもを虐殺したことや、聖家族はその難を逃れてエジプトで過ごして助かったことなどを折あるごとにイエスに語り継いだに違いないのです。そしてそのことはイエスが自分の命はなぜこの世にあるのか、何のために生かされていて、自分がどのように生きるべきかを考えるときの大きな導きになったに違いないのです。
 主イエスが成長して自分を振り返るようになったとき、多くの幼子の命の犠牲の上に自分の命があることを考えないわけにはいかなかったはずです。そして、イエスは、自分がどのように生きることが幼いうちに自分の身代わりになるようにして命を奪われた人々の事も考えないわけにいかなかったはずなのです。また、今生かされている自分がどのように生きることで幼い内にヘロデに殺された人たちに意味を与えたりその死に報いることになるのかを考えないわけにないかなかったはずなのです。ヘロデの兵士によって殺された多くの幼子の命と引き替えに自分の命があることを考えるとき、イエスは神の子としてこの世に御心を示し、人の命が大切なものでありその生涯が神によって祝されなければならないことをイエスは人々に伝え、神と人に仕えて生きる一生を送らないわけにはいかなかったのだと思うのです。そして、ヘロデが自分の王座のために多くの人の命を奪ったのとは対照的に、主イエスは多くの人々の命のために自分の命を十字架の上に差し出すことになりました。
 やがて教会は、ヘロデによって殺された子どもたちを特別に記念するようになりました。それが「聖なる幼子の日」です。あたかも神の子の身代わりのように殺されていった子どもたちを記念する日です。未だ2歳にならないうちに殺された子どもたちは、その名も分からず、詳しい人数も分かりませんが、教会はその子どもたちを「聖なる幼子」と呼んで記念しています。この子どもたちは自分たちの意図した働きではありませんでしたが、救い主を助け生かす上で大切な貢献をしたのです。こうしてイエスとその両親は、ヘロデの陰謀による危機を逃れて、しばらくの時をエジプトで過ごし、ヘロデ大王の死後ナザレで暮らすことになりました。イエスはナザレで育ち、その後成人して公に神の国を宣べ伝えるようになっていきます。ヘロデの陰謀を逃れた聖家族には幼子たちの死が痛みとして残っていたはずです。その痛みが主イエスがどのように公生涯を送るのかに深く影響を与え、神の御心とは何かを考え導かれるる通路になったと言えるでしょう。
 私たちも神さまの大きな御手の中に用いられ生かされるとき、自分の一生が無駄ではなく聖なるものとされます。
 主イエスのご降誕を感謝し、私たち一人ひとりも主イエスを通して表された主なる神の御心に応え、神さまの働きにあずかる事を通して主なる神に祝されたいと思います。 
posted by 水戸聖ステパノ教会 at 05:26| Comment(0) | 説教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月31日

神の愛を受信する  2019.12.29  ヨハネによる福音書第1章1〜18節  A年(降誕後第1主日)

神の愛を受信する    ヨハネによる福音書第1章1〜18節  A年(降誕後第1主日) 2019.12.29

 
 「初めに言があった。言は神と共にあった。この言は、初めに神とともにあった。」
 ヨハネによる福音書はこのように始まっていきます。この箇所は、毎年、クリスマスの聖書日課として読まれています。
 かつて、先代の主教さまに、子どもたちが沢山いる礼拝での説教をお願いした時、ある道具を手にしながら説教をしてくださいました。その道具とは、一つは携帯ラジオ、もう一つは玩具のラジコンカーでした。
 ラジオのスイッチを入れてダイヤルを合わせると、ただ一つだけではなく、その周波数によって幾つもの放送を受信できます。ラジオの電波は目には見えないけれど、それぞれの放送局が何かのメッセージを送るために、電波を用いています。私たちがある番組を受信しようとすれば、その電波の中から正しくダイヤルを合わせることが必要になります。それと同じように、私たちも神が私たちを生かすために与え続けている神の力を受けられるように、たくさんの電波の中から正しい電波を受けて日々の生活を霊的に整える事が必要になるのです。
 また、ラジコンカーも、車は目には見えない電波を受けて、その操作盤を動かす人の思いが車に伝わり、車が動きます。わたしたちも神が発しておられるメッセージを受けるためには、神の恵みを自分からも受けるためのチャンネル合わせが必要なのです。
 その主教さまは、「私たちも、聖書を学び祈ることによって、神の御心に合う生き方を自ら設定するようにつとめ、注がれている神の恵みを受信できるようになって、福音の喜びに満たされるようになりたい。」とお話しして下さいました。
 ヨハネによる福音書の冒頭の言葉も、そのラジオやラジコンカーのたとえで言えば、人間の方ではまだ神のメッセージを受信できるような状況になっていない時にも、神はこの世に生きる私たちに、愛の電波を絶えることなく発信し続けてくださいました。そして今もなお神はこの電波を発信していてくださり、これからもずっと「愛の電波」の発信は続くことでしょう。その愛の電波のことを、ヨハネによる福音書では「言(ことば)」と名付けているのです。
 「言(ことば)」という単語を「神が発信する愛の電波」と置き換えて、今日の福音書の冒頭の部分を読んでみると次のようになるでしょう。
 「神が発信する愛の電波は初めからありました。電波は神と共にありました。愛の電波は神ご自身でした。この愛の電波は、初めに神と共にありました。万物は愛の電波によって成り立っています。成ったもので言によらずに成ったものは何一つありません。愛の電波の内に命がありました。」
 しかし、「神の愛の電波」は人々になかなかその実体が理解されませんでした。それは人の目には見えず、人はこの電波だけを抜き出して目に見て確かめることが出来ないからです。私たちがこの愛の電波を確かめるためには、その電波をキャッチするための、チャンネル合わせが必要になります。電波を受信した時にも、電波そのものを見るのではなく、電波を音なり映像なり動力に変換してはじめて、その電波が働いていることを確かめられるのです。
 神さまがこの世に送ってくださる「愛」についてもこれと同じことが言えます。神は天地をお造りになったその初めからこの世界と人々を祝福し、愛し、関わり続けてきてくださいました。
 でも、私たち人間は、神さまの送る愛そのものを自分たちの目でしっかりと見て確認することが出来ませんでした。人は神の愛が感じられなくなったり確かめられなくなったりすると、安易に目に見えるもの、触れて確かめられるものにすがって、安心したくなります。
 出エジプトの民も、荒れ野での生活が始まり、しかもモーセがシナイ山に登ってその姿が目に見えなくなった時、その不安と心細さのゆえに、金を集めて子牛の像を造り、それを神のしるしとして金の子牛の周りで踊り戯れました。見えないロゴスを信じられず、認めることが出来なかったからと言えます。私たちは目に見える確かな徴が欲しくなってしまいます。神から離れて神を見失い、偶像を神のように奉り、愛ではない物を愛であるかのように感じて、その幻想の中に生きようとしてしまいます。私たちの周りにも、本当は神からの愛によって癒されるべきなのに、力のある者に寄りすがり、アルコールに溺れ、他人を困らせて自分が注目を集めることによって、一時の快楽を得たり不安を紛らわせたりする人たちを見かけます。それでは、神の愛を受信する感性はますます鈍くなり、神の愛を映し出す力は錆び付く一方になるでしょう。
 主イエスの時代の律法学者たちも、文字の上では愛を論じてはいたものの、神のお与えくださる本当の愛を実感してはいませんでした。また、自分の身を守ることばかりを考える祭司長たちにとって、神の愛に生きることは面倒くさいことであり、そのことを指摘されれば、指摘する人を攻撃することになっていきました。。
 そのような人々の支配する世に、神は、人の目に見える姿をとってご自身の愛を具体的に示して下さいました。それが「言は肉となる」ということでした。主イエスは、人の上に立って人を支配し君臨するお姿ではなく、貧しく小さなお姿を取り、神の愛を示してくださいました。ヨハネによる福音書は、第1章14節に「私たちはその栄光を見た」と記しています。
 旧約聖書の時代に、人々は律法の文字を通して、「神を愛し人を愛すること」を教えられましたが、文字だけで厳格に「愛すべきこと」という文言を叩き込まれても、人は腹の底から愛することを理解できるようにはなれませんでした。
 日陰に置かれた石ころに「お前は冷たい。温かくなれ」と百回言うよりも、その石が温かくなるように日の当たるところに置いてあげなさい、という譬えがあります。主イエスとの交わりの中で、沢山の人が神の愛にふれ、自分も愛されていることを知り、愛する人へと変えられていきました。
 文字の上でしか知らなかった「神の愛」がどのようなものなのか、人々は実際にイエスを通して神に愛されることによって、身をもって愛を知り、今度は自分が愛する者へと変えられていくのです。
 律法によって「愛せよ」と幾度厳しく突き付けられても愛を実感できなかった人々は、律法を守れない人々を裁くようになります。律法を守れず裁かれた人々は、自分を見失い、否定し、彷徨い始めます。でも、そのような人々も、イエスによって自分も愛し抜かれていることを知り、そのことを受け容れた時、本当の自分を取り戻して、神の愛に生きることが出来るように変えられ、育てられていくのです。
 神の愛の電波は、貧しく小さな姿を取って、貧しく小さな者のうちに住まい、私たちを支え生かして下さいます。今日の福音書で「言が世に来た」こと、「言は肉となった」ということは、神の愛が主イエスをとおして、具体的にこの世界に働いたこと、私たち皆がその愛を受ける資格を持つ者であることを示されたということを意味しています。
 私たちはこの世で、時には弱り、時には悲しみにも出会います。でも、私たちは既に目に見える神の愛が与えられ、神の愛は私たちの中に深く宿っていて下さいます。馬小屋の飼い葉桶の中に、神の愛の姿を宿して下さった恵みを深く受けとめ、私たちも神さまの愛の電波を受信するために、しっかりとその電波にチャンネルを合わせましょう。神の言が私たちのところに来て下さった喜び、その感謝をお捧することができますように。
 主イエス・キリストのご降誕の喜びを分かち合い、今日の聖餐にあずかりましょう。
posted by 水戸聖ステパノ教会 at 09:59| Comment(0) | 説教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする