2017年09月04日

教会の規範、習慣、雰囲気のことなど

教会の規範、習慣、雰囲気のことなど
司祭 ヨハネ 小野寺 達
 ある組織で、毎月の報告書の提出が義務づけられているのに、「オレ、今月も出さなかったよ、ハハハ・・・」という人がいるとします。そのような働き方やその態度が当たり前になると、その組織はどうなっていくでしょう。他のメンバーの中には、「何だ!あの報告書は出さなくても構わない程度のものなのか。僕も適当に書いて出せばいいし、提出期限も守らなくていいんだ。彼が提出しなくても上司は何も言わないようだし・・・」という人が生まれてくるかもしれません。こうしてその組織にマイナスの規範、習慣、雰囲気が生まれてきます。
また、ある事務所のトイレに「きれいに使いましょう」という貼り紙がしてあります。ところが、そのトイレの棚は埃だらけ、手洗いシンクは水垢と石鹸カスで汚れ放題。床には薄汚れた雑巾が落ちているのか置いてあるのか。こうしてこの団体に、トイレは汚れたまま放置され、マイナスの規範、習慣、雰囲気が醸し出されてきます。
こうしたマイナスの規範、習慣、雰囲気は、教会の中にも入り込んでくることを、私たちはよくよく気をつけていなければなりません。
礼拝の時に、聖書を開かなくてもいい、聖歌は周りに合わせて口を動かす程度に歌えばいい、祈祷書の祈りの言葉はボソボソと唱える程度でいい、献金は自分が痛まない程度にすればいい等々、誰に教わったわけでもないのに、いつの間にか沈滞ムードに支配されてしまう教会もあるのです。
各自がチョット振り返ってみれば、たとえ小さなことからでもプラスの規範、習慣、雰囲気を作っていく糸口はあるのではないでしょうか。
教会に(他の組織でも)プラスの規範、習慣、雰囲気を作っていくためには、それなりの努力と工夫が必要です。怠けていたり自分の殻の中に閉じ籠もっていたい人から足を引っ張られたり陰で悪口を言われることだってあるかもしれません。
でも、教会には「み国が来ますように。み心が天に行われるとおり、地にも行われますように。」ということにおける信仰による一致とヴィジョンがあります。
このヴィジョンを実現するために、私は何ができるだろう、何をすることを神から求められているのだろう、と祈り求め、始めの小さな一歩を歩み出すことで、教会の中にプラスの規範、習慣、雰囲気が少しずつ出来始めるのだと思います。時には各自のヴィジョンの違いを語り合い、理解し合い、受け止め合っていかねばならないでしょう。そのような時にも、意見の違う相手を頭ごなしに否定したり拒否するのではなく(それはマイナスの規範を作り出します)、粘り強くその作業を貫くことが必要になりますが、そうした対話の作業そのものが、教会の良い規範、習慣、雰囲気を作るための大切なプロセスになるのです。
私たちの教会のプラス面、マイナス面をそれぞれに考えてみてください。そして、そこに「私はどのように関わっているのか、関わるべきなのか」を思い巡らせてみてください。
 『草苑』水戸聖ステパノ教会月報 2017年9月号 No.552 
posted by 水戸聖ステパノ教会 at 06:28| Comment(0) | 牧師のコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント