2017年12月24日

「お言葉どおり、この身に成りますように」 ルカによる福音書第1章26−38節 

「お言葉どおり、この身に成りますように」
ルカによる福音書第1章26−38節   B年 降臨節第4主日  2017.12.24

今日の福音書には、いわゆる受胎告知の物語が取り上げられています。天使ガブリエルがマリアに現れ、マリアにこう告げたのでした。
 「あなたは身ごもって男の子を産むが、その子をイエスと名付けなさい。」
 マタイによる福音書の第1章の物語の中に、また、このルカによる福音書の第1章の中に、マリアはヨセフの許婚であったことが記されています。
 天使ガブリエルはマリアの前に姿を現してこう言いました。「おめでとう、恵まれた方、主があなたと共におられる。」29節によれば、マリアはこの言葉に戸惑ったのです。そして驚き、おそれおののきながら天使ガブリエルの「あなたは身ごもって男の子を産むが、その子をイエスと名付けなさい。」という言葉を聞いたことでしょう。マリアは一度は「どうして、そのようなことがありえましょうか。わたしはまだ男の人を知りませんのに。」と言いますが、最後には天使ガブリエルに従って「わたしは主のはしためです。お言葉どおり、この身に成りますように」と答えました。
 当時の社会のことを思えば、マリアがどれほど心を揺さぶられたであろうかを想像できます。いや、それはきっと私たちの想像の域を超えているのではないでしょうか。
 その当時、婚約は結婚に等しく見なされていた反面、未婚の女が子を宿すことは著しく社会の秩序に反することと考えられました。マタイによる福音書第1章では、夫になるはずのヨセフがマリアの受胎について悩み抜き、一度は離縁する決心をしたことが記されています。未婚者の受胎は、当時のイスラエル社会の中で、離縁に留まらず、場合によっては姦通の罪を犯した者として町の外に引き出されて石打の刑に処せられることにも成りかねませんでした。それにも関わらずマリアは、天使のみ告げを受けて「わたしは主のはしためです。お言葉どおりこの身に成りますように」と答えます。
 「お言葉どおりこの身に成りますよう。」
 それは、深い呻きを伴う祈りの言葉であったに違いありません。
 私たちは今日の福音書の箇所を読むとき、28節で天使ガブリエルの「おめでとう、恵まれた方」という言葉を聞くと、この言だけを切り取って、マリアがまるで大きな幸運を手にした女性であるように考えてしまいます。また、今日の福音書のすぐ後の箇所で、マリアがエリサベトから祝福の言葉を受けていることを知ったり、マリアが神を誉め讃えて「わたしの魂は主をあがめ、わたしの霊は救い主である神を喜びたたえます。」と歌うのをきけば、私たちはマリアが幸運で幸福で明るく過ごして天国に迎えられる人であったかのように思えるかも知れません。
 でも、イエスの母マリアは、見方によれば、決して幸運でもないし幸福でもなく、むしろ生涯にわたって重荷を負い、イエスの母としての辛さや苦しさをも味わいつくしたのではないでしょうか。
 この受胎告知の日の後、やがて訪れるナザレからベツレヘムへの強いられた長い旅。子を産むための場所もなく身を横たえたのは、旅する人々がロバやラクダをつないでおく街外れの動物小屋。マリアが周りの人々の刺すような視線を受けながら育て上げた息子は、やがて30才を越えた頃に神の国の運動に走り家族を離れていきました。そのような我が子に会いに行くと、我が子から返って言葉は「わたしの母、兄弟とは、神の言葉を聞いて行う人たちのことである。」でした。それはマリアにとって親子関係を否定されるように響く言葉になったかも知れません。それでも、マリアはイエスの母親として息子を愛し続けたことでしょう。やがてイエスはエルサレムに上り、そこで理不尽にもユダヤ教の権力者ちの手によってローマに対する反乱を起こした犯罪人に仕立てられ、十字架刑に処せられてしまうのです。母マリアは我が子が十字架刑で死んでいく様を見ました。
 「お言葉どおり、この身に成りますように。」
 こう言って、自分の全てを主に委ねて生きたマリアの一生はなんと辛く悲しいことでしょう。このような母親から生まれ育った息子は、ある意味マリアと同じように、全てを主に委ねて生涯を送るのです。
 イエスも、自分が殺されることになる前の晩に、オリーブ山で地の汗を流して祈りました。「父よ、御心なら、この杯をわたしから取りのけてください。しかし、わたしの願いではなく、御心のままに行ってください。」そして、イエスは十字架につけられた最期にも「父よ、わたしの霊を御手に委ねます。」と叫んで息を引き取りました。
 マリアから生まれマリアに育てられたイエスは、母親と同じように自分を神に委ねて一生を過ごします。イエスの最期は無惨な死であり、その時にもあの時の自分と同じように全てを主なる神に委ねる息子イエスの姿をマリアは仰ぐことになるのです。それは、マリアが天使ガブリエルに、「お言葉のとおりになりますように」と答えてから33年近くが経っ頃のことになります。
 マリアは、受胎告知を受けた時ばかりでなく、おそらくその一生を「お言葉どおりこの身に成りますように」と祈り通したことでしょうし、そう祈らないわけにはいかな生涯だったことでしょう。
 そして、イエスは幼い頃から、母マリアの腕の中で、繰り返し繰り返しこのように祈る母親の言葉を聞いて育ったはずです。
 「お言葉どおり、この身に成りますように。」
 天使ガブリエルは、マリアに受胎を告げる時、「おめでとう、恵まれた方」と呼びかけ、更に「あなたは神から恵みをいただいた」と言います。マリアは自分をとおして、まるで私生児のように子供が生まれてくることを告げられた時、「いったい、なぜ、これが恵みなのですか!」と叫ばずにはいられない思いになったことでしょう。天使ガブリエルの言う「恵み」はどこに現れるのでしょう。それは、神のみ言葉の実現のために徹底して生きたイエスの十字架の死とよみがえりによって、イエスを救い主と受け入れ、神のみ言葉が実現するように生きた人々が生まれてくることによって、初めてするのです。
 神の働きが自分の身をとおして行われるのですから、時にその働きは人間の常識や予想を遙かに超えることになります。マリアの場合もそうでした。イエスの場合もそうでした。私たちも神の言葉が実現するように働き、そのことによって生かされる時、その働きはマリアと同じように「おめでとう、恵まれた方」と天の祝福をいただく者とされるのです。
 マリアは自分を「身分の低い、主のはした女」と言いました。そのマリアは、多くの苦労を担う生涯で、自分の身を通して神の御心が成し遂げられる出来事の中に、神の祝福を与えられながら生きたと言えるでしょう。
 マリアが天使ガブリエルから告げられた恵みは、神に選ばれ、神の働きに招かれた者が受ける「恵み」です。マリアはそれを初めから望んでいたわけではないでしょう。ここには、一方的な神からの選びがあります。
 主イエスもヨハネによる福音書第15章16節で、「あなたがたがわたしを選んだのではない。わたしがあなたがたを選んだ。」と言っておられます。この「選び」の「恵み」に対してマリアは「お言葉どおりこの身に成りますように」と応えているのです。
 私たちも、この世界に命を与えられ、この世の舞台に送り出されています。私たちは、神に選ばれ、神に招かれたことを自覚して生きる者として、教会に集います。私たちは、マリアと同じ恵みと祝福の中に生かされています。
 私たちも、「神よ、私を御心を現す器として用いてください。」「お言葉どおり、この身に成りますように。」と祈りつつ生かされて参りましょう。
 貧しく低いお姿をとり、この世に神の御心を現すためにおいでくださった主イエスの降誕を喜びをもって迎える備えを致しましょう。
 


posted by 水戸聖ステパノ教会 at 06:52| Comment(0) | 説教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント