2018年07月29日

安心しなさい、わたしだ、恐れることはない  マルコによる福音書第6章45-52 2018.07.29 B年 特定12      

安心しなさい、わたしだ、恐れることはない       
マルコによる福音書第6章45-52 2018.07.29 B年 特定12

 はじめに、今日の福音書よりマルコによる福音書第6章50節で主イエスが弟子たちに語りかけおられる言葉を読んでみましょう。
 「安心しなさい。わたしだ。恐れることはない。」
 私たちの生活の中で、例えば家族とか特定の集団の中で、その言葉と共に特別な思い出や気持ちを分け合う言葉があります。例えば、子育てをした人であれば、我が子が幼かった時のある場面で口にした言葉が何年経っても親としての慰めになっていたり、楽しい思い出となっていたりして、それが今の自分にとっても力になっているという言葉があるのではないでしょうか。
 今日の福音書の中での主イエスの「安心しなさい。わたしだ。恐れることはない。」という3つの言葉は、弟子たちにとって、そのような意味を持つ言葉であったと言えます。
 主イエスがこの世の生涯を終えて弟子たちの目には見えない存在になった時に、弟子たちは主イエスが生前によく口にしておられた言葉を思い出したり、集会の折りに皆でその言葉を分かち合ってイエスの生き方や教えを確認して、主イエスの働きを担う力を新たにしていたのです。
 今日の福音書の物語は、ガリラヤ湖に漕ぎ出した舟が舞台です。
 ガリラヤ湖は、周りを山々に囲まれそこから流れ込む気流の関係で、天候の変動の激しい湖です。その当時、こうした天候の変化は、温められた気流の上昇や冷えた空気の下降ということで理解されたのではなく、湖に住む魔物が姿を表し暴れることと理解されていました。強い風で舟を進めることの出来ない弟子たちの所に主イエスは湖の上を悠然と歩いて近づいておられます。このことは、主イエスが悪や魔物を征服して弟子たちの所にお姿を表しておられることを意味していると考えることができます。 
 聖書の中に出てくる舟は、「ノアの箱舟」に象徴的に示されているように、しばしば救いの箱舟を表したり、やがて教会を象徴するようになりました。皆さんの中にも、主イエスと弟子たちが一つの舟に乗り込んでいるステンドグラスや絵をご覧になったことのある方が多くおられることでしょう。
 今日の福音書には、弟子たちが主イエスのいない舟の中で、逆風のために一晩中漕ぎ悩んでいたときの様子が記されていますが、主イエスが乗っていない弟子たちの舟とは、まさにマルコによる福音書が編集されていた頃の弟子たちの姿を象徴的に表しています。
 5つのパンと2匹の魚で大勢の人びとを養った主イエスは、弟子たちを舟に乗り込ませ対岸のベトサイダに行かせ、ご自身は独り山に登って祈りの時をお過ごしになりました。主イエスは夕暮れから明け方までずっと一人で祈っておられたことと思われます。その間、弟子たちは舟で対岸の町まで行こうとするのですが、強い逆風に邪魔されて思うように進むことが出来ません。主イエスはガリラヤ湖畔の小高い山のような所で祈っておられます。そこからは逆風に漕ぎ悩む弟子たちの舟の様子を遠くに見ることが出来たのではないでしょうか。主イエスは逆風に行く手を阻まれて湖の上で悪戦苦闘する弟子たちの姿を山の上からご覧になり、その弟子たちのためにも祈っておられたのではないでしょうか。
 目に見えるイエスの乗っていない舟とは、主イエスが天に昇った後の弟子集団を意味しているとも言えます。それは、教会の姿であるとも言えます。
 やがては目に見えるイエス無しで御国の福音を宣べ伝えねばならない弟子たちのために神の力が与えられるように、逆風に悩まされつつも主イエスを救い主として生きていこうとする者の集まりに、特にその悪戦苦闘の働きに、神の祝福があるように祈っておられたのではないでしょうか。 
 このような情景を思い描いてみると、ここに描かれているのは、既にイエスが天に昇り、その後マルコによる福音書がまとめられた当時の弟子たちの様子であり、また、目に見える地上のイエス無しで舟に例えられる教会をこの世の逆風の中に帆を操っていく信仰者の姿であり、それはまさに私たち自身の姿と重なってきます。
 マルコによる福音書が成立したのは紀元60年代から70年代とされています。主イエスが十字架で死んで甦り、天に昇られて直接弟子たちの目に見えるお姿でなくなってから30年から40年経った当時、パレスチナをはじめ地中海沿岸の各地に教会、つまり主イエスを救い主と信じる人びとの集まりが出来てきます。しかしその一方で、ユダヤ教の側からもローマの側からも、この集まりに対する弾圧や迫害が起こってきます。。初めは直接にイエスと行動を共にしたペトロやヤコブ、ヨハネたちが指導的な立場にありましたが、やがて生前のイエスを知らない第2世代、第3世代の信徒が多くなり、更にその中から次の世代の指導者が生まれてきます。教会に集う人びとはもう地上の主イエスに直接お会いした人びとではなく、復活の主イエスを信仰する人びとによってその信仰に基づいて「舟」に例えられる教会はこの世の荒波の中を進んでいくことになります。
 弟子たちの間に、また信徒たちの中には、目に見える地上のイエスはいません。その時の教会はまさに、弟子たちが夜明け前の暗い湖を主イエスのいない小舟を操るような経験をするのであって、信仰者は逆風や思わぬ突風に悩みながらそれでも進んでいかなければなりません。
 主イエスは、そのような弟子の所に湖の上を歩いて近づいて来られます。弟子たちはそれがイエスだとは気づかず、幽霊だと思って恐怖に叫び声を上げてしまいます。これも、初代教会の弟子たちの経験そのものであったと言えるのではないでしょうか。
 そしてその様な時、初代教会の信仰者たちは、幾度も幾度も主イエスの言葉を「今、ここ」にいる自分たちに与えられた言葉とすることで力を受けました。クリスチャンはみんなで主イエスの御言葉を思い起こして、実際にその言葉を唱えて、主イエスが共にいてくださる信仰を再確認し、祈りの言葉としたのです。また、弟子たちは時には身近に主イエスを感じられないような状況に置かれ、主イエスの御心をこの世に示しながら生きることの難しさを感じたり、教会が進むべき方向になかなか動かないような経験をすることもあったでしょう。そのような時にも、主イエスが荒波の上をいつの間にか近づいてきて下さり、み言葉を与えて下さり、弟子たちは力付けられ、方向付けられる経験をしたのでしょう。その時、イエスの言葉は、冒頭で触れた幼い我が子の言葉が何十年経った後にも慰めや生きる力を与えるように、信仰者を生かす力となって生きて働いているのです。
 主イエスは弟子たちにこう言われました。
 「安心しなさい。わたしだ。恐れることはない。」
 この3つの言葉は、どれも聖書の中の大切な言葉であり、これらの言葉が聖書の中でどのような場面で用いられているのかを当たってみると、大切な場面で用いられていることが分かります。
 3つとも、主イエスが折に触れて弟子たちに言っておられた言葉です。
 例えば、「安心しなさい(θαρσειτε)」という言葉は、ヨハネによる福音書第16章33節にあり、その箇所では「勇気を出しなさい」と訳されています。その箇所は主イエスが十字架につけられる前の晩に、主イエスが弟子たちとの別れの言葉を述べておられる箇所で、「勇気を出しなさい。わたしは既に世に勝っている。」と言っておられます。また、使徒言行録第23章では、パウロがユダヤの最高指導者たちの前で前でユダヤ教の在り方を厳しく批判して命を狙われるまでになった時、11節で主はパウロのところに来て、「勇気を出せ。エルサレムで力強く証ししたように、ローマでも証しをしなければならない。」と言う箇所で、この言葉が出てきます。このように、「安心しなさい(勇気を出しなさい)」という言葉が用いられている箇所を見てみると、人々が不安になり心細くなるような場面で主イエスが弟子たちをしっかりと信仰に立たせる言葉として用いられていることが分かります。
 また、「わたしだ。」と言う言葉は、旧約聖書の中では神がモーセを召し出した時にも神がご自身を示す言葉としても用いておられるように、神がそのお姿を現す時の決まり文句のような言葉であり、原語では Εγω ειμι であり、英語に訳せばIam.です。「私だ。」「私がいる。」という言葉と共に、荒波に揉まれて行き悩む弟子たちに、主イエスはご自身を現しておられます。
 そして、「恐れることはない」という言葉も、例えば、救い主の誕生を羊飼いたちに伝える天使が用いていますが、この言葉は神の顕現に恐れおののく人に向かって、神や天使が語る言葉です。
 私たちの生きる現代の教会も様々な問題に直面して、私たちが主イエスのお姿も確認できないかのように思う時、自分の力で必死に舟を操ろうとする弟子たちと私たちの姿が重なって参ります。そして、そのような弟子の姿と自分の姿を重なり合うとき、私たちは主イエスが「安心しなさい。私だ。恐れることはない。」と言っておられる言葉もまた自分のことと重ね合わせて受け取ることが許されるのです。
 「安心しなさい。わたしだ。恐れることはない。」
 主イエスの弟子たちや初代教会の使徒たちをはじめ、多くの信仰の先輩たちが御心に生きる中で主イエスのみ言葉に生かされ、励まされてきました。私たちも逆風に行き悩む弟子たちのように、御心を行おうとするときに様々な困難に出会います。そのようなときにも、主イエスの乗っていない舟でこの言葉を受けた弟子たちのように、強い権力の圧力や糾弾に押し潰されそうになる時にこの言葉を受けたパウロのように、私たちも主イエスの「安心しなさい。私だ。恐れることはない。」という御言葉に生かされて、この世の荒波を越えて導かれていくことが出来ますように。
posted by 水戸聖ステパノ教会 at 21:31| Comment(0) | 説教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント