2018年08月06日

日々の食事のように 2018.08.05

日々の食事のように
司祭 ヨハネ 小野寺 達

 あなたは、5年前の今日と同じ日に何を食べたか覚えていますか。多くの人は覚えていないでしょう。それが普通です。中にはその問いに対して「そんなこと誰が覚えているものですか。毎日の平凡な食事の内容の一つひとつを全て覚えていることなんてあり得ないし、その必要もありません。」と反発したくなる人だっていることでしょう。その通りです。
 でも、5年前の同じ日の食事の内容を覚えていないからと言って、その日の食事が必要なかったということではないし、意味がなかったわけでもありません。
 毎日の食事の内容まで覚える必要などありませんが、日々、できるだけ質の良い食事をすることの大切さについては、異論をはさむ人はいないでしょう。そして、5年前の同じ日の食事もきっとそのようなものであったことでしょう。
 また、色々な事情で、時には、コンビニ弁当で済ませなければならかたったり、いつもと同じ時間に食事ができない日もあるかもしれません。それでも、毎日できるだけ多種類の質の良い食材を用いた食事を適量、できることなら独りでではなく家族や親しい人と一緒にすることは大切な事であり、必要な事であることは、誰もが認めることでしょう。
 こうした食事のことと同じことが、私たちの信仰の養成についても言えるのです。
 あなたは、3年前の今日と同じ日に、どんな祈りを献げたか覚えていますか。覚えていないでしょう。主日礼拝で聴いた説教をみな覚えていますか。その必要はないし、その日に開いた聖書の箇所と内容も忘れてしまっているかもしれません。そして、またその箇所を開いたときに「聖書の中にこんなお話しがあったのか。この箇所は初めて読んだ気がする。」ということだってあるかもしれません。だからといって、3年前に祈ったことや聖書を読んだこと、また説教を聴いたことが無駄だったというわけではありません。
 日々、祈り、聖書を読むことを習慣づけ、主日礼拝の出席を心がける中で、少しずつ養われる大切なものがあります。
 時々、「特に幼少期から青年期までの人に対する宗教教育や信仰教育は必要ない。」という意見や「信仰告白することや洗礼を受けるかどうかということについては、本人が大きくなってから本人の意志と決断に任せれば良い。」という意見を聞きますが、私はその意見には賛成できません。仮に最終的な信仰の告白は一人ひとりに委ねられるとしても、委ねられた本人が選び取って決断するための判断材料を与えるためにも、幼少期からの宗教教育は必要であり、無関心でいてはならないことなのではないでしょうか。
 親は子供に良質の食事を与えて子供を健康に育てる責任がありますが、それはただ体のことに限りません。ことに精神的、宗教的な知識や感性についても、日々の食事の大切さと同様のことが言えます。
 仮に、最終的にイエス・キリストを自分の救い主として信仰告白するかどうかは本人の意志と決断に委ねるとしても、その前提となる育成を怠って良いということはなく、その育成のためには、日々の食事と同じように、幼い頃から信仰の養いとなる教育、祈り、交わりなどが必要となるのです。
しかし、今の日本の学校教育ではその点についての教育は行われておらず、その一方で、その隙間をぬって、極めて偏向的で一面的な国家主義的な精神教育が入り込もうとしていることに注意を払わねばならないでしょう。
 「信仰の告白と洗礼についての決断は本人の意思に任せる」という人は、自分の子どもにその決断を任せるに足る十分な教育を施しているでしょうか。体の成長に必要な食事のように、霊的成長に必要な糧を日々与えているでしょうか。その成長がないまま、間違った精神教育についての批判力や抵抗力も無いままに偏向的な体制に絡め取られていく危険がつきまとっているにもかかわらず、家庭での宗教教育に手をこまねいていることは、子どもたちを自由に育てていることとは違うのです。
 毎日の平凡に見える食事が子どもたちの身体を育むのと同じように、私たちは子どもの霊的成長のために、日々の生活の中で子どもたちのために何を与えるべきでしょうか。
 私は、夏休み中にスマホやパソコンに向かって独りで電子ゲームばかりしている幼子から青年までの姿を思い浮かべ、日々の精神的宗教的な養いを受ける機会が与えられない子どもたちの体と心の育ちについて憂慮しています。
 精神的宗教的教育は、長い訓話や難しい言葉での祈りを必要とはしないでしょう。
 例えば、毎日の水遣りを心がけていたら朝顔がきれいな花を咲かせたことや、友だちや家族との会話の中での相手のふとした言葉に癒やされたり傷ついたりした経験が精神的宗教的な感性を深めていくことにもつながります。家庭での食事の前に毎日献げる小さな感謝の祈りの習慣が子どもの宗教心を育てることにもつながるでしょう。絵本を読む楽しさの中にも宗教的養いが潜んでいるかもしれません。時々は就寝前の子どもに読み聞かせる絵本を選ぶとき、聖書物語を入れることもあって良いかもしれません。親として、自分はどんな場で神の臨在を感じるのか、子どもに話してみるのも良いでしょう。
 各家庭で、また仲間が集まるとき、日々の食事と同じように霊の糧を分かち合う時が持たれることを願っています。
posted by 水戸聖ステパノ教会 at 05:20| Comment(0) | 牧師のコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント