2018年09月09日

私たちの交わり    マルコによる福音書7:1-8,14-15,21-23  2018.09.02

 私たちの交わり                      2018.09.02
(特定17 マルコによる福音書7:1-8,14-15,21-23)

 長く教会生活を続けてこられた方は、きっと「コイノニア」という言葉をお聞きになったことがあるでしょう。この言葉は「交わり」を意味し、聖書の中にもよく出てきますし、教会報を「コイノニア」と名付けている教会もあります。
 パウロも手紙の中でしばしばこの言葉を用いています。例えば、パウロはコリントの信徒への手紙T第1章9節で「神は真実な方です。この神によって、あなたがたは神の子、わたしたちの主イエス・キリストとの交わりに招き入れられたのです。」と言い、ここでも「コイノニア(交わり)」という言葉を用いています。
 この「コイノニア」という言葉の語根になっているのは「コイノス(koinos)」という言葉ですが、この「コイノス」には「共有の、共通の」という意味があるのですが、もともとこの「コイノス」には「汚れた」、「不浄な」という意味が含まれていました。「朱に交われば赤くなる」という諺がありますが、まさにその諺の「交わる」が「コイノス」です。
 「コイノニア(交わり」は、その関係の中で醸し出される雰囲気、習慣、価値観などがあり、私たちも教会の交わりをとおして、互いの信仰を支え合い、育み合う教会を形成していくことを心がけたいと思います。
 今日の福音書の箇所で、主イエスは当時のユダヤ教の指導者たちを批判しておられます。彼らが人々と交わり教える中で、かえってその人々を神から引き離しその生活を苦しめていることを厳しく批判しておられるのです。
 マルコによる福音書第7章20節で主イエスは「人から出てくるものこそ、人を汚す。」と言っておられますが、この「汚す」が「コイノス」です。主イエスの目から見ると、ファリサイ派の律法に通じた人たちが本当は神の御心からはほど遠く、彼らと交わる他の人びとを神の御心から引き離している姿がよくみえたのでしょう。しかし、彼らはそれに気付かずまた気付こうともせず、彼らを批判する主イエスを憎み、イエスを十字架へと追いやることになっていくのです。
 さて、今日の福音書の箇所は、弟子たちが主イエスの許で手を洗わずに、つまり清めを行わないで、汚れたまま食事を始めたことについて、ファリサイ派の人びとが批判をしたことから始まっています。福音記者マルコがここで「洗わない手で食事をする」と言っているのは、衛生上の問題について言っているのではありません。そうではなく、それは、当時のユダヤ教の宗教的な儀式を行わないで食事を始めたと言うことであり、主イエスの弟子たちがその浄めの儀式をせずに食事を始めたことについてファリサイ派の人びとが批判したと言うことなのです。
 少し「ファリサイ派」について振り返っておきましょう。
 聖書の中でファリサイ派はイエスや弟子たちを批判する勢力として描かれています。そのために、ファリサイ派は当時の社会の中で悪者であったような印象を持つ人もいるかも知れませんが、必ずしもそうではありません。むしろファリサイ派は真面目であり、熱心であり、律法に忠実に生きようとし、またそのように民衆を指導し、民衆もファリサイ派に敬意を払っていたと言う一面もあります。ファリサイ派は、旧約聖書の律法を守って生活をすることに熱心であり、そうすることによって神に受け入れられると考えていました。しかし、律法はイスラエルの民の中で主イエスの時代よりも何百年も前に成立したものであり、変わりゆく時代の中で律法に対して忠実であろうとすれば、律法を時代の中で適用させていくための研究して、その時代に相応しく解釈しなおしてくことが必要になります。ファリサイ派はそのことに熱心であり、律法の細かな点にまで解釈を加えて律法に忠実であろうとしていたのです。その意味で、ファリサイ派は旧約聖書の教えに極めて熱心であろうとしていたとも言えるでしょう。
 しかし、主イエスは、こうしたファリサイ派の考え方や生き方が実は社会の底辺に生きる人びとをかえって苦しめ、そのように律法を事細かな点にまで忠実に生きていくことのできない人々の人生を奪い取っていることを見抜いておられたのです。
 「ファリサイ」とは「分離する」という意味の言葉であり、ファリサイ派自身がそう名乗ったとも言われています。ファリサイ派は自分たちを、律法を守ることのできない汚れた民とは違う「分けられた者」と位置づけました。彼らが律法の解釈とその実践に熱心であればあるほど、他の人びとを差別し罪人扱いすることになっていきます。そのようにしてファリサイ派の熱心さはかえって律法の基本的な精神や神の意思から人を引き離し、更に事細かな解釈の追求に走り、いつの間にかイスラエルの民の中に、ことに社会の底辺に生きる人びととの間に、疎外と差別的な体質を作りだしていったのでした。
 ファリサイ派の人々は、ことに市場へ行ったりして人混みの中から戻ってくると、金銭や品物のやりとりをしている中で、それと知らないうちに、罪人呼ばわりされている人や異邦人とすれ違ったり体が触れたりした可能性もあるので、食べ物を口にする前には清めの儀式を行う必要があると考えました。それは、衛生上丁寧に手を洗うということではなく、右手の拳の上から決まったやり方で、スプーン一杯ほどの水をかける儀式であり、彼らはそれを念入りにおこなったのです。
 あるとき、イエスの弟子たちはこの儀式を行わないで食事を始めたようでした。ファリサイ派は、この時とばかりに弟子たちのことを批判しました。主イエスはこのようなファリサイ派の姿を「あなたたちは神の掟を棄てて、人間の言い伝えを守っている。」と言って、ファリサイ派を真っ向から批判なさったのです。
 旧約聖書の律法の中に、例えば申命記第14章3節以下などに「清い動物と汚れた動物」が列記されており、汚れた動物は「食べてはならない」と指示されています。しかし、主イエスの弟子であるペトロは幻の中で「神が清めた物を、清くないなどと言ってはならない」と告げられました。それはペトロが、単に食べ物のことに限らず、イスラエルの民以外の人びとにも全ての人を神が祝しておられることを知らされた大切な出来事でした。
 主イエスにとって、当時ファリサイが重んじていた「汚れと清め」の伝承は全く無意味なものでした。自分を掟を守る清い者の立場に置いてそうできない人と区別することは主イエスの目から見ると、むしろ傲慢であり、神が本当に願っておられることではなかったのです。神が求めておられる交わりは、他の人びとに対する共感や憐れみの思いを深くすることであり、そのような交わりが互いを浄めることになるのです。
 神はお創りになったこの世界の全てを祝し、それらが生かされることを願っておられるはずです。神は私たち人間を被造物の中でも特別な存在として作ってくださいました。私たちは他の動植物以上に自分が誰であるかを知り、相手が誰であるかを知り、この世界と私たちをお創りになったお方を認識する能力を持っており、その交わりの中で生かされる存在なのです。そのような私たちは、主イエスの十字架の苦しみと死によって贖われ、神のものとされ、神と人びととの交わり(コイノニア)の中で生かされていることを知っているのです。
 今日の福音書の第7章21節に列挙されているように、本当に汚れたものは私たちが神の御心から離れたときに心の内に生まれてくるのであり、それが他の人をも汚すのです。その人を汚す心の姿を聖書は「罪」と呼んでいます。
 主イエスは、このようなファリサイ派の「汚れと清め」についての考えとその上に立って社会の底辺の人びとを差別する当時のユダヤ教の指導者たちを厳しく批判なさったのでした。
 私たちが主イエスに生かされ導かれるのは、私たちが特別な御利益を得たり自分たちだけが清められて他の人びとを差別して神の御前に優位に立つためではありません。主イエスが全ての人を大切な一人の人と認めてくださり、人を差別したり苦しめたりする力に対してご自分の血を流し、十字架の上にご自分の身を曝してまで「罪」と戦い、その先の死に打ち勝ってくださいました。私たちはその命に預かり、主イエスとの交わり(コイノニア)に生かされ、そしてここから派遣されて人びととの交わり(コイノニア)を創っていくのです。
 主イエスの体と血の糧を受けてその交わりに預かり、感謝して神の御心に適う交わりの実現のためにここから遣わされていきましょう。
posted by 水戸聖ステパノ教会 at 06:58| Comment(0) | 説教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント