2018年09月30日

主の名によって生きる  マルコによる福音書9:38−43   2018.09.30 

主の名によって生きる 
マルコ9:38−43  B年特定21              2018.09.30

 今日の福音書から、私たちが主イエスの御名によって生きることへと導きを受けましょう。
 今日の福音書の中で、主イエスは「わたしたちに逆らわない者は、わたしたちの味方なのである」と言っておられます。主イエスさまがそのように言われたのは、以下のような背景がありました。
 ある時、弟子たちは悪魔払いをする一人の祈祷師(逐霊師)に出会いました。その祈祷師は、おそらくそれまで主イエスには出会ったことはありませんでしたが、イエスの評判は耳にしていたのでしょう。この祈祷師は、イエスの名を使って悪霊を追い払うことを思いついたのでした。
 現代に生きる私たちは「誰かの名によって悪霊を追い出す」と言うことがなかなか理解できない面がありますが、実は私たちも他の人の名によって自分の願う状況を創り出すということをたびたびしていることなのです。
 例えばある家庭で、言うことを聞かずに我が儘を言う子供を前にした母親は、その子供に向かって「お父さんにあなたのこと言いますよ」と言うと、そこに父親がいなくても子供は母親に従順になることがあります。また、ある会社では会議の席で自分の意見を通したい時に、部長は「社長もよく言っていることだけど・・・」と、本当は社長がそのように考えているかどうかは別として、社長の名を持ち出して、他の人の意見を牽制することなどもよくあることなのです。
 今から2千年前の人たちの考え方によれば、先の母親と子供の例では母親は父の名を用いて子供に働く我が儘の悪霊を押さえつけていることになり、会議の席の部長の例では社長の名を用いて他の社員が反対意見を言う霊を支配しているということになるわけです。
 逐霊師は、例えば熱を出して寝込んでいる人を前にした時に、その人に取り憑いて熱を出す霊を追い払うために、その霊よりもっと格上の人や霊の名を用いて追い出すのです。今日の福音書に出てくる悪魔祓いの祈祷師は、悪霊を追い出す働きをする時に、主イエスの名を用いていたのです。
 弟子のヨハネはその祈祷師に出会った時、彼を問いつめました。
 「あなたは勝手に私たちの先生であるイエスの名前を使っているが、あなたは誰にことわってイエスの名を使っているのか。私たちはこれから主イエスのお供をしてエルサレムに上っていくのだけれど、あなたは本当に私たちの先生についてくる気があるのか。その気がないのなら勝手にイエスの名を使うのはやめてもらおう。」
 そして、ヨハネはこのことを得意になってイエスに報告したのでした。
 「先生、お名前を使って悪霊を追い出している者を見ましたが、わたしたちに従わないので、やめさせました。」(9:38)
 主イエスからお褒めの言葉をいただけるだろうと思っていたのに、ヨハネはこう言われたのでした。「やめさせることはない。わたしたちに逆らわない者はわたしたちの味方なのである。」(9:40)
 今日の福音書の箇所の脈絡の中で、ヨハネをはじめとする弟子たちは、心の中で「イエスに従っていけば万事がうまくいって、自分もエルサレムでイエスさまと一緒に権力の座に着くことが出来る」と思っている様子が窺えます。それは、自分をイエスに委ねてイエスに従っていこうとすることの表れでもありましたが、弟子たちはイエスに従うことによって特別は恩恵にあずかることが出来るという思いも見え隠れしています。
 このことは主イエスの弟子にとってだけの問題ではなく、主イエスに従って生きていこうとする全ての人にとっての問題なのではないでしょうか。私たちは信仰者として全てのことを主イエスの名によって思い考え行動しています。父と子と聖霊に御名によって洗礼を受けてキリストと結ばれた者であれば、誰でもキリストの名によってこの世に遣わされているのであって、それは、聖餐式の最後に「ハレルヤ、主と共にいきましょう。」「ハレルヤ、主に御名によって」と言葉を交わし合ってこの世界に遣わされていくことの中にも表現されているのです。そうであれば、私たちが主イエスさまの名によって生きることとは、礼拝している時や教会の活動の中だけに限られたことではなく、私たちのありとあらゆる時と所に主イエスが共におられることを身をもって示していくことになると言えるのです。そして、私たちが主イエスの名によって本当にイエスのお考えになり望んでおられる姿をこの世界に表していけるかどうかが信仰者としての課題となってくるのです。
 主イエスは弟子のヨハネにこう言われました。「わたしたちに逆らわない者はわたしたちの味方なのである。」
 この個所をもとのギリシャ語を見てみますと、「わたしたちに反対しない者はわたしたちに向いている、関係している」と言う意味で、英語の聖書では、he who is not against us is for us. と訳しているものもあります。
 つまり、ここは主なる神さまに逆らってその働きを邪魔するのでないのなら、その人は主イエスが天の国を実現する働きに方向付けられているということにもなります。ヨハネをはじめとする弟子たちは、イエスを知らずにイエスの名前だけを利用するのは主イエスの仲間として相応しくないのだからその名を用いることは許せないと考えたのに対して、イエスご自身は逆らわない者は味方であり仲間になる者なのだとお考えになったのです。
 主イエスがその様に言う根拠は何でしょうか。
 主イエスはこれからエルサレムに向かって行かれます。そこで主イエスは捕らえられ、苦しめられ、人々に見捨てられて十字架に架けられるのです。この十字架は、私たちの罪のために神と私たちに関係が断絶してしまって私たちの力では回復できなくなった神と私たちの関係を、主イエスの愛と赦しによって神の方から回復してくださるしるしになるのです。この十字架の故に私たちは誰でも無条件にキリストに属する者となり、キリストの名によって生きる者とされました。主イエスの十字架の故に、私たちは誰でも皆イエス・キリストの名によって神と結ばれて生きることができるのです。
 私たちは主イエスが十字架を通して示して下さった神の愛なしには、誰も自分を神の側置くことなど出来ません。主イエスを通して示された神の愛に照らされなければ、私たちは皆神に敵対し、主イエスに逆らい主イエスを十字架につける者であることを認めないわけにはいかない者なのです。
 しかし、そのような私たちを赦し、私たちが逆らったり反抗したりするよりももっと深く神の方から私たちを愛し、赦し、支えてくださっています。私たちはこの愛によって罪の側から主イエスの側へと、つまり神に敵対する側から神に方向付けられ神に関係する者へと招かれているのです。そうであれば、私たちはこの愛の招きを他の人々に伝えずにいることがどうして出来るでしょう。私たちは主イエスによって与えられた神の愛を知る時、このイエスの名によって生きる恵みを心から感謝することが出来るのです。
 「逆らわない者はイエスの味方である」というみ言葉は、私たちに宣教の大きな可能性を示します。このみ言葉によって、神の愛が世界中のあらゆる人に及んでいることを改めて思うとき、主イエスに逆らわない全ての人が神の救いのみ手の中にあることが分かります。いや、主イエスに逆らい拒む人のことさえ、主イエスは十字架の上から血を流し傷みをもって招いておられることが分かるのです。
 主イエスの十字架の完全性と普遍性は、ユダヤの民族主義の枠を越えて、すべての人に対する恵みとなって世界中に拡がっていきました。こうしてキリスト者の集まりはユダヤ教から排斥されながらも世界に拡がり、私たちもその恵みを受けて、イエスの名によって生かされる恵みに与ることができたのです。
 かつてはユダヤ教の民族主義の枠からは異邦人であった私たちも、主イエスの十字架と復活によって、生かされています。「イエスの名によって生きる者に逆らわない者は見方」なのであれば、私たちはこの恵みを知らずにいる人々や、その名を知りながらまだ本当の恵みに与っていない人々のために、まだまだ働く必要があるのではないでしょうか。
 主イエスのみ言葉とみ糧を受けて、「ハレルヤ、主の御名によって」と、感謝と共にそれぞれの生活の場へと派遣されていきましょう。
posted by 水戸聖ステパノ教会 at 23:04| Comment(0) | 説教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント