2019年01月06日

私たちの王 マタイによる福音書第2章1−12節  顕現日        2019.01.06

私たちの王
マタイによる福音書第2章1−12節  顕現日        2019.01.06

クリスマスの12日間が過ぎて、教会のカレンダーでは顕現日となりました。 顕現日の起源は、東方教会で主イエスがこの世に神の子としてのお姿を現したことを記念して祝っていたことに始まという説もあります。ロシアやポーランドなどの正教会の伝統では、クリスマスの12日間は家族で静かに主イエスの誕生を心に留めて過ごし、この顕現日に主イエスがこの世界にお姿を現してくださったことを共に喜び祝う習慣があるようです。やがてこの日は、救い主を探して旅をしてきた東の国の学者たちが聖家族を探し当てた日とされたり、神の御子イエスがユダヤの中だけではなく広く異国の人々にも認められたことを祝う日とされるようにもなりました。
 顕現日の聖所日課福音書には、マタイによる福音書第2章1節からの箇所が取り上げられています。この箇所には、いわゆるクリスマス物語の中から、東方の占星術の学者たちが幼子イエスを探し当てて喜びに満たされた物語が記されています。
 学者たちは、エルサレムに来た時こう言いました。
 「ユダヤ人の王としてお生まれになった方は、どこにおられますか。」
 この学者たちに限らず、私たちがいきている限り自分の王を尋ねる旅は誰にでも必要なことであり、私たちもこの学者たちのように本当の王を自分の生きるべき拠り所とし、本当の自分を保ち、喜びに満たされて生きる者でありたいと思うのです。
 自分の王を尋ねることとは、言葉を換えれば、自分の最終的な、究極の判断基準は何なのか、自分が生きる根拠を何に求めるのかと言うことに深く関わっています。私たち人間は弱い者であり、自分では間違いないと思っていた価値観や判断基準も時にはぐらついたり、迷ったりも致します。また、自分を中心に立てればその思いに誘惑されて、エデンの園を追放されたアダムとエバのように、自分の犯した罪の責任を他人に押し付け合うようなこともしてしまいます。でも、人が人として生きる上で、誰もが人間として神の前に正しいこと、意味のあること、人間としての尊厳が失われないことなどを絶えず尋ね求めているはずであり、人の罪深さも、裏返せば、自分は生きたい、誰かに認められたいと思うことの表現であるとも言えます。その生きようとする思いをどう表現するかによって、人は罪を犯すことにもなれば、神に受け入れられ社会的にも認められるものにもなりもします。そうであれば、私たちが誰を、また何を自分の生きる判断の基準にしているか、誰を王としているのかが大切なことになってくるのです。
 今日の福音書の中で、占星術の学者たちは「ユダヤ人の王としてお生まれになった方はどこにおられますか」と言って、王を探し求める旅をしています。彼らは、この世で多くの財産を築き上げさせてくれる王や社会的に高い地位に昇らせてくれる王を自分の生きる拠り所にするのではなく、彼らが自分の人生を本当に意味あり価値のあるものとして全うさせてくださる最終的な拠り所を探し求めて人生の旅をしていると言えるでしょう。
 その当時の占星術の学者とは、現代のテレビ番組の「今日の運勢」などというのとはまったく違い、宇宙天体を始めとする森羅万象の動きを読みとりその中で人がどう生きるべきかを探求する人であり、彼えは哲学者であったと言って良いでしょう。
 その学者たちが、暗闇の中に特別に光を放つ星に導かれて王を探し求め、その当時のユダヤの政治や宗教の中心であるエルサレムにやって来ました。そして、それは旧約聖書ミカ書第5章1節に記されている預言が実現したことだと知ります。彼らはベツレヘムに向かい、その町の片隅で母マリアと共におられる幼子を見出し、喜びに溢れ、この幼子に自分たちの宝を捧げたのでした。
 学者たちが開けた「宝の箱」には彼らの仕事のための道具つまり彼らが生活していくための道具が入っていました。占星術の学者たちは自分の生活を幼子イエスに明け渡したのです。彼らは天体の動きから人々の運命を読み解くことを放棄して、主イエスによって示された神の愛の中に生きることへと回心した、と説明することも出来ます。
 また、学者たちが捧げた三種の贈り物は象徴的な意味が込められていることも指摘されています。黄金は金属の王であり、その性質は変化することなく、まさに王であるイエスに捧げられるに相応しいと考えられました。また乳香は高価な匂い油であり、イスラエルでは昔からこの油を頭に注いで人を聖別する伝統がありました。この油注ぎのことをギリシャ語ではクリスマと言い、油を注がれて聖別された人をキリスト(ヘブライ語でメシア)と言ったのです。やがてイスラエルの人々の中では、こうして油を注がれて(クリスマを受けて)聖別されてイスラエルの救いとなるお方をキリストと呼ぶようになるのです。学者たちはこの幼子に救い主として聖別するための油を捧げて自分たちの信仰を告白したのです。
 もう一つの献げ物は没薬です。没薬は主イエスが十字架につけられたあと、その十字架からアリマタヤのヨセフによって下ろされ、墓に治められる時にこのアリマタヤのヨセフとニコデモによってその御体に没薬とアロエを混ぜたものが塗られたのです。イエスがどのような意味での救い主であるのかを没薬は示しました。学者たちがお捧げしたこれら三種類の捧げ物によって、幼子イエスがどのような意味での王であり救い主であるのかが示されています。
 先ほども少し触れましたが、占星術の学者たちは、これまで宇宙や天体の現象を中心に観察してそこに働く諸霊の力に人の運命を見出してきました。しかし、彼らは幼子主イエスの前にそれらを捧げて明け渡し、イエスを自分の王として生きていくことへと変えられています。
 この様に見てきますと、マタイによる福音書が、異国の占星術の学者たちまでが幼子イエスを自分の王とし救い主としてあがめる物語を示して、読者である私たちに何を伝えているのかは自ずと明らかになって参ります。
 私たちは今日の福音書を通して、主イエスさまを自分の本当の王として探し当て、その王に自分を明け渡して生かされていくことへと促されています。私たちは、今日の福音書から、この世の暴君ヘロデに従うのではなく、救い主と出会って自分の道を帰っていった占星術の学者たちに信仰の歩みを見ることが出来ます。
 聖書の中に、主イエスが弟子たちに次のように問うておられる箇所があります。
「それでは、あなたがたは私を何者だというのか(マタイ16:15)。」
 私たちは、この主イエスの問いにどう答えるのでしょうか。ペトロは「あなたこそ生ける神の子キリストです。」つまり私の王ですと自分の信仰を告白しました。
 多くの人は「王」とか「救い主」という言葉から自分に利益や幸運をもたらしてくれるようなお方を思い描き、誰にすり寄っていけば安全であり有利であると考えます。
 今日の福音書に出てくる異国の学者たち(いわゆる3人の博士)が求めた王は、そのような王ではありませんでした。もし、仮にそのようなお方を求めるのであれば、ヘロデを自分の王とする方が側近として威張ることも出来るでしょうし、この世の利益を得することも多かったことでしょう。でも、学者たちはそのような存在に自分を売り渡して武力や財力の支配下に生きることより、愛に徹して生きていくために馬小屋に生まれてきた小さな救い主を自分の王として選び取ったのです。
 私たちは、主イエスによって見つけ出され選び出され、このお方を王として生きることへと招かれました。この顕現日に、私たちが主イエスのお姿が世界に示されたことを記念することは、私たちが神からこのお方を自分の王とするのかと問われることを意味しています。私たちも3人の学者たちと共に主イエスさまを自分の王として迎え入れ、主イエスに導かれ生かされる喜びに招き入れていただきましょう。
posted by 水戸聖ステパノ教会 at 22:23| Comment(0) | 説教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント