2019年02月04日

エレミヤの召命   エレミヤ書第1章4〜10   C年 顕現後第4主日   2019.02.03  

エレミヤの召命   エレミヤ書第1章4〜10   C年 顕現後第4主日   2019.02.03
 
 今日の旧約聖書日課には、エレミヤ書のはじめの部分が取り上げられています。エレミヤは、若いときに主に召し出され、40年近く神の言葉を取り次いで働きました。エレミヤ書全体を読み通してみると、その生涯は辛く、苦しく、悲しくさえ感じられてきます。今日の旧約聖書日課はそのような預言者エレミヤが主なる神に召し出された箇所です。
 今日の聖書日課旧約は、エレミヤ書第1章4節からですが、お手許に聖書をお持ちの方は是非聖書のこの箇所をお開きください。旧約聖書p.1172です。
 まず、今日の聖書日課の前エレミヤ書第1章1節から3節を見てみましょう。
 この箇所から、エレミヤがどのような時代に生きたのか、またエレミヤがどのような家系の人であったのかが少し分かります。
 その第1章1節には、エレミヤはアナトトの祭司ヒルキヤの子であったと記されています。アナトトはエルサレムから北へ5キロメートルほどに位置する町で、レビ族の為に割り当てられました。祭司の務めは世襲制であり、イスラエル12部族の中のレビ族が担っていました。親のヒルキヤから子どものエレミヤへ、そしてその務めはエレミヤの子どもに受け継がれていくはずの家系にエレミヤは生まれ育ったのでした。そして、そのような背景を持つエレミヤが主の召し出しを受けて預言者としての働きを始めたのは、第1章2節によれば、「ヨシヤの時代、その治世の第13年のこと」でした。
 ヨシヤ王のこの時代、もしエレミヤが父ヒルキヤの祭司職を受け継ぎ、立身出世していこうとするなら、それは良い条件が整った時代だったと思われます。ユダ国の王ヨシヤは、その治世の第12年、つまりエレミヤが神の召し出しを受ける前の年に大きな宗教改革を行いました。この改革で王ヨシヤは神殿での礼拝を行うように徹底します。そうすることで国民の意識を一つにしようとする政治的な思いを含んだ礼拝の徹底であり強制であったと言えるかもしれません。その流れの中で、神殿での礼拝は重んじられ、当然その働きを担う祭司たちは社会的にも宗教的にも重んじられ、地位や名声も高まっていくことが考えられました。
 エレミヤが主の召し出しを受けたのはそのような時代でした。主の言葉がエレミヤに臨みます。今日の旧約聖書日課の箇所です。
 「わたしはあなたを母の胎内に造る前からあなたを知っていた。
 母の胎から生まれる前に
 わたしはあなたを聖別し諸国民の預言者として立てた。」
 これを聞いてエレミヤは尻込みします。アナトトに住む神殿祭司の息子であったエレミヤには「生まれる前から主なる神が自分を知り抜いておられ、狙いを付けて、諸国民に主の御言葉を取り次ぐために、主なる神ご自身がこうして自分に迫ってきている」などと、どうして信じられるでしょう。
 しかし、主なる神は人の思いを満たすためではなく、主ご自身の思いとご計画を成し遂げるために、エレミヤをとらえ「預言者として立てる」と言われるのです。更には、第1章10節にあるように、非常に重く厳しい預言の働きを、若いエレミヤに命じられるのです。
 「見よ、今日、あなたに諸国民、諸王国に対する権威をゆだねる。
 抜き、壊し、滅ぼし、破壊し、あるいは建て、植えるために。」
 主は、エレミヤに、周辺の国々の興隆、繁栄から衰退、滅亡まで、全てについて主なる神のお考えを伝えるために権威を与え、主の言葉をエレミヤに授けます。
 若くてまだ力も経験もないエレミヤに、全世界を治める主の言葉を伝える使命が与えられますが、エレミヤには自分と世界をつなぐ言葉などとても語れないと思えます。もし、あるとすれば、それはただ主なる神が一方的にエレミヤを選び、主が一方的にエレミヤを預言者として立てて聖別なさると言うことだけです。
 私たちも、クリスチャンとして召されて神の御心のために働くのは、私たちに何か特別な才能とか資格があってそれを神さまが気に入ってくださったからなのではありません。
 エレミヤが召命を受けたとき、エレミヤは恐れおののき、尻込みしました。私たちも、もし神の御前で自分の小ささや罪深さと神の召し出しの重さをくらべたら、決して自分が主の言葉を取り次いだり神の働きを行うのに相応しいなどとは言えません。私たちは、弱い者であるが故に、また小さく罪深い者であるが故に、主なる神はその弱さ、小ささ、罪の赦しを通して、主ご自身が私たちの内に働いてくださる事を知って、その恵みを喜びとして生きているだけなのではないでしょうか。
 ヨハネによる福音書の第15章16節で、主イエスさまがこう言っておられる言葉があります。
「あなたがたがわたしを選んだのではない。わたしがあなたがたを選んだ。」
 私たちが、神を選んで、とらえて、神との交わりを得たのではなく、例え初めのうちはそう思えても、主なる神ご自身の方から弱く、小さく、罪ある私たちを選んでくださり、捕らえてくださり、用いてくださっていることが分かるようになります。
 エレミヤは、「ああ、わが主なる神よ、わたしは語る言葉を知りません。わたしは若者に過ぎませんから。」と言います。
 その時、主なる神は9節にあるように、ご自分の手を伸ばして、エレミヤの口に触れ、こう言われます。
 「見よ、わたしはあなたの口にわたしの言葉を授ける。」
 主なる神ご自身がエレミヤを選び、主なる神ご自身が語るべき言葉をエレミヤに授けておられます。このようにして、主なる神がお遣わしになるのだから、誰の所へ、何処へ遣わされようとも、行って語るべきことを全て語れ、と主なる神はエレミヤに命じておられます。
 こうして召し出されたエレミヤは、主なる神の言葉を取り次ぐ器となります。エレミヤ自身が語るのではなく、エレミヤが口にする言葉は主がエレミヤを通して語られるのです。
 エレミヤが主の言葉を取り次いで語れば、それを聞く人びとの心に何らかの大きな出来事を引きおこします。エレミヤは人々のその反応をもまた背負うことになります。それは多くの場合、喜びや感謝ではなく、恨みや反発や抵抗となってエレミヤに返ってきます。でも、そのような務めを担う者に対して、主の約束があるのです。
 「彼らを恐れるな。わたしがあなたと共にいて、必ず救い出す。」
 もはやエレミヤが語るのではなく、若くて、弱くて小ささを自覚するエレミヤを通して主ご自身が語るのです。主ご自身が弱く小さな器を通して強く大胆にお働きくださるのだから、主ご自身がその人と共にいて必ず救い出し、その責任を主ご自身が引き受けてくださる、と神はエレミヤに約束なさいます。
 主なる神は、ご自身の御手を伸ばしてエレミヤに語るべき言葉をお与えになりました。その同じ主なる神が私たちにも働いておられます。また、主なる神は主イエスを通してご自身のお体を裂いてくださり、私たちに命を与えてくださいます。
 「わたしがあなたと共にいて、必ず救い出す」とエレミヤに約束された主の言葉は、私たち一人一人にも向けられています。「わたしがあなたと共にいて必ず救い出す」と言ってくださる主なる神の言葉を、私たち一人一人に向けられた召し出しの言葉として受け入れ、共にいてくださる神に導かれて日々の歩みを御心に適うものとなるように歩んで参りましょう。
posted by 水戸聖ステパノ教会 at 05:35| Comment(0) | 説教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント