2020年02月10日

地の塩、世の光   マタイにいよる福音書第5章13−21  顕現後第5主日    2020.02.09  

地の塩、世の光    マタイにいよる福音書第5章13−21  顕現後第5主日    2020.02.09
 
  今日の聖餐式日課福音書より、二つの御言葉を思い起こしてみましょう。
 「あなたがたは地の塩である。(マタイ5:13)」
 「あなたがたは世の光である。(マタイ5:14)」
 主イエスは、小高い山の上で、大勢の人々に向かって話し始められました。いわゆる「山上の説教」です。
 「幸いなるかな、心の貧しき者、天の国は彼らのものなり。」と語り始めた主イエスの御言葉は、「幸いなるかな」を頭にして更に7つ、合わせて8つの幸いを宣言するように語りました。
 この8つの幸いをお話になった後、主イエスは、「私がこのように宣べ伝えることで私のために迫害されるあなたがたは幸いである」とお話になります。大勢の群衆に向かって話していた主イエスの話は、一般論からグッと弟子たちに向かって絞られてくるように感じられます。
 マタイによる福音書第5章で、主イエスは神さまの御手のうちある幸いとはどのようなことであるのかをお話になり、それに続けて主イエスの説教の内容は、弟子として主イエスの説く幸いを宣べ伝えていくあなたがたはどのようにあるべきかということに移っていきます。
 主イエスは、おそらく弟子たち一人ひとりに視線を合わせ、その人々の目を見つめるように、「あなたがたは地の塩である。」、「あなたがたは世の光である。」と語りかけたのではないでしょうか。
 元のギリシャ語を見てみると、この二つの言葉はどちらも、省略のない完全な文章になっており、主イエスは、この山上の説教を聞いている人びとに、更にはこの福音書の読者である私たちに、あなたがたは地の塩、また世の光であることを断言して語っておられることが分かります。ギリシャ語では動詞が主語の人称によって語尾変化するので、普通はわざわざ主語、述語、目的語や補語を完全に整えなくても済むため、普通は主語が省略されます。それを全部整えて表現することは、主イエスがこの内容を伝えるために一語一語をしっかりと強調してお話しになっておられると考えられます。私たちは日本語にしてこの箇所を読む時に、主イエスが、「あなたたちこそ世の光なのだ」また「あなたたちこそ地の塩なのだ」と強い語調で語っておられること受け止めたいのです。
 そして、この箇所で「地の塩」と「世の光」という二つのことは、主イエスがある内容を対比して語っておられるのではないかと思うのです。それは、塩は溶けて見えなくなってその働きをすること、光は照り輝いて他のものを映し出してその働きをすること、主イエスはそのことを踏まえて、地の塩、世の光の例えを用いておられるように思えます。
 先ず「塩」について考えてみましょう。
 ここで言う「塩」は岩塩です。岩塩が例えば風雨に晒されていると、その塩分は少しずつ流れ出し、岩塩は塩味を失ったスカスカの軽石のような塊になってしまいます。その事を念頭に置けば、「塩に塩気がなくなれば・・・」と言う言葉は、「岩塩から塩分がなくなってしまえば・・・」という意味であることが分かります。主イエスは「あなたがたは地の塩である」と言いました。岩塩のように福音の塩分をいただいている私たちが、「塩」の脱けた石のようになってしまえば、その人はもはや生きていないも同然であり、「外に投げ捨てられ、人々に踏みつけられるだけである。」と例えられます。主イエス・キリストの福音に生かされ、その喜びを人々に味わわせる働きが「あなたがた」の働きであると、主イエス・キリストは言っておられるのです。
 塩について、視点を変えて考えてみましょう。
 塩は塩化ナトリウムの結晶です。もし、塩がこの結晶のままであれば塩味は出てきません。塩が水分に溶けて結晶の姿が人の目に見えなくなる時にはじめてその塩味は生きて働きます。もし塩の塩味がないのなら、岩塩の中の塩の結晶が結晶のままであることを意味します。つまり人が自分にこだわり保身して結晶としての姿を抱え込んで自分の中にだけ留め置こうとすれば、塩味の働きは外に出てきません。
 まさに、私たちの内に結晶としての「塩」を宿し、その塩が溶け出して、その塩味をこの地に住む人々も味わうことが出来るような働き人になることを主イエスは私たちに求めておられるのではないでしょうか。私たちの日々の生活の中に、主イエスの御言葉を溶け込ませて、福音の味を届け、具体的な働きの中でみ栄えを現す器となるように主イエスは私たちを促しておられるのです。
 次に、「光」について、ことに「あなたがたは世の光であるという言葉について、思い巡らせてみましょう。
 「光」であることとは、自らが太陽のように発光体となって自分の光を放つか、あるいは自分が月のように反射体となって他の光源から発する光を受けてその光を反射させることによって自分も輝くことが出来ます。つまり、わたしたちは被写体となって輝くのです。私たち自身は光の源ではありませんが、主イエスの福音の光を受け、その光を映し出すものとして生かされるのです。
 違う視点から「光」について考えてみましょう。
 当時のパレスチナの住宅は、建物の中は幾つかの部屋に区切られていたわけではなく、一つの明かりを灯して家の中全体を明るくしました。当然、灯火は家の中全体を照らす所に置かれます。この生活感覚を元に主イエスは「あなたがたは世の光である」と言っておられます。灯火はその光が部屋全体を照らす所におかれます。その灯をわざわざ升の下など光の行き渡らないところに置いてはその役目を果たしません。私たちも福音の光を受けて、その光を輝かす器として生かされている者であれば、私たちはその光を出し惜しみすることなく、逃げ隠れすることなく、人々の前に主イエスの光を、強く、雄々しく輝かす使命を授かっていることを覚えたいのです。 
 主イエスの時代に、自分たちを「光の子」と名乗る一団がありました。そのグループは「クムラン宗団」と呼ばれていました。彼らは神殿や会堂を中心とした当時のユダヤ教の流れや町の生活から離れ、荒れ野で修道の生活をしていました。この「クムラン」の人々はユダヤ教のエッセネ派と呼ばれるグループのことであろうと考えられています。そして洗礼者ヨハネもこのエッセネ派に属していたのではないかとも考えられています。このクムラン宗団で生きる人たちが自分たちを「光の子」と呼び、彼らはこれに対して世俗の生活をする町の人々を「闇の子」とか「この世の子」と呼んで、クムラン宗団の人々は町の人々との交わりを持とうとはしませんでした。
 しかし、主イエスの御声は、今、ガリラヤの山から響きます。この御言葉を山上で聴く人々、ことに弟子たちは、「地の塩」として、「世の光」として、人々の中で生きるように促されています。
 主イエスは、私たちに社会との交わりを絶ち切って隠遁の修行者のように生きるのではなく、人々の中に入り込んで福音を塩味のように人々に届け、あなたがたが福音を示す光となるように、弟子たちを促し励ましておられます。
  先ほども触れたとおり、私たちは光源ではなく、神の光を反射させて生きています。そうであれば、私たちはちょうど満月のように、福音の光を正面から全身に受けて、その光を映し出していく者でありたいと思います。
 わたしたち一人ひとりが主イエスから「あなたがたは地の塩である。」「あなたがたは世の光である。」と言われていることを心に留め、その働きに与る者として育まれて参りましょう。
posted by 水戸聖ステパノ教会 at 05:11| Comment(0) | 説教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント