2020年06月22日

恐れずイエスを証しする マタイによる福音書10:24−33 聖霊降臨後第3主日(特定7) 2020.6.21

恐れずイエスを証しする マタイによる福音書10:24−33 聖霊降臨後第3主日(特定7) 2020.6.21
                             
 私たちは、今日の聖書日課福音書から「恐れずに救い主イエスを宣べ伝える」ことについて導きを受けたいと思います。
 先ず、この箇所がどのような流れの中に置かれているのかを眺めておきましょう。
マタイによる福音書第10章5節を見てみると、「イエスはこの十二人を派遣するにあたり、次のように命じられた。」と記されており、今日の福音書の箇所は、主イエスがお選びになった十二弟子を派遣するに当たり、心に留めるべきことなどを伝えておられる中での言葉であることが分かります。
 そのような流れの中で、主イエスは第10章17節で「わたしが暗闇であなたがたに言うことを、明るみで言いなさい。耳打ちされたことを、屋根の上で言い広めなさい。」と言っておられます。主イエスが、「弟子であるあなた方ににそっと教えたことを、あなたがたは人々の前ではっきりと告げ知らせなさい。わたしが耳元でそっとあなたがたに教えたことを、あなた方は誰にもはっきりと聞こえるように言い広めなさい。」という意味で言っておられることが分かります。主イエスは、弟子たちに、人々の前ではっきりと神の御心を語り示すように勧め、教えておられるのです。
 このような流れの中で、主イエスは幾度も「恐れるな」と言っておられます。主イエスの名によって派遣される弟子たちには、きっと大きな不安や恐れがあり、また、主イエスを伝える働きを担うが故の様々な恐れが生じてきたのでしょう。
 弟子たちは、様々な恐れを抱えながらも、人々の前ではっきりと主イエスが救い主であることを伝えていく使命を与えられています。
 マタイによる福音書が編集された時代は、主イエスさまが十字架につけられてから約半世を過ぎた頃であると考えられています。当時、主イエスを救い主であると自分の信仰を表明する人は、ユダヤ教の権力者たちから弾圧され、迫害を受けたる時代になりつつありました。そのような中で、弟子たちは、目先の弾圧や迫害を恐れずに、この世界の歴史を支配し私たちの魂までを支配しておられる神に従い、神に生かされている者としてしっかり自分の信仰を表明するようにと主イエスの御言葉を心に据えていたのでしょう。
 今日の福音書の最後の部分を読んでみましょう。
 「だから、誰でも人々の前で自分をわたしの仲間であると言い表す者は、わたしも天の父の前で、その人をわたしの仲間であると言い表す。しかし、人々の前でわたしを知らないという者は、わたしも天の父の前で、その人を知らないと言う。」
 その当時も、恐れの故に自分がイエスの仲間であることを隠し、イエスの教えを語ることには口を閉ざす者もあったのかも知れません。
 私は、このことを考えると、もう30年以上も前のことになりますが、故八代崇主教が、私がまだ補佐の教役者として定住していた教会を管理してくださり、ある主日礼拝の説教の中で話してくださったことを思い出します。
 それは、長い間神戸で婦人宣教師をしてたリーという名の英国人のことです。 日本が満州事変から第二次世界大戦へと動いていく頃、日本にとってことにリー宣教師女史の母国イギリスや日本聖公会の運営を担っていたアメリカは連合国の中心にあり、言わば日本の敵国となり、「鬼畜米英」などという言葉も用いられる時代になっていきます。日本では、キリスト教が敵国の宗教であると一括りにされ、とりわけ聖公会は戦争相手国の教会であると見なされました。周囲の目を気にした信徒の中にはいつの間にか教会から離れていく者も多かったのです。
 神戸がまだ爆撃される前のこと、リー女史が市電に乗っている時、教会員でキリスト教の学校教師をしている人が同じ市電に乗っているのに気付き、彼女はその人に声をかけようとすると、その相手の人は、「あなたなど知りませんヨ。」というような態度で離れていったというのです。
 また、ある牧師は、英国人主教に取り入って用いられ、留学までさせてもらい、帰国後は他の邦人聖職や信徒を見下すようであったのが、戦争が始まると牧師を辞めて大東亜省という英語を使って仕事の出来る役所に入り、これまで共に過ごした聖職や教会員には何の関係もない素振りであったというのです。しかも、戦争が終われば一転して教会に戻り、英語を使って進駐軍に取り入って、物資の不足した時代にも羽振りを利かせていたというのです。
 八代崇主教は、女性宣教師リー女史の日記を戦時下の日本を理解する上での貴重な資料であるとお考えになっておられ、その一端を、主日礼拝の説教の中でご紹介くださったのです。
 戦争当時、多くの日本人がアメリカやイギリスの人を敵国人として敵視する中で、アメリカ人やイギリス人と関係を持つことスパイであると密告されたり、英語を使うことさえ禁じられた時代でもありました。かつてはどれほど世話になったか分からないほどであっても、一般人の前ではその人を知らないそぶりをして保身し、真理を捨てて目先の自分の利用できる都合の良い人にすり寄っていく生き方をして真理を口にしなくなるような生き方をする人はいつの時代にも多いのではないでしょうか。
 八代崇主教は、戦時下の日本人クリスチャンを批判するためにその話をなさったのではなく、恐れず主イエスを証していくことがどれほど厳しく難しいことなのかをお話しくださったのだと思います。私たちは誰でもこうした状況に置かれたとき、多くの人の前で主イエスの側に立つことをためらい、恐れるのではないでしょうか。
 私たちは、主イエスから、絶えず「あなたが守るべき真理は何か、あなたが声を上げて語るべき真理は何か」と問われている、と言うことも出来るのです。
 主イエスの一番の弟子であるペトロも、主イエスが捕らえられて大祭司の館の庭で取り調べを受けている時に、館の者に「お前もあのイエスの仲間だろう」と問い詰められて、3度「知らない」と言ってしまいました。主イエスが最後の晩餐の席で受難の予告をなさった時、ペトロは「死んでもあなたに従う覚悟は出来ています」とまで言っています。その時のペトロは、決して嘘をついたのではなく、本心でそう思っていたのでしょう。でも、私たち人間の心は弱く不確かです。いざという時に主イエスを裏切り否認する言葉を吐いたり、かつては外国人の知り合いがいることを自慢するほどであったあった人も、恩人である外国人を知らぬふりをするほどに弱いのです。
 やがて、ペトロが、人々の前で主イエスの証人として大胆に自分を表明できるようになったのは、主イエスが甦り、ペトロたちに聖霊が与えられたからでした。主イエスの十字架の死と甦り、昇天、そして聖霊が与えられるという一連の出来事を経験することによって、ペトロはやっと主イエスの派遣の言葉、ことに「恐れるな」ということを実感を持って受け入れることが出来るようになったのではないでしょうか。
 今日の福音書の最後の箇所で、誰でも人々の前で主イエスの側に立つことをはっきりと表明する人については、主イエスもまたその人のことを天の父の前で主イエスの仲間だとはっきりと表明して下さる、と言っておられます。「だから、恐れるな」とも言っておられます。
 自分の側からはまだまだ力が足りなかったり大きな力の前に恐れをなすような私たちですが、主イエスは主なる神の御前で、私たちの側に立って「この人は私の仲間」であると言ってくださいます。主イエスは、裏切ることなく、見捨てることなく、私たちを主イエスの仲間であると言ってくださいます。
 主イエスは、神の御心から離れてしまう者の側にまわって、十字架の上から祈り執り成してくださいました。そして今も天の国で父なる神の右におられ、主イエスの信仰を告白する者のために執り成していてくださいます。主イエスに愛され守られて力付けられ、主イエスを恐れずに証しする者になれるよう祈り求めまた導かれて参りましょう。
posted by 水戸聖ステパノ教会 at 05:38| Comment(0) | 説教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント