2020年10月06日

儀式とステージ

儀式とステージ

 もう10月なのに、ふと「今、何月だったかな?」と思うことがあります。自分の年齢のせいなのかなとも思うのですが、今年の諸状況を思うと、必ずしも年齢のせいだけではないようにも思えます。
 私が考える「今年の諸状況」とは、新型コロナウイルス感染症の防止対策のため、今年の3月以降、教会でも沢山の行事や集会を中止したりその規模を縮小したりしながら過ごしていることです。幼稚園でも同様です。
 幼稚園では、卒園式や入園式を簡素に行い、春の遠足やお泊まり会をはじめとする幾つかの行事を中止し、約2ヶ月間にわたって多くの子どもたちが通園を控えました。例年であれば、その間に行われている春の遠足、父の日参観、年長児のお泊まり会などの諸行事もありませんでした。
我が家でも、いわゆるお盆休みの時期には毎年子どもたちが親元に集まって1日か2日を過ごしてきましたが(ちょうどその時が私たち夫婦のそれぞれの誕生日にも重なっています)、今年は誰も来ることが出来ませんでした。テレビをつけてみても、夏の甲子園は例年とは違う姿で、私の夏を演出してくれるものにはなりませんでした。
今年の夏は記録的な暑さになりましたが、日々のことを坦々と行った他には特に印象に残る出来事のごく少ない夏を過ごして9月を迎えました。9月になって、幼稚園には夏休み中の預かり保育期間とは違う活気が戻りましたが、私の中には夏らしい思い出がなく、まるで週末が開けた月曜日のような感覚での第2期(9月)が始まったわけです。
 教会では、新型コロナウイルス感染症が拡大し始めた今年の春の頃、すなわち大斎節に入った頃から、礼拝(公祷)と集会を自粛するようになりました。主日にも、聖餐式を控えて、通常では行われることのない「司祭が司式するみ言葉の礼拝」を行い、その中で聖歌の歌唱や詩編の交唱を割愛して、できるだけ簡素な形での礼拝を継続してきました。6月から聖餐式は再開していますが、聖歌やチャントを歌わず、一部を割愛する形式はでの礼拝はまだしばらく続きそうです。
教区の各教会では、主イエスの十字架に思いを向ける聖週や復活の喜びを分かち合う時にも、今年は「そっと」過ごしました。北関東教区の恒例行事でもある「教区信徒一致の日合同礼拝」は、案内書の発送直前にまで準備も進んでいましたが、新型コロナウイルスの感染者数増加に鑑み、一度は延期にして開催できる日を探ってきましたが、コロナ禍がなかなか収束せず、残念ながら今年は中止になってしまいました。
例年であれば、合同礼拝では各教会から集う仲間が心を一つにして礼拝し、その後は教区婦人会主催バザーその他で、仲間が健在であることを確認したり親交を持ったりするはずでしたが、今年はその機会を失ってしまいました。「信徒・教役者の集い」も、当初、9月の連休に予定して、講師との打ち合わせも進んでいましたが、同じように中止になりました。
 多くの人が、不要不急の外出を控え、主日礼拝の出席も控えて過ごしています。
 こうした日常は、私だけではなく誰にも、ちょっと言い過ぎかもしれませんが、濃淡や起伏のない生活になっていることでしょう。その中でも、為すべきことを堅実に行っていくことは大切なことであり、そのように努めてはいますが、今年は、私も、これまで生活の節目になってきたはずの行事や特別な日が極端に少なくなっています。
 私が「今、何月だったかな?」と思うのは、例えば、毎年復活日の礼拝で歌っている聖歌を礼拝の中で歌わなかったり、幼稚園で毎年遠足に行っている時期に行っていなかったりという今年の状態と深く繋がっていると思うのです。
我が家のことでも、3人の息子とその家族が集まって、孫も一緒に賑やかに食事をして、その後は深夜まで延々と話し続ける日がないままに、今夏が過ぎてしまいました。コロナウイルスの感染リスクを避けて生活することはやむを得ないことですが、その生活を続けることで、本来ならば得られるはずの経験が得られず、ある意味、単調な日々を強いられたわけです。そのような生活の季節感のなさや単調さが、記録的な暑さの一夏を過ごしても、「今、何月だったかな。」とふと感じる要因なのではないでしょうか。
 このように振り返ってみると、今年は私にとって大切であった「儀式」が行われてこなかったと言えます。その儀式とは、公の行事の場合もありますし、私の個人的な節目となる出来事である場合もあります。いずれにしても、その儀式は私の心の中にけじめや節目をつくり、次のステージへと向かわせる大切な出来事であることを再認識しています。
「儀式」は、日々の坦々とした生活とは違う出来事の経験となって、私たちの中で、特別な色濃い節目をつくります。「今年の○○は良かったね。」、「次の○○でまた会いましょう。」と、その経験を家族や仲間と共有し、その経験を次の○○を待ちながらまた日々の生活を過ごすことになります。日々の生活の中でまた力を蓄え、次の出来事を心待ちにしながら過ごすことになります。
 毎日の生活を坦々と営むことの大切さと共に、その生活を刺激し彩る「儀式」の大切さを痛感するこの頃です。

 (水戸聖ステパノ教会月報『草苑』2020.10.05 第589号)
posted by 水戸聖ステパノ教会 at 00:14| Comment(0) | 牧師のコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント