2020年10月19日

祈りの習慣

祈りの習慣 司祭ヨハネ小野寺達
 
 ほぼ毎日、決まり事のように祈っていることがあります。私の場合は、「朝の祈り」、3食の「食前の祈り」、勤務する幼稚園での「始業の祈り」や「終業の祈り」等々。それは、ある意味、単調で変わり映えのない日々の祈りです。
 例えば勤務する幼稚園で、私は園長として、「主なる神さま、み守りのうちに新しい朝を迎え、こうして祈りをもって一日を始める恵みを感謝します。この日もあなたのお与えくださる良き交わりのうちに、あなたの愛によって共に育まれ導きを受けることができますように。ことに主イエス・キリストは幼子を祝し、神の国はこのような者の国である、と教えてくださいました。どうか子どもたちが主のみ旨に従って育ち・・・」と、いわゆる自由祈祷の中で祈祷書の言葉を想いつつ、祈っています。
 時に、祈りの言葉に自分の実感が伴わず、形式的で上辺だけの祈りになってしまうことに嫌悪感にも似た思いが付きまといます。そんな私が、日々の祈りを坦々と行っていく恵みを再認識する出来事が起こりました。
 その出来事とは高速道路での走行中に受けた追突事故です。その日、私は教区の集まりで静想の講話を担当し、良い時を過ごせた充足感を胸に他の婦人信徒と共にその集会から帰る途上で、高速道路を走行中に、居眠り運転でスピードを上げた後続車に突然に追突されたのです。念のために救急車に乗せられての応急処置と検査を強いられましたが、双方とも運転者と同乗者には大きな外傷はなく、軽度の怪我で済んだのでした。私の車両は修理不能になりました。
 翌朝、幼稚園での始業の祈りで「主なる神さま、み守りのうちに新しい朝を迎え、こうして祈りをもって一日を始める恵みと導きを感謝・・・。」と祈り始めると、この当たり前の祈りが、どれほど多くの恵みと導きの上に受けて成り立っているのかについての感謝が湧き上がり、胸が詰まる思いになりました。
「そうだったんだ。ずっとこの恵みと導きを前提に祈っていたんだ。事故に遭った翌日にもこのように祈れることそのものさえ、大きな恵みなんだ。」
 毎日、形ばかりの祈りになりそうであっても、決まった時間に、神の御前に手を合わせて祈る行為は、下支えしてくださっている神の恵みと導きがあればこそ成り立つのであり、時が良くても悪くても、実感があろうがなかろうが、私たちは神に対して応答しながら生きていくことが大切なことであると、改めて感じる時となりました。神の恵みに応答して生きることは、私たち人間の神に対する責任であり、このことは信仰生活の「基本のき」です。
 もし、祈りの言葉に実感が伴わないことがあっても、その言葉は私たちの意識を掘り下げ、祈りの言葉と私たちの経験を結びつける準備が進むでしょう。
 「主よ、わたしの口を開いてください。わたしは主の誉れを現わします。」という祈りで起床し、「あなたのみ手にわたしの霊をゆだねます。」という祈りで一日を終える生活を保ちたいと思います。
 (『聖公会の信仰』AAMJニュースレター第57号 2020年10月16日発行 所収)
posted by 水戸聖ステパノ教会 at 23:00| Comment(0) | 牧師のコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント