2020年12月05日

「聖書の日曜日(バイブルサンデー)」降臨節第2主日に(雑感)

「聖書の日曜日(バイブルサンデー)」降臨節第2主日に(雑感)
 降臨節第2主日は、「聖書の日曜日(バイブルサンデー)」です。
 日本キリスト教協議会(NCC)のホームページには、「Bible Sunday(世界聖書日曜日)を覚えて」と題して以下の文章が掲載されています。
450年ほど前、英国聖公会が第一祈祷書を作成した際、その中でアドベント(待降節)に、第1主日「キリストが与えられたことを感謝する」、第2主日 「聖書が与えられたことを感謝する」、第3主日「教職が降誕の備えをする」、 第4主日「再臨への備えをする」、と祈祷課題を設けました。これを受け英国聖書協会は、毎年アドベント第2主日を「み言葉の主日」=「聖書日曜日(バイブル・サンデー)」と制定しました。聖書は、世界に存在する 7,000 以上の言語のうち、まだ 700未満の言語にしか翻訳されておりません。すべての人にそれぞれの母国語で福音が届く日を待ち望みつつ、共に祈りましょう。
 日本聖公会第65(定期)総会で、『聖書−聖書協会共同訳(2018年)』〈以下協会共同訳〉の公祷での使用が認許されました。
 現在使用されている『聖書-新共同訳』にしても、新しい『聖書-聖書協会共同訳』にても、カトリックからもプロテスタントからも教派を越えて委員が集って翻訳された『聖書』です。
 日本聖公会では、既に主教会によって、刊行されて間もなくこの『聖書-協会共同訳』の試用が認められていましたが、今総会で日本聖公会の公的礼拝でこの聖書を用いることが許認されたわけです。
 日本聖公会では、現行「祈祷書」が1990年に用いられるようになりましたが、それまで用いていた『祈祷書』(文語式文)には各主日の特祷と共に文語の聖書日課(使徒書、福音書)が組み込まれており、聖歌は別として、「祈祷書」一冊で聖餐式をしていたと言えます。基本的に礼拝において聖書は聴くものであり、聖公会の信徒は礼拝(ことに聖餐式)に聖書を携える習慣は薄かったと言えます。
 前祈祷書から現行祈祷書への移行は、聖書の扱いについても大きな変化をもたらしました。それまで聖書の朗読箇所は毎年同じ主日には同じ箇所だったのですが、現行祈祷書の聖書日課は3年周期となり、しかも現行祈祷書には、聖餐式の各主日と祝日の特祷は載っていますが、3年周期となった聖書日課(旧約、使徒書、福音書)はその箇所が示されてはいますが本文は載っていません。そこで私が当時勤務していた教会の信徒の方々にお勧めしたことは、礼拝や集会にはそれぞれに自分の聖書を持参することでした。
 私は、その当時勤務していた教会の週報裏面に、次のような文章を記しました。その一部を転載します。
「料理人は自前の包丁を、大工さんは自分で研ぎ上げたノミやカンナを持っています。そして自分の仕事にその道具は欠かせません。もしかしたらそれは気安く他人に貸せるようなものではないのかもしれません。文章を書く人の万年筆、書をする人の筆、それも同じことでしょう。これと同じように、キリスト者なら礼拝や集いに自分の聖書を持っていって当たり前なのではないでしょうか。
信仰そのものは姿や形に表せるものではありませんが、自分の聖書を読むことでその聖書にいつの間にか開き癖がつき手垢がつき、聖書が自分の手に馴染んでくるにつれて聖書の内容も私たちの心に馴染んでくるのです。
 聖書に朱線を引いたり書き込みをしたりすることには好きな人と嫌いな人がいることでしょう。私は聖書を2冊持つことをお薦めします。一つは読んでいて心打たれた箇所には線を引いたり自分なりのマークをつけたりして、その聖書が汚れてくるのを楽しむように勉強に用いるもので、もう一つは何の雑念も入れず静かに神と対話するために用いるもので原則として書き込み無し。そんなふうに用いようとする方のためには、前者の聖書としては引照つき(聖書の中のある単語が他のどの箇所で用いられているかが記されている)や広縁(書き込みがたくさん出来るように余白部分を多くとってある)の聖書をお薦めします。」
 聖公会の信徒にとって自分の「聖書、祈祷書、聖歌集」は、礼拝における「三種の神器」であり、その中でも聖書はキリスト者として教派を越えて大切にされています。
 聖公会出版(当時)は1988年に『特祷・聖餐式聖書日課』(A.B.C各年用)を発行しました。この『聖書日課集』は、なかなか便利な代物で、殆どの教会と信徒に用いられるようになりました。礼拝の最中に旧約、使徒書、福音書日課を聖書のあちこち開く手間は省けるし、時には朗読の中で一部分を省略して読むこともあるのですが、その時にもスンナリ朗読できるし眼で追っていくこともできます。
しかし、この『聖書日課集』が発行された頃、ある先輩聖職が「こんなくだらないもの作って・・・」とぼやいていたことを印象深く思い出します。実は私も同感なのです。
 私は、聖餐式の聖書日課に限らず、聖書を開くときに、あの分厚い一冊の中のどこの部分を開いているのかを実感したり、その日の聖書日課がどのような脈絡の中にある箇所なのかを理解したりするためにも、『聖書日課集』ではなく「旧・新約聖書」を手にすることをお薦めしています。
 説教の時にも、例えば「イエスのこの言葉は旧約聖書のこの言葉が反映しているので、実際にその箇所を開いてみましょう。」、「イエスのこの言葉はこの福音書で2度目であり、1度目は○章△節に記されているので確認してみましょう。」と実際にそこを開きながら話を進めたいことも度々あります。そのようにしながら、旧新約をとおして聖書の世界が立体的に、また網の目のように理解されることを目指したいと思ってきました。
 『聖書日課集』は便利です。先に記したとおり、礼拝での朗読の時には余計なストレスを感じさせませんので、聖餐式にあの1冊があれば、スンナリと礼拝が進みます。しかし、この便利な代物だけを用いていると、一冊の聖書を用いて学ぶことで得られる多くの事が切り捨てられてしまいます。
 それでも、日本聖公会の殆どの信徒は主日にマイ『聖書』を持参するより、『聖書日課集』(A、B、C年計3冊)を携えて礼拝に臨み、教会にも3年周期で使用される『聖書日課集』が常備されるようになりました。
 そして20年近い時が流れ、時代は更に次の段階に進みました。上記の通り『聖書-協会共同訳』を公祷で使用することが認められ、礼拝に使用する聖書は、急速に「新共同訳」から「協会共同訳」に移っていくことでしょう。
 しかし、『聖書−協会共同訳』の文章による新判の『特祷・聖書日課集』(A.B.C年)発行予定は今のところありません。
そこで、日本聖公会では管区で各主日の「特祷、旧約聖書、応答の詩編、使徒書、福音書」のデータ(協会共同訳を使用)を各教区に配信し、それを用いる場合は各教会でダウンロードして印刷することに動いていきそうです。
 毎週、過不足なくそのデータを印刷して準備することは難しいことであり、紙資源も大量に消費することになり、わたしはあまり気が進みません。私の個人的な思いとしては、本教会では、管区で進んでいる祈祷書改正の動きを睨みながら、2021年も『聖書-新共同訳』を用いて切り替えの準備を進めるのが良いだろうと考えています。
 いずれにしても、新しく聖書をお求めの方は、『聖書−聖書協会共同訳−旧約続編つき』を購入なさるようにお勧めします。そして、機会ある毎に『聖書−新共同訳』との言い回し(訳し方)の違いなどに関心を持ちながら、聖書の世界への関心を更に深めていただきたく願っています。
(2020年12月6日)
posted by 水戸聖ステパノ教会 at 12:18| Comment(0) | 牧師のコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント