カテゴリー:説教

2021年01月10日

主イエスの洗礼  マルコによる福音書第1章7〜11節 顕現後第1主日 2021.01.10

主イエスの洗礼 マルコによる福音書第1章7〜11節 B年顕現後第1主日2021.01.10

 今日、顕現後第1主日は、主イエスの洗礼を記念する主日です。この主日の聖書日課福音書は、毎年、マタイ、マルコ、ルカの各福音書から主イエスが洗礼をお受けになった箇所が採り上げられています。
 聖餐式聖書日課B年の今年は、マルコによる福音書に記された主イエス洗礼の箇所です。
 主イエスは、洗礼者ヨハネが人々に悔い改めの洗礼を授けているところにやって来て、ヨハネから洗礼をお受けになりました。そして、主イエスさまが水の中から上がって来られるときに、天が裂けて聖霊が降り、天から「これはわたしの愛する子、わたしに心に適う者」という声がしました。福音記者マルコは、簡潔に主イエスが洗礼をお受けになったことを伝えています。
 汚れを浄めたり生まれ変わりを表現したりすることを水の洗いで表すことは、古代から多くの宗教的儀式に採り入れられていました。例えば、ガンジス川での沐浴を連想する方も多いでしょう。
 国語辞典では、「沐浴」とは「湯水で身をきよめること」とあり、「禊ぎ」では「身に罪または汚れのある時や、重大な神事などに従う前に、川や海で身を洗い清めること」とあります。日本でも万葉の時代から宮廷に「禊ぎ祓え」の儀式がありました。
 キリスト教の洗礼(バプテスマ)も、文化人類学の中ではそのような「水による洗いの儀式」の一つに括られるかも知れませんが、主イエスが洗礼をお受けになったことは、主イエスによって旧約時代から新しい時代へと移り変わって上での一つの大切な出来事であったと言えます。
 今日は、今日の聖書日課福音書の記事を旧約聖書のいくつかの箇所との関連を確認し、主イエスが洗礼によって神と私たちとの関係を新しく開いて下さったことを学び、その感謝へと導かれたいと思うのです。
 先ほども少し触れたとおり、水による洗い浄めの儀式が様々な文化や宗教の中にあるのなら、洗礼者ヨハネが何を意図して洗礼を授けていたのかということをおさておく必要があります。そのことは、マルコによる福音書第1章4節に次のように記されています。
「洗礼者ヨハネが荒れ野に現れて、罪の赦しを得させるために、悔い改めの洗礼を宣べ伝えた。」
 ヨハネが行う洗礼の意図は、「罪の赦し」と「悔い改め」ということでした。
 主イエスは洗礼者ヨハネが宣べ伝えていたこの「罪の赦しを得させるための悔い改めの洗礼」をお受けになりました。主イエスご自身には罪が無いにもかかわらず、洗礼者ヨハネが「罪の赦しを得させるための悔い改め」を意図した洗礼をお受になったのです。
 主イエスがなぜそうなさったのかを思い巡らせる時、私には旧約聖書イザヤ書53章12節の言葉が思い浮かんできます。
 「彼が自らをなげうち、死んで、罪人にひとりに数えられた。」
 主イエスが宣教の働きを始めるに当たり、まず始めになさったことは、罪人の一人に数えられる側に立ってくださることでした。
 主イエスがこうして洗礼をお受けになったことは、罪のない主イエスが罪ある人の側に身を置いてくださり、ここから神の願う姿をこの世界の人々の目に見える働きが始まるのです。この働きはやはり罪人が処刑されるしるしである十字架の上にまで続きます。主イエスが洗礼者ヨハネから洗礼をお受けになったことは、まさに主イエスの生涯のテーマがここに示されているのです。
 洗礼によって始まる主イエスの公生涯は、神の御心から離れることはありませんでした。しかし、当時の律法の専門家たちは、イエスを神を冒涜する者であり罪人の極みと見なしました。
 例えば、旧約聖書申命記には「重い皮膚病(規程の病)」を患っている人々に近づいていったり触れたりすることを禁じる言葉がありますが、主イエスはそのような病の人々を憐れに思い、彼らに触れて祈り、周りの人を驚かせ、ユダヤ教の指導者たちや律法の専門家を憤慨させたのでした。
 このような主イエスは旧約聖書イザヤ書で預言されていた神の僕の姿でありながら罪人の一人に数えられる姿であり、このテーマが主イエスの宣教のお働きの始めに先ず洗礼によって示されたのです。
 また、主イエスが水の洗いを受けて水の中から起き上がると、天が避けて神の霊が降りてきました。この霊を受けて、主イエスは旧約の律法を中心にした旧いお働きではなく、神の霊を受けて人々の命を生き生きと回復する働きへと出ていくのです。
 このような世界がくることを、旧約聖書エゼキエル書第36章26節では次の言葉で表現していました。
 「わたしはお前たちに新しい心を与え、お前たちの中に新しい霊をおく。わたしはお前のたちの体から、石の心を取り除き、肉の心を与える。」
 人間の罪が神から与えられている本来の生き生きとした人間の働きを阻んでしまい、律法の固い枠が神の霊の働く機会を奪っていました。主イエスが神の心としっかりと結び合うことで、悔い改める人を神の霊が生かすことを人々の目に見える姿で示して下さったのです。
 更に、洗礼を受けた主イエスが水から上がられた時に、天が裂けて天から声が聞こえました。「天が裂ける」とか「天が開く」という言葉も、旧約聖書のいくつかの場面や言葉を想い起こさせます。この表現は聖書の中に沢山ありますが、これはこの世と神の居られる天の間に蓋のような隔たりがあると考えた当時、その隔たりが裂けて神とこの地の世界が一つに直接結ばれることを表現しているのです。主イエスの洗礼は、主イエスが罪人の一人となって下さることによって天と地を(神と私たちを)直接に結び合わせて下さる出来事だったのです。
 例えばイザヤ書63章19節で、イザヤは次のように神に向かって呻くように願い求めています。
 「あなたの統治を受けられなくなってから、あなたのみ名で呼ばれない者となってから、わたしたちは久しい時を過ごしています。
 どうか、天を裂いて降ってください。み前に山々が揺れ動くように。」
 神と直接交わりを持って、神の存在を確かに感じたいとイザヤが願った出来事が、今、主イエスが私たちの側にいて下さることによって実現していることを福音記者マルコは伝えています。
 更にもう一つ付け加えると、「あなたはわたしの愛する子」と言う天からの声も、今日の旧約聖書日課のイザヤ書第42章1節で、神の正しい裁きを説く者に「見よ、わたしの僕」と言っている箇所や、詩編の第2編7節で新しい王を神が祝福して「お前はわたしの子、今日、わたしはお前を生んだ。」と言っている箇所を受けて、主イエスが洗礼をお受けになった時にそのことが実現したことを示して、この言葉が用いられていると考えられます。
 主イエスが洗礼をお受けになった物語には、この短い表現の中に、旧約聖書の思想や願いの成就が凝縮していることが分かります。旧約聖書時代から待ち望まれ、来るべきお方として預言者たちが指し示してきた救い主が、このイエスに他ならないことを、主イエスの洗礼は伝えています。しかも、その救い主は私たちの罪のために生け贄となられる救い主であり、私たちの王となられた救い主であり、また私たちの僕ともなってくださった救い主であり、神と一つであり、私たちを神と結び合わせてくださる救い主であることなど、言葉に尽くしきれない救い主であることを、主イエス洗礼の物語は示しているのです。
 救い主イエスが地上でのお働きの始めに洗礼をお受けになったことを焦点にして、神の救いの歴史は新しい時代に移り変わり、主イエスによって神の御心が私たちにも明らかにされ、また神の恵みはユダヤの枠を超えて世界中に宣べ伝えられるようになります。
 冒頭に、洗礼者ヨハネの洗礼は「罪の赦しを得させる悔い改めの」しるしとしての洗礼であったことに触れました。主イエスを救い主と信じる私たちにとっての洗礼は、「罪の赦しと悔い改めのしるし」という枠を越えて、主イエスの十字架を通して示された主なる神の永遠の愛の中に結び合わされ、私たちが神に受け容れられ愛されていることのしるしとなりました。
 私たちがいただく洗礼、授かった洗礼は、神と結ばれ、聖霊の力をいただき、天国での幸いを約束されたしるしです。神の子主イエスを通して私たちも神と結ばれ、私たちも聖霊の力を受け、恵みの中に生かされている感謝を改めて思い起こし、「父と子と聖霊の御名によってすべての人々に洗礼を授ける」ための証人としていきていくことができますように。
posted by 水戸聖ステパノ教会 at 21:42| Comment(0) | 説教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月03日

ヘロデ王の大虐殺とイエス  マタイによる福音書第2章13-15,19-23  降誕後第2主日   2021.01.03

ヘロデ王の大虐殺とイエス マタイによる福音書第2章13-15,19-23  降誕後第2主日   2021.01.03

 年が改まった今、日本の中でクリスマスのことを持ち出すことは、新年の松飾りの中に食べ残しのクリスマスケーキを持ち込むかのように思えて、何か相応しくない気がする人もおられるかもしれませんが、私たちは、教会暦の中では、降誕節の12日間の中にいます。
 私たちは、ことに今日の聖書日課福音書から、クリスマスの美しく華やかな「光」の面を見るばかりでなく、クリスマスの辛く苦しい「影」の面にもしっかりと目を向け、主イエスの働きについての理解を深めるように導かれたいと思います。
 占星術の学者たちが東の方から、新しくユダヤの王としてお生まれになったお方を探し求めてエルサレムにやってきました。それを聞いたヘロデ王は不安になりました。
「自分の他の誰が王に?私の王座を奪い取る者が出現したと言うのか!」
 ヘロデは策略を巡らせます。当時、ヘロデはイスラエルを占領して支配していたローマ皇帝に取り入りながら、ローマによるエルサレム侵入によって崩れたままになっていた神殿の再建にも力を注ぎました。ヘロデはそのようにユダヤ人たちからも一定の支持を受けて、安定した地位を保つことに力を注いでいました。そのため、ヘロデは支配するローマ皇帝からも高い評価を得ていたようです。しかし、いつでも狡猾に立ち回るヘロデは、逆にいつも自分は周りの人々から騙されているのではないか、裏切られているのではないかと不安であり、自分の親族のこともいつも疑う人だったのです。実際にこのヘロデ家は、やがてヘロデ王も息子たちも王位をめぐって肉親を殺し合う不幸な王家となっていきます。
 ヘロデ王は、占星術の学者たちが東方からエルサレムにやって来た時、彼らを利用して、「ユダヤ人の王としてお生まれになった方」を探し出して殺そうと考えました。学者たちは幼子イエスと出会い、伏し拝み、贈り物を献げた後、再びヘロデの所には戻らず、別の道を通って帰っていきました。ヘロデはそのことに気付いた時、激しく怒り、ベツレヘムとその周辺にいる2歳以下の男の子を皆殺しにしてしまうのです。幼子イエスもその中で殺されるはずでしたが、聖家族は危ういところでこの災難を逃れることが出来ました。
 マタイによる福音書には、主の天使が夢でヨセフに直ぐにエジプトに逃れるように告げた、と記されています。聖家族はしばらくエジプトに滞在し、ヘロデが死んだ後、ガリラヤのナザレという小さな町でひっそりと暮らし、イエスはそこで成長なさったのです。
 ヘロデの残虐な性格と振る舞いは、聖書の中に記述されていることに留まらず、他の歴史書に残されている記録からも分かります。
 今日の福音書が語っているように、聖家族がすんでの所でヘロデによる殺害を逃ることができ、他の多くの子どもたちがヘロデによって尊い命を奪われたとしたら、主イエスは成長なさる間に何を思いまたどうお考えになっていたのでしょう。それは、私の想像の域を出ませんが、この出来事はヨセフ、マリア、イエスに大きな影響を与えたに違いありません。
 視点を変えてこの出来事を見れば、名もない小さな子どもたちが沢山自分に代わって死んでいるのです。本当にこのような出来事があって、聖家族が何かの拍子でこの大虐殺を免れることが出来たのだとしたら、ヨセフとマリアはイエスが成長する過程でその出来事について幾度も幾度もイエスに語り伝えたに違いありません。そしてイエスご自身も、大人になっていく間に、自分はどう生きるべきなのかを考えるとき、この出来事を抜きにすることは出来なかったのではないでしょうか。
 自分が救われるために自分と同じ年齢の幼い多くの命が奪われており、しかも自分の身代わりになった多くの幼子がいたからこそ今の自分がこうして生きている、と考えたら、イエスは自分の人生を軽々しい選択やいい加減に生きる思いにはなれなかったに違いないのです。
 主イエスは、多くの幼子らの尊い死を無駄にしない人生の選択を迫られたはずです。そして、成人した主イエスは、荒れ野で厳しい断食と祈りの日をお過ごしになった後、病の人、貧しい人、小さくされた人々と共に生きる事へと導かれていったはずです。
 ヘロデによる殺害を逃れたイエスは、その公の生涯を神の国の訪れを身をもって示すことに尽くした末に、ユダヤ教の指導者たちによって十字架につけられて死に、その死を通して更に神の国の姿を示してくださいました。
 こう考えてみると、このような主イエスの生き方は、私たちにとって決して他人事ではありません。例えば、私たちが今生かされているこの世界は、誰にどのようにつくられて受け継がれてきたのでしょう。この世の平和は私たちが自分の手で一朝一夕につくり出した平和ではありません。私たちは、多くの人が体を張って平和を守り血を流し犠牲を払ったことの上に成り立つ平和を生かされています。そのことを語り継がず、学ぼうともせず、軽薄な一時の快楽を平和であるかのように取り違えてはならないのです。
 私が神学生だった時、それは今から35年以上も前のことになりますが、幾人かで雑談していたときに、次のような発言をした仲間がいたことを今でも印象深く覚えています。
 「今、食物が足りなくて一日に4万から5万人の人が死んでいくけれど、これって、神さま、私たちは毎日あなたに5万人の生け贄を捧げますので、私たちに豊かな満ち足りた食べ物を与えて下さいと、身勝手に祈りながら生活していることに等しいのじゃないのかな。」
 その場にいた私たち一同は、一瞬言葉を失って、動かしていた口や手が止まりました。私たちがもしそのように身勝に祈りながら生活しているに過ぎないのだとしたら、それは自分の王座を守るために沢山の幼子を虐殺したヘロデのあり方と同じなのかもしれません。聖なる幼子たちの死は決して遠い過去の物語世界に限られた話ではないのです。今私たちが生かされているのは、この世界は、数え切れない沢山の命のつながりと弱く小さく貧しい者の犠牲に成り立っていることを認めなければならず、それを強いるとすれば、私たちの置かれている立場はあのヘロデに等しいと言えるのです。
 主イエスが私たちに与えてくださった喜びは、単に物の豊かさや争い事の無い中での好き勝手な生き方を享受することではありません。
 私たちは、この降誕節を、神が主イエスを通して示して下さった愛によって生かされることを感謝して過ごしています。主イエスを通して神の愛を受けた私たちは、自分を大切にすることと同時に他の人をも大切にすることへと歩み出すことを促されています。自分の置かれている時と所から、例え小さくても、そこに神の御心が現れ出るように祈りつつ生かされる思いを新たにする時です。
 私たちは、名も知られぬ幼子たちがヘロデによって命を奪われた物語を通して、自分の置かれている状況を振り返ってみるとき、私たちは信仰者としてどう生かされているのかを振り返ることを促され、神の恵みにどのように応答していくべきなのかを神から問われていることに気付きます。
 馬小屋で生まれ十字架の上に血を流してまで私たちを愛しぬき、罪と死から救い出して下さった主イエスを救い主と信じて告白する私たちです。どうか、私たち一人ひとりがこの信仰に根ざし、この世界に生かされている恵みを深く思い、感謝へと導かれますように。そして、主イエスによって示された愛に基づく平和をつくり出していくために祈り仕えることへと歩んで参りましょう。
posted by 水戸聖ステパノ教会 at 21:53| Comment(0) | 説教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月28日

 贖い主が与えられた ガラテヤの信徒への手紙第4章4〜7 降誕後1   2020.12.27

 贖い主が与えられた   ガラテヤの信徒への手紙第4章4〜7 降誕後1   2020.12.27

 年中行事としてのクリスマスは、クリスマス・イヴが過ぎると共に去っていきますが、私たちは御子イエス・キリストの降誕を感謝してその恵みを思い巡らせながら過ごしています。私たちにとってのクリスマスは1月6日顕現日まで続きます。
 教会の伝統がこうした教会暦の中にも受け継がれており、私たちは神の大きな働きをこうした教会暦によって思い起こしながら信仰の養いを得ています。
 今日は降誕節第1主日です。今日の聖書日課から使徒書に思いを向け、そこから主イエス・キリストご降誕の意味を考えていましょう。パウロはこのガラテヤの信徒への手紙の中で、イエスが自分にとってどのような意味での救い主であるのかを熱く語っており、それを理解することは、御子の降誕を祝う私たちが御子イエスをどう理解するのかと言うことにもつながってくるからです。
 パウロは、今日の使徒書の中でこう言っています。
 「しかし、時が満ちると、神はその御子を、女から、しかも律法の下に生まれた者として、お遣わしになりました。それは、律法の支配下にある者を贖い出して、わたしたちを神の子となさるためでした。」
 パウロは、キリストに出会う前は、ユダヤ教徒であり、それも熱心なファリサイ派の一員でした。ファイリサイ派については、ある聖書辞典の中に「モーセ律法を至上の権威とし、その中に個人的・社会的正義の全教訓を見た」と記されています。パウロにとってはまさに律法の一言一句が自分の救いと社会の正義をもたらすために、厳しく守るべき権威だったのです。パウロは、律法を完全に忠実に実行し自分を律法を当てはめていくことによって、自分は神に完全に受け入れられ、社会に正義が実現すると考えていたのでしょう。
 しかし、そのことに徹して生きようとすればするほど、パウロの内面には大きな亀裂が生まれてきました。誰でも、律法を守ることについて完璧であろうとすればするほど、実はそうではない自分の一面を感じないわけにはいかくなります。
 そのことをパウロは、ローマの信徒への手紙第3章20節にこう言っています。
 「律法を行うことによっては、誰一人神の前で義とされないからです。律法によっては、罪の自覚しか生じないのです。」
 例えを用いていえば、真っ白な画用紙を求める時、完全なものを求めれば求めるほど小さな汚れが気になり始めます。すると、全体の白さやその質の良さも受け入れられず、取り除くことの出来ないごく小さな一つの汚れのために全体を否定してしまうことにもなりかねません。
 また、もしその小さな一つの汚れをごまかして、完全であるふりをしたり、完全であると思い込もうとすれば、私たちの中にはありのままの自分と完全であろうとする自分の間に大きな亀裂を生むことになります。そして、自分の中にあるにもかかわらず見ようとしない罪や認められない不完全さは、私たちの心の中に影のように一層大きくなることでしょう。
 ファリサイ派の人々は、律法の枠に収まらな徴税人や遊女たちを嫌い、彼らを罪人としました。ファリサイ派は、律法を守れない人々をそのように断罪することで自分の正当性を保ち、自分の内なる罪に目を向けずに済ませていました。私たちの社会に蔓延するイジメの構造にも同じような一面があると言えます。「あいつは風紀を乱すから」「あいつはまともな話が出来ないから」と自分に不都合なものを排除して自分を正しいものの側に置いて相手を裁き、自分の弱さや不完全さを隠そうとすることになります。
 主イエスは当時ファリサイ派から罪人呼ばわりされる徴税人や遊女たちにも公然と関わっておられました。ファリサイ派はこのような主イエスに猛烈に腹を立て、主イエスを殺す中心的役割を取るようになっていきます。ファリサイ派は、主イエスが当時の罪人とされる人々に祝福を与えることを認められず、そのイエスを何とか抹殺しようと動き始めていきます。
 パウロも、神の前に正しくあろうとすればするほど、自分の中の不完全な部分が一層クローズアップされ、神の前に喜んでいられない自分を感じざるを得なかったのでしょう。律法を全うしようと思えば思うほど、自分の中にある罪を感じざるを得ないとパウロは言っています。
 このような状況にあった自分を振り返って、パウロは「信仰が現れる前には、私たちは律法の元で監視され、イエス・キリストの信仰が示されるまでは閉じ込められていた。」と言っています。
 パウロは、自分を責め立ててくる律法と責め立てられる自分の罪をしっかりと自覚することが出来る人でした。恐ろしいことは、また私たちが気を付けなければならないのは、自分の内側に生まれる亀裂を認めず、或いは無視して、自分の正しさを誇るようになるとき、私たちは、自分にも相手にも理想を押しつけ、また倫理や道徳の名によって、時には神の名まで持ち出して、人の心の痛みを押さえつけたり否定して、不完全さを認められなくなることです。私たちは、自分の力で律法を全うする事など出来ないのに、そうできていると思い込み、またいい聞かせ、律法の壁を作って、実際には神様と心を通わせることから逃げ出す過ちを犯すことにならないように、よく心に留めておかなくてはなりません。
 私たちは本来誰一人神の御前に完全であることなど出来ないし、神との約束を自分の力で全うすることは出来ません。神との間にこのような乖離がある私たち人間は、主なる神を「父よ」と呼ぶことなどとても出来なかったはずなのです。
 その様な私たちに、神は神の方から神と結ばれるための道を与えて下さいました。その事をパウロは今日の使徒書の中で伝えています。
 ガラテヤ書第4章4−5節。「時が満ちると、神はその御子を女から、しかも律法のもとに生まれた者として、お遣わしになりました。それは、律法の支配下にある者を贖い出して、私たちを神の子となさるためでした。」
 たとえて言うなら、罪と死の川があって、神は向こう側に、私たちはこちら側にいるとしましょう。向こう側まで行けば私たちは誰もが神に受け入れられ神と共に永遠に住まうことが出来る、けれども、私たちは自力では誰一人向こう側まで渡れません。その時、主なる神は向こう側からイエスをこちら側に遣わして下さって、このイエスに自分を託して掴まっていれば、誰でも向こう岸へ渡れるようにして下さいました。そのことを信じることで、私たちはイエスの名によって、たとえ罪人であっても全面的に受け入れられ、向こう岸に招かれ、迎えられ、永遠の愛の中に住まうことが出来るのです。なぜなら、主イエスが主なる神に「父よ、この人は私を信じていますので、受け入れても大丈夫ですよ」と言ってくださるからです。それだけではなく、「さあ、あなたも主なる神に向かって、「アッバ、父よ」と叫びなさい。」と言っておられます。神はその様な、向こう岸とこちらをつなぐ救い主を私たちにお与え下さったのだと、パウロは言っています。だから、私たちにとって、神は罪と死の川の遙か遠く向こう岸におられるのではなく、イエス・キリストによって神の御前で「父よ」「お父さん」「アッバ」と身近に呼ぶことが許されているのです。私たちはイエスと一緒に神に向かって「父よ」「アッバ」と呼ぶことができます。
 この世界で罪の中にいて、誰とも分け合えない魂の孤独を抱えていた自分の所に神の子が来て下さって、自分では負いきれなかった罪の荷物を神の子が負って下さって、私たちは神の御前に進み出ることが出来るようにされました。更に第4章7節でパウロは「私たちはこのイエス・キリストによって神の子であるから、神によってたてられた相続人でもあるのだ」と言っています。
 主なる神は、主イエス・キリストを通してこの恵みを私たちに与えて下さいました。
 私たちはもう自分で自分のことも他者のことも「生きるに値しない」などと言って自分を嘆いたり否定してはなりません。それは神の恵みを損なうことです。また私たちは他の人のことを無価値だと決めつけたり蔑んだりしてはなりません。それも神の恵みを損なうことなのです。
 私たちの存在を認め、私たちを受け入れ愛して下さっているしるしは、最も小さく弱いお姿を取って、この世に現れました。この弱く小さなキリストを自分の中に受け入れたとき、パウロは律法と自分の罪の間で苦しむことから解き放たれて、自分の中に生きているのは自分ではなくキリストであると言うまでに変えられ、絶えず神の恵みを誉め讃えて、主イエス・キリストを宣べ伝えるために生涯を捧げるようになっていったのです。これがパウロが伝えるキリスト降誕の意味づけです。
 私たちも御子の御降誕を祝うこの期節に、主イエス・キリストを自分の心に深く迎え入れて、神の恵みに生かされることへと導かれて参りましょう。
posted by 水戸聖ステパノ教会 at 15:00| Comment(0) | 説教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする