カテゴリー:説教

2017年09月24日

夕方5時に雇われた人  マタイによる福音書20:1−16  聖霊降臨後第18主日(特定20)2017.09.24

夕方5時に雇われた人
マタイによる福音書20:1−16
聖霊降臨後第18主日(特定20)2017.09.24

 今日の聖書日課福音書は、「ぶどう園の労働者」の例え話の箇所です。この例え話の中で、朝早くから雇われた人も、夕方5時になってから雇われた人も、皆同じように主人から1デナリオンを受けました。
 このような例え話は、聞く側の私たちがどのようなところに身を置いて受け止めるのか、また例え話の中の誰に自分を重ね合わせて受け止めるのかによって、福音が厳しい裁きのメッセージにもなれば神の恵みを豊かに受けるメッセージにもなるのです。今、この御言葉を受けた私たち一人ひとりは、今日の聖書のみ言葉ををどのように受け止め、また、登場人物の誰に自分を重ね合わせてメッセージを受けているでしょうか。
 夜が明ける前から沢山の人が広場に集まっています。今日一日働く事に意欲を示す人、何でもいいからとにかく働いて収入を得たい人など、沢山の人がこの広場に集まっています。
 ぶどうを収穫する季節はそんなに長くはありません。おまけにパレスチナは、収穫が終わる頃には雨の季節になるようで、収穫のための時間は短いのです。「さあ、あなたに働いてもらおう、あなたにも来てもらおう」と、ぶどう園の主人は働けそうな人を雇いぶどう園に送ります。雇われていくのはまず体の丈夫そうな人や力のありそうな人であり、貧弱そうに見える人や年老いて動きの遅い人、それに体の不自由な人などは、いつも決まって残されてしまいます。
 朝の9時頃、お昼頃、ぶどう園の主人は広場にやってきました。そして未だそこにいる人の中から幾人かを選んでぶどう園に送りました。そればかりか午後3時にもまだぶどう園に雇われていく人がいます。この広場で自分を雇ってくれる人を待ちながら、半ば呆然と一日中立ちつくすことになるのは、いつも決まって体が弱い人や、年老いた人たちでした。やがて日も傾き、この日も落胆と失望でこの一日を終えようとする人がいます。そのような時刻に、またこの広場にぶどう園の主人が現れて彼らに言いました。「なぜあなた方は何もしないで立っているのか。」
 彼らが「誰も雇ってくれないのです。」と答えると、ぶどう園の主人は思いがけずこう言ったのでした。「あなたたちもぶどう園に行きなさい。」
 それから1時間もしないうちに夕暮れになります。主人は、今日の労賃の支払いについて、僕にこう命じたのでした。「最後の者からはじめて、最初に来た者まで順に賃金を払ってやりなさい。」
 この言葉の通り、夕方5時に雇われた者から始まって、後の者から順に賃金が支払われました。その賃金は、誰もみな1デナリオンずつです。
 1デナリオンは、当時の一日の仕事についての報酬に相当する額でした。夕方雇われた者は、「自分の労働は午後5時からの僅かな時間だったのに、主人はこんな取るに足りない私にも丸一日分の賃金を支払ってくれた。こんな私のことも一人前として認めてくれた。」と、感謝と喜びに満たされ、安堵と感謝の思いで家に帰っていくことが出来ました。
 その一方、朝から丸一日働いた者は、「私たちはもっと多くもらえるだろう。」と思いますが、受けとったのはやはり1デナリオンでした。彼らは「午後5時に来た者たちと同じ扱いにするのか。」と不平を言います。
 その時、主人は答えました。「友よ、私がはじめにあなたと約束したとおりではないか。私は自分のものを自分のしたいようにするのがいけないのか。それとも私に気前の良さをねたむのか。」
 今日の聖書日課福音書は、主イエスのなさった例え話です。ぶどう園の主人の気前良さとは、神の気前良さです。神の気前良さとは、自由に自分の愛を他の人々にお与えになる神の性格の表れであると言えます。神の気前よさを私たちはどのように受け取るべきでしょうか。私たちは、朝早くから神の恵みを自分の者にしている立場から、神の恵みを自分だけで独り占めしようとするのでしょうか。神の恩恵を自分だけ受ければ、それで満足なのでしょうか。また、他の人より自分の方が沢山恩恵を受けていなければ遅く来て同じ恩恵にあずかる他の人をねたましく思ったりしてはいないでしょうか。私たちが自分を最初に雇われた人だと思うか、夕方になってやっと雇われた人だと考えるかによって、この福音が自分の心にどう響くのかが全く違ってくるでしょう。
 ぶどう園の主人は、朝から働いたのにと腹を立てる者たちに「私の気前の良さをねたむのか。」と言っていますが、この箇所を直訳すれば「私が立派なので、あなたの目が悪いのか」となります。つまり、この言葉は、神のすべての人に対する良い働きを恵みとは受け取れず、労働の量に対する代価と考えて、神のみ心を見る目を曇らせていることを指摘していることが分かります。
 もし、自分が夕暮れが迫ってくるのに何の仕事も得られず広場に立ちつくしていた者であったら、私たちはぶどう園の主人の招きをどのようにして受けたでしょうか。夕方5時近く広場に立っているのは、困り果て、気力も失せ、ただ虚しい思いでその場にポツンと立ち尽くすほかなかったのでしょう。そんな人が夕方5時に雇われれば、「主人はこんな私のことも招いてくださった。本来雇われるに足りず、賃金など受ける資格も無い私でも、主は救ってくださった」と、感謝の思いで一杯になることでしょう。あるいは、「いいえ、私はもう雇われる資格も値打ちもありません」と尻込みする思いであったかもしれません。
 でも、ぶどう園の主人はこう言うのです。
「あなたも私のぶどう園に来なさい。あなたは自分で自分を役に立たないなどと言ってはならない。私があなたと契約するのだ。それなのになぜあなたは自分で自分の存在を認めず、自分を小さくするのか。1時間でもよい。ぶどう一房、いやぶどう一粒でも、あなたが精一杯収穫すればそれが尊い。あなたは私のためにいくらでも働くことは出来るのだ。もし腕が動かなくてぶどうを摘み取れないのなら、あなたはぶどう園で働く他の人たちのために祈ってくれ。」
 私たちは、今日の福音書の御言葉を、主イエスが私たちに呼びかけ招いてくださる御言葉として聞くことを許されているのです。
 私たちは、この世の能率や成果主義の判断に拠らす、誰もが1デナリオンを約束されています。つまり、一人前の存在として認められています。主イエスに連なる者は、誰もが皆一日1デナリオン受けるに値する者であり、主イエスはすべての人をそのように愛したいのです。
 私たちは、誰もがその様にしてぶどう園である主の教会に招かれたはずでした。私たちも本当は夕方5時に主イエスに救い出された者であることを忘れると、「自分は朝早くから働いた、夕暮れまで汗だくになって疲れるほど働いた。それなのに私が受けるものは、あの新参者が受ける報いと同じなのか。」とつぶやき、朝早くからぶどう園の主人の愛の中にいることができた恵みを忘れてしまうのです。朝6時に招かれて平安の中で働いていたはずなのに、他の人が自分と同じ祝福を得られることが赦せなくなってしまうのです。
 もし、ぶどう園の主人が、業績や能率で人を裁く性格だったら、私たちは誰一人としてぶどう園に招かれることは無かったでしょう。また、天の国が罪のない正しい者だけが招かれるところであれば、私たちは誰一人招かれるのに相応しくありません。その様な私たちも、神の恵みによって1デナリオンをいただける(つまり、主の前に一人の人して大切に扱われている)のです。
 主は私たち一人ひとりをぶどう園に招き入れて下さっていることへの思いを新たに致しましょう。招かれるのに相応しくなかったはずの私たちでもぶどう園に招かれるのは、主イエスを仲立ちとして、恵みとしてその招きを与えられているからなのです。喜んで主の招きに応え、働きの終わりには十分な祝福が約束されていることを感謝し、主の庭での働きに励んで参りましょう。
posted by 水戸聖ステパノ教会 at 20:54| Comment(0) | 説教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月20日

赦しぬく愛   マタイによる福音書18:21−35   聖霊降臨後第17主日(特定19)

赦しぬく愛
マタイによる福音書18:21−35  聖霊降臨後第17主日(特定19) 2017.09.17

 主イエスを救い主と信じる人々の群れがユダヤ教から離れて自分たちの教会を形作るようになると、信仰者たちは、教会を維持し運営していくために色々なことをユダヤ教の習慣や律法の規則によってではなく、主イエスの生き方や精神を基盤として新しい習慣や規程を創りはじめます。
 今日の福音書の初めの方で、ペトロは主イエスに次のように尋ねています。
 「主よ、兄弟が私に対して罪を犯したなら、何回赦すべきでしょうか。七回までですか。」
 当時、ユダヤ教では、神は人間の同じ罪を三度までなら赦してくださると考えられていました。ペトロはユダヤ教のその教えを知った上で、ユダヤ教の考えを遙かに越える寛容の思いを込めて、主イエスに「七回までですか。」と尋ねたのです。でも、主イエスはペトロに「七回どころか七の七〇倍までも赦しなさい。」とお答えになりました。これはただ回数の問題ではなく、主イエスを通して現された神の愛を土台にして、また主イエスを救い主と信じる群れの仲間として、主に召された人々に限りなく赦し合い愛し合うべきことを教えているのです。
 主イエスは、ペトロに七の七〇倍までも赦すことを教え、それに続けて、次のようなたとえ話をなさいました。
 ある王が、家来との間で貸したお金の決済をすることにしました。1万タラントンの借金をしている家来が主君の前に連れ出されました。主君はこの家来に自分の妻子や持ち物を皆売り払ってお金を返すように命じました。しかしこの家来は、ひれ伏してしきりに願って「どうか待ってください。きっと全部お返しします。」と言ったのです。そこで主君はこの男を憐れに思ってその借金を帳消しにしてやりました。しかし、この男が赦されて出ていくと、自分が100デナリオンの金を貸している仲間に出会います。その時、この男は仲間を捕まえて首を絞めて「借金を返せ」と迫るのです。相手が「返すから待ってくれ」としきりに頼んでも、その言葉にも耳を貸さず、この男は仲間を牢に引っ張っていき、返すまではそこから出さないことにして牢に入れてしまいました。
 主君はこの話を聞いて、一度は赦してやったこの家来を呼んで、「私がお前を憐れんだように、お前も自分の仲間を憐れんでやるべきではなかったか。」と言って、この家来を牢役人に引き渡したのでした。
 この例えの家来は、主君から七の七〇倍以上の赦しを与えられながら、自分では仲間を赦さなかった者と言うことが出来ます。
 今日の福音書のメッセージを受けるのに、主イエスのなさった例えを二つの点から考えて見ましょう。
 その第一点は、この家来が王から借りていた一万タラントン、仲間に貸していた100デナリオン、という額の大きな違いについてです。
 その当時、タラントンは最も高額の単位であり、1タラントンは6000デナリオンです。当時の一日の労賃が1デナリオンですから、1タラントンは当時6000日働いてやっと手にする金額であす。一年365日のうち安息日を除く日ほぼすべて300日働いて300デナリオンになりますから、20年間そのように働いて1タラントンです。この家来が主人から借金していた1万タラントンとは6千万日分の金額という計り知れない額であり、この例えの中での一万タラントンとは、具体的な金額を意味するより、当時の人の言い方で表現される「無限の高額」を意味していたと思われます。また、当時、ユダヤ全土からローマ国に納められていた税金の額は年間800タラントン程度だったという資料もあるようで、ここに出てくる1万タラントンは、今申し上げたとおり、具体的な金額のことではなく王に対して償いきれない無限大の負債があることをその様に表現したと言って良いでしょう。
 一方、この男が貸し付けていた100デナリオンとは、労働者の100日分の給料に相当する額であり、返済可能な額です。つまり、このたとえで、一万タラントンと100デナリオンの額を比較して、主人である王に対して負っている返済不可能な罪の結果と、仲間から受けた日常的にあり得る損害の程度を対比しているのです。そして、この例えの男が、自分の王に対しては償いきれない負債を抱えて、しかもそれを帳消しにしてもらいながら、他人に負わせている返済可能な(つまり償うことの出来る)負債を赦そうとしない者であることを浮き彫りにしているのです。この男は、主人に対する限りない負債の総決算を迫られた時、「どうか待ってください。きっと全部お返しします」とまで言いました。でも、一万タラントンという負債の額のとてつもない大きさを思えば、この男の態度は厚かましくもあり、自分の負債の重大さを棚に上げたその場しのぎの態度に浅はかさや愚かささえ感じるのではないでしょうか。
 そして、このように厚かましくもあり愚かな人間とは、神に対する負債を帳消しにしていただくほかにはどうしようもない者であるにもかかわらず、誰かが自分に罪を犯した時には幾度まで赦すべきかなどとイエスに尋ねるペトロのことであり、また、このようなペトロに自分を重ね合わせる私たち一人ひとりであるのです。私たちは、神の前に赦されねばならない大きな罪がありながら、他の人に対しては自分が罪を赦す側にいるかのような傲慢な者であることに先ず気づかねばなりません。
 このたとえ話から導きを受けるために考えたいもう一つの点は、王がこれほどの負債を抱える男を何故赦したのかと言うことです。
 この例えを読んでみると、この男が赦されたのは、この男が主人に向かって「どうぞ待ってください。きっと全部お返しします」と懇願したからではありません。そうではなく、27節にあるように、王はこの男を「憐れに思って」赦したのです。これまでにも幾度かお話しましたが、この「憐れに思う」という言葉は「内臓スプラングノン」に由来するスプラングニゾマイという言葉で、聖書の中で特別な用い方をしている言葉なのです。この言葉は「腑が痛み震える」とでもいうような意味を持ち、聖書の中では、主イエスご自身を主語にする時と、今日の福音書のように主イエスのなさった例え話の中でしか用いられていません。主イエスがこの例えで言っておられるのは、私たち人間が神に対して計り知れない負債があって取り返しのつかない状態になり、既に生きるに値しないまでになっているのをご覧になって、神はその有様にまさに文字通り腑が引き裂かれるほどの思いを寄せられて、その負債を全て無かったことにして赦して下さったと言うことなのです。
 そして、私たちが忘れてはならないのは、負債が帳消しにされるとは、それが誰かに肩代わりされるか埋め合わされるか、あるいは貸した者がその損失を自分で引き受けると言うことです。一体この話の1万タラントンという償いきれない損失は誰が引き受けているのでしょう。それは、私たちに代わって十字架の上にご自身を捧げて埋め合わせをしてくださったのが主イエスです。私たちはその十字架によって負債を全て赦され、そればかりではなく、神に対して負債だらけの私たちを主なる神はなお痛みながら愛してくださっていることを今日の福音は示しているのです。
 私たちは、このように、私たちの力を超える大きな恵みを神からいただいているのです。このような赦しの恵みを与えられている私たちであれば、神に赦されていることと人を赦すことは一つに結び合わされていることなのです。そして私たちは、神の赦しという無限の恵みが与えられている事実に立って、私たちは七度を七〇倍する以上に赦し合い愛し合うことが出来るのです。主イエス様によって示されたその様な完全な赦しを基盤にして、あなた方は互いに赦し合い愛し合いなさいと今日の福音から教えられているのです。これは律法でも制度でもありません。これは、主イエスを救い主として受け入れ信じる人の生き方そのものなのです。他ならぬ私が、神の憐れみによって赦され生かされているのであれば、他の人が神の愛としっかり結びつけられて罪の縄目から解き放たれるために仕え働くのは当然のことになります。こうした赦しの中で、人が神から与えられた命を豊かに生きることに仕えることは、教会に招かれた者の感謝と喜びになるのです。
 主イエスはご自身の十字架を通して神の無条件の赦しを示してくださり、私たちを招き続けていて下さいます。幾たび赦すべきかという思いを越えて、神の赦しによって、感謝と喜びをもって愛し合えることへと導かれて参りましょう。
posted by 水戸聖ステパノ教会 at 05:16| Comment(0) | 説教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月11日

私たちの教会   マタイによる福音書18:15−20   2017.09.10 による福音書

私たちの教会
マタイによる福音書18:15−20
聖霊降臨後第16主日(特定18) 2017.09.10

 今日の聖書日課福音書を読んでいると、私はある一つのことに引っかかりました。それは、今日の福音書の最初に部分にある「兄弟があなたに対して罪を犯したら・・・」と言う言葉です。
 この部分を読んで引っかかりを覚えたのは、私たちは神に対して罪を犯すのであり、他の人に対して罪を犯すということがあるのだろうか、ということです。ギリシャ語の聖書を見てみても、また、2,3の英語訳の聖書を見てみても、多くの場合、この箇所は「あなたの兄弟が罪を犯したら」と訳しており、なぜ『聖書−新共同訳−』は、この箇所を「兄弟があなたに対して罪を犯したら・・・」と訳したのか疑問が湧きました。
 今日の説教は少々理屈っぽくなりますが、ご容赦いただきたいと思います。
 例えば、私が誰か信徒を裏切ってしまった場合、それは誰かに対して罪を犯すと言うことではなく、私はその様な裏切りや負い目となる行いをすることによって、神に対して罪を犯したということなのではないでしょうか。「罪を犯す」ということは、神との関係におけることだと思えるのです。逆に考えて、私が誰かに裏切られたりだまされたりしたとします。それは誰かが私に対して罪を犯すと言うことではなく、その様な行為によって神に対して罪を犯すということではないかと思えるのです。もともと「罪」とは「的を外す」という意味で、それは人間に対することではなく、神との間で私たちが御心から外れてしまうことを意味するのですから、今日の聖書日課福音書にある「誰かに罪を犯す」という訳し方に私は違和感を覚えるのです。
 さて、それにもかかわらず「兄弟があなたに対して罪を犯したら・・・」と訳すことが可能であるとすれば、そのように訳す何か特別な意図があるはずです。
 私は、それは、マタイによる福音書がまとめられた当時の、状況に関係するのではないかと思うのです。特に、イエスを救い主と考える信仰者の群れの中に、教会(エクレーシア)についての特別な思い−自己認識−が生まれて来たことに因るのではないかと思われます。
 イスラエルの民は、旧約時代から自分たちを神に選ばれた特別な民族であると考えていました。ところが、起源70年、主イエスが十字架に死んでから40年ほど経ったとき、イスラエルはローマ軍によってエルサレムを占領され、神殿を徹底的に破壊され、国を失ってしまいます。その時代を経て、イエスを救い主と信じる人々は、ただ生まれながらのイスラエル民族として救われるというのではなく、自分たちは主イエスを救い主として受け入れその信仰によって集められた群れであり、イエスが自分たちを民族を越えて救いへと招いて下さった、という認識を深めていったのでした。
 教会は、イスラエルの民族主義に基づいたユダヤ教から離れ、イエスを救い主として信仰告白する「新しい群れ−エクレシア」をつくり、その群れは成長し、また教会としての制度が次第に出来てくるようになります。そして、その群れを治めるのは主イエスであれば、教会に集う人々は皆等しく主イエスによって愛され、平等であり、このイエスの愛に基づく人間としての価値に優劣はないと言う認識が強まってくるのです。
 教会は、そのような信仰者の集まりであり、「二人または三人がわたしの名によって集まるところには、主イエスもその中にいる。」という考えを深め、この信仰を持つ者は、民族の枠を越えて受け入れられます。そして、逆に主の御名によって集まる者として相応しくない行いは、主イエスに対して罪を犯すことになり、教会に対して罪を犯すことになると考えられるようになっていったのではないでしょうか。
 マタイがこの福音書をまとめる時、「人々が主イエスの名によって集まるところには主イエスご自身もそこにおられる」という信仰が生まれてきました。当時の教会が、既に地上の生涯を終えて半世紀近く経った主イエスを自分たちの救い主であるとする強い信仰を持っていたことを伺うことができます。そして、信仰者の集まりである教会の人々に対して何か御心に適わないことをすることは、その人々の中にいる主イエスに対して罪を犯すことになると考えたのです。
 このような時代の状況を背景にして、今日の福音書は、ひとたび教会のメンバーとして主イエスに招かれ受け入れられた人が、神の御心を傷つけたり御心に相応しくない行いをした時にどうすべきかを教えているのです。
 このように理解すると、今日の福音書は、私たちの教会のあり方についても極めて根本的かつ具体的な課題を投げかけていることが分かります。
 その中で、特に今日は二つのことに思いを向けてみましょう。
 一つは、私たちの教会が主イエスに共にいていただくのに相応しく、主の御名によって生きているか、と言うことです。
 私たちの教会は、今日の福音の御言葉に照らし、主イエスが私たちの中にいてくださるのに相応しく祈り、また御心を行うように努めているでしょうか。冒頭に触れたとおり、教会はエクレシア(主イエスに召し出された者の集まり)です。私たちを招いてくださったお方は、主イエスご自身です。それにもかかわらず、もし私たちが主イエスの御心を祈り求めることを忘れたり、私たちの集まりが主イエスの名によって成り立つものであることを忘れれば、教会はこの世の趣味や楽しみのサークルとの区別は無くなり、教会の存在理由は失っわれてしまいます。他でもない私が主イエスに見つけ出されてその交わりの中に加えられたことを覚え、自分自身が先ず主イエスの名によって御心を行うために生きようとすることによって、教会は教会として成長していくのです。主イエスはその様に生きる人と共にいて下さることを約束して下さいました。私たちは主イエスが共にいて下さる喜びに生かされている者であることを、改めて今日の聖書日課福音書を通して確認したいのです。
 そして、今日の福音書から導きを受けるもう一つは、クリスチャンは、初代教会の時代から、教会から迷い出た者をどのように再び教会に迎え入れるべきかを、真剣に考えてきた、ということです。今日の福音書の中にも「罪を犯す」という言葉が出てきますが、この言葉は、先程も触れたとおり、この世の倫理に反することをしたとか法律に触れることをしたと言うことを意味するのではなく、神の御心から離れてしまっていることを意味します。初代教会の人たちは、自分たちが主イエスの名によって祈り御心を行っていく共同体をつくり上げ、この祈りの共同体は主イエスの体であると自己認識しました。そうであるからこそ、初代のクリスチャンは人々が主イエスの体である教会から離れることを「罪」と理解したのでしょう。そして、そこから迷い出た人々を捜し出すことを自分たちの責任とし、失われた人が見つけ出されることに喜びを感じたのではないでしょうか。
 17節には「教会の言うことも聞き入れないなら、その人を異邦人か徴税人や罪人と同様に見なしなさい。」と言う言葉があります。この言葉は、その様な人を切り捨てて交わりを絶ち切れという意味ではなく、これまで神を知らなかった人々と同じように考えて、彼らを主イエスの愛をもたらす対象であると捕らえるように教えたのです。
 このように二つのことを採り上げて考えてみても、マタイが示した教会が主イエスに生かされてイエス・キリストの体を創り上げていくことにいかに熱心であったかを思い描くことが出来るでしょう。私たちは教会のその様な長い歴史の中に生かされています。私たちも主の御心を尋ね求めて祈り、この教会を主イエスの体として創り上げていく務めに与りましょう。
posted by 水戸聖ステパノ教会 at 15:27| Comment(0) | 説教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする