カテゴリー:説教

2020年09月22日

夕方5時に雇われた人 マタイによる福音書20:1−16 聖霊降臨後第18主日(特定20) 2020.09.20

夕方5時に雇われた人 マタイによる福音書20:1−16 聖霊降臨後第18主日(特定20) 2020.09.20

 今日の福音書は、「ぶどう園の労働者」の例え話の箇所です。
 夜が明ける前から沢山の人が広場に集まっています。
 パレスチナでは、ぶどうを収穫する時期はあまり長くはありません。収穫期が終わる頃には雨期がきます。収穫のために働く時間は短いのです。広場では朝早くから、あちこちのぶどう園の主人が「さあ、あなたにも、あなたにも、働いてもらおう。ぶどう園へ行ってくれ。」と、働き人をぶどう園に送ります。雇われていくのは、まず体が丈夫で力のありそうな人であり、いかにも貧弱そうに見える人や年老いた人や体の不自由な人などは、いつも後回しにされてしまいます。
 朝の9時頃にも、お昼頃にも、ぶどう園の主人は広場にやってきました。そして幾人かを雇いました。そればかりか午後3時にも主人は広場にやってきてぶどう園に連れて行きます。それでも雇われない人がいます。この広場で雇ってくれる人を待ちながら、半ば呆然と一日中立ちつくすのは、決まって体が弱い人や年老いた人たちです。そのような人の一日が虚しく過ぎてこの日も終わろうとしている時、またこの広場にぶどう園の主人が現れました。主人は彼らに言いました。
 「なぜ何もしないで一日中ここに立っているのか。」
 彼らが「誰も雇ってくれないのです。」と答えると、ぶどう園の主人はこう言ったのでした。「あなたたちもぶどう園に行きなさい。」
 それから1時間もしないうちに夕暮れになりました。主人は今日の労賃の支払いについて僕にこう命じたのです。
 「最後の者から始めて、最初に来た者まで順に賃金を払ってやりなさい。」
 この言葉の通り、賃金の支払いは、夕方5時に雇われた者から始まって順に支払われていきました。1デナリオンは当時の一日の仕事についての報酬で、皆が1デナリオンを受け取りました。
 夕方雇われた者は、「自分の労働は午後5時からだったのに、主人はこんな私にも丸一日分の賃金を支払ってくれた。本当にいただいて良いのでしょうか。こんな私にも同じようにして下さった。」と、感謝と喜びに満たされるでしょう。
 朝から丸一日働いた者は、この様子を見て、「私はもっと多くもらえるだろう。」と思いましたが、受け取ったのはやはり1デナリオンでした。彼らは「最後に来た者と同じ扱いにするのか。」と不平を言います。
 その時、主人は答えました。
 「友よ、私がはじめにあなたと約束したとおりではないか。私は自分のものを自分のしたいようにするのがいけないのか。それとも私に気前の良さをねたむのか。」
 私たちは、このような神の気前よさをどのように受け取るのでしょうか。
 私たちは、朝早くから神の恵みに与った立場から、神の恵みを自分だけのものにしようとするのでしょうか。自分が神の恩恵を受けられればそれで満足なのでしょうか。また、自分が沢山恩恵を受けなければ、夕方に雇われても同じように恩恵にあずかる他の人をねたましく思うのでしょうか。
 私は、今日の説教の準備をしながら、このような例え話は、現代の人々には伝わり難くなっているのではないだろうかという思いを強くしました。
 今の世では、例えば人権に関する裁判でも、その損害賠償等は金銭で補償するのが当たり前です。その感覚でこの例え話を理解しようとすると、この例え話のもつ驚きや感動も見えなくなってしまうように思えるのです。
 現代人は、人間についても投資とか対費用効果という観点から判断、評価するようになりました。本来はその根底にあるはずの「人格」とか「人間の尊厳」いうことについての意識が薄くなり、鈍感になり、その中での自分が金銭を得るための権利意識を強くすることで、実は「人間の尊厳」についての感覚を失う危機にあるのではないかと思い巡らせました。お金の話しか出来ない人の硬く乾いた心にこそ、主イエスの御言葉は届けられねばならないのに、現代人はそれを受け付けなくなっているように思います。
 旧約聖書の預言者アモスは「み言葉の飢饉」を預言しています。
 アモス書第8章11節に次の言葉があります。
 「見よ、その日が来ればと主なる神は言われる。私は大地に飢えを送る。
 それはパンに飢えることでも、水に渇くことでもなく
 主の言葉を聞くことのできない飢えと渇きだ。」
 アモスが預言する飢饉は、食べる物や飲み水がないという飢饉ではなく、神の御言葉を聞くことのできなくなる飢饉です。しかも、現代におけるこの飢饉は、自分の魂が飢え乾いていることにも気がつかないような飢饉です。
 こう言っても、多くの現代人はそのことの重大さに意識を向けないでしょう。
 「み言葉の飢饉」などと気取った言葉を使っても、それは腹の足しもならず、「それよりパンのことを考えたらどうだ」と、荒れ野で断食する主イエスを誘惑した悪魔の試みが現代に生きる私たちにつきまとっています。
 この「ぶどう園の労働者」の例え話は、賃金の問題ではないことは誰でも分かるでしょう。この例え話は、人生の終盤にまで自分の存在を認められることのなかった人間でも、神がその人の存在を認め、受け容れてくださるという話です。
 私は、この例え話の現代における事例として、例えば、路上で誰にも声をかけられずに死んでいこうとしている人がマザー・テレサに見出され、看取られ、「この世に命を与えられたことに意味があった」、「この人のおかげで自分の一生が無駄にならなかった」、「人として認められて安らかに死んでいける」という思いをもって息を引き取っていった人のことを挙げることができると思います。
 主イエスは、この世に命を受けた者であれば、誰一人失われることなく、損なわれることなく、それぞれの生涯を生きることができるように神が願っておられることを伝えて、生涯をお過ごしになりました。
 夕方5時近く広場に立っている人は、生きる気力も失せ、ただ虚しい思いでその場にポツンと立っている、いう事で、もうこんな夕暮れに自分を雇う人がいることなど思ってもいなかったことでしょう。そのような人が夕暮れに招気を受けた時、「いえ、私はもう雇われる資格も値打ちもありません」と尻込みしていたかもしれません。
 でも、ぶどう園の主人はこう言うのです。
「あなたも私のぶどう園に来なさい。あなたは自分で自分を役に立たないなどと言ってはならない。私があなたを雇うのだ。それなのになぜ自分は一人前ではないと言って自分を小さくするのか。1時間でよい。ぶどう一房、いや一粒でも、あなたが精一杯収穫すればそれでよい。あなたの価値を決めるのはあなた自身ではなく、この私なのだ。もしあなたが動けないのなら、働く人のために祈りなさい。その祈りは1デナリオンに相応しい。私のぶどう園はそのようなぶどう園なのだ。あなたも私のぶどう園に来なさい。」
 そのように呼びかけてくださる主イエスの御声を、私たちは今日の福音書の中に聞くのです。もしそれが聞けないとすれば、私たちは、労働の対価を他人と比較して、自分の方が高ければその優越感に思い上がり低ければ劣等感で卑屈になり、アモスの指摘する「み言葉の飢饉」の中にあることに気付くべきなのです。
 そのことを忘れると「自分は朝早くから夕暮れまで働いたのになぜあの人たち以上に幸福ではないのか。」と呟き、朝早くからぶどう園にいて主人の愛の中にいた恵みがますます感じられなくなります。朝6時に招かれてその喜びの中にいたはずなのに、自分より経済的な生産性の低い人が自分と同じ祝福を得ていることが許せなくなってしまうのです。私たちは互いにこの世での生産性を競うためのマシンなのではなく、神に祝されて生きる取り替えの利かない人間なのです。
 マタイはこの例えを通して、神の恵みは、神の側からの一方的な恵みであることを伝え、それを受ける幾人かの姿を描き、私たちにどうあるべきかを問いかけています。
 私たちがぶどう園に招かれるのは、主イエスが私たちをそのままに受け入れ、罪を赦してくださっているからです。ぶどう園への招きの先には、それぞれの人に対する祝福が約束されています。感謝をもって主の招きに応え、主のぶどう園に生きる喜びに与ることへと導かれて参りましょう。
posted by 水戸聖ステパノ教会 at 09:38| Comment(0) | 説教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月14日

完全な赦し マタイによる福音書18:21−35  聖霊降臨後第17主日(特定19) 2020.09.13

完全な赦し  マタイによる福音書18:21−35  聖霊降臨後第17主日(特定19) 2020.09.13
 
 「七回どころか七の七〇倍まで赦しなさい。」
 小学生時代にかけ算を覚えた頃、この聖句が出てくると、少しふざけて「七の七〇倍は490だから、491回目には赦さなくていいんだ。」などと言った記憶があります。勿論、7の70倍までも赦すという事は、回数の問題ではなく、徹底して赦し抜くことを意味していることは、小学生でも分かります。しかし、それが私たちにとってどれほど困難なことであるか、赦そうまたは赦されたいという思いを持つ人であれば、誰でも経験していることなのではないでしょうか。
 今日の福音書の始め方で、ペトロは主イエスに次のように尋ねています。
 「主よ、兄弟がわたしに対して罪を犯したなら、何回赦すべきでしょうか。七回までですか。」
 当時、ユダヤ教では、神は人間の同じ罪を三度までなら赦してくださると考えていました。ペトロはユダヤ教のそうした教えを知った上で、自分ではその考えを遙かに超えた寛容の思いを込めて、主イエスに「七回までですか。」と尋ねたのでしょう。でも、主イエスはペトロに「七回どころか七の七〇倍まで赦しなさい。」と教えられました。
 このような完全な赦しを与えられるとしたら、私たちが赦される立場になった時、心にどのような出来事が起こるでしょうか。
 私は、二つの反応があるのではないかと思います。
 一つは、赦しについて理解しないままに、相手の赦しに乗じて、罪を犯すことに無感覚になり、罪を重ねる反応であり、もう一つは、相手の赦しに感謝して、もう2度とそのような罪を犯すまいと決心する反応です。
 作家の椎名麟三が、自伝的な文章の中で次のようなことを記しています。
 友人がクリスチャンになった椎名麟三に「もし、何をしても赦されるのなら、ますます悪事にはまっていくのではないか。」と尋ねてきた時に、「本当の赦しをいただいた者はそんなことはしなくなる者なのだ。」と応じています。
 「赦されているのに更に罪の質を深めていく者」と「そのようなことはしなくなる者」との両者の違いは何によって起こってくるのでしょう。
 私は、その答は罪を犯すということをどれだけ重大なことと思うのか、また、罪を赦されることの感謝と嬉しさの実感がどれだけあるのかどうか、に係っているのではないかと思います。
 今日の聖書日課福音書では、主イエスがペトロに七の七〇倍までも赦すことを伝えた後、次の例え話をしておられる構成になっています。
 ある王が、家来たちに貸したお金の清算をすることにしました。1万タラントンの借金をしている家来が王の前に連れ出されました。王はこの家来に自分の妻子や持ち物を皆売り払ってお金を返すように命じました。しかしこの家来は、王の前にひれ伏して「どうか待ってください。きっと全部お返しします。」願います。そこで王はこの男を憐れに思ってその借金を帳消しにしてやりました。
 この男が赦されて出ていくと、自分が100デナリオンの金を貸している仲間に出会います。その時、この男は仲間を捕まえて首を絞めて「借金を返せ」と迫るのです。相手が「返すから待ってくれ」としきりに頼んでも、その言葉にも耳を貸さず、この男は仲間を牢に引っ張っていき、返すまではそこから出さないことにして牢に入れてしまいました。
 主人はこの話を聞いて、一度は赦してやったこの家来を呼んで、「私がお前を憐れんだように、お前も自分の仲間を憐れんでやるべきではなかったか」と言って、この家来を牢役人に引き渡したのでした。
 この例えの家来は、主人である王から七の七〇倍以上の赦しを与えられながら、ほんの少しの負債を返せない自分の仲間を赦しませんでした。自分の力では一生掛かっても返すことの出来ない負債のある者が、その返済を迫られた時には、それを逃れるために必死になって赦しを願うのに、一たびその危機的な場を逃れられれば、自分が赦されていることを忘れ、あるいは棚に上げ、他人の小さな負い目を責め立てています。
 主イエスは、このようなたとえ話をなさり、その中での主君の言葉として、「わたしがお前を憐れんでやったように、お前も自分の仲間を憐れんでやるべきではなかったか。」と言っておられます。
 しばしば私たち日本人の課題として指摘されることがあります。それは、日本人には罪の意識が薄いということです。それは、正しいことや本当のことに基づいた判断より、その場の雰囲気を円満に保つことを優先させることにつながっています。
 ある社会学者は、こうした日本人の社会秩序は「罪意識」には拠らず「恥の意識」によって成り立っていると指摘しました。もしそうだとしたら、本当に私たちは主イエスの十字架の死によって完全な赦しを与えられているという信仰をもっているのかどうか、その信仰を土台にして生きることを本当に自分のものにしてできているのかという疑問の前に立たされることになります。それは、恥をかかずに済めば、償いきれない重い罪に対する責任を引き受けることもなく、罪を重ねることにもつながっていくのではないでしょうか。
 今日の福音書の「仲間を赦さない家来の例え」で、多くの負債を免れながら僅かな額を返済しない仲間を赦さないこの家来は、主君の赦しを実は本当には理解していなかったのです。それ以前に、自分が主君に対して負っている返済不能な借金の重みを少しも理解していないのではないでしょうか。そのような罪の自覚のない者に、どうして赦しを与えられている感謝が生まれるでしょう。主イエスさまは、この例えで他の人に対する償いきれないほどの具体的な負い目を1タラントンという借金に例えているのであり、この借金に例えられるような具体的な負い目が赦された体験を通して、私たちは具体的な人間の背後におられる神の赦しを実感できるのです。私たちは、罪の自覚が生じるところに神の赦しを実感を伴って知ることが出来るのです。ちなみに、1タラントンは当時の約20年分の労賃であり、1万タラントンの借金という例えは、返済不能の負債であることをの例えていることが分かります。
 私たちが忘れてはならないのは、負債が帳消しにされるとは、その1万タラントンは誰かが肩代わりしてその損失を引き受けているということです。
 しかも、このような「赦し」が成り立つには、誰かが罪の結果を引き受けて痛み、その傷や損失を引き受けることことになります。
 今日の聖書日課福音書で、この例え話の1万タラントンという大きな損失は、誰が引き受けているのでしょう。私たちに代わって十字架の上にご自身の命を捧げて埋め合わせをしてくださったのが主イエスです。私たちはその十字架によって負債を全て赦され、そればかりではなく、神に対して負債だらけの私たちを主なる神は痛みながら愛してくださっていることをマタイによる福音書は教えています。
 私たちは、このように、大きな赦しの恵みを神からいただいています。この恵みによって、私たちが神に対して犯してしまった罪は、変えられない過去の傷になって残るのではなく、神の赦しと愛に出会う通路にしていただけるのです。
 この恵みに与った者は、罪を重ねることなく、赦しを与えて下さった神への感謝とその喜びの中に生きる事へと導かれるでしょう。かつて罪人であった私たちは、主イエスによって七度を七〇倍する以上に赦され、愛され、認められ、受け入れられているのです。主イエスによって示された完全な赦しを土台にして、「あなた方は互いに赦し合い愛し合いなさい。」と教えられています。
 神のお与え下さった赦しの中で、私たちが豊かに共に生かされ、生きることの感謝と喜びが人々の中に新たにされるように仕えることは、「御国が来ますように。御心が天に行われるとおり、地にも行われますように。」と祈る事につながっています。その意味で、完全な赦しは、無節操を生み出すためにではなく、神から与えられた掛け替えのない命に立ち返るための神からの招きであることを確認しておきたいと思います。
 主イエスはご自身の十字架を通して神の無条件の赦しを示し、私たちを招き続けていて下さいます。神の完全な赦しに与った者として、互いに愛し合うことへと導かれて参りたいと思います。
posted by 水戸聖ステパノ教会 at 09:25| Comment(0) | 説教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月07日

私たちの教会 マタイによる福音書18:15−20  聖霊降臨後第14主日(特定18) 2002.09.08

私たちの教会
マタイによる福音書18:15−20  聖霊降臨後第14主日(特定18) 2002.09.08

 マタイによる福音書第18章は、「教会」という言葉が一つの大きなテーマになっています。
 ここで用いられている「教会」という言葉は、これまでにも度々触れてきたように、聖堂(建物)を意味するのではなく、そこに集う人々の群れを意味しています。「教会」は原語のギリシャ語で"εκκλησια"(エクレーシア)であり、英語の call コール に相当する καλεω カレオー 「呼ぶ、招く、名付ける」を語源として、エクレーシアは「呼び出された人々の集まり」を意味しています。教会には「私たちは神に招かれた者の集まり」という自己理解があるのです。
 そのようなことを前置きとして、今日の聖書日課福音書を読み始めると、私は一つのことが気にかかってしまいます。それは、私たちは神に対して罪を犯すのであり、他の人に対して罪を犯すということがあるのだろうか、ということです。
 この箇所を自分のこととして考えてみると、私が誰かを裏切ってしまうとか、私が教会に対してしてはいけないことをしてしまったということならあるとしても、それは誰かに対して罪を犯すということではなく、私はその様な裏切りや悪事をすることによって、神に対して罪を犯しているのだと思うのです。
 「罪を犯す」とは、神との関係が断絶すること、神を拒否することです。逆に、私が誰かに裏切られたりだまされたりして腹立たしい思いをすることもあるかもしれませんが、それはある人が私に対して罪を犯したということではなく、その人がその様な行為によって神に対して罪を犯すということなのではないでしょうか。「罪を犯す」とは人間に対することではなく、神との間で私たちが御心から外れてしまうこと、神から目を背けてしまうことを意味しており、「罪を犯す」という言葉は人を主語にして用いられるものではないように思えるのです。
 それにもかかわらず、日本語訳の聖書がこの箇所を敢えて「兄弟があなたに対して罪を犯したら・・・」と訳しているのには、ある特別な意図があるはずです。
 マタイによる福音書が一つの文書として編集されるようになる頃、イエスを救い主とする信仰者の群れ(教会)の中に、自分たちの群れについての特別な思いが生まれ始めており、それが「教会(エクレーシア)」という言葉と共に自分たちの信仰と教会を建てあげていこうとする思いを深めていったことが想像されます。
 主イエスの時代、イスラエルのことにユダヤ教の中枢を担う人々は、自分たちを神に選ばれた特別な民族であると考えて、その枠組みとしての律法を守ることによって国をまとめていこうと考えました。
 しかし、イスラエルは、占領するローマ帝国との関係が紀元60年代後半に尖鋭化し戦闘状態になり、70年にローマ軍によってエルサレム神殿を徹底的に破壊され、イスラエルは国を失ってしまいました。
 この戦争の難を逃れた多くのイスラエル人は世界の各地に離散していきますが、エルサレム神殿を失った民は、例え神殿を失っても律法と預言の書によって−つまり旧約聖書によって−どこにいても安息日を守り、御言葉を聞いて一致と団結を保とうとしたのでした。
 この流れの中で、イエスを救い主と信じて告白する人々の集まりは、イスラエルの民が離散した各地にもうけていた会堂で礼拝することを許されていたのですが、やがてクリスチャンは正統なユダヤ教を継承する人々から異端扱いされ、各地の会堂から追放されて、「ナザレ派は呪われよ」と言われるようになってしまうのです。
 その中で、クリスチャンは、自分たちは主イエスを救い主と信じて信仰を告白しその交わりによって成り立つ共同体が教会であり、イエスが自分たちをその交わりに招いて下さった、という認識を強め、深めていきます。その拠点となったのはクリスチャンの家庭つまり「家の教会」であったと考えられています。
 こうして、イエスを救い主と信じて告白する者の集まりは、イスラエルの民族主義に基づいたユダヤ教から離れ、「新しい共同体(εκκλησια)」を形成し始めました。その群れは広がり、また次第にその組織化し始め、新しい規範や習慣も生まれてきます。そして、その群れを治めるのはお招きになった主イエスであれば、教会に集う人々の中に、私たちは主イエスの前には誰でも平等であり、一人ひとりの人間としての大切さには優劣はない、誰も失われてはならないという認識が強まってくるのです。
 信仰者の集まりとは、「二人または三人がわたしの名によって集まるところには、主イエスもその中にいる」集まりです。このような集まりに相応しい者は民族の枠を越えて受け入れられ、また逆に主の御名によって集まる者として相応しくない行いは主イエスに対して罪を犯すことになると考えられるようになっていったのでしょう。
 マタイによる福音書が次第に一つの文書にまとめられる時、人々が主イエスの名によって集まるところには主イエスご自身もそこにおられるという信仰的な共通理解があり、その思いが言葉になってここに入れられたのでしょう。このことは、主イエスが地上の生涯を終えて半世紀近く経った時代に、主イエスを自分たちの救い主であると信仰を告白する人々が、いつも共にいて下さる主イエスに導かれているという思いを一つにして表してたと言えるでしょう。そして、信仰者の集まりである教会の人々に対して何か御心に適わないことをすることは、その人々と共にいる主イエスに対して罪を犯すことになると考えたのです。
 このような時代の状況を背景にして、今日の聖書日課福音書は、ひとたび教会のメンバーとして主イエスに招かれ受け入れられた人が神の御心を傷つけたり御心に相応しくない行いをした時にどうすべきかを教えているのです。
 今日の聖書日課福音書をこのように理解すると、は、私たちの教会のあり方についても、極めて根本的でありかつ具体的な課題を投げかけていることが分かります。
 その中で、特に今日は二つのことに思いを向けてみましょう。
 一つは、私たちの教会が、主イエスに共にいていただくのに相応しく、主の御名によって生きているか、ということです。
 私たちの教会は、今日の御言葉に照らし、主イエスが私たちの中にいてくださるのに相応しく祈り、また御心を行うように努めているでしょうか。
 教会は、「主イエスに召し出された者の集まり」であり、私たちを招いてくださったのは、主イエスご自身です。たとえ、きっかけは誰かに誘われたり、キリスト教や聖書についての興味関心であったとしても、その人々を招き、召し出し、信仰の歩みに導くのは主イエスご自身です。それにも関わらず、もし私たちが、主イエスの御名によって祈ることを怠たり、身をもって信仰を表すことをしないのであれば、教会はこの世の趣味や楽しみのサークルほどの魅力も存在理由もなくなってしまうでしょう。他でもない私たち自身が主イエスに見つけ出されてその交わりに招き入れたれた者であることを確認したいのです。自分自身が先ず主イエスの名によって祈り、御心を行うために生きることによって、教会は教会として成長させていただけるのです。主イエスはその様に生きる人と共にいて下さることを約束して下さいました。私たちは主イエスが共にいて下さる喜びに生かされている者であることを、改めて今日の聖書日課福音書から確認したいのです。
 そして、今日の福音書から導きを受けるもう一つは、クリスチャンは教会から迷い出た者をどのように再び教会に迎え入れるべきかを、初代教会の時代から真剣に考えてきた、ということです。今日の福音書の中にも「罪を犯す」という言葉が出てきますが、この言葉はこの世の倫理に反することをしたとか法律に違反したことを意味するのではなく、神の御心から離れていることを意味する言葉です。初代教会の人たちは、自分たちが主イエスの名によって祈りそこに示されたことを実行していく共同体をつくり上げ、この祈りの共同体は主イエスの体であると考えました。私たち一人ひとりはその体の一部を構成しています。初代のクリスチャンは人々が主イエスの体である教会から離れることを「罪」と考え、そこから迷い出した人々をたずねて見つけ出すことを自分たちの責任とし、失われた人が見つけ出されることを天の喜びとしたのです。
 17節には「教会の言うことも聞き入れないなら、その人を異邦人か徴税人や罪人と同様に見なしなさい。」という言葉がありますが、この言葉はその様な人を切り捨てて放っておきなさいという意味ではなく、群れから離れて戻ろうとしない人をまだ神を知らない人々と同じようにみなし、彼らに主イエスの愛を告げ知らせる対象にすべきであると捕らえたのです。
 このように二つのことを採り上げてみても、マタイが示した教会が主イエスに生かされてイエスの体としての教会を創り上げていくことにいかに熱心であったかが分かります。
 私たちは、教会の2000年に及ぶ長いつながりの中で、その先端に生かされています。私たちも主イエスの御心を思い巡らせて祈り、主イエスの御名によってこの教会をキリストの体として建てあげていく務めをこの地において与らせていただけるように祈り求めるのです。
posted by 水戸聖ステパノ教会 at 04:59| Comment(0) | 説教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする