カテゴリー:牧師のコラム

2018年12月01日

アドヴェント 2018.12.02

アドヴェント

 「アドヴェント」について記そうと思い、『広辞苑(第6版)』を開きましたが、「アドヴェント」が載っていないのにはガッカリしました。「降臨節」も無し。「待降節」があって、「キリスト教で、降誕祭(クリスマス)前の4週間。旧約の民にならい、主キリストの誕生を祝う準備の期間。アドヴェント。」とかなりいい加減で不正確な説明が載っていました。
 英和辞典で adventを見てみれば、勿論あります。『新英和中辞典(第2版)』(研究社)で advent は、「1a)キリスト降誕、降臨節;〖カトリック』待降節クリスマス前の約4週間.b)キリストの再臨(=the second A〜).2《重要な人物・事件の》出現、到来」とあり、ad+vent(ラテン語でcome の意味)から成る言葉であると説明されていました。そして、この言葉はアドヴェンチャー adventure (冒険すること、危険にであうこ と、予期せぬ出来事、珍しい経験、賭をする、敢えて行うなどの意味)と同じ語幹であることも分かります。
 こうしたことを念頭に置いて、教会暦の「アドヴェント」について思い巡らせてみると、色々な事が頭に浮かびます。
 アドヴェントは、広辞苑にも載っているように、教会によっては「待降節」とも呼んでいます。でも、この言葉は、英和辞典で見たとおり、私たちがクリスマスを「待つ」とか「迎える」いうことには重点は置かれていないように感じられます。むしろ、アドヴェントの主体は神であって、この言葉は神ご自身が私たちのところに進んできてくださることに重点があるように思えてきます。
 私たちがその神の思いに応えるのなら、アドヴェントには「待つ」ことより、もっと私たちの方から能動的に神の到来に向かって進んでいくことを促されているということになるのではないでしょうか。
 神が救い主イエスをこの世界にお与えになることは、まさに神のアドヴェンチャー・大冒険でした。聖書に記されたイエスの誕生の箇所とその生涯を振り返ってみれば、そのすべてが神のアドヴェンチャー・大冒険であったと言えます。
天使ガブリエルが乙女マリアに神の子の母となることを告げたこと、まるで未婚の母の夫になるかのような立場に立たされるヨセフに天使が夢で「マリアを迎えなさい、神はあなたと共におられる」と告げたこと、そのような男と女を父母として神の子が生まれること、しかもその誕生の場所がベツレヘムの馬小屋だったこと、その知らせを最初に届けたのはその当時の落ちこぼれの羊飼いたちだったこと、ヘロデの嬰児大虐殺があり聖家族はエジプトに逃避行したこと、その後の生涯と受難、神が遣わした独り子の十字架の死、そして多くの人が戸惑い拒否する復活と昇天、更に聖霊の降臨。このように振り返ってみると、そのどれもが神のアドヴェンチャーの出来事であり、このような神が救い主イエスを通して私たちに迫っていることがアドヴェントなのです。
 そして、救い主イエスを通して神ご自身がなさった大冒険に向かって、私たちも進んでいくこと、私たちのそこに挑戦することが、神のアドヴェントに応える私たちのアドヴェントになるのではないでしょうか。さあ、思いを神に向けて進めるアドヴェントを過ごし、良いクリスマスを迎えましょう。
『草苑』水戸聖ステパノ教会月報 2018年12月号
posted by 水戸聖ステパノ教会 at 20:56| Comment(0) | 牧師のコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月18日

牧師館のこと  2018.11.04

牧師館のこと
                                            司祭 ヨハネ 小野寺 達

 かつて或る教会で、牧師館建築案が出てきたとき、その教区の主教は「わたしの人事が制限されないように、ある程度、広さにゆとりのある牧師館をつくってください。」と言いました。
教区主教の許で、辞令が出れば即応で働く身であれば、しかも妻帯者であり同居する子どもがいれば、ある程度の広さと部屋数があると安堵します。わたしはその主教の言葉を耳にした時、とても嬉しくその言葉を支持する思いになりました。
水戸聖ステパノ教会の牧師館は、来月には改築されて満三年になります。
この機会に、牧師館建設と建築費用について少し振り返っておきたいと思います。
この教会の牧師館の老朽化と建替えはかねてよりの課題でした。ある人の言葉によれば、かなり前から牧師館の床の一部が「トランポリンの状態−ベコベコ−」であり、居住者は室内を歩くにもその箇所を迂回していたとか。
そのような牧師館の建替えの必要が具体的な課題になり始めていた時期に、東日本大震災が起こりました。あの日の大きな地震によって、この教会の牧師館の柱と壁の隙間から隣の部屋の灯りがこちらの部屋にオレンジ色のスジとなって入るようになり、そこで生活することは危険なレベルになりました。
 しかし、被災した教会の喫緊の課題は、聖堂正面壁の黒御影石が全面崩落し、壁には大小の亀裂が入り、ベルタワーが倒壊寸前となり、それら緊急撤去や補修などのことでした。
私たちの北関東教区は2011年3月11日に発生した日本大震災の被災教区でありながら、地震や津波による人的被害は少なく、全国の支援活動は先ず東北地方の被災者支援や原発事故対応の支援に回りました。北関東、東北の多くの教会では礼拝堂や牧師館が損壊しましたが、当初、全国的には「今は建物のことを言っている状況ではないでしょ!」という雰囲気もあったように思います。わたしは、他教区の人から実際にそのように言われた経験があります。
 やがて、被災者支援の働きも進んだ頃、世界中から日本聖公会管区に受けた献金、義援金、支援金などは、聖堂修復の費用のためにも充てられることになりました。
 各教会で被災聖堂修理見積もり額を出し、その額から各教会が保有する建設資金等の額を差し引いた必要額を教区主教を通して管区に申告し、特に問題が無ければその申請額が認められて、各教会は修復工事費の支援を受けることができました。
当時、わたしは宇都宮におりましたが、老朽化していた幼稚園園舎の改築を終えたばかりの時期であり、聖堂大谷石壁や内側木部の聖堂修理費は篤志家が工事費の一部を負担してくださったりボランティアによる献身的な作業があったりはしたものの、その他にも約1700万円を必要とし、その教会の牧師として修復費用工面のあてもなく途方に暮れておりました。教会委員会の協議を経て教会員に「教会債」をお願いして凌ぐことにしてその依頼文をつくり、「被災聖堂修復費用のための教会債へのご協力のお願い」の文書の印刷発送にかかろうとしていました。まさにその寸前に、世界各地から管区に寄せられた献金や見舞金から聖堂修復費用の支援を受けられるという一報が届きました。感謝と共に涙が出る思いになったのがつい先日のことのように思い出されます。
 水戸聖ステパノ教会でも、茨城、栃木両県のほとんどの教会がそうであったように、手持ちの改修資金と世界からの支援金によって聖堂修復の工事を終えることができ、現在のように明るく気持ちの良い聖堂が甦りました。
そして、本教会では、牧師館改築の課題が残りました。それまでに積み上げていた聖堂等改築資金はなくなり、古くしかも震災によって更に傷んだ牧師館が残ったのです。
 前任牧師はその牧師館での生活を続けて、教会は改築資金を積み上げ、任期最後の年(2015年2月)の受聖餐者総会で改築の設計案、資金案などを提示して了承され、同年4月より建設工事が始まっていきました。この頃までに建築資金を新たに約600万円積み上げましたが、それは主に、教会員による毎月の特別献金とバザー収益及び教会ロビーの片隅で主日礼拝出席者が行うミニバザー(サンデーマルシェ)等の努力によるものでした。
 同年4月1日付、わたしは前任者同様に本教会牧師及び日立聖アンデレ教会の管理牧師を任ぜられ、その年の4月から牧師館竣工の12月まで、定住者のいない日立の牧師館に居住して水戸に「通勤」して過ごし、その間に工事は旧牧師館の解体から新牧師館の建設へと進んでいきました。
本教会は防火地域内にあり、建物面積や建築材などの規制があり、建築費用が一般地区での建築よりほぼ2割増になり、旧建物取り壊し費、外構工事費と本体新築費などを合わせ、総額3100万円です。前述のように手持ち資金は600万円、残りを管区建築金融資金から1500万円の融資を受け、更に不足する分を教会有志から無利子で借入れ、滞りなく支払いを済ますことができました。
2105年12月、わたしは日立より竣工した牧師館に転居し現在に至っています。
現牧師館は、1階2部屋(居間、執務室)、2階2部屋(寝室)の約99uの建物です。既に子育て期を過ぎたわたしたち老夫婦には恵まれた建物です。3人の息子たちもそれぞれの地に居を構えていますが、その一人が2016年の秋から数ヶ月、転職と進学準備の時期をこの牧師館で過ごすこともできました。
 建築資金面の現状を、本紙5ページ「牧師館建築募金について」の内容と重複しますが、記しておきます。
当初、日本聖公会建築金融資金より1500万円、個人より1000万円を借り受けました。管区には15年にわたり毎年100万円を返済していく計画でしたが、借入れ利息を軽減するために当初計画より返済額を250万円増やし、本年度までに管区に650万円を返済しました。また、有志に150万円を返済しています。現負債額は、双方に850万円ずつであり、計1700万円です。今後、毎年200万円を返済する見通しを立てたいところですが、本教会の堅信受領者数や献金総額を考えてみると、見通しはかなり厳しい状況にあります。
牧師館は、牧師にとって日々の生活の基地であるだけではなく、祈りと黙想の場であり、執務する場であり、また時に面談や集いの場にもなります。
 毎年増え続ける管区、教区、教会の資料を保管し、その中の一部は大切に保管され続ける必要があり、牧師の執務の資料にもなります。
「牧師館がどのようであるかは、その教会の在り方を現わす。」と言った人がいます。教会は、牧師館を単なる個人住宅としてではなく、教会の働きの必要な施設として建て、維持、管理しています。わたしも、そこに住むに相応しく働く思いを新たにしたいと思います。
  (『草苑』水戸聖ステパノ教会月報 2018年11月号)

posted by 水戸聖ステパノ教会 at 22:26| Comment(0) | 牧師のコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月07日

力   2018.10.07

 力
                                           小野寺達
 カトリック教会の信仰者であった作家の故遠藤周作氏は、自分の信仰を深く見つめつつ、自分の思うイエス(「私のイエス」)の姿を幾つかの作品の中に描き出しています。遠藤氏がそれらの作品の中で描くイエスは、奇跡や癒やしの業は何もできないけれど、相手に寄り添ってその人を受け入れどこまでも共にいる人として描かれることが多いように思われます。そして、そのように描かれるイエスの印象は、弱々しく物足りなさを感じる、という人も多いようです。
 かつて、ある教会の機関誌の中に、次のような一文を目にしたことがあります。
 「奇跡を行い、神の教えを説き、病の人を癒やしてきたイエスが十字架の上で何もできずに死んでいく姿の弱さに失望した。」
 でも、私は遠藤周作氏が描くイエスは決して弱くはないし、何もできなかったのではないと思います。もし、神の意志を貫徹する強さがなければ、イエスは十字架につくこともなかったのではないか、と私は考えます。
 イエスの力とは、物理学的な数量の大きさで例えられる力ではないのです。
 幼稚園の園長でもある私は、かつて遠足で次のような経験をしました。
幾つかの幼稚園や保育所が同じ公園に遠足に来ていました。幾つかの遊具の前に色々な園の子どもたちが順番待ちの列をつくっています。その列の一つに、ある園の子どもが割り込んできました。たまたまそこに居合わせた私は、思わず「みんな順番を待って並んでいるのだから、あなたは一番後ろに並びなさい。」と言いました。
すると、恐らくその子どもの所属する園の先生らしい人同士の声が私の頭の後ろから聞こえてきました。
「うちの子どもたちは逞しいわね。」
私は、グッと堪えましたが、怒鳴りつけてやりたい気持ちになりました(実際にはしませんでしたが・・・)。
「それは逞しさではなくて、厚かましさでしょ!あなたの園ではどんな子を育てたいのですか!」
イエスが神の御心を生きるということは、自分一人が他人より多くを得るために厚かましく生きることや力によって他人を従えることではありませんでした。目の前にいる人が自分のせいではないのに貧しくされ、汚れたものとされ、生きることが困難になっているのであれば、その人と私との間に、神がそこに存在している姿が現れ出るようにと祈りつつ、その実現のために自分ができることを貫いて生きたのがイエスです。しかもイエスはそれを暴力によってではなく、愛し抜くことによって実現なさいました。イエスは、暴力的な力によっては究極の平和は得られず、神の御心は完成しないと考えていたのでしょう。その結果、自分が十字架に付けられることになると分かっていても、自分の目の前にいる人に神の御心が現れ出るようにと祈りながら、その人にかかわり続けたのがイエスです。
私は園児と礼拝しますが、礼拝の中で、時々次のような歌詞の聖歌を歌います。
 「神さま ください 信じる力を
 みんなと一緒に 生きる力を」
この歌を元気な声で歌う子どもたちも、おそらく思春期を迎える頃から、遠藤周作氏の描くようなイエス像については、「そんな生き方じゃ世の中を生き抜いていけない。」と思う日が来るかもしれません。また、「信じることや愛することは強いことではなく、現実に立ち向かう力にならない。それが何の役に立つの。」と悩む日が来るかもしれません。
現代は、国の政治の世界でもイジメの世界でも、力を誇示する者の時代であり、力を恐れる人々は力を誇示する者にすり寄って生きようとしていますし、その力に抵抗する者を仲間外れにしようとする時代です。
そのような時代の中で、生きていく強さを身に付けることとは、暴力的で厚かましい力を身に付けていくことではなく、弱い者も小さい者も大切にされて共に生きていくことのできる世界を創り出すことに労を厭わない強さを身に付けることではないでしょうか。そして、恐れずにそれを実行していく力を身に付けることが、生きる力を身に付けることであると私は思うのです。
その力を名付ければ、「愛力」と言えるかもしれません。そんな言葉はありませんが、まさにこの「愛力」こそイエスの力なのです。
イエスは、自分がそのような愛の力によって生きれば、体制を維持しようとするユダヤ教の指導者たちの反感を買い、迫害され殺されることになると分かっていました。でも、イエスはその生き方を貫き、人を愛し抜き、そのような生き方の先に何があるのかを示してくださいました。
イエスの伝えた救いは、私たちが呪文を唱えるように祈ればその願いが直ぐに満たされるという魔法のような救いではなく、神の愛の力によって一人ひとりの命が大切にされ、その交わりの中で自分として生きる喜びを獲得していく、という救いなのです。もし、イエスに期待して失望するのであれば、自分はイエスに何を求めどのように生きていこうとしているのかを謙虚に振り返ってみる必要があるのではないでしょうか。
教会は、救い主イエスを自分の救い主として受け入れた者の集まりです。
私たちはそれぞれに、そのイエスにどのような力を見てイエスを救い主と告白し、イエスを通して何が実現することを願い求めているのでしょう。
『草苑』(水戸聖ステパノ教会月報)2018年10月号
posted by 水戸聖ステパノ教会 at 22:58| Comment(0) | 牧師のコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする