カテゴリー:牧師のコラム

2020年07月05日

「コロナ対策」の「新しい生活様式」という言葉に思う

 
 2020年の上半期には、新型コロナウイルス感染症拡大防止のために、物質的にも精神的にも多くのエネルギーを費やしてきました。このウイルス撲滅は難しく、これからはこのウイルスと共存が必要であるとして、そのための「新しい生活様式」が提唱されています。その「様式」は、感染リスクを避けるために、お互いに距離を取り、互いに接触の機会を少なくする項目が沢山挙げられています。
私は、この「新しい生活様式」という言葉が出る度に、ある種の苛立ちと共に人の成長についての不安を強くしています。と言うのも、私は、人は「大切な他者」とのスキンシップ、視線、言葉のやりとり等による触れ合いと心の交流によって心身の成長と健康を保つことができると考えるからです。
 「新しい生活様式」とは、そうした一面に目をつぶってでも、新型コロナウイルスの感染リスクを下げて、互いに生命を守らなければならないという危機的な状況に対処する必要から生じた言葉であることを踏まえておきたいと思います。これまでの生活様式を「新しい生活様式」へと転換する必要があるしても、これはあくまでもコロナ対策であり、将来に渡って造りあげていくべき「新しい生活様式」ではないと思うのです。
私の極めて個人的なことを記します。
私の父親は、第2次世界大戦の兵役から帰還した後、肺結核を患いました。かなりの大病でしたが、戦後の物資不足の時代を何とか乗り越えて、健康を回復することができました。私は、父親の闘病時代に生まれており、自分の命があることは、ある意味、奇跡的なことです。
私が4歳の頃、父親は長い入院生活から戻って来ました。父の背中には、両肩甲骨に沿って切開と縫合の大きな傷跡がありました。これが私の父親についての最初の記憶です。私は生まれてから4歳近くまで父親不在で育ち、退院した父親は私たち子どもの結核罹患や陽転に神経質で、家族との接触を避けて過ごしていました。私の家族は、父親と「密」を避けていたのです。それは仕方のないことでしたが、結果、私は父親になつかずに育ちました。
 私が4歳の頃のこと、父親に客人があり、話をしている二人のどちらが自分の父親なのか見分けがつかなかった経験があります。私は、幼な心に、父親との関係が疎遠であることに気付いた衝撃を今でも忘れません。
私は、閉じこもりがちな自分の性格は、その頃の父子関係が大きく影響していると思っています。今更、自分の性格を他人のせいにするつもりはありませんし、このような私が生きていることは、父親との関係のことも含めて、神の恵みの中で生かされていることであると思っています。でも、因果関係で言えば、きっと上記のような説明もできると思っています。
 今、新型コロナウイルス感染防止の「新しい生活様式」が提唱されていますが、その主要な課題が「3密を避ける」、「対人関係の距離を取り関わりを希薄にする」ということです。生活様式をその方向にシフトするための具体案などがテレビや新聞などで紹介されていますが、この提言に触れると、私は自分の人間関係の在り方についてのコンプレックスを刺激される思いになります。
私は、人は母親をはじめとする「重要な他者」との密な関係の中でこそ心身共に成長するのであり、人が「生きる」ということは他者と様々に関係を結び、それを積極的かつ肯定的に構築していくことだと考えます。
しかし、「コロナ対策」として提唱される「新しい生活様式」は、その関係を分断し、引き離し疎遠にしていくことになります。それは、現段階ではウイルス感染を防ぐためには有効でしょう。しかし私は、その「新しい生活様式」に、現在の「コロナ禍」を回避する以上の意味を感じることができず、それを「新しい生活様式」と呼ぶことに違和感を拭えないのです。
 現在の新型コロナウイルス感染症の再拡大を防ぐための生活様式を言い表すのに、「新しい生活様式」という言葉よりもっと適切な言葉があるのではないでしょうか。
例えば、「コロナ感染回避の留意点」とか「感染防止の生活方法」という程度の言葉の方が私には相応しく思えます。そして、人間の命をウイルス感染から守るべき課題を克服した後には、人間同士が生きている実感を相互に認め合い喜び合える「生活様式」を創り上げていくべきであると思うのです。
 いわゆる「濃厚接触を避けること」、「不特定多数が集まる場所への出入りを避けること」、「テレワークをすること」などは、現在のコロナ危機対応として有効であることは誰もが否定しないでしょう。でも、私にはそれらをこれからの「新しい生活様式」にすべきだとは思えないのです。
 たとえば、今回の「コロナ禍」を契機に、オンライン通信を積極的に用いることなどは情報交換を速やかにすることにもなり、有効活用すべき分野はあります。でも、私には、他者との距離を取って密な接触を避けることをこれからの「新しい生活様式」にすべきとは考えられません。
 子育てにおいては、スマホやテレビが乳幼児の知覚や感覚を養う主役にはなり得ず、もしそれが可能だとしても、人が生きる上での基本的な判断軸をそちらに転換して良いのかどうかは、人間にとっての大きな課題です。また、乳幼児期の子育てや老人介護においてスキンシップの大切さが再認識されています。私は、現在提唱されている「新しい生活様式」が強調されればされるほど、子どもや老人など介護や心身のケアを必要とする人間には、「重要な他者」の存在とその人々との「密」な関係が不可欠であると言わずにはいられなくなります。こうした人々のことも視野に含めて「新しい生活様式」とはどのような生活様式になるのかについてのヴィジョンを共有する必要があると思います。
蛇足になりますが、私は、「夜の接待を伴う飲食」を推奨する思いはありません。またその場が「ウイルス感染の温床」の一つであることも明らかでしょう。幼少期の母親をはじめとする重要な他者との「密」を欠いた人間は、青年期に入る頃に、幼い時代の身体的接触を取り戻そうとするかのように身体的接触(性的行為)を求めることになるが、その基底にあるのは幼稚な精神なのだ、と表現した人がいます。
 当面の「コロナ禍」を克服することは大切なことであり、感染防止の配慮はかなり長期にわたって継続しなければならないでしょう。
 でも、対人関係のヴィジョンは、ただ経済を回復して維持するだけではないはずです。
 大袈裟になりますが、新型コロナウイルス感染症を経験した人類がこれからどんな生活様式を創り上げていくべきか、後代に何を引き継いでいくべきか、という課題を神から与えられているのではないでしょうか。
状況が時々刻々と変わる中で記すこの文章が的外れにならないことを願いつつ。
(2020年7月5日水戸聖ステパノ教会月報『草苑』第586号所収)
posted by 水戸聖ステパノ教会 at 22:16| Comment(0) | 牧師のコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月19日

中村哲師の逝去を悼む

 私の心に刺さってこの一ヶ月の間クサビのようになって動かない出来事があります。
それは、アフガニスタンで献身的な働きをなさっていた医師中村哲氏が、12月4日の現地時間午前7時ごろ、何者かに銃撃されて逝去されたことです。
アフガニスタン東部のジャララバードから約25km離れた灌漑作業現場に向かう途中、その車を運転していた人や護衛のアフガン人ら5人と共に、襲撃されました。
 同師の主宰していたペシャワール会のホームページによると、中村哲師は「2000年から、旱魃が厳しくなったアフガニスタンで飲料水・灌漑用井戸事業を始め、2003年から農村復興のため大がかりな水利事業に携わり現在に至る」とのことです。アフガニスタンでは多くの人が餓えと乾きで亡くなっており、中村師はそれを防ぐためには「いかにきれいな水を供給できるか」が課題であると考え、人の体の診療をする域を越えて、その地の灌漑事業などに取り組んでこられました。そして、「井戸を掘る医師」と呼ばれるようになりました。その働きによって、アフガニスタンの大地に緑が甦り、数十万人の食料を生み出したと報道されていました。
 中村哲師は、1980年代には日本キリスト教海外医療協力会(JOCS)の派遣医師としてパキスタンでお働きになっていたこともあり、当時から当会の会報『みんなで生きる』に度々その名前を見たり、私の妻はその会報で(の中であったと記憶していますが)、「現地でタオルが足りない」という記事を見て名入り未使用タオルなどを集めて衣服などと一緒にお送りしたことなどもあり、中村哲師自身の丁寧な返信を受けたこともあり、私にとって面識はないけれど、密かに応援し師の働きのために祈っていました。
 中村師は、医術による患者への診療ばかりでなく、「井戸を掘る医師」として灌漑事業などを行ってきましたが、そのことについては「医師の仕事ではないと思われるかもしれないけれど、これは平和運動ではなく、医療の延長として行っていること」と言っておられたとのことです。
 このような人が殺害されたというニュースが流れ、辛い思いになっていた時に迎えた降臨節第3主日(A年)の聖餐式旧約聖書日課が、胸にしみました。
 それは、イザヤ書第35章の中の言葉です。5節から7節を記してみます。
 「そのとき、見えない人の目が開き
 聞こえない人の耳が開く。
 そのとき
歩けなかった人が鹿のように躍り上がる。
口の利けない人が喜び歌う。
 荒れ野に水が湧きいで
荒れ地に川が流れる。
 熱した砂地は湖となり
乾いた地は水の湧くところとなる。
 山犬のうずくまるところは
葦やパピルスの茂るところとなる。」
 『聖書-新共同訳-』には、第35章の始めに「栄光の回復」という見出しがついています。中村哲師の働きは、まさに神の栄光の回復の働きであったと言えるでしょう。
 この人の働きによって、ヴィジョンやイメージとしてはなく、本当に荒れ野に水が湧き、荒れ野に川が流れ始めました。熱した砂地は湖となり、乾いた地は水の涌くところになり始めていました。が、その働きを担う人が突然に武器によって殺害されてしまいました。
 中村哲師があと数年元気でお働きになれば、もっと川が流れ、もっと水が湧き、パピルスの茂るところはもっと拡大していたことでしょう。
 降臨節第3主日の聖書日課福音書は、マタイによる福音書第11章1節〜10節です。
その前半部分では、洗礼者ヨハネが領主ヘロデの不正を批判したことで捕らえられて獄中にいるとき、ヨハネは自分の弟子をイエスのもとに遣わしたことが記されています。
洗礼者ヨハネは、弟子を通してイエスに「来たるべき方(つまり救い主)はあなたですか」と尋ねました。
ヨハネは死を予感して不安だったのでしょう。
その時にイエスがイザヤ書のこの言葉を用いて「ヨハネに伝えなさい。目の見えない人は見え、足の不自由な人は歩き、重い皮膚病を患っている人は清くなり、耳の聞こえない人は聞こえ、死者は生き返り、貧しい人は福音を告げ知らされている」と言っています。
いつ殺されるか分からない洗礼者ヨハネは、この言葉をイエスから伝えられることで深い安堵と御国への確信を得たにちがいありません。そして、イエスは中村哲師に対しても洗礼者ヨハネに対してと同様に、このイザヤ書の言葉で御国の確信を与えておられるのではないかと想像します。
 イエスはこのイザヤ書の言葉を引用しながら、獄中の洗礼者ヨハネに「主の栄光と我らの神の輝きを見る(イザヤ35:2)」時が既にイエスによってもたらされているということを告げています。そのイエスは、天の国を実現する働きのゆえに、やがて十字架つけられ殺されました。その十字架の上でイエスは自分を十字架につける者たちのためにも祈りました。イエスの働きはそれで途切れたのではなく、弟子たちによって引き継がれて、世界に広がっていきました。そして、イエスの十字架から2000年近い時を経て、中村哲師もその働きを担い、殺されました。
 私の中では、クリスチャン医師であった中村哲師の働きと死がイエスの働きと十字架の死と重なって見えてきます。中村哲師はどのような思いで死んでいったのでしょう。
 こうした平和の働きが、暴力や武力によって否定されることに憤りや悔しさを覚え、そのような行為に出る者のすべてを否定したくなります。でも、それだけではなく、私たちは神から何かを指し示されており、その何かを見つけ出して私たちの具体的な働きに歩み出すように促されているような気がするのです。
「見えない人の目が開き 聞こえない人の耳が開く」ため、「歩けなかった人が鹿のように躍り上がり、口の利けない人が喜び歌う」ようになるため、神は私たちに何を求めておられるのをイエス・キリストの生と死から学び、中村哲師の働きと死を重ね合わせながら「大切な何か」を見出していく課題をそれぞれに与えられているように思えるのです。
(『草苑』水戸聖ステパノ教会月報2020年1月号より)
posted by 水戸聖ステパノ教会 at 05:31| Comment(0) | 牧師のコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月04日

「平和」を思う

「平和」を思う    司祭 ヨハネ 小野寺 達

 水戸市は、第2次世界大戦下の1945年8月1日深夜から2日未明にかけて、空襲を受け、米国機B29の投下する焼夷弾によって市街地のほぼ全域が焼け野原となり、本教会聖堂と幼稚園園舎を焼失しただけではなく、本教会員の中にも死傷者が出ました。
多くの人がこんな悲惨な戦争を二度と起こしてはいけないと感じ、思い、考えました。戦後に制定された日本国憲法は、基本的人権の尊重、国民主権主義(民主主義)、平和主義を3つの柱としました。この憲法はその発布当時から大多数の人によって受け入れられ支持されてきたと言って良いでしょう。敗戦を契機とし、日本人自身の手による憲法ではなかったとしても、恒久平和への思いは、第2次世界大戦を経験した人々にとって、その反省と共にごく当たり前の感覚であったのではないでしょうか。
 しかし、その後70年を経て、世界の状況は変わり、国内でも日本を戦争に参加できる国にしようとする動きや原爆を造れる状態にしておこうとする政策については、その一部は特定の政治家の私見とはいえ、いつの間にか表立って発言されるようになりました。そして現世界の状況では現憲法は現実的ではないとして、改憲すべきであるという声は大きくなってきています。
8月は広島(6日)と長崎(9日)に原爆が投下された月であり、日本が連合国軍に対して無条件降伏することを認めたことが天皇という人間の声と言葉によって放送された(15日)月でもあります。
 第2次世界大戦の爪痕が次第に薄くなってくると、戦争そのものについての意識も希薄になりがちです。でも、戦争の悲惨さや酷さを語り継ぐことは大切なことであり、忘れてはならないことです。
 例えば、原爆の悲惨さは永久に語り継がれなければなりません。同じように、戦争の被害者も加害者も、自らの思いと言葉と行為と怠りを語り継ぐ必要があります。この教会の信徒であった方とその家族は、おそらくは戦争など望まない平凡な一市民であったことでしょう。それにもかかわらず、戦争によって一夜のうちに家族ごと命が奪われてしまったことを取りあげてみても、戦争など決してあってはならないこととして語り継いでいくべき事でしょう。
 極めて個人的なエピソードであっても、その家族や親族などの域を超えて語り継がれる必要のある事もあり、そこから何を受け取り何を学ぶのかは、その後の時代をどのように生きるようとするのかということにも関わる大切なことだと思うのです。
今年の3月24日にNHKeテレで放送された『趣味の園芸』という番組の「バラと暮らす12ヶ月(第12回)」というコーナーで、わたしの亡父が作出したバラが紹介されました。
 そのバラの花は「のぞみ」と命名されており、野バラのような一重の桜草ほどの大きさです。この「のぞみ」という名に込められた亡父の平和への思いを共有していただきたく、ここにその文章を転記致します。

《バラになった少女》 
小野寺 透
 私と仲の良かった妹が、牧師と結婚して教会の事業にたずさわること半年で、その牧師は知る人ぞ知る南方の激戦地ガダルカナルへ出征した。その時生まれてくる子供に“のぞみ”と名づけて行った。
 彼は周囲の兵隊たちと同じく殆ど死んだと同様に倒れていた。その時耳元でアメリカ兵がガヤガヤ話していた。やがて彼は、そのアメリカ兵達の話にアメリカ英語で返事をしてしまった。それは彼が牧師に必要な神学の勉強に、数年間アメリカ留学していたからであった。
 彼の返事を聞いて驚いたのはアメリカ兵であったが、それが縁で彼は通訳の仕事を受け持ち、結局無事帰国することになった。出征時に名付けた“のぞみ”は女の子であって、父親の実家があった満州に渡った。渡った当時(昭和18年頃)の満州は平和であったが、終戦後、例のソ連軍の侵入で、女ばかりの一家の生活は苦しくなり、先ず祖母が亡くなり、次いで母も亡くなり次々に家族が死亡し“のぞみ”は一人ぼっちになって、近隣の教会関係の人々に助けられ暮らしていた。
 やがて帰国の順番が来て、三歳の“のぞみ”は一人で帰国列車に乗り、はるばる長い汽車の旅を続けて、日本に着き、やっと明日は東京に着く予定が列車の編成の都合で一日延びた。この延びた一日が幼い女の子に限りない悲劇となったのである。それは、この延びた日の東京品川に着く二時間前に、長旅の疲れか“のぞみ”は列車の中で息を引きとってしまったのである。
 一方父親は品川駅に、生まれてはじめてのわが子を迎えに行って、未だ温もりの残っている我が子“のぞみ”を抱いたのである。この様にして父親は“のぞみ”の持ってきた二つの遺骨箱と一緒に浦和の家に帰ってきて、狭い我が家は一度に三つの葬式をすることになった。
 話をバラに移して、私は1968年(昭和43年)頃から実生花を作り始め、最初の作出花に私は忘れ得ぬ、“のぞみ”という名前をつけた。バラの“のぞみ”は浦和では六月の第二週頃に一週間くらい桜草のような花で盛大に咲くが、ヨーロッパの気候では六月から十一月まで咲き続けるので、世界中のバラ花壇に植えられて有名になり、バラを記事にした世界中の本にも載っているし、有名なプロフェショナルのバラ作りの集会に、アマチュアの私が唯一人招かれたりしている。 ”のぞみ”が埼玉の浦和生まれであることを思うと、無常の感慨に打たれるのである。                                
 
ちなみにバラの“のぞみ”は、英国王立園芸協会の「アワード・オブ・ガーデン・メリット」を受賞した唯一の日本品種です。私の父親が書いたこの文章の載った冊子の発行年月を調べる余裕もありませんが、この文章はおそらく1970年代に、父親が埼玉バラ会の会報に掲載したものです。
 私の父親も召集され兵役を強いられましたが、帰還できたおかげで、私は戦後ちょうど5年経った8月15日に生まれ、生かされて、更に3人の男児の父親になりました。しかし私と同じように、それぞれの命を生きているはずであった多くの人々が、戦争によって尊い命の繋がりを断ち切られてしまいました。私の従姉妹になるはずであったのぞみちゃんもその母親である私の叔母純子も、直接被爆した者ではないにしても、戦争のために命を奪われました。
 そのように多くの人の生命をも奪ってまで他国と交戦する根源には何があり、誰がいて、どうすることを目指しているのでしょう。
平和に生きることは、神の御心を求めて生きることや他者を愛することと深くつながっています。私は自覚する前に洗礼を受けたクリスチャンですが、イエス・キリストの愛と赦しの中に生かされ、その愛に基づいて平和を希求する人々と共に生きていきたいと思います。
  「平和を実現する人々は、幸いである、
  その人たちは神の子と呼ばれる。(マタイ5:9)」
 たとえ私たち一人ひとりは小さくても、キリストの平和を担って生きることを歩む者でありたいと思います。
 (『草苑』水戸聖ステパノ教会月報 2019年8月4日発行 NO.575)
posted by 水戸聖ステパノ教会 at 16:51| Comment(0) | 牧師のコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする