カテゴリー:牧師のコラム

2018年10月07日

力   2018.10.07

 力
                                           小野寺達
 カトリック教会の信仰者であった作家の故遠藤周作氏は、自分の信仰を深く見つめつつ、自分の思うイエス(「私のイエス」)の姿を幾つかの作品の中に描き出しています。遠藤氏がそれらの作品の中で描くイエスは、奇跡や癒やしの業は何もできないけれど、相手に寄り添ってその人を受け入れどこまでも共にいる人として描かれることが多いように思われます。そして、そのように描かれるイエスの印象は、弱々しく物足りなさを感じる、という人も多いようです。
 かつて、ある教会の機関誌の中に、次のような一文を目にしたことがあります。
 「奇跡を行い、神の教えを説き、病の人を癒やしてきたイエスが十字架の上で何もできずに死んでいく姿の弱さに失望した。」
 でも、私は遠藤周作氏が描くイエスは決して弱くはないし、何もできなかったのではないと思います。もし、神の意志を貫徹する強さがなければ、イエスは十字架につくこともなかったのではないか、と私は考えます。
 イエスの力とは、物理学的な数量の大きさで例えられる力ではないのです。
 幼稚園の園長でもある私は、かつて遠足で次のような経験をしました。
幾つかの幼稚園や保育所が同じ公園に遠足に来ていました。幾つかの遊具の前に色々な園の子どもたちが順番待ちの列をつくっています。その列の一つに、ある園の子どもが割り込んできました。たまたまそこに居合わせた私は、思わず「みんな順番を待って並んでいるのだから、あなたは一番後ろに並びなさい。」と言いました。
すると、恐らくその子どもの所属する園の先生らしい人同士の声が私の頭の後ろから聞こえてきました。
「うちの子どもたちは逞しいわね。」
私は、グッと堪えましたが、怒鳴りつけてやりたい気持ちになりました(実際にはしませんでしたが・・・)。
「それは逞しさではなくて、厚かましさでしょ!あなたの園ではどんな子を育てたいのですか!」
イエスが神の御心を生きるということは、自分一人が他人より多くを得るために厚かましく生きることや力によって他人を従えることではありませんでした。目の前にいる人が自分のせいではないのに貧しくされ、汚れたものとされ、生きることが困難になっているのであれば、その人と私との間に、神がそこに存在している姿が現れ出るようにと祈りつつ、その実現のために自分ができることを貫いて生きたのがイエスです。しかもイエスはそれを暴力によってではなく、愛し抜くことによって実現なさいました。イエスは、暴力的な力によっては究極の平和は得られず、神の御心は完成しないと考えていたのでしょう。その結果、自分が十字架に付けられることになると分かっていても、自分の目の前にいる人に神の御心が現れ出るようにと祈りながら、その人にかかわり続けたのがイエスです。
私は園児と礼拝しますが、礼拝の中で、時々次のような歌詞の聖歌を歌います。
 「神さま ください 信じる力を
 みんなと一緒に 生きる力を」
この歌を元気な声で歌う子どもたちも、おそらく思春期を迎える頃から、遠藤周作氏の描くようなイエス像については、「そんな生き方じゃ世の中を生き抜いていけない。」と思う日が来るかもしれません。また、「信じることや愛することは強いことではなく、現実に立ち向かう力にならない。それが何の役に立つの。」と悩む日が来るかもしれません。
現代は、国の政治の世界でもイジメの世界でも、力を誇示する者の時代であり、力を恐れる人々は力を誇示する者にすり寄って生きようとしていますし、その力に抵抗する者を仲間外れにしようとする時代です。
そのような時代の中で、生きていく強さを身に付けることとは、暴力的で厚かましい力を身に付けていくことではなく、弱い者も小さい者も大切にされて共に生きていくことのできる世界を創り出すことに労を厭わない強さを身に付けることではないでしょうか。そして、恐れずにそれを実行していく力を身に付けることが、生きる力を身に付けることであると私は思うのです。
その力を名付ければ、「愛力」と言えるかもしれません。そんな言葉はありませんが、まさにこの「愛力」こそイエスの力なのです。
イエスは、自分がそのような愛の力によって生きれば、体制を維持しようとするユダヤ教の指導者たちの反感を買い、迫害され殺されることになると分かっていました。でも、イエスはその生き方を貫き、人を愛し抜き、そのような生き方の先に何があるのかを示してくださいました。
イエスの伝えた救いは、私たちが呪文を唱えるように祈ればその願いが直ぐに満たされるという魔法のような救いではなく、神の愛の力によって一人ひとりの命が大切にされ、その交わりの中で自分として生きる喜びを獲得していく、という救いなのです。もし、イエスに期待して失望するのであれば、自分はイエスに何を求めどのように生きていこうとしているのかを謙虚に振り返ってみる必要があるのではないでしょうか。
教会は、救い主イエスを自分の救い主として受け入れた者の集まりです。
私たちはそれぞれに、そのイエスにどのような力を見てイエスを救い主と告白し、イエスを通して何が実現することを願い求めているのでしょう。
『草苑』(水戸聖ステパノ教会月報)2018年10月号
posted by 水戸聖ステパノ教会 at 22:58| Comment(0) | 牧師のコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月06日

日々の食事のように 2018.08.05

日々の食事のように
司祭 ヨハネ 小野寺 達

 あなたは、5年前の今日と同じ日に何を食べたか覚えていますか。多くの人は覚えていないでしょう。それが普通です。中にはその問いに対して「そんなこと誰が覚えているものですか。毎日の平凡な食事の内容の一つひとつを全て覚えていることなんてあり得ないし、その必要もありません。」と反発したくなる人だっていることでしょう。その通りです。
 でも、5年前の同じ日の食事の内容を覚えていないからと言って、その日の食事が必要なかったということではないし、意味がなかったわけでもありません。
 毎日の食事の内容まで覚える必要などありませんが、日々、できるだけ質の良い食事をすることの大切さについては、異論をはさむ人はいないでしょう。そして、5年前の同じ日の食事もきっとそのようなものであったことでしょう。
 また、色々な事情で、時には、コンビニ弁当で済ませなければならかたったり、いつもと同じ時間に食事ができない日もあるかもしれません。それでも、毎日できるだけ多種類の質の良い食材を用いた食事を適量、できることなら独りでではなく家族や親しい人と一緒にすることは大切な事であり、必要な事であることは、誰もが認めることでしょう。
 こうした食事のことと同じことが、私たちの信仰の養成についても言えるのです。
 あなたは、3年前の今日と同じ日に、どんな祈りを献げたか覚えていますか。覚えていないでしょう。主日礼拝で聴いた説教をみな覚えていますか。その必要はないし、その日に開いた聖書の箇所と内容も忘れてしまっているかもしれません。そして、またその箇所を開いたときに「聖書の中にこんなお話しがあったのか。この箇所は初めて読んだ気がする。」ということだってあるかもしれません。だからといって、3年前に祈ったことや聖書を読んだこと、また説教を聴いたことが無駄だったというわけではありません。
 日々、祈り、聖書を読むことを習慣づけ、主日礼拝の出席を心がける中で、少しずつ養われる大切なものがあります。
 時々、「特に幼少期から青年期までの人に対する宗教教育や信仰教育は必要ない。」という意見や「信仰告白することや洗礼を受けるかどうかということについては、本人が大きくなってから本人の意志と決断に任せれば良い。」という意見を聞きますが、私はその意見には賛成できません。仮に最終的な信仰の告白は一人ひとりに委ねられるとしても、委ねられた本人が選び取って決断するための判断材料を与えるためにも、幼少期からの宗教教育は必要であり、無関心でいてはならないことなのではないでしょうか。
 親は子供に良質の食事を与えて子供を健康に育てる責任がありますが、それはただ体のことに限りません。ことに精神的、宗教的な知識や感性についても、日々の食事の大切さと同様のことが言えます。
 仮に、最終的にイエス・キリストを自分の救い主として信仰告白するかどうかは本人の意志と決断に委ねるとしても、その前提となる育成を怠って良いということはなく、その育成のためには、日々の食事と同じように、幼い頃から信仰の養いとなる教育、祈り、交わりなどが必要となるのです。
しかし、今の日本の学校教育ではその点についての教育は行われておらず、その一方で、その隙間をぬって、極めて偏向的で一面的な国家主義的な精神教育が入り込もうとしていることに注意を払わねばならないでしょう。
 「信仰の告白と洗礼についての決断は本人の意思に任せる」という人は、自分の子どもにその決断を任せるに足る十分な教育を施しているでしょうか。体の成長に必要な食事のように、霊的成長に必要な糧を日々与えているでしょうか。その成長がないまま、間違った精神教育についての批判力や抵抗力も無いままに偏向的な体制に絡め取られていく危険がつきまとっているにもかかわらず、家庭での宗教教育に手をこまねいていることは、子どもたちを自由に育てていることとは違うのです。
 毎日の平凡に見える食事が子どもたちの身体を育むのと同じように、私たちは子どもの霊的成長のために、日々の生活の中で子どもたちのために何を与えるべきでしょうか。
 私は、夏休み中にスマホやパソコンに向かって独りで電子ゲームばかりしている幼子から青年までの姿を思い浮かべ、日々の精神的宗教的な養いを受ける機会が与えられない子どもたちの体と心の育ちについて憂慮しています。
 精神的宗教的教育は、長い訓話や難しい言葉での祈りを必要とはしないでしょう。
 例えば、毎日の水遣りを心がけていたら朝顔がきれいな花を咲かせたことや、友だちや家族との会話の中での相手のふとした言葉に癒やされたり傷ついたりした経験が精神的宗教的な感性を深めていくことにもつながります。家庭での食事の前に毎日献げる小さな感謝の祈りの習慣が子どもの宗教心を育てることにもつながるでしょう。絵本を読む楽しさの中にも宗教的養いが潜んでいるかもしれません。時々は就寝前の子どもに読み聞かせる絵本を選ぶとき、聖書物語を入れることもあって良いかもしれません。親として、自分はどんな場で神の臨在を感じるのか、子どもに話してみるのも良いでしょう。
 各家庭で、また仲間が集まるとき、日々の食事と同じように霊の糧を分かち合う時が持たれることを願っています。
posted by 水戸聖ステパノ教会 at 05:20| Comment(0) | 牧師のコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月01日

普通のことに対する感謝

普通のことに対する感謝

 先日、交通事故に遭いました。それも、教区婦人会静想日の帰り道のこと、6月27日の午後4時過ぎのことでした。
 上述のように、前橋聖マッテア教会で開催された教区婦人会主催の静想日は、小職の講話と短い静想での約2時間の時を過ごし、その後の昼食と歓談も含めて、とても満たされた思いで帰途につきました。そして、私たち4人の乗った車は北関東道を走行し、間もなく栃木、茨城両県境の大政山トンネルをぬけようとする時に、突然にバーンという音と共に体にもショックを受け、「アッ!」と思った3秒ほど後に、もう一度、同じバーンという衝撃を受けました。「まさか!」と思いましたが、本当のことでした。
居眠り運転の車に追突されたのです。後で聞いたことですが、後ろの車を運転していた人は居眠りをして私たちの車に追突し、慌ててブレーキと間違えてアクセルを踏み込み、2度目の追突を起こしたとか。幸いにも、車は左右にぶれることなく、停止させることができました。運転していたのは私ではありませんでしたが・・・。
 そのことを、ここに詳しく書くつもりもありませんが、同乗の4名、相手方は1名、大怪我にならなかったのは何よりでした。
その翌日、愛恩幼稚園の教職員の朝の会でいつものように始業の祈りをしました。普段は園長が、特に決まっているわけではありませんが、下記のような言葉で祈ります。
 「天の父なる神さま、夕べの暗い間も見守りを与えてくださり、こうして祈りをもって一日を始めることの出来る恵みを感謝致します。どうかこの一日も主の守りと導きのうちに(以下略・・・。)」
 「祈りをもって一日を始めることの出来る恵みを感謝」という言葉を唱えつつ、私はいつもと違う感謝を思いました。「祈りをもって一日を始めること」は、日々のごく当たり前のことでした。その実感を忘れてしまい、その言葉でおきまりの言葉にして祈ることになりがちです。
でも、その朝の思いは特別でした。仮に、怪我が重くて入院していたら、その日はその言葉で祈れませんでした。自分が加害者になる可能性だって日々の中に潜んでいます。もし、今回の事故でも、もっと酷い目に遭っていたら、その日はその言葉で祈る状況になかったでしょうし、その気持ちも起こらなかったでしょう。
 ある流行歌に「♪何でもないようなことが、幸せだったと思う〜♪」という歌詞があって、私の息子たちが口ずさんでいたのは、もう10年以上も前のことだったでしょうか。ふと、その歌詞を思い出しました。
 改めて、毎日の当たり前のことが当たり前に行われる恵みを実感致しました。私たちが、日々当たり前のことを坦々と行っていくことができるのは、それを支える沢山の人とその力があるからで、その感謝ができない世界は、味気なくなってしまいます。
私は、日々の祈りを習慣化することと形式化することはまったく違うことであることを今回の出来事から再確認しました。毎日の生活が当たり前のように流れていくことは、何と恵まれたことでしょう。そしてそれを感謝をもって保っていくことは、どれほど素晴らしいことか考え直してみる必要があるのかもしれません。
 朝、目が覚めたとき、「主よ、わたしたちの口を開いてください。わたしたちは、主の誉れを現わします。」と、一言の祈りをもって一日を始められますように。そして一日の終わりに、与えられた平凡な事に潜む大きな恵みを感謝して、「父よ、わたしの霊を御手にゆだねます。」と祈りつつ眠ることができますように。
 普通のことを感謝しつつ、自分に与えられた働きを進めていく力を養っていくことができますように。
『草苑』水戸聖ステパノ教会月報 2018.07.01 巻頭文
posted by 水戸聖ステパノ教会 at 14:49| Comment(0) | 牧師のコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする