カテゴリー:子育てトーク

2019年01月19日

関係に生きることの原点

 私には、現在4ヶ月半になる孫がいて、その孫も含めて、子どもたち家族と年末年始を過ごしました。孫は、まだまだ泣いて乳を飲んで眠るだけの生活ですが、私たちが話しかけると視線を合わせて笑顔を見せ、お腹が減ると泣き、眠くなると泣き、本当に可愛いものだと思います。
 そして、人の感覚とは何と素晴らしいのだろうと改めて思いました。
 例えば、録音した会議録などを再生すると、その席にはたくさんの雑音があったことに改めて気付きます。会議の最中は、自分の課題に集中するため、実際にはたくさんある雑音は認識しないようにその感覚を働いているからです。しかし、それは人が赤ちゃんの時から自然にできるのではなく、周りの人にたくさん話しかけられ、まだ言葉にもならない喃語や泣き声を聞いてもらい、確かな視線と言葉での反応を受けることを数え切れないほどに繰り返している間に、赤ちゃんは周囲の人々から必要な情報を取捨選択することができるようになるからなのです。
そうであれば、赤ちゃんが画面をみているとおとなしくなるからといってテレビ、パソコン、スマホなどに頼ってはならず、周りから優しく柔らかな声をかけてあげたり、赤ちゃんの視線をしっかり拾って適切な言葉にして話しかけたり、喃語に柔らかな声で応じてあげたりすることがどれほど大切なことであるか分かるのではないでしょうか。
 赤ちゃんに限らず、人は視線を合わせてしっかり心を通わせることによって育ちます。認知症の老人にしっかり視線を合わせて語りかけつつスキンシップを図ることで、症状が回復する事例も報告されています。
 「人」という文字の成り立ちは二人が支え合っていることに由来すること、また人を「人間」と言って社会的関係に生きる存在として表現することなどからも分かるとおり、私たちは人々の関係の中で育まれるのです。
 現在、私が園長を務める愛恩幼稚園では、一人ひとりを大切にすること、一人ひとりに丁寧に関わることを大切にしておりますが、それは単なるお題目ではありません。一人ひとりを大切にする具体例がどのような事であるのかの一端をこうしたことから理解していただけると思います。
(2019.01.08 愛恩幼稚園園便り『ひかりの子』より一部抜粋)
posted by 水戸聖ステパノ教会 at 10:44| Comment(0) | 子育てトーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする