2018年04月29日

フィリポとエチオピアの宦官   使徒言行録第8章26−40   B年 復活節第5主日      2018.04.29

フィリポとエチオピアの宦官
使徒言行録第8章26−40   B年 復活節第5主日      2018.04.29

 復活節の間、聖餐式聖書日課の第一朗読を旧約聖書に換えて使徒言行録を読む習慣があります。それは、主イエスの復活の力を受けた弟子たちが、どのように福音に生かされ、どのように福音を伝えていったかを学ぶためです。
 今日の聖書日課第一朗読は使徒言行録第8章26節からの個所が採り上げられており、フィリポによってエチオビアの高官が福音を受け入れた様子が記されています。
 使徒言行録がまとめられた時代には、現在のスーダン辺りを含むエジプトの南側の一帯がエチオピアと呼ばれていたようです。
 エチオピアの女王カンダケの全財産を管理する高官がいました。この高官はエルサレムに巡礼して帰る途中でした。この人物について第8章27節にはこう記しています。
 「エチオピアの女王カンダケの高官で、女王の全財産を管理していたエチオピア人の宦官であった。」
 この宦官は、彼の働きの範囲が女王の財産を管理することを超えないようにと、高い身分や権限と引き替えに去勢された人であったか、あるいは幼い頃からそうした特別な任務のために選ばれ、去勢されて養育を受けた人であったと考えられます。
 このような宦官がいたことは、旧約聖書の中にも幾つか記されているところがありますが、それと関連して旧約聖書申命記第23章2節に次のような記述があることに着目してみたいと思います。
 「睾丸のつぶれた者、陰茎を切断されている者は主の会衆に加わることはできない。」
 イスラエルの人々は、宦官を歓迎してはいなかった様子がうかがえます。事故によってであれ意図してであれ、去勢された人は主の会衆に加わることが出来ないと明記されています。それにも関わらず、使徒言行録にはこのエチオピアの高官が「エルサレムに礼拝に来て帰る途中であった」と記しています。このような人であれば、エルサレムに来て礼拝しようとしても、入れるのはせいぜい異邦人の庭までであり、もしかしたらそこに入ることさえユダヤ人に拒否されたかもしれません。それでもこの宦官はきっと自分なりに巡礼を志し精一杯の礼拝をして帰るところだったのではないでしょうか。
 彼は馬車の中で聖書を朗読していました。イザヤ書の巻物を手に、声に出して第53章の辺りを読んでいました。
 「彼は、羊のように屠殺場に引かれていった。
 毛を刈る者の前で黙している小羊のように。口を開かない。
 卑しめられて、その裁きも行われなかった。
 だれが、その子孫について語れるだろう。
 彼の命は地上から取り去られるからだ。」
 イザヤ書の中に4個所ある「主の僕の歌」と名付けられた部分の中でも、特にイザヤ書52章13節から53章にかけては「苦難の僕の歌」と呼ばれる個所であり、十字架で死んだ主イエスを理解する上で、大切な言葉とされています。
 エルサレムまで礼拝に行ったこの宦官は、聖書のこの言葉が何を意味しているのかは分かりませんでしたが、おそらく、この個所が自分のことと深く重なり合っていたのではいなでしょうか。この短い個所の中に「卑しめられて・・・」とか「だれが、がその子孫について語れるだろう」とか、自分に関わる言葉も幾つか出てくるのです。
 エルサレムではきっとこのように去勢した異邦人になど誰も好意的に関わってくれなかったことでしょう。彼には何のことか分からないけれど、今読んでいる、「卑しめられて、その裁きも行われなかった」という個所は、エルサレムに上っていったにもかかわらず、誰にも相手にされず、神殿を眺めただけで引き上げてくることしかできなかった自分のことを言っているかのように思えたかも知れません。彼はエチオピアでは女王カンダケの全財産を管理するほどの人でありながら、自分が巡礼を志した神の前には卑しめられて、エルサレムの人々にはまともな人間として認めてもらえない自分を痛感していたのではないでしょうか。また、「だれが、その子孫について語れるだろう。」と言う言葉も、聖書の脈絡や意味は別として、彼は宦官であり子孫を残せない自分であり、聖書がそのような自分を鋭く指摘しているかのように思えたかも知れません。
 馬車を進める彼に声を掛ける人がありました。フィリポです。フィリポは宦官に「読んでいることがお分かりになりますか。」と語りかけました。この宦官は「手引きしてくれる人がなければ、どうして分かりましょう。」と言って、フィリポに馬車に乗って自分のそばに座るように頼みました。フィリポはこの宦官と一緒にイザヤ書第53章7−8節を読んで語り合い、旧約聖書のことからイエスの十字架の死と復活に至るまで、神の救いの働きを説き起こしました。
 使徒言行録第8章35節を見ると、「フィリポは口を開き、聖書のこの個所から説き起こして、イエスについて福音を告げ知らせた」と記されています。
 ここで、フィリポと宦官がどのように話して聖書の個所を説き起こしたのかということや、宦官がイエスをどのように理解して受け入れたのについては何も分かりません。でも、この宦官は主イエスを異邦人のしかも宦官である自分にとっても救い主なのだと、受け入れたことは確かなのです。
 主イエスは人々の罪を負って十字架につけられて死にました。このイエスはイザヤ書第53章に記された「苦難の僕」そのものでした。フィリポは、このイエスこそ人々の苦難を負い、卑しめられ、十字架に捨てられて地上から取り去られた「苦難の僕」であり、この宦官にこの「苦難の僕」であるイエスがあなたの耐えきれない重荷も担ってくださっていると説き明かしました。
 そしておそらくフィリポはイザヤ書の次のような言葉にも触れたことでしょう。それはイザヤ書第56章3節の言葉です。
 「主のもとに集ってきた異邦人は言うな
 主はご自分の民とわたしを区別される、と。
 宦官も、言うな
 見よ、わたしは枯れ木にすぎない、と。」
 あなたは、自分が異邦人でありイスラエルの民とは違うから自分はその恵みの中に入ることができないなどと言ってはならない、宦官も自分はもう子孫を残すことの出来ない枯れ木に過ぎないなどと言ってはならない、と神は預言者イザヤを通してこの宦官に語りかけます。
 エチオピアの宦官は、フィリポの説き証しを聞きながら、この言葉はまさに自分のための言葉だと思えたことでしょう。自分は決して神から卑しめられる者ではなく、主イエスが自分の苦難を背負ってくださり、自分もイエスに尊ばれる者であることをしっかりと受け入れたことでしょう。
 フィリポに導かれるまで、宦官はこのイザヤ書の言葉をどう理解すべきか分かりませんでした。それが今、このみ言葉は主イエスが自分の痛みと苦しみを引き受けてくださり自分を尊い人間として生かしてくださっていることを示す言葉として自分の奥深くに入り込み、宦官は喜びが溢れてきました。
 神の前には異邦人もユダヤ人もなく、あなたは大切な一人の人間なのだ、神の前にあなたは枯れ木ではなく私につながるぶどうの枝であり、あなたはわたしにつながって豊かな実を結ぶのだと、この宦官はフィリポを通して教えらました。
 こうして、主イエスの福音はユダヤ人という民族の枠を超えて広がってゆきました。
 私たちは今、復活節を過ごしています。復活の主イエスは必ずしもいつも私たちに直接お姿を示して導いてくださるわけではありません。私たちは、聖書の御言葉に導かれ、御言葉を通して復活の主イエスにお会いするのです。聖書の御言葉は、私たちを罪に定めて卑しめるのではなく、私たちの罪を購って私たちを尊い者として生かしてくださいます。聖書は私たちのために苦難を負い、十字架にお架かりになり、甦ってくださった主イエスさまを証し、私たちもまたエチオピアの高官と同じように主イエスを救い主として受け入れて信じて生きるように招かれていることをしっかりと心に留めることが出来ますように。
posted by 水戸聖ステパノ教会 at 21:46| Comment(0) | 説教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月24日

良い羊飼いの導き

良い羊飼いの導き      
ヨハネによる福音書第10章11−16
 
 羊飼いでなく、自分の羊を持たない雇い人は、狼が来るのを見ると、羊を置き去りにして逃げる。(ヨハネ10:12)

 復活節第4主日は「良い羊飼い」の主日とされ、聖書日課福音書は毎年ヨハネによる福音書第10章の中から、その一部が配当されいる。
 この日のための説教準備は、上記の聖書の言葉から、自分でも思わぬ方向へ進んでしまった。そのきっかけとなったのが冒頭の聖句の中の「置き去りにして逃げる」という言葉だった。
 弟子のペトロにとって、冒頭の主イエスの言葉は、生涯胸に突き刺さるものであったに違いない。
 イエスが十字架につけられる前の晩に捕縛されて大祭司の館で取り調べられているときに、ペトロはこっそりとその館に入り込んでいた。館の人々に紛れ込んでたき火に当たっていたペトロは、「お前もあの男の弟子の一人だろう」と問い詰められ、思わず「あの男のことなど知らない」と言ってしまった。しかもそれは3度であった。
 ペトロは復活した主イエスから「わたしの小羊を飼いなさい」、「わたしの羊の世話をしなさい」、「わたしの羊を飼いなさい」と言われているが、このように3度言われていることは、ペトロがイエスを「知らない」と3度否んだことに対応していると考えられている。
 やがて、ペトロが牧者となり、多くの人々に主イエスのことを伝えながら多くの人々の牧会者として生きていくとき、「このような自分が主イエスの羊を飼う牧者であって良いのか」と幾度も自問せざるを得なかったはずである。冒頭の「置き去りにして逃げ去る」という言葉は、かつての弱く臆病であった自分を思い出させる辛い言葉となっていたはずであり、ペトロにとってそうであらねばならない。
 イエスが十字架にかけられる前の晩、ペトロはイエスの受難予告を否定して「あなたのためなら命を捨てます(ヨハネ13:37)」とまで言ってみせたが、結果は上述のとおり、イエスを3度否定する言葉を吐いてしまった。
 他の福音書によれば、イエスが捕縛されるとき、ペトロをはじめとする弟子たちはみなイエスを置き去りにして逃げ去ってしまい、そのこと一つとってもイエスの十字架を巡る出来事は弟子たちの弱さ、醜さ、卑劣さをえぐり出すのに十分であろう。。
 もし、ペトロはイエスから赦しを得られなければ、またイエスから「わたしの羊を飼いなさい」と言っていただけなければ、ペトロは主イエスのための牧者でなくて雇い人に過ぎず、かつて狼が来るのを見て逃げ去り自分の飼い主を否定した自分を抱え自分を責めながら生きていかねばならなかっただろう。そのようなペトロは、自分で自分を「わたしはイエスの羊を預かる牧者である」などとは、とても言うことができなかっただろう。
 しかし、羊飼いイエスは、そのペトロをさえ赦し、愛し、主イエスの羊を飼うことをペトロに託された。
 ペトロは、かつては自分が羊飼いではなくだだの雇い人であり、狼の前にしっぽを巻いて逃げていく臆病な者であったことを自覚している。でも、ペトロがそのことを自覚しているからこそ、主イエスはペトロを牧者として召し出したのである。ペトロは、どのように主イエスの愛が自分に働き、自分を再度立たせてくださったのかを知っており、そのことを知る者であるからこそ、主イエスはペトロに自分の羊を飼うことを託されたのである。
 ペトロは、自分の力を頼みとして主イエスの羊を飼うのではない。ペトロは、主イエスに3度問われたことに答えているように、自分の力で主イエスの愛を実践できるのではなく、本来であれば失格者であり牧者として相応しくない者のことさえ主イエスは赦して愛し抜いてくださり、ペトロはその恵みを知る者であるからこそ、そして自分に与えられたイエスの愛は自分にだけではなく囲いの外にいるすべての羊にも及ぶことを知るものであるからこそ、主イエスはペトロにその使命を与えておられるのである。
 「牧師」などと呼ばれていると自分があたかも「牧者」であるように思えてくるが、牧師とは自分もかつては迷い出ていた羊に過ぎず、イエスに赦された者であることに思いを向けずに勤めてはならないのではなかろうか。
2018.04.23
posted by 水戸聖ステパノ教会 at 10:21| Comment(0) | 牧師のコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月22日

良い羊飼い  ヨハネによる福音書第10章11−16   B年 復活節第4主日 2018.04.22 

良い羊飼い
ヨハネによる福音書第10章11−16   B年 復活節第4主日 2018.04.22 

 今日の福音書の御言葉より、もう一度、2個所拾い読みしてみます。
 ヨハネによる福音書第10章11節。「わたしは良い羊飼いである。良い羊飼いは羊のために命を捨てる。」
 もう一つは第10章14節。「わたしは良い羊飼いである。わたしは自分の羊を知っており、羊もわたしを知っている。」
 主イエスがご自身を羊飼いに例えたことは、聖書の元々の舞台であるパレスチナの風土を背景にしています。
 パレスチナの地方は、雨が少なく、荒れ地も多く、緑も豊かではありません。ことに南部のユダ地方は夏は暑さと渇きで草はなくなり、羊飼いはここから北部のガリラヤ地方へと、青草と水を求めて移動します。羊飼いは季節に従ってこの「牧草地転換」と呼ばれる移動の旅を強いられますが、年に2度の大きな移動をしながら自分の羊に水や牧草を与えて養うことは、厳しい仕事でした。
 特にこの「牧草地転換」の旅をする時、毎日羊が疲れ果てないうちに次の水と青草のある場所までたどり着かねばなりません。羊たちを安全に守り導くのが羊飼いの役目です。時には、狼などの野獣や盗賊からも命がけで自分の羊を守らなければなりません。
 旧約聖書の中にも、この地方を大きな旱魃が襲った時の出来事や人々が水場を確保するために争った出来事などがいくつも記されています。また、この地方では、一日の寒暖の差も大きく、また一年の内の気候の変化も激しく、羊飼いは点在する僅かな青草と水場を求めて、自分の羊を導くのです。
 羊飼いはこのような厳しい環境の中で羊を守り水と青草を与えるために、文字通り命懸けで働き、また羊は羊飼いに導かれることなしには生きていくことはできません。
 主イエスは、このような羊飼いと羊の例えを用いて弟子や群衆に神のことを語り聞かせました。また、ユダヤの指導者たちと論争をする時にも主イエスはこうした羊飼いと羊という身近な例えを用いたのでした。
 当時の羊飼いは、一人で大体で百頭ほどの羊を飼っていたと言われています。羊飼いは、厳しい環境の中で、昼も夜もその羊と行動を共にし、百頭ほどの羊の一頭一頭に全て、我が子同様に名前を付け、その特徴も性格も良く知りぬいていました。荒れ野には所々に石を積み上げて作った囲いがあり、羊飼いは夕暮れになるとその囲いの中に羊を導き入れます。羊飼いはその入り口の門に仰向けになり、羊に自分の体の上を通らせて、一頭一頭の羊の様子をチェックすると、聞いたこともあります。時には、幾人かの羊飼いが同じ一つの囲いに羊を入れる事もあり、その様な時には共に夜を過ごし、朝が来ると羊飼いはそれぞれに自分の羊の名前を呼んで集め、羊たちは自分の飼い主の声を聞き分けて集まります。羊飼いは自分の羊の群れの先頭に立って、羊の群れを水と青草のあるところへと連れて行くのです。
 こうした羊飼いと羊の姿を例えて、主イエスさまは「わたしは良い羊飼いである。」と言っておられます。この言葉はギリシャ語本文では「私が良い羊飼いである。他ならぬ我こそが良い羊飼いである。」と強調しています。この言葉は、この福音書を記したヨハネが「他の誰でもなく、主イエスさまこそ私たち一人ひとりの名を呼んで導いてくださる、本当の良い羊飼いなのだ」と、自分の信仰を表明し、福音記者ヨハネが主イエスの言葉としてイエスに語らせているとも考えられます。福音記者ヨハネは自分の信仰の証として、この福音書を通して主イエスを私たちに紹介し、私たちはヨハネの記した福音書の主イエスによって導かれる、ということになります。主イエスは今日の聖書のみ言葉によって、迷える羊のような私たち一人ひとりの名を呼んで、私たちを羊飼い主イエスの御許に招いてくださっています。
 私たちが「名を呼ばれる」ということについて、思い巡らせてみましょう。
 私たちは、洗礼を受ける時、神に結ばれるしるしとして新たな名を与えられ、そしてその名で呼ばれて、生まれ変わりを表す水の洗いを受けました。羊飼い主イエスは私たちの全てを知ってくださり、その上で私たちの名を呼び、一つの群れとするために、私たちを招いておられます。
 また、私たちは生まれてからこれまでに幾度自分の両親から、あるいはそれに代わる人から、自分の名を呼ばれたことでしょう。未だ乳飲み子で自分で自分が誰であるかを意識できない時期から、私たちは周りの人から優しく穏やかで柔らかな声で数え切れないほど幾度も幾度も名前を呼ばれてきました。それは例えて言えば、大理石の原石に一鑿(ひとのみ)ずつを加えるようなことであり、少しずつ少しずつ自分が名を持った(つまり、かけがえのない一人としての)自分であることを刻み込まれ、今の自分が形作られてきたのです。あるいはまた、身に危険が及びそうになった時や過ちを犯しそうになった時に、親は厳しく子どもの名を呼んで、安全なところへ連れ戻し、本心へと立ち戻るように導きます。その様に子を知り子を思う親のように、羊の一頭一頭を知っている良い羊飼い主イエスは私たちの名を呼び私たちを掛け替えのない一人ひとりとて知っていてくださいます。
 その一方で、良い羊飼いが本当のことへ正しい事へと羊を導こうとすれば、それまで羊を食い物にしていた強盗のような人々は自分の貪欲さや因業さが暴かれることを恐れて、良い羊飼いを嫌い、良い羊飼いを殺そうとさえし始めるのです。その様な時にも良い羊飼い主イエスは先ず第一に、自分の保身のことではなく、羊のことを第一に考え、愛する羊のためには命をも惜しまなかったと、今日の福音書は語っています。
 しかも主イエスは、この囲いの外にも導くべき羊がいるとも言っておられます。16節は日本語では「わたしには、この囲いに入っていないほかの羊もいる」と訳されていますが、この部分は直訳すれば「私はこの囲いに入っていない他の羊を持っている」となります。つまり、主イエスは、囲いの外にいる羊たちも主イエスのものであり、その羊も主イエスの声を聞き分けるのであって、囲いの外の羊を導くことも羊飼い主イエスの大切な働きであると表明しておられるのです。そうであれば、私たちの群れもただ囲いの中にじっとしているのではなく、主イエスのみ声、み言葉を外に向かって響かせていくことが大切なことになるでしょう。
主イエスは、羊飼いである自分の声を聞いて従う羊の飼い主であるばかりでなく、罪の故に羊飼いの声を聞こうとせず、羊飼いの声に反抗してしまうような、囲いの外にいる羊たちのことさえ心に掛け、「良い羊飼いは羊のために命を捨てる」とまで言っておられます。羊飼い主イエスは、ご自身の命を捨てて迷い出た羊や主の御声を知らない羊たちを救い出し、神の御許で永遠の平安が与えられることを示してくださいました。このような羊飼い主イエスは私たちは一人ひとりの全てを知ってくださり、親しく私たちの名を呼んでくださいます。
 私たちは、羊飼い主イエスの御声を聞いているでしょうか、聞こうとしているでしょうか。私たちは、主イエスの御声を先ず聖書から熱心に聞き取る者でありたいのです。それは、羊飼い主イエスの御声を囲いの外の多くの迷える羊たちにも届けることが私たちの勤めでもあるからです。教会は、主イエスの御声を聞くこと無しにどうして教会の存在理由を囲いの外にいる羊たちに示すことが出来るでしょうか。羊飼いである主イエスの御言葉に導かれて生きること無しに、どうして他の人々に対して羊飼い主イエスの御言葉に従うことをお勧めできるでしょうか。
 囲いの外にいる羊たちは、羊飼い主イエスの御声に導かれて霊的な豊かさに生きる人々を見て初めて自分もその喜びに与りたいと思い、自分も主イエスの愛に触れたいと思うようになるのです。その様な意味でも、先ず私たち自身が謙虚に主イエスの御声を聴き、導かれ、生かされていきたいと思うのです。私たちは、全ての人が羊飼い主イエスに名を呼ばれていることを伝えるように召し出されました。全ての人が感謝して御言葉に聞き従っていくことが出来るように、先ず、私たちが主イエスの御言葉に聞き従い、主イエスに導かれる喜びに生かされて参りましょう。
posted by 水戸聖ステパノ教会 at 21:20| Comment(0) | 説教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする