2018年04月15日

シャロームの実現のため  ルカによる福音書第24章36−48   B年 復活節第3主日  2018.04.15

シャロームの実現のため
ルカによる福音書第24章36−48   B年 復活節第3主日  2018.04.15

  甦った主イエスは、弟子たちの真ん中に立って言われました。「あなたがたに平和があるように(ルカ24:36)」。
 この言葉は先週(復活節第2主日)の聖書日課福音書ヨハネによる福音書第20章19節以下にも3度出てきました。今日の場面でも、甦った主イエスが弟子たちの真ん中に立って言っておられます。「あなたがたに平和があるように」。それ程にこの言葉は、復活の主イエスを語る時に、忘れてはならない大切な言葉であると言えます。
 この言葉は、ヘブライ語で「シャローム」という言葉です。「シャローム」は、今では日常の挨拶でも用いられていますが、神との繋がりに欠けるところはなく、その関係は十分であるという意味の言葉です。「平和」の意味も、単に争い事が無く平穏であるということではなく、神の御心が行われている姿を示しています。
 復活された日の夕方、弟子たちが集まっている所にお姿を現した主イエスは、その真ん中に立って「あなたがたに平和があるように」と言ってくださいました。
 幾人かの弟子たちは、その日のうちに、イエスの墓が空であるのを見て確認していたはずですし、マグダラのマリアやその他の女性たちから、イエスが復活したという報告も受けていたことでしょう。でも、弟子たちは主イエスが復活のお姿を現された時、恐れおののき、亡霊を見ているのだと思いました。
 弟子たちは、つい3日前に自分たちが主イエスを裏切り、否定し、イエスをひとり置き去りにして逃げ出しました。弟子たちは、その時に露わにされた自分の弱さ、小ささ、卑劣さ、醜さにいたたまれず、主イエスの甦りのことなど考えられなかったことでしょう。もし仮にイエスが甦ったとしても、自分たちはイエスに顔を合わせる資格も値打ちもないし、仮にイエスにお会いできたとしても、自分たちはイエスに叱責され、罰せられるとしか思えません。彼らは沈鬱な思いで何もできずにその日を過ごしてきました。
 そのような弟子たちの中に立って、復活の主イエスは「あなたがたに平和があるように(シャローム)」と言われました。この言葉は、弟子たちを祝福し、弟子たちを赦し、愛し、生かそうとして止まない言葉です。弟子たちは圧倒され、恐れおののき、亡霊を見ているのだと思いました。弟子たちが自分の罪を見せつけられこれからどうすれば良いのかも分からないでいます。その状況を打ち砕き、これからの弟子たちの生き方を開く主イエスの言葉がこの「あなたがたに平和があるように(シャローム)」です。
 この物語を記したルカにとって、主イエスの甦りは、イエスが焼いた魚を彼らの前で食べると表現されるように、とても身近で具体的なことであり、それは言葉を替えれば主イエスの甦りは福音記者ルカにとってそれ程までにそのリアリティーを実感することだったのです。
 それでは、主イエスの生きた時代から二千年近い時を経て、今の時代を生きる私たちにとって、復活した主イエスにお会いするということはどのようなことなのでしょうか。それは、私たちがまるで有名人やテレビタレントを間近に見るように、墓から出てきたイエスと顔を合わせるという事ではありません。仮にそうであったとしても、それが自分にとってどのような意味を持つのかを考えずにただ甦った主イエスを見かけたとかその姿を目にしたというだけのことであれば、イエスが何度十字架に架かろうが、何度甦ろうが、私たちの人生は何一つ変わらないと言えるでしょう。
 甦った主イエスが弟子たちの真ん中に立ったことに注目してみましょう。それは、私たちの生活の中心に、とりわけ信仰者の交わりの真ん中に、甦りの主イエスが居られるという事です。私たちを独楽に例えれば、主イエスは回っている独楽の軸(心棒)のようになって、私たちを一人の人間として立たせていてくださるということです。その様に、甦った主イエスが私たちの中心にいてくださり、その力によって生かされるのであり、私たちはその主イエスによって示された神の愛を実際に行う人になるように求められているのです。
 弟子たちは、甦った主イエスを見ても、恐れ、疑いを抱きますが、そのような弟子の姿は、まさにわたしたち自身の姿なのではないでしょうか。私たちは他の人々の誤解や非難や中傷を恐れて、時に心を開こうとせずに自分を抱えて生きています。その様な私たちの姿はまさに部屋の戸に鍵をかけて閉じこもる弟子と重なります。しかし、主イエスが確かに私たちの心を開き、時には扉の内側まで入り込んで、私たちの中心に立ってくださいます。生きている主イエスの力が、わたしたちを支え、私たちに復活の証人となって生きることを促します。
 神の愛は、この世の能率や武力を測りにすれば、弱く無価値にさえ見えました。主イエスが十字架に磔になった時、ユダヤ教の権力者たちや群衆は、神を侮辱したイエスは結局は何もできずに死んでいったと考えました。神の愛はこの世の権力に敗れて十字架の上に挙げられ、罵られ、力無く滅びていったかのように見えました。
 しかし、その主イエスは3日目には甦り、弟子たちの中心においでくださり、私たちが神の愛の中で生きることができるように祝福の言葉をかけてくださいました。神の愛が人を生かすための最も大きく強い力であり、しかもそれは人にとって真ん中に置かれるべき大切な力であることを神は主イエスの甦りによって示し、「あなたがたに平和があるように」と言ってくださいました。
 愛は勝ち誇るものではなく、他者のために自分を与えることであり、神の愛は奢らず、高ぶらす、それ自身は目立ちません。その神の愛が、私たちの生きる中心に入り込み、そこから私たちに「あなた方に平和があるように」と言って私たちを支えてさださいます。復活の主イエスが、私たちの奥深くから「主の平和」を宣言し、生かしてくださるのです。これが今日の聖書日課福音書の前半部分のメッセージです。
 そして、この出来事主イエスの復活の出来事は、旧約聖書に記された神の御計画がこのイエスによって達成されたことなのだと伝えることが今日の聖書日課福音書後半のテーマです。
 主イエスの復活は、例えて言えば、主イエスを焦点とするレンズによって人々の神理解がレンズを通す前と後では、まったく反転してしまう出来事だったのです。
 パウロは、ローマの信徒への手紙第5章12節で、人間の原型であるアダムによってこの世に罪が入り込み、「罪によって死が入り込んだように、死はすべての人に及んだのです。」と言いました。アダムによって罪がこの世に拡散したのです。そして、この罪は私たちにも及び、私たちもこの罪を背負い続けねばならなかったのです。しかし、この罪は、パウロがローマの信徒への手紙第5章18節で語っているとおり、「一人の罪によってすべての人に有罪の判決が下されたように、一人の正しい人の行為によって、すべての人が義とされて命を得ることになったのです」。つまり、すべての人の罪は主イエスの十字架に収束し、主イエスの復活によって罪の時代は終息したとパウロは説明している、と言えるでしょう。神のご計画によって、旧約のすべては、主イエスをとおして新しい命の恵みへと変えられています。
 この恵みを最初に受けたのが、部屋に閉じこもり怯えていた弟子たちであり、主イエスが彼らを祝福する言葉が「あなたがたに平和があるように(シャローム)」でした。この主イエスの救いのみ業を信じ生かされるわたしたちもキリストの復活の証人です。これが今日の聖書日課福音書の後半メッセージです。
 この「シャローム」という言葉を受けた弟子たちは、それから50日経った日に、聖霊を与えられて、エルサレムから世界へと遣わされていきます。
 弟子たちがキリストの復活の証人としてどのように働いたのかは使徒言行録の中に記されていますが、ペトロ、ステパノ、パウロたちは使徒言行録の中で、イエスの復活について力強く説教をしています。彼らの説教の内容は、みな今日の聖書日課福音書の後半で主イエスが弟子たちに教えたことに他なりません。すなわち旧約の流れの中で主イエスは受難の死を遂げて甦るということなのです。
 今日の聖書日課福音書からその箇所をもう一度読んで、復活の主イエスの教えの要点を見てましょう。ルカによる福音書第24章45節以下です。
 イエスは、聖書を悟らせるために彼らの心の目を開いて、言われた。
 「次のように書いてある。『メシアは苦しみを受け、三日目に死者の中から復活する。また、罪の赦しを得させる悔い改めが、その名によってあらゆる国の人々に宣べ伝えられる』と。エルサレムから始めて、あなたがたはこれらのことの証人となる。」
 私たちも救い主の復活の証人です。イエス・キリストの復活の証人として、復活の主イエスを通して示された主の平和(シャローム)の実現のため、私たちもそれぞれの働きへと遣わされて参りましょう。
posted by 水戸聖ステパノ教会 at 17:31| Comment(0) | 説教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月08日

トマスの信仰告白 ヨハネによる福音書20:19−31     復活節第2主日   2018.04.08

トマスの信仰告白
ヨハネによる福音書20:19−31     復活節第2主日   2018.04.08
 
 復活節第2主日の福音書は、甦った主イエスが弟子たちにそのお姿を現された物語が採り上げられており、その内容は二つの段落に分けられます。前半は、甦った主イエスが弟子たちにお姿を現されたこと、後半はその一週間後にその時にその場にいなかったトマスを含めた弟子たちに主イエスがお姿を現されたことを記す物語が置かれています。
 今日は、ことに福音書の後半のトマスに思いを向け、復活の主イエスに信仰の告白をしながら生きることついての導きを受けたいと思います。
 主イエスが、復活のお姿を弟子たちに現されたのは、甦りの日も暮れようとする頃でした。主イエスは、部屋の鍵をかけて閉じこもっていた弟子たちに復活のお姿を示してくださいました。その時、主イエスは弟子たちを責めたり叱ったりしたのではなく、「あなたがたに平和があるように」と祝福してくださったのです。
 その時、トマスはそこにいませんでした。もしかしたら、トマスは弟子たちが皆、重苦しい沈黙の中で胸が張り裂けるほどの思いで一つ所にいることに耐えられず、部屋を出て、噂に聞こえてきた「イエスは生きておられる」ということの真偽を探りに歩き回っていたのかもしれません。
 トマスは、イエスの甦りについて何の証拠も手がかりも得られないままに、仲間のいる部屋に戻ってきました。すると、他の弟子たちはトマスが出ていく前とはまったく別人のように、生き生きとしているのです。彼らは口を揃えて「私たちは主を見た」と言います。トマスはそのようなことはとても信じられず、こう言いました。
 「あの方の手に釘の跡を見、この指を釘跡に入れてみなければ、また、この手をその脇腹に入れてみなければ、わたしは決して信じない。」
 主イエスが甦ってから8日経った日、つまり主イエスがトマスを除く弟子たちのところに最初にお姿を現してからちょうど一週間経った日、主イエスは、一週間前と同じように、今度はトマスも他の弟子たちと一緒にいるところに、甦りの姿を再び現されたのでした。主イエスは、トマスのことをすべて知っておられ、トマスにご自分の両手と脇腹をお示しになって、次のように言われました。
 「あなたの指をここに当てて、わたしの手を見なさい。また、あなたの手を伸ばし、わたしの脇腹に入れなさい。信じない者ではなく、信じる者になりなさい。」
 聖書には、トマスが実際に主イエスのお体に触れて傷痕に手を入れたかどうかということは記していません。それはある意味たいして重要なことではなく、ここで大切なことはトマスが「わたしの主、わたしの神よ。」と答えて、自分の信仰を告白していることです。
 ここで一つ、トマスにまつわる他の話を思い起こしてみましょう。
 ヨハネによる福音書第11章に、主イエスがベタニヤのラザロを甦らせた話があります。おそらく、ガリラヤの地方におられた主イエスはラザロが病気であることを知り、イエスは「もう一度、ユダヤの地に行こう。」と言われました。その時、弟子たちは「ユダヤ人たちがついこの間もあなたを石で打ち殺そうとしたのに、またそこへ行かれるのですか。」と言って、イエスがユダヤの地方に行くことを思い止まらせようとしました。しかし、イエスは、既にラザロは死んでおりそのラザロを眠りから起こしに行くのだと、ご自分の決意を弟子たちに伝えるのです。この時、おそらくトマスは、その主イエスに何かただならぬ雰囲気や気配を感じたのではないでしょうか。イエスが殺されることになるかもしれないのに、ユダヤ、エルサレムの地方に上っていこうとするそのお姿に接して、またイエスのその思いの強さを感じて、トマスは次のように言うのです。「わたしたちも行って、一緒に死のうではないか(11:16)」。
 このように言ってトマスは自分の決意をイエスと弟子たちの前で表明したのでした。しかし、このトマスも含めて弟子たちは、イエスが祭司長やファリサイ派の人々が遣わした下役の兵士たちに捕らえられた時、「一緒に死ぬ」どころか、イエスを守ることもできず、皆逃げ去ってしまったのでした。
 誰にも止められないその流れと勢いの中で、主イエスは十字架に死にました。イエスの十字架は弟子たちを含め人々の罪をえぐり出しました。
 それから3日目、弟子たちは墓に出かけた女性たちから、墓が空であることを告げられました。ペトロとヨハネの二人も墓が空であることを確認しました。それだけではなく、マグダラのマリアから復活のイエスにお会いしたことを伝えられていたはずです。
 それでも、弟子たちは、イエスの甦りのことは考えることもできず、戸には鍵をかけた部屋の中で、イエスの十字架の死とそれを通して露わにされた自分たちの弱さと小ささを痛感し、イエスを裏切って逃げ出した自分を受け入れられず、ただただ押し黙るほかなかったのです。
 冒頭にも触れたとおり、甦った主イエスがその部屋にいる弟子たちの前に現れ、祝福の言葉をかけてくださった時、トマスはそこにいませんでした。他の弟子たちから、甦った主イエスがその場に現れて傷跡を見せ、弟子を祝福してくださったことを、他の弟子たちからどんなに熱く話されても、トマスはそれを信じることができませんでした。
 それから1週間経ちました。トマスはその一週間、他の弟子たちに幾度イエスの復活について説明されようと、「あの方の手に釘の跡を見、この指を釘跡に入れてみなければ、また、この手をその脇腹に入れてみなければ、わたしは決して信じない。」と言い続きてきたと想像されます。
 あの日からちょうど一週間経った日、あの時と同じように、甦った主イエスは弟子たちのいる部屋に入って来られました。そして、彼らの真ん中に立ち、また「あなたがたに平和があるように」と言ってくださいました。今度はトマスもそこにいました。
 「トマス、自分を裏切り者だと言って自分を責めるあなたにも、神の平和がある。」「自分は弱くて、小さくて、信仰の無いことが露わにされて、イエスの弟子だったなどとは恥ずかしくて言えないと感じているあなたのことも、私は愛している。神の愛はあなたにも惜しみなく注がれている。」イエスはそう言っておられるのです。
 主イエスは、トマスに両手とわき腹を示して言いました。「あなたの指をここに当てて、わたしの手を見なさい。また、あなたの手を伸ばし、わたしの脇腹に入れなさい。信じない者ではなく、信じる者になりなさい。」
 イエスが示した手とわき腹の傷は、自分もイエスを十字架につける側の一人であることが明らかにされた傷です。主イエスの十字架の傷は、イエスが捕らえられようとする時にそこから逃げ出すような自分の罪の結果が、イエスの体に記された動かぬ証拠となる傷です。でも、その傷跡は、それと同時に、主イエスが十字架での死を通してトマスの弱さも小ささも醜さもすべてを負ってトマスを贖い、赦してくださった証拠となった傷です。
 トマスは、その傷に自分の指を入れるまでもありませんでした。
 トマスは言いました。「わたしの主、わたしの神。」
 トマスは、この言葉を号泣しながら言ったに違いありません。この言葉と一緒に心のすべてを吐き出すように、イエスにすがりながらこの言葉を言ったに違いありません。自分の胸の中にあったすべての思いをこの言葉に込めて、「わが主、わが神。」と泣き崩れながら、トマスはイエスに自分の信仰を言い表したのです。
 「見たから信じる」とは、言葉の矛盾です。見たらそれは信じることではありません。仮にイエスの十字架と甦りを見ても見なくても、主イエスの十字架とそのみ傷が自分には関係が無いと言うのであれば、主イエスが幾度十字架に架かっても、甦ってそのお姿を現したとしても、その人にとってそれは大した意味を持たないでしょう。
 トマスの「わが主、わが神」と言った言葉は、トマスが復活のイエスを見て確認したことを意味する言葉なのではありません。この物語で大切な事は、自分がたとえどれ程に罪深くイエスを裏切って十字架に追いやってしまうような者であったとしても、神はイエスの十字架の御傷によって自分を贖い、赦し、愛し抜いて、「あなたがたに平和があるように」と言ってくださっていることを、トマスが我がこととして受け入れ、その信仰の告白をしたことなのです。
 この物語が私たちに求めることは、主イエスの復活を医学的に証明することではなく、甦った主イエスの体の傷は他ならぬ自分の罪の徴であり、しかもその傷は十字架の死をもってわたしたちを贖い、赦し、愛し抜いてくださる徴であることを受け入れ、トマスの信仰告白に合わせ、私たちも主イエスに向かって「わたしの主、わたしの神。」と叫ぶことなのです。
 私たちは、ペトロやトマスのような第一世代の弟子たちとは違い、生前のイエスや復活した主イエスを目の当たりにする経験をする者ではありません。そのような私たちも、主イエスがトマスに言われたように、「見ないのに信じる人は、幸いである。」という信仰によって生かされ、導かれています。十字架に死に復活した主イエスがわたしたちを贖い、赦し、愛し抜いていてくださることを信じ、「わたしの主、わたしの神。」と信仰を告白し、生かされることへと導かれていきたいと思います。
posted by 水戸聖ステパノ教会 at 06:02| Comment(0) | 説教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月05日

トマスを思い巡らせる     

トマスを思い巡らせる

 3年周期の聖餐式聖書日課で主日の聖餐式を行ってると、かつて同じ聖書日課で原稿をつくった説教の視点から抜け出せず、3年前と同じような説教になってしまうことが増えてきた。
 ことに、復活節第2主日は毎年同じ聖書日課福音書が採用されており、せいぜいその前半部をテーマにすることと後半部をテーマにすることを毎年繰り返すことになってしまう自分を感じてきた。今年は何とかそこから脱したいと思い、トマスに関する絵画にどのようなモノがあるのかを調べてみた。私が目にしたほとんどの絵画作品は、トマスがイエスのわき腹に二本の指を入れてその傷口に触れているのだか、私は随分昔から「トマスはイエスの傷跡に触れなかった」と信じており、どの作品にも共感できなかった。
 その中で、ただ一つ、エルンスト・バルラハという人の彫像の作品に感銘を受けた。
 バルラハは、1870年生まれのドイツの彫刻家、画家であり、また劇作家でもあったとのことである。この人の「再会」と題する彫刻では、トマスはややイエスを見上げるようにしてイエスの肩にすがってやや前屈みに立ち、イエスはそのトマスの脇を支えるようにして真っ直ぐに立っている。
 イエスがラザロを甦らせるために、またユダヤの地に向かおうとしている時、そのただならぬ雰囲気を感じたトマスはこう言った。
 「わたしたちも行って、一緒に死のうではないか(ヨハネ11:16)」。
 しかし、イエスが逮捕される時、弟子たちは一人残らず、イエスを置いて逃げてしまった。トマスもその中の一人だった。
 復活したイエスが、部屋に鍵をかけて閉じこもる弟子たちの中に立ち、「あなたがたに平和があるように」と告げた時、トマスはそこにいなかった。トマスは、他の弟子たちが「わたしたちは主を見た」と言っても、「あの方の手に釘の跡を見、この指を釘跡に入れてみなければ、また、この手をその脇腹に入れてみなければ、わたしは決して信じない。(ヨハネ」20:25)」と言った。
 それから8日の後、イエスはまた弟子たちに姿を現された。あの時と同じように、イエスは弟子たちの真ん中に立ち、「あなたがたに平和があるように(20:26)」と言われたのである。トマスはイエスと「再会」した。
 イエスはトマスに「あなたの指をここに当てて、わたしの手を見なさい。また、あなたの手を伸ばし、わたしの脇腹に入れなさい。(10:27)」と言い、トマスは答えて「わたしの主、わたしの神よ」と言った(20:28)。聖書はそれ以上のことは記していないが、トマスはこの時号泣していただろう。イエスを裏切った弱く醜い者に対しても、十字架で死んだイエスが「神はお前を愛して止まない」と言ってその傷口を示すとき、傷口は罪人を責め立ててその罪を暴く証としてではなく、無限の愛の徴となって人を生かす証になるのである。
 「再会」の像のトマスはイエスを見上げているが、そのトマスはイエスの支え無しには今にもくずおれんばかりであり、この時のトマスにとって、イエスの傷跡を見てそこに手を入れて確かめることはもはや問題にすべきことではなく、イエスの十字架によって自分が贖われ、赦され、愛されて生かされていることを知って、そのイエスに「わたしの主、わたしの神よ。」と、恐らくは号泣しつつ、信仰を告白していることが大切な事なのではないだろうか。
 かつてイスラエルの民は、モーセが独りシナイ山頂で神と語り合っている間に不安になり、目に見える徴を欲しがり、金の子牛を造ってそれを神として扱う過ちを犯した。
 私たちも、もしイエスの十字架と復活を信じるのではなく、復活の主を見て確かめようとするのなら、かつてのイスラエルの民と同じ過ちを犯すことになることを肝に銘じておく必要があるだろう。
 ちなみに『聖書−新共同訳−』では、トマスの信仰告白の箇所は「わたしの主、わたしの神よ。」と訳されているが、ここは呼格(よびかけ)ではなく、主格(主語になる形)であり、「わたしの主、わたしの神。」と呼びかけの「よ」を省略して訳してはどうだろうか。少なくとも私にはその方がピッタリする。
                                    2018.04.05
再会 イエスとトマス バルラハ.jpg
バルラハ『再会』
posted by 水戸聖ステパノ教会 at 18:06| Comment(0) | 牧師のコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする