2018年12月16日

悔い改め ルカによる福音書第3章7〜18 2018.12.16 C年降臨節第3主日

悔い改め
ルカによる福音書第3章7〜18 C年降臨節第3主日    2018.12.16

 主イエスの御降誕の備えをする3つ目の主日になりました。
 今日の聖書日課福音書は、先週の続きの箇所で、ルカによる福音書3章7節以下の御言葉が取り上げられています。先主日のテーマは「主の道を整える」ことでしたが、その具体的な事柄として、今日の聖書日課では「悔い改める」ことがテーマになっています。ここで、洗礼者ヨハネは救い主が到来する時は満ち、救い主を迎えるための「悔い改め」を迫っています。しかも、洗礼者ヨハネはそのことをとても厳しい言葉で訴えます。救い主はもう既に来ておられ、あなたがたに対する裁きの時は差し迫っており、さあ、今すぐに悔い改めよと、ヨハネは訴えたのでした。
 今日の福音書から導きを受ける上で、私たちは聖書が伝える事の「厳しさ」について理解しておく必要があります。
 図式的に、公式的に言えば、主イエスが救い主であるのは、私たち人間の罪を赦してくださるからです。主イエスは、その当時罪人呼ばわりされていた弱く貧しく小さくされた人々にも神の愛が及んでいることを身をもって示しました。しかし、当時の権力者たちに疎まれて十字架につけられ殺されることになりますが、主イエスはその十字架の上からさえ、神の愛と赦しを示してくださいました。
 神の愛は、無節操に私たちの犯す罪を何でも見逃して放任しておかれる愛ではありません。特に私たち日本人が「愛」と言うとき、多くの場合、何をしても誰もとがめない無節操や「見て見ぬふりをして関わらないこと」までも意味していることもあります。愛をそのように考える根底にあるのは、当事者としての関わりを持とうとしない無責任であって、それは聖書の伝える「愛」とは全く質の違うものなのです。そうした無責任は、神の「愛」とは反対方向の動きになるということを、私たちは覚えておきたいのです。
 「愛」という言葉の内実が曖昧になると、「悔い改め」ということの内実もまた曖昧になります。そして、何か悪事が発覚した時には、形式的に謝罪をして後はしばらく自粛することで時が過ぎるのを待つということになっていきます。
 今日の福音書のテーマである「悔い改め」ということについても、私たち日本人は、「悪かった」とか「申し訳ない」という時の感情に重点を置いて反省することとして考えがちです。聖書の説く「悔い改め」は、人の生きる基盤を完全に変えることであり、生きる方向を全く転換させて神に向き合うことであることを理解しておきたいのです。
 今日の福音書の中で、洗礼者ヨハネは厳しい言葉で人々に悔い改めを説きました。ヨハネは人々にこう呼びかけます。
 「マムシの子らよ、差し迫った神の怒りを免れると誰が教えたのか。」
 「マムシの子らよ」という呼びかけは、神に逆らう者の罪を指摘し、その責任を問う時に発せられる呼びかけです。当時のイスラエルの民は、自分たちは神に選ばれた民であると自負し、特にその指導者たちはエリート意識の上にあぐらをかいていました。洗礼者ヨハネの目で見ると、当時の権力者たちは、貧しく弱い立場の人々を差別してそこからなお奪い取る者に見えたのでしょう。
 旧約聖書の創世記には、この世界の最初の人であるアダムとエバがヘビの巧みな誘いにのって初めの罪を犯した物語があります。「マムシの子ら」とは、自分たちの罪を省みることなく、自覚することもなく、ちょうどアダムとエバを罪に引き入れたヘビに象徴されるように、他の人を神の御心から引き離す者に対して呼びかける厳しい言葉であり、洗礼者ヨハネは、自分を神に選ばれた者の側に置いて悔い改めることのない人々に向けて、このような厳しい弾劾の言葉を発したのでした。
 ヨハネのことを少し振り返ってみましょう。
 洗礼者ヨハネの父は祭司ザカリアです。祭司職はレビ族によって受け継がれる職務であり、ヨハネも当然祭司として生きていくはずの人でした。そうであれば、ユダヤ教の礼拝や儀式を執り行って生きていくはずの人であり、その権威の上にあぐらをかいて生きていくこともあり得た人でした。しかしヨハネは30歳近くなったとき、荒れ野に出て、駱駝の毛衣を身にまとい、いなごや野密を食べ物とする清貧の生活へと転身し、神殿ではなく荒れ野を自分の舞台として、そこで預言者のように生き、自分の後から来る救い主にお会いするために「悔い改めよ」と宣べ伝えて生きるようになっていきました。ザカリアの子ヨハネは、伝統的で権威ある神殿での礼拝の中にい続けることが出来たはずです。そして、何不自由なく、祭司として生きることも出来たはずです。しかし、ヨハネはそのような祭司階級に収まることに満足せず、人々が本当に救い主にお会いするにはどうすべきかを考えぬき、祭司職を捨てて荒れ野へ出て行き、そこから人々に対して厳しく悔い改めを説いたのでした。
 ヨハネがこのように徹底して悔い改めを説いた目的は、「自分の後から来るお方が、あなたがたに完全な赦しと愛を与えて下さるのだから、そのお方にお会いする者として相応しくなれ」、「悔い改めの結果を出せ」ということでした。
 ヨハネは人々に罪を自覚して悔い改めるように迫ります。自分の罪の自覚しない者にはそこに働く神の愛を知ることがありません。他ならぬ自分に罪の赦しが与えられていることの喜びと感謝がないのなら、受けた恵みに応えていこうとする態度も生まれません。
 逆に、自分の力ではもう自分を救うことも生かすこともできないことを自覚した者が、自分の力を遙かに越えた限りなく大きく深い赦しと愛が与えられていることを知り、それが他ならぬ自分のために用意されていたのだと受け入れた人は、その罪の自覚と悔い改めにふさわしい生き方へと生き方を転換して歩み出すことが出来るのです。悔い改めとはそういうことです。
 洗礼者ヨハネは、自分の直ぐ後に、その赦しと愛を与えてくださる救い主が来ていると訴えます。悔い改めて救いを待ち望む人々は、ヨハネの後に現れる救い主を喜びと感謝をもって迎え入れることが出来るのです。
 私たちにとって、実際に自分の罪を指摘されることやその罪を心から認めることは時には辛いことにもなります。時には、指摘した相手に腹が立つでしょう。でも、罪を指摘されて悔い改めることは、自分の本当の姿を認識するための大切なプロセスでもあり、「悔い改め」は神の赦しを土台として地に足の着いた生き方をするために通らなければならないことでもあるのです。そのような意味で、洗礼者ヨハネは私たち一人ひとりにも厳しく悔い改めを迫っていることを受け止めたいと思うのです。
 このように、私たちが悔い改める事は、時として痛みを伴うことではありますが、私たちはそのことを通して働く神の愛と赦しを更に深く受け取る事へと導かれるのです。その意味で、傲り高ぶっている自分を頑なに守る人にとっては、洗礼者ヨハネの言葉は極めて厳しく響くことでしょう。
 でも、洗礼者ヨハネはただ人々の罪を暴いて責め立ててそれで済ませていたのではありません。ヨハネは人々が悔い改めて救い主を迎え入れ、その救い主を通して赦された喜びを知り、神の御心に立ち返って生きることが出来るようにと、願っていたのではないでしょうか。
 神が主イエスによって救いを準備していて下さるのであれば、その救い主を拒み否定する者に対して洗礼者ヨハネが厳しく迫るのはごく当然のことであったはずです。私たちは今日の福音書から、自分の罪を深く見つめて悔い改めることは神に出会う招きにも繋がっていることを覚えたいと思います。
 救い主の御降誕を迎える前のこの主日に、洗礼者ヨハネを通して悔い改めのメッセージが与えられていることを感謝し、主イエスを私たちの心の奥深くにお迎えするのに相応しくなれるよう備えることが出来ますように。
posted by 水戸聖ステパノ教会 at 17:39| Comment(0) | 説教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月10日

主の道を整える ルカによる福音書第3章1〜6  C年降臨節第2主日   2018.12.09

主の道を整える
ルカによる福音書第3章1〜6  C年降臨節第2主日   2018.12.09
 
 主イエスのご降誕の備えを進める期節(降臨節)の二つ目の主日になりました。
 今日の主日のテーマは「主の道を整える」ということです。今日の特祷も旧約、使徒書、福音書の聖書日課も、主の道を備えることに触れられています。
 現在採用されている聖餐式の聖書日課は3年周期であり、今年は聖書日課C年を用いる年です。C年の福音書はルカによる福音書を中心に編成されています。今日、降臨節第2主日の福音書には、毎年、洗礼者ヨハネが荒れ野で人々に救い主にお会いするための用意を整えるように、悔い改めを迫る箇所がとり上げられています。
 洗礼者ヨハネは、旧約聖書イザヤ書第40章にある言葉を用いて「主の道を備えよ、その道筋を整えよ」と大声で人々に訴えたことでしょう。その頃、イスラエルの人々の中には、救い主の出現を待ち望む気運が高まっていました。人々の中には、こうして悔い改めを勧めて叫ぶ洗礼者ヨハネのことを、この人こそ待ち望んでいた救い主ではないか、と考える人もいました。でも、ヨハネは間もなく現れるであろう救い主に、いや、既に準備の整った救い主にお会いするために、それに相応しくお会いできるように訴え、救い主を指し示す者として徹して生きていたのです。
 この主日は、A年,B年、C年共に、マタイ、マルコ、ルカ各福音書から、その箇所が取り上げられていますが、各福音書の同じ物語と比較してみると、ルカによる福音書の物語には一つの違いがあることに気付きます。
 その違いとは、3つの福音書がどれも旧約聖書イザヤ書第40章3節の言葉が引用しているのですが、ルカによる福音書の場合は3節だけでなく3節から5節までの箇所を用いています。マタイとマルコの場合は「主の道を整え、その道筋をまっすぐにせよ」までを引用しているのに較べて、ルカはそれ以降の「谷はすべて埋められ、山と丘はみな低くされる。曲がった道はまっすぐに、でこぼこの道は平らになり、人はみな神の救いを仰ぎ見る」までを引用しています。
 このように福音記者ルカが、マタイ、マルコよりもこの部分を長く引用するのにはそれなりの意図があったと考えられます。
 それはマタイもマルコも、この場面設定の中で、洗礼者ヨハネが主の道を整えよと人々に訴えたという役割を取らせることに力点を置いているのに対して、ルカはそれだけではなくその後の部分をも伝えたかったのだろうということです。つまり、ルカは「主にお会いするために相応しい道を整えよ」と言うことに付け加えて「そうすれば人は皆神の救いを仰ぎ見る」という言葉を省くわけにはにはいかなかったのでしょう。
 主にお会いするために、あれこれ理屈をつけず、言い訳をせず、救い主をそっくりそのまま受け入れることが出来るように、心を真っ直ぐに救い主に向けよう、そうすることであなたがたは救い主を仰ぎ見るのだと、洗礼者ヨハネが宣べ伝えたことを、福音記者ルカは記しているのです。
 日本語の「道」という言葉も、非常に深い意味を含んでおり、しばしば比喩的な意味でも用いられています。聖書の中の「道」という言葉も、ヘブライ語でもギリシャ語でも、単に人が通行する「道路」という意味以上に、人の生き方、或いは人が人であるための踏み外せない方向性などを意味して用いられています。ヨハネによる福音書の中で主イエスご自身も「わたしは道であり、真理であり、命である」と言っておられることなど、直ぐに多くの人が思い浮かべることでしょう。今日の主日のテーマである「主の道を整える」ことも、単に参道を落ち葉やゴミが無いように掃除をしたり、整地をするような意味ではないことは言うまでもありません。
 この「道」は、私たちが神と出会う道です。洗礼者ヨハネや預言者たちを通して語られてきた言葉が私たちの現実とぶつかり合って、そこから神さまが更に深く私たちの中にお出でになって、私たちが神の救いを仰ぎ見るための道です。
 教会は昔から聖書の言葉を前にして祈り、静想することを大切にしてきました。それは自分の中に「主の道を整え」、主の御言葉によって自分が導かれるようになるための大切な方法でした。そのように自分の中に主にお会いする道を整えることと、人々の中に神の国の訪れを伝えていくことは、切り離すことの出来い二つで一つのことなのです。
 私がかつて主日の礼拝に司式と説教のために訪問した教会でのことです。その教会では主日の礼拝が終わると聖堂脇の小さな集会室でささやかなティータイムになります。そのテーブルを囲み出席者同士が、その日の説教の内容や聖書の箇所についての自分の思いを語り合ったり聞き合ったりする事が自然に行われていました。御言葉が大切にされ自分が御言葉によって養われるために、いわば「主の道を整える」という習慣が身に付いた素敵な会衆であり、良い教会の交わりが持てていることに感心したことがありました。こうした交わりの助けを得て、信仰者はいっそう自分の心に主の道を整え、より豊かに深く御言葉を自分の心に迎え入れることができるようになるのでしょう。私たちはこのようにして主の道を整え、主の救いを仰ぎ見る者へと育まれ、御国へと導かれる一つの事例であると言えます。
 私たちも、主の御言葉と出会い交わる「主の道」を一人ひとりの心に整えながら、神の御子救い主を迎える備えを進めたいと思うのです。。
 イスラエルの人々が主なる神に自分の道を整られ御言葉に生かされると言うことには、特別な思いがありました。エジプトで奴隷であった自分たちの先祖は、神の御手によってエジプトから解放された、いやそればかりではなく、バビロンで捕囚になっていた時にも自分たちの先祖は神の御手によって解放された。砂漠の中のでこぼこで曲がりくねった、道ともいえない道をひたすら神の言葉を頼りにしていたときに、神ご自身が導いてくださっていることを知り、私たちの先祖は主を仰ぎ見ることへと導かれたではないか。さあ、私たちも主に聞こう。聖なる神の言葉こそ私たちの救いを完成して下さる。洗礼者ヨハネは「主に道を備えよ」とイザヤ書の言葉を用いて、荒れ野から人々を生きる原点へと立ち返るように促していたのです。
 主イエスがお生まれになる頃のイスラエルは、政治的にはローマ帝国に占領され、領主ヘロデがローマに取り入ってその言いなりに政治を動かし、民の中にはイスラエルを政治的に独立させることこそ救いであると考える人も沢山おり、武力的な反抗を企てたり実際にテロに走る人々もいた時代でした。
 そのような時代に洗礼者ヨハネは告げました。
 「救い主は近い。いや既に時は来た。あなたの中に主の道を整えよ、あなたが主と出会う道筋をまっすぐにせよ。そうする者には主ご自身の方からあなたに近づいてくださり、あなたは主の救いを仰ぎ見ることになる。」
 私たちが自分自身と教会を振り返って、主イエスさまを迎えるとは、また、クリスマスを迎えるとはどのようなことでしょうか。
 小さく貧しいお姿でこの世界にお出で下さった救い主を迎えるために、私たちは自分の内なる「主の道」をしっかりと整え、救い主にお会いする喜びへと導かれたいと思います。そのようにする人を、主なる神ご自身が整え救いへと導いてくださいます。
 本日、降臨節第2主日の特祷をおささげします。
 いつくしみ深い神よ、あなたは悔い改めを宣べ、救いの道を備えるため、預言者たちを遣わされました。その警告を心に留め、罪を捨てる恵みをわたしたちに与え、購い主イエス・キリストの来臨を,喜びをもって迎えることができますように、主イエス・キリストによってお願いします。アーメン
posted by 水戸聖ステパノ教会 at 05:00| Comment(0) | 説教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月02日

終わりの時を生きる ルカによる福音書第21章25〜31節 2018.12.02

終わりの時を生きる
ルカによる福音書第21章25〜31節 降臨節第1主日   2018.12.02

 降臨節に入りました。本日付の月報『草苑』でも記しましたが、降臨節、アドヴェントとは、単に救い主の来臨を待ち望む期節ではなく、神が主イエスをこの世に遣わしてくださったことを覚え、今も私たちに臨んでいてくださることを覚え、神ご自身がこの世界に生きる私たちにアドヴェンチャー(挑戦)し
てくださることに応え、私たちも神さまの御心に向かって歩みを進めていく時であることを心に据えたいと思います。そのように過ごしながら、主イエス・キリストの御降誕の日の準備をして参りましょう。
 今日、与えられている聖書日課には、旧約聖書も使徒書も福音書もみな「終わりの時」についての事が記しています。私たちは、毎主日ニケヤ信経や使徒信経によって信仰の告白をしていますが、その中で天に昇った主イエスが再び「生きている人と死んだ人とをさばくために来られます」と唱えています。また、今日の福音書の中にも、「人の子が大いなる力と栄光を帯びて雲に乗ってくるのを人々は見る」と記しています。教会は古くからこのことを「キリストの再臨」と言って、キリスト教思想の中で一つの大切な要素になってきました。この考えは現代に生きる私たちの世界観や歴史の理解とはことなって、今ではもうなかなか受け入れられなくなったり誤解される事も多くなっています。また、キリスト教から派生してできた宗教団体や他の宗教思想の中にキリスト教の再臨についてだけを切り取って、本来の考えとは違う解釈を加え人々の不安を煽ったり、「終わりの時」の日時までをほのめかして人々の不安感を煽ってその不安の中に入り込もうとする人たちがいます。
 私たちは聖書が告げている「終わりの時」についてどう考え、どのような態度でいればよいのでしょうか。そして私たちはどのようにして「終わりの時」に備えるべきなのでしょうか。あるいはまた、「終わりの時」に備えると言うとき、私たちは特定の日や時期までを想定すべきなのでしょうか。
 このことを考える上での糸口になる言葉が、主イエスご自身がお話になった言葉の中にあります。例えば、使徒言行録の第1章7節では「父がご自分の権威をもってお定めになった時や時期は、あなたがたの知るところではない。」
 また、パウロはテサロニケの信徒への手紙一第5章1節以下で「兄弟たち、その時と時期についてはあなたがたに書き記す必要はありません。盗人が夜やってくるように、主の日は来ると言うことを、あなたがた自身よく知っているからです。」と言っています。つまり、救い主がが再び来られる日を私たち人間の側で、何時、どのように、などと決めてはならないし、決める事など出来ないのです。なぜなら、神のなさることを人が出来るかのように思い上がったり、神に生かされている私たちが勝手に主の再臨の時が何時かを決めることなど、私たち人間の考えの中に神の働きを閉じこめたり、神の働きを人間の側で決めつけようとする傲慢に他ならないからです。
 もし、私たちがその様に思い上がったり傲慢になってまで、主イエスの再臨の時を知りたいのだとしたら、その心の奥にはどのような思いがあるのかを見つめてみるべきなのではないでしょうか。そこには、きっと宿題に手を付けるのを提出期限一杯に延ばしたり、すべき仕事を「後でやればいい」と言い続けお尻に火がついた状態になってやっと帳尻あわせをして済まようとする事に似て、私たちの自分中心や怠惰が潜んでいるのではないかと思います。
 私の神学生時代、当時の聖公会神学院の校長は、後に東京教区主教になられる竹田眞先生でした。その当時、ある日の雑談の中で話題が「終わりの時」のことになったことがありました。竹田眞先生は、よく「終わりの時はいつ来るのですか」と尋ねられるけれど、その時には「それはもう昨日来てしまいました」と答えることにしていると笑いながら言っておられたことがあります。私たちがもし、主イエスの来臨の時がいつか分かったとして、私たちがその時のためにさあ何か特別なことをしましょうというのであれば、あまりに打算的です。また「終わりの時」が来ないのなら今の自分の生活のままでいいというのなら、あまりにその場しのぎになるでしょう。自分を振り返ってみて、もっと悔い改めなければならない自分なのに、「終わりの時」が来ないのなら、ふしだらな自分のままでいても構わないというのであれば、それもまたあまりに身勝手な考えだと言えるでしょう。
 本当に主イエスがおいで下さることを待ち望む人は、何時その時を迎えるのか分からない中で、その時その時を大切にして、何時主イエスにお会いしても良いように、悔いのない今を生き続けていこうとするはずです。仮にその時が今こうして生きる真只中に来たとしても、本当に主の来臨を待ち望んでいる人であれば、与えられた自分の人生の限界の中で、自分として精一杯生きることを通して神の御心を現してきたことを感謝して、喜んで神の裁きの前に立てるはずです。
 主イエスが私たちのところに再びおいでくださるということは、神の御心がこの世界に完成した時の姿から私たち一人ひとりの生き方に光を当てて、神によって私たちの生き方を問い返されると言うことです。神のお働きが完成した時の光に照らされる私たちは、その時に私たちは誰でも神の愛と赦しがなければ、罪と失敗と怠りだらけの自分がクッキリと照らし出されて耐えることが出来なくなることでしょう。でも、もしそのような私たちであっても、私たちは既に主イエスの十字架によって罪が赦され、完全な愛によって受け容れられて、天の国を約束されているのです。
 この信仰を持つ時、再び主イエスにお会いすることは恐れではなく喜びになるのです。
 「終わりの時」を生きることは、自分の最も大切な人を迎えてお会いする思いにもにて、喜びと希望に満ちあふることです。
 私たちは誰もが、「終わりの時」にお会いするお方によって、これまでに二つと無いそしてこれからも二つと無い大切な存在としてこの世に生かされています。神の永遠から永遠までのお働きの中では、誰もが取るに足りない小さな存在ではありますが、一人ひとりが神に愛され、赦されて「終わりの時」の主イエスに招かれて生きているのです。そのように生きるとき、主イエスにお会いすることは恐れではなく喜びとなり希望となるのです。その希望と喜びは、私たちが抱える苦しみや悲しみの時を短くしてくれることを、福音書は教えています。
 主イエスは、私たちが掛け替えのない自分の人生を喜んで生きるように望んでおられます。主イエスはこの世にその事を示すために、貧しい姿をとってこの世に来てくださって、十字架にお架かりになりました。そして主イエスは神の御心が完成した時の姿を十字架と復活によって示してくださいました。その主イエスは、私たちを天の国へと招くために再び来られる、という思想の中にクリスチャンは生かされ、私たちもその喜びと希望の中に生かされています。
 今から二千年前の主イエスの御降誕に、神のアドヴェントのお姿が現されました。それはまさに神のアドヴェンチャーのお姿でした。私たちもその神に応えて、降誕の日を共に喜び祝うことが出来るように信仰の歩みを進めて参りましょう。
posted by 水戸聖ステパノ教会 at 15:26| Comment(0) | 説教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする