2020年07月05日

イエスの軛を負う  マタイによる福音書11:25−30  聖霊降臨後第5主日(特定9) 2020.07.05

イエスの軛を負う  聖霊降臨後第5主日(特定9) 2020.07.05
マタイによる福音書11:25−30

 「疲れた者、重荷を負う者は、だれでもわたしのもとに来なさい。休ませてあげよう。」
 聖書の言葉が、時に、その言葉が出てくる脈絡を越えて、あるいは無関係に、私たちの胸に迫ってくることがあります。
 主イエスが、「疲れた者、重荷を負う者は、だれでもわたしのもとに来なさい。休ませてあげよう。」と言ってくださったこの言葉が、2000年の時を経て、今の自分に深く入り込んでくることがあります。
 それは、何億年も前に光を放った星が、私たちが何かの思いで夜空を見上げた時に、その光をまさに今の自分のために光っていると感じるように、主イエスの言葉が今の私に語りかけてくるということなのでしょう。
 私たちは生きている限り悩みがあり、悲しみや苦しさが伴います。生きる上での辛さや悩みは決して悪いことではないし、それは罪でもありません。むしろ、私たちが生きているが故に負う悩み、苦しみ、辛さや悲しさをしっかり負わずに、そこから目をそむけたりごまかしたりするところに、悪が入り込んできたり罪が生まれたりするのではないでしょうか。
 そうであれば、私たちは日頃の生活で自分たちが担うべきことをしっかりと担い、主イエスに導かれ伴われて生きていきたいと思うのです。
 今日の福音書の特に後半部分は、主イエスが私たちを本当の自分になって生きていくことが出来るようにと招き、促しておられる御言葉です。
「わたしは柔和で謙遜な者だから、わたしの軛を負い、わたしに学びなさい。そうすれば、あなたがたは安らぎが得られれる。わたしの軛は負いやすく、わたしの荷は軽いからである。(マタイ11:29-30)」
 軛とは、牛などの家畜が荷車や鍬を後ろにして引くときに、首にかける横木のことです。人が生きていくということは、誰でも自分の軛を負うことに例えられます。そして、わたしたちが負うべき軛は、誰もが神から与えられた大切な一生をその人としての命を生かしていくという課題ということです。
 言葉に表せば簡単なことですが、実際に自分の軛を負って生きるということを自分の力によって貫こうとすれば、どれほど難しくまた大変なことなのかを感じておられる人も多いのではないでしょうか。
 だからこそ主イエスは「疲れた者、重荷を負う者は、誰でもわたしのもとに来なさい。休ませてあげよう。」と言ってくださっているのです。
 私たちは、この主イエスの御言葉を受けて、自分が負うべき軛を正しく負っているのかどうかを振り返ってみたいのです。私たちは本当に神から与えられた軛を負っているのでしょうか。私たちは、神から与えられた自分の命を育むために与えられた各自の軛を負って生きているはずです。その軛の質も重さもそれぞれに違いますが、軛は全ての人に与えらて誰もが担わねばなりません。私たちは、時にそれを正しく担えなくなって、その軛を投げ出したくもなり、自分にも他者にもまた神に対しても、あるべき関係を作れなくなってしまうこともあるかも知れません。
 私たちは、本来に負うべき軛を脇に置いて、例えば見栄を張ることや他人と比較して上に立つことや他人を悪く言ったり見下したりすること考えて、本当に自分の負うべき軛ではない物事に心を奪われてしまうことさえあるのです。そして、自分が神から与えられた本当の軛とは何なのかを見失ってしまっていることもあるでしょう。
 私の恩師が「悩むのなら上手に悩みなさい。建設的に悩みなさい。」と言っておられたことを思い出します。
 「軛」という視点から、パウロのことを考えてみましょう。
 パウロは、かつてはイエスを救い主とする人々を嫌い、その人々を迫害することに息巻いていました。パウロはかつての自分を振り返って、フィリピの信徒への手紙の中で次のように記しています。
 「わたしは8日目に割礼を受け、イスラエルの民に属し、ベニヤミン族の出身で、ヘブライ人の中のヘブライ人です。律法に関してはファリサイ派の一員、熱心さの天では教会の迫害者、律法の義については非のうちどころのない者でした。(同3:5)」
 イエス・キリストと出会う前のパウロは、自分が軛を負うとはこのように生きることだと考えていました。神との間に結んだ契約を全うして、その契約に反する者を厳しく糾弾し、そうすることで神の前に個人的にも民族としても「正しい者」とされてることこそ正しい軛の負い方であると、パウロは考えました。
 しかし、パウロはフィリピ書の中でそれに続けてこう振り返っています。
 「しかし、わたしにとって有利であったこれらのことを、キリストのゆえに損失と見なすようになったのです。そればかりか、わたしの主キリスト・イエスを知ることのあまりのすばらしさに、今では他の一切を損失と見なしています。」
 パウロは、自分が迫害する対象としていた人たちが負っていた軛である主イエスに出会いました。そして回心して、パウロもイエス・キリストを軛として負う人に変えられました。パウロはこのような自分を、「もはや自分ではなくキリストがわたしの中に生きている」と言い、「わたしはキリストを着る」という言い方で表現しています。
 パウロは、キリストと出会って回心する前には、律法を自分の軛とし、律法に照らして完璧な者になろうと努めました。しかしその時のパウロは、そうしよう努めれば努めるほど、神の前には完全ではない自分を感じないわけにはいきませんでした。パウロはかつての自分は「律法の義については非のうちどころのない者」であったと言っていますが、今日の使徒書の中に記しているように、実はそのような自分は「わたし自身は心では神の律法に仕えていますが、肉では罪の法則に仕えているのです。」と言っています。パウロは、律法の軛を負って「律法に従おう、律法に反することなく生きよう」とすればするほど、自分の心と体の間に亀裂を深め、神の律法に仕えているつもりなのにそれが罪を産んでしまう自分に苦しまないわけにはいかったのです。パウロは、自分の力を頼みとして神の前に一途に生きようとしたからこそ、それでは完璧にはなれない自分が明らかにされ、更に自分を苦しめる結果になったと言うことが出来るでしょう。
 私たちの中には、このようなパウロの姿を自分の中に見出す人も多いのではないでしょうか。主イエスはこのようなパウロに表れてくださり、また私たちにも出会ってくださいます。
「疲れた者、重荷を負う者は、誰でもわたしのもとに来なさい。休ませてあげよう。わたしは柔和で謙遜な者だから、わたしの軛を負い、わたしに学びなさい。そうすれば、あなたがたは安らぎが得られれる。わたしの軛は負いやすく、わたしの荷は軽いからである。」
 主イエスは、私たちが主イエスのみ言葉を義務として受け取ることを望んでおられるのではありませんし、道徳として実践することを願っておられるのでもありません。そうではなく、私たちが主イエスの招きに応じて自分の全てを委ね、その自分を受け容れていただいた結果、主イエスにお応えすることが出来るようになるのです。
 私たちが為すべきことは、主イエスの許に重荷を下ろして自分を委ね、主イエスに愛されている恵みをしっかりと自分の中に受け容れることなのです。私たちが自分の力では負い切れない自分の重荷を主イエスの御許で下ろし、ちょうど親鳥の翼の下で守られる雛のようにイエスの御許で安らぐこと、そのために招いてくださっている主イエスに従うが求められているのです。
 主イエスの招きの言葉を受け、主イエスの大きな愛の中で本当の自分を回復し、主イエスによって受けた愛の軛を負って日々歩んでいくことができますように。その時、私たちはその歩みに一緒に軛を負ってくださる主イエスに気付き、主イエスへの感謝と賛美へと導かれるのです。
 主イエスのもとに進み出て重荷を下ろし、主イエスが共に負ってくださる軛を負い直し、感謝と賛美に導かれて参りましょう。
 願わくは父と子と聖霊の御名によって アーメン
聖霊降臨後第5主日(特定9) 2020.07.05
マタイによる福音書11:25−30

 イエスの軛を負う

 主よ、どうか私たちのところに来て下って私たちの心を治め、共にいて下さり、あなたの御言葉によって私たちを養い、導いてください。主イエス・キリストの御名によって祈ります。アーメン

 「疲れた者、重荷を負う者は、だれでもわたしのもとに来なさい。休ませてあげよう。」
 聖書の言葉が、時に、その言葉が出てくる脈絡を越えて、あるいは無関係に、私たちの胸に迫ってくることがあります。
 主イエスが、「疲れた者、重荷を負う者は、だれでもわたしのもとに来なさい。休ませてあげよう。」と言ってくださったこの言葉が、2000年の時を経て、今の自分に深く入り込んでくることがあります。
 それは、何億年も前に光を放った星が、私たちが何かの思いで夜空を見上げた時に、その光をまさに今の自分のために光っていると感じるように、主イエスの言葉が今の私に語りかけてくるということなのでしょう。
 私たちは生きている限り悩みがあり、悲しみや苦しさが伴います。生きる上での辛さや悩みは決して悪いことではないし、それは罪でもありません。むしろ、私たちが生きているが故に負う悩み、苦しみ、辛さや悲しさをしっかり負わずに、そこから目をそむけたりごまかしたりするところに、悪が入り込んできたり罪が生まれたりするのではないでしょうか。
 そうであれば、私たちは日頃の生活で自分たちが担うべきことをしっかりと担い、主イエスに導かれ伴われて生きていきたいと思うのです。
 今日の福音書の特に後半部分は、主イエスが私たちを本当の自分になって生きていくことが出来るようにと招き、促しておられる御言葉です。
「わたしは柔和で謙遜な者だから、わたしの軛を負い、わたしに学びなさい。そうすれば、あなたがたは安らぎが得られれる。わたしの軛は負いやすく、わたしの荷は軽いからである。(マタイ11:29-30)」
 軛とは、牛などの家畜が荷車や鍬を後ろにして引くときに、首にかける横木のことです。人が生きていくということは、誰でも自分の軛を負うことに例えられます。そして、わたしたちが負うべき軛は、誰もが神から与えられた大切な一生をその人としての命を生かしていくという課題ということです。
 言葉に表せば簡単なことですが、実際に自分の軛を負って生きるということを自分の力によって貫こうとすれば、どれほど難しくまた大変なことなのかを感じておられる人も多いのではないでしょうか。
 だからこそ主イエスは「疲れた者、重荷を負う者は、誰でもわたしのもとに来なさい。休ませてあげよう。」と言ってくださっているのです。
 私たちは、この主イエスの御言葉を受けて、自分が負うべき軛を正しく負っているのかどうかを振り返ってみたいのです。私たちは本当に神から与えられた軛を負っているのでしょうか。私たちは、神から与えられた自分の命を育むために与えられた各自の軛を負って生きているはずです。その軛の質も重さもそれぞれに違いますが、軛は全ての人に与えらて誰もが担わねばなりません。私たちは、時にそれを正しく担えなくなって、その軛を投げ出したくもなり、自分にも他者にもまた神に対しても、あるべき関係を作れなくなってしまうこともあるかも知れません。
 私たちは、本来に負うべき軛を脇に置いて、例えば見栄を張ることや他人と比較して上に立つことや他人を悪く言ったり見下したりすること考えて、本当に自分の負うべき軛ではない物事に心を奪われてしまうことさえあるのです。そして、自分が神から与えられた本当の軛とは何なのかを見失ってしまっていることもあるでしょう。
 私の恩師が「悩むのなら上手に悩みなさい。建設的に悩みなさい。」と言っておられたことを思い出します。
 「軛」という視点から、パウロのことを考えてみましょう。
 パウロは、かつてはイエスを救い主とする人々を嫌い、その人々を迫害することに息巻いていました。パウロはかつての自分を振り返って、フィリピの信徒への手紙の中で次のように記しています。
 「わたしは8日目に割礼を受け、イスラエルの民に属し、ベニヤミン族の出身で、ヘブライ人の中のヘブライ人です。律法に関してはファリサイ派の一員、熱心さの天では教会の迫害者、律法の義については非のうちどころのない者でした。(同3:5)」
 イエス・キリストと出会う前のパウロは、自分が軛を負うとはこのように生きることだと考えていました。神との間に結んだ契約を全うして、その契約に反する者を厳しく糾弾し、そうすることで神の前に個人的にも民族としても「正しい者」とされてることこそ正しい軛の負い方であると、パウロは考えました。
 しかし、パウロはフィリピ書の中でそれに続けてこう振り返っています。
 「しかし、わたしにとって有利であったこれらのことを、キリストのゆえに損失と見なすようになったのです。そればかりか、わたしの主キリスト・イエスを知ることのあまりのすばらしさに、今では他の一切を損失と見なしています。」
 パウロは、自分が迫害する対象としていた人たちが負っていた軛である主イエスに出会いました。そして回心して、パウロもイエス・キリストを軛として負う人に変えられました。パウロはこのような自分を、「もはや自分ではなくキリストがわたしの中に生きている」と言い、「わたしはキリストを着る」という言い方で表現しています。
 パウロは、キリストと出会って回心する前には、律法を自分の軛とし、律法に照らして完璧な者になろうと努めました。しかしその時のパウロは、そうしよう努めれば努めるほど、神の前には完全ではない自分を感じないわけにはいきませんでした。パウロはかつての自分は「律法の義については非のうちどころのない者」であったと言っていますが、今日の使徒書の中に記しているように、実はそのような自分は「わたし自身は心では神の律法に仕えていますが、肉では罪の法則に仕えているのです。」と言っています。パウロは、律法の軛を負って「律法に従おう、律法に反することなく生きよう」とすればするほど、自分の心と体の間に亀裂を深め、神の律法に仕えているつもりなのにそれが罪を産んでしまう自分に苦しまないわけにはいかったのです。パウロは、自分の力を頼みとして神の前に一途に生きようとしたからこそ、それでは完璧にはなれない自分が明らかにされ、更に自分を苦しめる結果になったと言うことが出来るでしょう。
 私たちの中には、このようなパウロの姿を自分の中に見出す人も多いのではないでしょうか。主イエスはこのようなパウロに表れてくださり、また私たちにも出会ってくださいます。
「疲れた者、重荷を負う者は、誰でもわたしのもとに来なさい。休ませてあげよう。わたしは柔和で謙遜な者だから、わたしの軛を負い、わたしに学びなさい。そうすれば、あなたがたは安らぎが得られれる。わたしの軛は負いやすく、わたしの荷は軽いからである。」
 主イエスは、私たちが主イエスのみ言葉を義務として受け取ることを望んでおられるのではありませんし、道徳として実践することを願っておられるのでもありません。そうではなく、私たちが主イエスの招きに応じて自分の全てを委ね、その自分を受け容れていただいた結果、主イエスにお応えすることが出来るようになるのです。
 私たちが為すべきことは、主イエスの許に重荷を下ろして自分を委ね、主イエスに愛されている恵みをしっかりと自分の中に受け容れることなのです。私たちが自分の力では負い切れない自分の重荷を主イエスの御許で下ろし、ちょうど親鳥の翼の下で守られる雛のようにイエスの御許で安らぐこと、そのために招いてくださっている主イエスに従うが求められているのです。
 主イエスの招きの言葉を受け、主イエスの大きな愛の中で本当の自分を回復し、主イエスによって受けた愛の軛を負って日々歩んでいくことができますように。その時、私たちはその歩みに一緒に軛を負ってくださる主イエスに気付き、主イエスへの感謝と賛美へと導かれるのです。
 主イエスのもとに進み出て重荷を下ろし、主イエスが共に負ってくださる軛を負い直し、感謝と賛美に導かれて参りましょう。
posted by 水戸聖ステパノ教会 at 22:10| Comment(0) | 説教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

剣をもたらす 2020年6月28日 

6月28日 聖霊降臨後第4主日
 この日は、広田勝一教区主教が、本教会に巡回し、司式・説教をして下さいました。
 今週の説教の公開はありません。
 
 【聖書日課黙想】を転載します。
 主イエスは、「平和をもたらすためではなく、剣をもたらすために来た。」と言っておられます。それは、破壊そのものを目的とする言葉なのではなく、主イエスが平和のために働くことによって引き起こされることを告げる言葉なのです。
「平和」とは、単に争い事のない平穏な状態を意味するのではなく、神の御心が実現している姿を意味しています。
もし、争い事のない状態をつくり上げる原理が「権力」や「抑圧」や「支配」などであれば、人はそこで互いを生かしながら共に意味のある命を生きていくことはできなくなるでしょう。
主イエスの働きは、そのような社会に剣を投げ入れることになりました。イエスの示す真理を否定する権力者たちは、平和の根源であるイエスを抹殺することに動き始めるのです。
真の平和を実現する人を十字架につけるほどに平和から離れたこの世界に、主イエスは平和の初穂となってくださいました。
私たちは、本当の平和を実現するための優しさと強さを主イエスに祈り求めたいと思います。
posted by 水戸聖ステパノ教会 at 22:00| Comment(0) | 説教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月22日

恐れずイエスを証しする マタイによる福音書10:24−33 聖霊降臨後第3主日(特定7) 2020.6.21

恐れずイエスを証しする マタイによる福音書10:24−33 聖霊降臨後第3主日(特定7) 2020.6.21
                             
 私たちは、今日の聖書日課福音書から「恐れずに救い主イエスを宣べ伝える」ことについて導きを受けたいと思います。
 先ず、この箇所がどのような流れの中に置かれているのかを眺めておきましょう。
マタイによる福音書第10章5節を見てみると、「イエスはこの十二人を派遣するにあたり、次のように命じられた。」と記されており、今日の福音書の箇所は、主イエスがお選びになった十二弟子を派遣するに当たり、心に留めるべきことなどを伝えておられる中での言葉であることが分かります。
 そのような流れの中で、主イエスは第10章17節で「わたしが暗闇であなたがたに言うことを、明るみで言いなさい。耳打ちされたことを、屋根の上で言い広めなさい。」と言っておられます。主イエスが、「弟子であるあなた方ににそっと教えたことを、あなたがたは人々の前ではっきりと告げ知らせなさい。わたしが耳元でそっとあなたがたに教えたことを、あなた方は誰にもはっきりと聞こえるように言い広めなさい。」という意味で言っておられることが分かります。主イエスは、弟子たちに、人々の前ではっきりと神の御心を語り示すように勧め、教えておられるのです。
 このような流れの中で、主イエスは幾度も「恐れるな」と言っておられます。主イエスの名によって派遣される弟子たちには、きっと大きな不安や恐れがあり、また、主イエスを伝える働きを担うが故の様々な恐れが生じてきたのでしょう。
 弟子たちは、様々な恐れを抱えながらも、人々の前ではっきりと主イエスが救い主であることを伝えていく使命を与えられています。
 マタイによる福音書が編集された時代は、主イエスさまが十字架につけられてから約半世を過ぎた頃であると考えられています。当時、主イエスを救い主であると自分の信仰を表明する人は、ユダヤ教の権力者たちから弾圧され、迫害を受けたる時代になりつつありました。そのような中で、弟子たちは、目先の弾圧や迫害を恐れずに、この世界の歴史を支配し私たちの魂までを支配しておられる神に従い、神に生かされている者としてしっかり自分の信仰を表明するようにと主イエスの御言葉を心に据えていたのでしょう。
 今日の福音書の最後の部分を読んでみましょう。
 「だから、誰でも人々の前で自分をわたしの仲間であると言い表す者は、わたしも天の父の前で、その人をわたしの仲間であると言い表す。しかし、人々の前でわたしを知らないという者は、わたしも天の父の前で、その人を知らないと言う。」
 その当時も、恐れの故に自分がイエスの仲間であることを隠し、イエスの教えを語ることには口を閉ざす者もあったのかも知れません。
 私は、このことを考えると、もう30年以上も前のことになりますが、故八代崇主教が、私がまだ補佐の教役者として定住していた教会を管理してくださり、ある主日礼拝の説教の中で話してくださったことを思い出します。
 それは、長い間神戸で婦人宣教師をしてたリーという名の英国人のことです。 日本が満州事変から第二次世界大戦へと動いていく頃、日本にとってことにリー宣教師女史の母国イギリスや日本聖公会の運営を担っていたアメリカは連合国の中心にあり、言わば日本の敵国となり、「鬼畜米英」などという言葉も用いられる時代になっていきます。日本では、キリスト教が敵国の宗教であると一括りにされ、とりわけ聖公会は戦争相手国の教会であると見なされました。周囲の目を気にした信徒の中にはいつの間にか教会から離れていく者も多かったのです。
 神戸がまだ爆撃される前のこと、リー女史が市電に乗っている時、教会員でキリスト教の学校教師をしている人が同じ市電に乗っているのに気付き、彼女はその人に声をかけようとすると、その相手の人は、「あなたなど知りませんヨ。」というような態度で離れていったというのです。
 また、ある牧師は、英国人主教に取り入って用いられ、留学までさせてもらい、帰国後は他の邦人聖職や信徒を見下すようであったのが、戦争が始まると牧師を辞めて大東亜省という英語を使って仕事の出来る役所に入り、これまで共に過ごした聖職や教会員には何の関係もない素振りであったというのです。しかも、戦争が終われば一転して教会に戻り、英語を使って進駐軍に取り入って、物資の不足した時代にも羽振りを利かせていたというのです。
 八代崇主教は、女性宣教師リー女史の日記を戦時下の日本を理解する上での貴重な資料であるとお考えになっておられ、その一端を、主日礼拝の説教の中でご紹介くださったのです。
 戦争当時、多くの日本人がアメリカやイギリスの人を敵国人として敵視する中で、アメリカ人やイギリス人と関係を持つことスパイであると密告されたり、英語を使うことさえ禁じられた時代でもありました。かつてはどれほど世話になったか分からないほどであっても、一般人の前ではその人を知らないそぶりをして保身し、真理を捨てて目先の自分の利用できる都合の良い人にすり寄っていく生き方をして真理を口にしなくなるような生き方をする人はいつの時代にも多いのではないでしょうか。
 八代崇主教は、戦時下の日本人クリスチャンを批判するためにその話をなさったのではなく、恐れず主イエスを証していくことがどれほど厳しく難しいことなのかをお話しくださったのだと思います。私たちは誰でもこうした状況に置かれたとき、多くの人の前で主イエスの側に立つことをためらい、恐れるのではないでしょうか。
 私たちは、主イエスから、絶えず「あなたが守るべき真理は何か、あなたが声を上げて語るべき真理は何か」と問われている、と言うことも出来るのです。
 主イエスの一番の弟子であるペトロも、主イエスが捕らえられて大祭司の館の庭で取り調べを受けている時に、館の者に「お前もあのイエスの仲間だろう」と問い詰められて、3度「知らない」と言ってしまいました。主イエスが最後の晩餐の席で受難の予告をなさった時、ペトロは「死んでもあなたに従う覚悟は出来ています」とまで言っています。その時のペトロは、決して嘘をついたのではなく、本心でそう思っていたのでしょう。でも、私たち人間の心は弱く不確かです。いざという時に主イエスを裏切り否認する言葉を吐いたり、かつては外国人の知り合いがいることを自慢するほどであったあった人も、恩人である外国人を知らぬふりをするほどに弱いのです。
 やがて、ペトロが、人々の前で主イエスの証人として大胆に自分を表明できるようになったのは、主イエスが甦り、ペトロたちに聖霊が与えられたからでした。主イエスの十字架の死と甦り、昇天、そして聖霊が与えられるという一連の出来事を経験することによって、ペトロはやっと主イエスの派遣の言葉、ことに「恐れるな」ということを実感を持って受け入れることが出来るようになったのではないでしょうか。
 今日の福音書の最後の箇所で、誰でも人々の前で主イエスの側に立つことをはっきりと表明する人については、主イエスもまたその人のことを天の父の前で主イエスの仲間だとはっきりと表明して下さる、と言っておられます。「だから、恐れるな」とも言っておられます。
 自分の側からはまだまだ力が足りなかったり大きな力の前に恐れをなすような私たちですが、主イエスは主なる神の御前で、私たちの側に立って「この人は私の仲間」であると言ってくださいます。主イエスは、裏切ることなく、見捨てることなく、私たちを主イエスの仲間であると言ってくださいます。
 主イエスは、神の御心から離れてしまう者の側にまわって、十字架の上から祈り執り成してくださいました。そして今も天の国で父なる神の右におられ、主イエスの信仰を告白する者のために執り成していてくださいます。主イエスに愛され守られて力付けられ、主イエスを恐れずに証しする者になれるよう祈り求めまた導かれて参りましょう。
posted by 水戸聖ステパノ教会 at 05:38| Comment(0) | 説教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする