2019年01月01日

恵みと慈しみに富む神 出エジプト記第34章1〜9     主イエス命名の日  2019.1.1

恵みと慈しみに富む神
出エジプト記第34章1〜9     主イエス命名の日  2019.1.1


 降誕日から8日目となり、今日は「主イエス命名の日」です。
 今日の旧約聖書日課で、主なる神はご自身をこう説明なさいました。
 「主、主、憐れみ深く恵みに富む神。忍耐強く慈しみとまことに満ち、幾千代にも及ぶ慈しみを守り、罪と背きと過ちを赦す。しかし罰すべき者を罰せずにはおかず、父祖の罪を、子、孫に三代、四代までも問う者。(34:6)」
 そして、モーセはこの主なる神に跪きひれ伏してこう祈って言いました。
 「主よ、もしご好意を示してくださいますならば、主よ、わたしたちの中にあって進んでください。(34:9)」
 どのような状況の中でこの言葉が交わされたのかを振り返りながら、私たちもこの新しい年に、憐れみ深く恵みに富む神の導きを受けながら歩んでいくことが出来るように、導きを受けたいと思います。
 イスラエルの民はエジプトの地で奴隷になっていましたが、紀元前1280年の頃、全き神の力と導きによって、いわゆる出エジプトが始まります。イスラエルの民は、当時最強と言われていたエジプト軍の追跡を逃れて紅海を渡りきり、荒れ野の旅を続けてシナイ山の麓までやって来ました。主なる神はモーセをシナイ山に招き、主なる神とイスラエルの民との約束である十戒を示しました。ところが、モーセがシナイ山にいる40日の間に、イスラエルの民は神の御心の反する行いをしてしまうのです。イスラエルの民は、モーセが山に登ったままなかなか降りてこない事に不安になり、麓に残っていたアロンに向かって「私たちに先だって進む神々を、私たちのために造ってくれ」と言い始めたのです。私たちも、神がいる事の確かさがぐらつくと、安心するために目に見える対象を求めたくなるのではないでしょうか。
 アロンは民の訴えをきいて、民が身に付けている金を集めて鋳物にし、雄牛の像をつくりました。そして、祭壇を築き、一同はこの金の小牛を神の宿る台座に見立ててその周りで飲み食いして騒ぎ始めたのです。
 一方、モーセは40日間シナイ山にいて神の言を受け、2枚の石の板に神ご自身の指で記された十戒を授かり、山を降りてきました。イスラエルの民の宿営に戻ってきたモーセは、金の子牛の周りで踊り戯れている民の姿を見て怒り、十戒を記した石板を投げつけて砕いてしまいます。更に彼らが鋳て造った若い牛の像を火で焼いて砕き、粉々にして水の上に撒き散らし、イスラエルの人々に飲ませたのでした。イスラエルの民は、モーセが主なる神とシナイ山の上で約束を交わし合っている真っ最中に、不安になって金の子牛像を造り、主なる神との関係を壊してしまいました。モーセは必死になって主なる神に向かい民が犯した罪の赦しを願い、またこの民を見捨てて離れ去るようなことなく共にいて下さるように祈りました。 
 主なる神はモーセをもう一度シナイ山の頂きに呼び寄せ、契約を結びなおしてくださいます。モーセはもう一度石の板二枚を持ってシナイ山の頂に登っていきました。この時、出エジプト記第34章6節にあるとおり、主はモーセに宣言なさいました。
 「主、主、憐れみ深く恵みに富む神、慈しみとまことに満ち、幾千代にも及ぶ慈しみを守り、罪と背きと過ちを赦す。」
 5節を見てみると、主はモーセと共にそこに立ち、「主の御名を宣言された。」とあります。つまり、主なる神はご自身の正体を証して、ご自分は「憐れみ深く、恵みに富む神」であり、「慈しみとまことに満ちている」と言って、神ご自身の方から契約を結ぼうとしておられるのです。
 先ほど見てきたとおり、イスラエルの民はモーセを通して主なる神と約束を交わしその誓いを立てたにもかかわらず、その契約を台無しにしてしまいました。このような罪深く弱い民を顧みて、憐れみ深く恵みに富む神はもう一度モーセを通して契約を結び直してくださいました。それは、単に無節操に何をしてもその赦すということではなく、本来は「罰すべき者を罰せずにはおかず、父祖の罪を子、孫に3代4代までも問う」はずの神が、「わたしがあなたを選び、あなたを持ち運ぶ」という思いで、もう一度神との間に生きる出発点へと招いて下さるのです。
 もし、契約や約束事がいい加減なものであれば、この世界は無秩序になって混乱するでしょう。また、もしはじめから守らなくても構わない契約があったとしたら、そんな約束は無いも同然です。私たちが神と結んだ約束や誓いについても同じであり、何一つおろそかにして良いことなどありません。むしろ神と私たち一人ひとりの契約があるからこそ、私たちのこの世界における人と人の契約も成り立つと言えます。契約に忠実であることは、その根拠となる信念に裏付けられているはずです。
 私たち日本人は神観念が薄くその場その場の雰囲気に流されやすく、他人や世間の目が無ければその場限りの都合の良い事を言いやすいと指摘されています。「旅の恥はかき捨て」と言う事も、一人ひとりがしっかりとした神との契約関係に立たない事により、その場限りのご都合主義の日本人の精神を表現している言葉なのかも知れません。もし、私たちが神との契約を破って神の意思を疎かにするなら、私たちは私たちをお創りになった神の裁きに服さねばならない者であることをよく心に留めておく必要があるでしょう。
 モーセは再び神の御前に立ちました。神はご自身をモーセに現して、「憐れみ深く恵みに富む神、忍耐強く慈しみとまことに満ち」と言って、契約を守れなかったイスラエルの民を顧みてくださいます。それでは、イスラエルの民が赦されることで、契約を破って相手に損害を与えたイスラエルの民が負うべきこの罪の責任、契約を守らなかったことの償いは誰がすることになるのでしょう。
 その答えは、やがて主イエスによって示されるのです。
 神は単にイスラエル民族のためだけではなく、罪ある全ての人のために目に見えるお方となってこの世に来て下さいました。主イエスは、神であるのに人となり、憐れみ深く恵みに富むお働きを、忍耐強く、慈しみとまことに満ちた生涯を通してお示しになりました。神の御心は、具体的な人となって示されました。その人は、イエス(ヤハウェ救い)と言う名を与えられ、イエスはその名の通りの生涯を送って神の御心を示し、その結果、最期には十字架にお架かりになりました。私たちが契約に違反し主なる神との約束を台無しにした結果、本来私たちが自分で果たすべき責任、自分自身が負うべき罪の結果を、私たちに代わって主イエスが引き受けて下さり、本来なら私たちの罪を主の前に三代四代後まで赦されずにその償いの働きを負うはずの私たちがその罪を赦されたのです。こうして主なる神は救いの約束である私たちとの契約を、解消するのではなく、主イエスを通して確かなものである事を明らかにして下さったのです。このような神の恵みと慈しみに基づいて、私たちは「憐れみ深く恵みに富む神」「忍耐強く慈しみとまことに満ちる神」と私たちの方から主なる神を誉め称える事が出来るのです。
 新しい年を迎えました。1月1日は降誕日から8日目であり、救い主がイエス(ヤハウェは救い)という名を与えられた事を覚える祝日です。一年の初めに当たり、私たちは主イエスが「神は我が救い」である事を身をもって示してくださったことを感謝し、イエスの名を私たちの心に刻み、私たちが洗礼、堅信礼のおりに神と交わした契約の言葉を再確認しましょう。出エジプト記34章9節にあるモーセの言葉を私たちの心に刻みつけて、新しい年のそれぞれの歩みを始めて参りましょう。
「主よ、もしご好意を示してくださいますならば、主よ、私たちの中にあって進んで下さい。」
posted by 水戸聖ステパノ教会 at 18:21| Comment(0) | 説教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月30日

降誕節を生きる  ヨハネによる福音書第1章1〜18 C年降誕後1  2018.12.30

降誕節を生きる
ヨハネによる福音書第1章1〜18 C年降誕後1  2018.12.30

 降誕日の直後の主日です。降誕後第1主日を迎えました。
 かつて、クリスマス・イヴ礼拝に出席した小学生が、礼拝後の茶話会で私にこう話しかけてきました。
 「日本のクリスマスはイヴだけで終わっちゃうけど、本当のクリスマスは明日なんだよね。」
 私は「その通り。そしてクリスマスは12日間続いて、世界はこの時が一番平和なんだよ。」と答えました。
 今年も、主イエスのいない年中行事のクリスマスは、イヴのお飾りがなくなると共に過ぎていきました。でも、クリスマスのことで大切な事は、御子イエス・キリストの誕生によって、神の御心がこの世界に具体的に示された事をしっかりと受け止める事であり、信仰者のクリスマスは12日間、1月6日の顕現日の前日まで続きます。
 教会暦の一年は、主イエス・キリストを迎えるための4つの主日を過ごすことに始まり、私たちは今、主イエス・キリストのご降誕を祝う平和の時を過ごしています。
 降臨節、降誕節が、教会暦の上で、一年の初めに置かれいるのは、私たちがイエス・キリストを迎え入れてこれから信仰生活が始まっていくことに位置づけら、意味づけられているように思われます。皆さんは、いかがお考えでしょうか。
 私たちはこのような教会暦の中にも教会の伝統が受け継がれていることを大切にして、その精神を生きることを受け継ぎ、また後世にも引き継いでいきたいと思うのです。
 
 教会暦の降誕節の12日を考える上で、小さな絵本のお話をしましょう。
 それは、『クリスマスの祈り The Legend of the Cristmas Prayer (ブライアン・モーガン著』(いのちのことば社)という絵本です。
 クリスマスが近づく頃、ある男が、自分が他の人に贈ることの出来る最高のプレゼントは何かを考えますが、行き着いたのは、
 「きっとお金で買えないほどのねうちのある贈り物があるにちがいない。」ということであり、クリスマスの12日の一日一日の祈りの言葉を羊皮紙に書いていきます。
 例えば、1日目は
「クリスマスの1日目に 君のために喜びを祈ろう。あふれるばかりの喜びと、心うるうおす笑い声を。笑い声は病をいやし 喜びはたましいを高く舞いあげる。」
 そして、2日目は吐息を、3日目は涙を、4日目は静けさを、5日目は知恵を、更に、忍耐、勇気、あわれみ、働く喜びなどが祈られ、12日目には
「クリスマスの12日目に 君のために愛を祈ろう。心の底から湧きでる愛を。くらしのなかで行き交う人にいつも愛を与えることができるように。」と書き上げます。
 でも、ここで男はこれらの宝はみなすでに贈ろうとする友の中にあるもので、この言葉を書く度に、それらの言葉が自分の心にもしっかりと刻まれていたことに気付きます。
 やがてこのクリスマスの祈りは、この男のことは忘れ去られていく中、書き写されて他の多くの人から人へと届けられ、贈る人にも贈られる人にも豊かで暖かな心が拡がり、この本を手にするあなたも暖かな心になりますように、と結ばれてこの本は終わります。

 私は、絵本としての評価は別にして、この本を通して、クリスマスの12日間について、ことに私たちの降誕節の過ごし方について思い巡らせることが出来ました。
 今日の福音書の中で「言は自分の民のところへ来たが、民は受け入れなかった。」(1:11)とあります。世の中はクリスマスを季節の行事のように祝いながらも、イエスをキリストとして受け入れてはいません。そのような中でも教会は、粛々と淡々と、主イエスが闇の中の光として世に来られたことを語り続け、その光が世界の隅々にまで行きわたりますようにと祈るのです。
 この世が主イエスを認めなくても、民が受け入れなくても、神が主イエスを敢えて貧しく小さなお姿でお与え下さって私たちを熱い思いで愛してくださっている事を覚え、教会は時が良くても悪くても、主イエスによって与えられた救いについて思い巡らせて祈り、伝えていく使命を与えられているのです。
 私たちは、貧しく小さいお姿でこの世に宿って下さった主イエスによって神の愛を示されました。私たちはそのようにしてまで独り子を惜しまない神の愛を伝えられ、そのキリストを受け入れました。私たちは、私たち自身の中にある心の闇を見つめて、またその一方で、主イエスを自分の心の闇に迎え入れることで、今まで見えていなかった多くの事を新しい目で見る事ができるように導かれたいのです。
 この世界に生きている動物は、それぞれの種類によって認識できる光の波長が違います。例えば、人間の目には紫外線は見えないけれど、チョウには紫外線は可視光線であり、その見え方で、チョウは花の種類を見分け、雄と雌の違いをすぐに識別しています。このことを比喩として言えば、私たちは主イエスを通して示された神の愛を受けて、私たちはその愛の目でこの世の出来事を見ることで、その視点からこの世に神の愛をもたらす生き方へと促されていきます。
 例えば、今まで拒んでいたイエスについて、見ようとしなかったイエスについて思い巡らせ、イエスの名によって祈ることによって、見える世界が新しい拡がりをもたらすことへとつながっていきます。
 先程紹介した絵本の中で、男が他の人に贈る最高のプレゼントを思い巡らせることを通して、この世の富としては決して手に入れることのできないものに気付き、相手のために祈ることへ、そしてそれは届ける人も届けられる人も心豊かに温かくされることが示されていました。
 それまでは、例えば、得か損か、高いか安いか、勝ちか負けか、上に立つか従うか、自分の思いどおりかどうか、気に入るかどうかと言うようなことを判断基準にして、その枠で見える中で生きて来た者が、主イエスを迎え入れることによって見えてくる世界とそこに生かされる感謝と喜びによって、教会は生かされ歩んでいきたいのです。
 降誕節の12日間は、私たちが主イエスによって神から与えられた「愛」を自分の判断の基準にして生きられるように、主イエスを私たちの馬小屋のような粗末で汚れて他の人には触れないで欲しいような所にも迎え入れて、その喜びを確認して過ごす期節です。
 馬小屋のような粗末な場所であっても、そこを宣教の始めの場所としてこの世に来られた御子主イエスを迎え入れ、見つめて、神の愛の視点を養われましょう。そして私たちが生きていく判断基準も私たちの内に宿ってくださった主イエスに基づくものとなるよう、祈り求めていきたいと思います。
 もう一度今日の特祷を捧げ、私たちが神の愛によって目を開かれ、神の愛を映し出す働きに与る思いを新たに致しましょう。
 全能の神よ、あなたは驚くべき御業によりわたしたちをみかたちに似せて造られ、更に驚くべき御業により、御子イエス・キリストによってその似姿を回復してくださいました。どうか、主が人性をとってわたしたちのうちに来られたように、私たちも主の神性にあずからせてください。主イエス・キリストによってお願いいたします。アーメン
posted by 水戸聖ステパノ教会 at 17:19| Comment(0) | 説教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月25日

小さく弱い救い主 ルカによる福音書第2章1節〜20節  降誕日 2018.12.25

小さく弱い救い主             2018.12.25
降誕日 ルカによる福音書第2章1節〜20節

主イエス・キリストの御降誕を感謝し、お喜び申し上げます。
 今から2000年近く前、ガリラヤのナザレという村からユダヤのベツレヘムにたどり着いた若い夫婦がいました。その旅は、150qほどの道程で、当時は4日ほどかかっただろうと考えられています。
 未婚のうちに身に覚えのない子を宿した妻をいたわりながら、若い夫婦がベツレヘムに着いた時には、既に日は暮れ、夜の暗黒と寒さが彼らを包みます。この旅は望んだ旅ではありませんでした。その当時、イスラエルを占領していたローマ帝国皇帝アウグストゥスが、占領地の人口調査のために、住民に先祖の町に戻って登録をするようにとの勅令を出したのです。その人口調査の目的は、第1に占領地の住民を徴兵するためであり、第2に占領地の住民から税金を取り立てるためでした。
 ローマ帝国に占領されていたイスラエルの民の心は荒れすさんでいました。自分たちの望んでいない兵役と課税の重荷のために多くの人が望まぬ旅を強いられ、先祖の町へ、古里へ、と旅をしていたのです。
ヨセフは、お腹の大きなマリアに気遣いながらベツレヘムに着いて宿を探します。当時のベツレヘムは既に寂れていたようですが、紀元前1000年に国王となったダビデを輩出した由緒ある町です。かつては栄えたベツレヘムに帰郷する人は多く、町は登録する人で溢れてごった返し、ヨセフはどこにも宿を見つけることができません。彼らは仕方なく家畜小屋を見つけて疲れた体を横たえました。家畜小屋とは、旅する人のラクダやロバをつないでおく場所であり、今の時代に当てはめて言えば駐車場ということでしょう。臨月を迎えていたマリアは、この馬小屋の片隅で赤ん坊を産み落とし、その子は布にくるまれ飼い葉桶の中に寝かされました。
 福音書はこのことを「宿屋には彼らの泊まる場所がなかったからである」と記して、キリストの誕生を伝えています。
 ルカによる福音書は、馬小屋での救い主誕生を描きますが、旅する夫婦の子どもが馬小屋で生まれたことに気をとめる者は誰もなく、ましてここから世界の救いの働きが始まると知る者もありませんでした。
 聖書が伝える救い主は、弱く、小さく、貧しく見えます。
 多くの人は、荒れすさんだ気持ちのまま競うように自分の宿を確保した後は、身重の女がノロノロと町に着いたのを見ても、誰もその夫婦を迎え入れようとはしないし、「相部屋でよければどうぞ」と言う人もいません。ちょうど、満席の電車にヨロヨロとお年寄りが乗り込んできたとして、その人が座るのには全員が立ち上がる必要はなく、ただ一人誰かが席を替わればそれで済みます。それを裏返して言えば、身重の女を気遣う人は誰一人としていなかったのです。
 そんな中で未婚の母とさえみなさる女を母親として、救い主は、弱く、貧しく、小さくなって、この世に来てくださいました。
 当時、イスラエルの民はそれぞれに救い主の姿を思い描き、その到来、出現を待ち望んでいました。
 ある人はイスラエルがローマ帝国から独立を取り戻すための政治的指導者を、またある人はイスラエルの軍事力を回復するダビデのような王の出現を待ち望んでいました。そのようなイスラエルの民の期待を少しも満足させないような弱い、小さい、貧しい救い主が、馬小屋の中にいます。
 馬小屋で生まれた救い主がやがて公に神の国を宣べ伝える働きを始めても、多くの人はその働きを救いの働きであるとは認めませんでした。
 そのような中、ここに救い主がいることをすぐに理解した人がいました。それは、町の外で野宿しながら夜通し羊の群の番をして過ごす羊飼いでした。羊飼いは、その当時、町の人々からは蔑まれ除け者にされていました。イスラエルの都市部で生活する人々は、救い主が出現したときには、自分たちこそがその救いにあずかるのにふさわしいと考え、その枠に入らない、あるいは入れない人々を蔑み、切り捨て、そうすることで選ばれた者の一致を図ろうとしていたのです。
 その一方で、羊飼いたちアウトローは、ローマ皇帝の人口調査の対象にもならず、その日も相変わらず野原で羊の群れの番をしていました。誰が王であろうと、どんな勅令が発せられようと、彼らはその対象外であり、もっと言えば、羊飼いたちは生きていく上での権利を奪われ、彼ら自身も人間らしく生きることを忘れかけていたのです。このような羊飼いのところに主の天使が救い主の誕生を知らせます。
 「今日、ダビデの町であなた方のために救い主がお生まれになった。この方こそ主メシアである。あなたがたは布にくるまって飼い葉桶の中に寝ている乳飲み子を見つけるであろう。これがあなたがたへのしるしである。」
 羊飼いたちは、この天使の言葉に促されてベツレヘムへ行き、馬小屋の中に弱く小さく貧しいお姿を取った救い主を探し当て、喜びに満たされました。町の人が誰も見向きもしないような馬小屋の飼い葉桶の中に救い主のしるしを初めに見たのは、羊飼いたちでした。一見、何の頼りにもならない、見向きもされないような弱く小さく、貧しい乳飲み子の中に、羊飼いは救いとは何であるかを悟ります。旧約聖書の時代から待ち望まれた救い主が飼い葉桶のこの嬰児に示されていることを知るのです。
 さて、私たちにとって救いとは何でしょう。私たちにとっての救い主とはどのような存在なのでしょう。
 聖書の「救い」とは、滅び行く危険から助け出されるということであり、本当の自分からどんどん離れていってしまうことから本来の位置に立ち戻ることが「救い」の元の意味です。
 人間らしく生きることを奪われた羊飼いたちは、心の奥底でそのような救いを求めていたに違いありません。彼らはイスラエルの人々から蔑まれ、切り捨てられ、受け入れられず、町の生活を離れた人たちであり、自分の生きる意味や価値を奪われた人であり、それを放棄した人です。いつの間にか、「どうせ俺たちゃ、羊飼いよ」とばかりに、投げやりな生き方に向かっていたことも考えられます。そうであれば、彼らはますます住所不定の無法者、落ちこぼれ者という評判の中にはまりこんでいくことになり、世間の人々からますます人間扱いされなくなっていきます。
 救い主は、そのような羊飼いよりもなお貧しく、小さく、弱くなって、この世に宿ってくださいました。救い主は、その貧しさや小ささや弱さの中にあっても、投げやりでなく、自分の境遇を他人のせいにすることなく、神の愛を示し、その生き方の中に神の愛が現れ出るように生き抜いて、その果てに当時の権力者たちの手によって十字架に挙げられて殺されていきます。
 ある聖書学者は、「この世が救い主イエスに用意していた宿は、十字架の上であった」と表現しました。
 救い主の馬小屋での誕生は、人間扱いされないような人々とも共に神の子が生きてくださるしるしです。すべてを神と貧しい夫婦に任せている弱く小さい嬰児によって、旧約聖書の時代から待ち望んでいた救いが、人々の期待とは全く違う姿で成就するのです。
 馬小屋の救い主によって神の愛を知った羊飼いたちは、喜びに溢れます。人は自分を超えた確かな存在に愛されることによって本当の自分を知り、その自分を愛することができるようになります。そして、その力をもって他の人をも愛することができるようになります。
 私たちに救いが訪れるのは、ローマ皇帝の武力によって争いが鎮圧される時ではなく、他者を打ち負かして勝ち誇る時でもありません。わたしたちが、自分の心の奥底にある醜さ、惨めさ、弱さ、貧しさを神に開き、その深い暗闇に救い主が愛となって宿ってくださったことによって救いが訪れるのです。
 わたしたちも自分の弱さ小ささ貧しさの中でこそ神と出会い、「あなたのために救い主がお生まれになった」という天からのメッセージを受けることができるのです。救い主イエスは、羊飼いたちに喜びを与えたように、わたしたちを愛し、受け入れ、支えていてくださっています。わたしたちは主イエスによって愛されている者であり、自分で自分を否定する必要はないし、自分を粗末にすることもない、また同じように、他の人を否定することもないし他人を粗末にすることもなくなるのです。
 救い主が貧しく、低く、小さくお生まれくださったことを、私たちに与えられた恵みとして受け入れ、私たちは喜びの中に生きることを許されます。弱さの中に宿ってくださる救い主を迎え入れ、ともに主イエス・キリストに示された神の愛を感謝し賛美しつつ歩んで参りましょう。
posted by 水戸聖ステパノ教会 at 17:59| Comment(0) | 説教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする