2017年09月04日

主イエス、ペトロを叱る  マタイによる福音書16:15−20   聖霊降臨後第13主日(特定17)

主イエス、ペトロを叱る
マタイによる福音書16:15−20  聖霊降臨後第13主日(特定17) 2017.09.03

 今日の聖書日課福音書を含むマタイによる福音書の第16章は、この福音書全体の中で一つの大きな節目になっている箇所です。マタイによる福音書全体を見渡してみると、福音書前半部には主イエスがガリラヤ地方でなさったたくさんの奇跡、癒し、教えが沢山記されています。その主イエスは、ある意味で華々しくもありました。多くの人々がそのイエスに感動し、それぞれに自分たちの夢や希望をイエスに託し、多くの人がこのイエスこそ自分たちの夢を実現してくれるお方であると信じました。先主日の聖書日課福音書の中で弟子のペトロが主イエスのことを「あなたはメシア、生ける神の子です」と信仰を告白していますが、もしかしたらペトロの心の内を深く訪ねれば、例えばペトロはこのイエスによって自分の立身出世の夢を果たしていただけるとか権力を握れるというような思いに発する信仰告白であり、ペトロ自身もまだそのことに気づかない中での信仰告白であったかもしれません。
 それでも主イエスは、ペトロの信仰告白を受け止めて祝され、「あなたは幸いだ。あなたにこのことを現したのは、人間ではなく、わたしの天の父なのだ」とまで言っておられます。主イエスはペトロが公に信仰告白することを祝福しておられるのです。そして、主イエスは、イエスをメシア(救い主)と信じてその信仰を告白するところに教会を建て、信仰告白を共にする共同体を現すのは天の父のなさる業であると祝し教えてくださいました。
 その脈絡から今日の聖書日課福音書に目を向けると、この箇所は主イエスがペトロを始めとする弟子たちの信仰を更にもう一歩先の次元へとお導きになろうとしておられる箇所と捉えることができるでしょう。
 今日の福音書の箇所は、「そのときから、イエスは、・・・・・・し始められた」という言葉で始まっていますが、この言葉はマタイによる福音書における大きな段落を始める「編集句」なのです。参考にマタイによる福音書第4章17節を開いてみてください。こちらも同じ言葉で段落が始まりますが、こちらは主イエスがガリラヤでの宣教活動を始める段落の始まりと位置づけられます。そして、今日の箇所はペトロが告白しているメシア(救い主)がどのような意味でのメシアであるのかを示し始める箇所、つまり、ご自身の受難と死を通して信じる者に天の国を与えてくださるメシアであることを身をもってお示しになる段落の始まりを示す言葉として位置づけられます。
 先ほども触れたとおり、先主日の福音書の中で、ペトロは「あなたはメシア、生ける神の子です」と信仰告白をしました。その告白を祝されたペトロがその直後に(今日の福音書の箇所で)、主イエスから「サタン、引き下がれ」とまで言われて叱られています。わたしたちはペトロの信仰告白とペトロがこのように叱責されることをどう捉えればよいのでしょう。
 ペトロの信仰告白は意味のないことになってしまったのでしょうか。主イエスさまはペトロやほかの弟子たちを否定して叱りつけているのでしょうか。
 そうではありません。そうではなく、むしろペトロとペトロに代表される信仰告白をする者の集まりが主イエスにとって叱るに値するからこそ、そして叱らなければならないからこそ、主イエスは叱っておられるのです。
 今日の福音書の中で、ペトロは、主イエスの受難予告の意味を理解できず、受難を予告する主イエスに「主よ、とんでもないことです。そんなことがあってはなりません」と言いました。これに対して主イエスは振り向いてペトロにこういわれたのです。「サタン、引き下がれ」。
 皆さんはこの言葉から、主イエスが宣教を始める前に荒れ野で悪魔の試みに合われた時のことを連想しないでしょうか。今日の福音書の中では、ペトロが受難予告をするイエスに心を痛めイエスを案じつつ真剣にイエスに向かって話しかけています。でも主イエスは、そのようなペトロの中にさえサタンの働きを見抜いたのです。主イエスは、宣教の始めに40日間断食して荒れ野で悪魔の誘惑を退けたましたが、あの時の悪魔の誘いと同じ誘惑をペトロの言動の中に見抜かれたのです。主イエスの視点から見えてくるのは、ペトロの中にある「神のことを思わず、人間のことを思っている」姿だったのでしょう。
 ただ、ここで注意しておきたいことがあります。それは、ここで主イエスがペトロの人間性や人格まで否定してペトロのことをサタン呼ばわりしているのではない、と言うことです。それは、日本語には訳されていないのですが、原文のこの箇所 「ヒュパゲ オピソー ムー」 を直訳すれば、「わたしの後ろに下がれ」ということであり、英語訳でも Get behind me. となっているのです。つまり、ペトロに向けたイエスの言葉には「わたしの後に」という語がしっかりと入っているのです。更に、この「わたしの後に」という言葉は、このすぐ後の24節で「わたしについて来たい者は」という中にもあり、その部分を直訳すれば「わたしの後から来ることを望む者は」と訳せます。つまり、この箇所で主イエスは、ペトロがこれからも主イエスの御跡を歩むこを前提にしてお叱りになっているのであり、荒れ野でサタンに 「ヒュパゲ サタナ(サタン、引き下がれ)」 と宣言したこととは全く違う意味を含んでいるのです。
 そうであれば、ペトロにとってまたペトロに代表される信仰告白をする群れに連なる私たちにとって、主イエスに叱られることは、どのような意味を持つのでしょうか。
 主イエスさまは、ペトロを叱ったすぐ後で、弟子たちにこういっておられます。
 「わたしについて来たい者は自分を捨て、自分の十字架を背負って、わたしに従いなさい。」
 主イエスは、自分の負うべき自分の十字架を負って信仰の歩みを正しく歩めるように、御心とは違うことへと向かいそうになるときに、つまり「罪」に引き込まれそうになる時に、主イエスはお叱りになるのです。聖書の世界での「罪」とは、私たちの生き方が神の御心から離れていたり、神に与えられたかけがえのない自分が自分として生きていない姿を言うのです。人は弱く、神の御心とは何かを考えているようでようでありながらも、この時のペトロのように自分のことしか考えられず、時に傲慢になり、不遜になり、虚栄を張り、あるいは卑屈になり、サタンの誘惑に引き込まれ易いのです。そのようなわたしたちは、主イエスから「サタン、退け。わたしの後から従ってきなさい」と罪から引き戻され、新たに導きを受けながら歩んで行く必要があるのです。
 ペトロは、主イエスさまに叱責されていますが、視点を変えてみれば、ペトロは何と幸いな人であろうかと思います。ペトロはそれほどに主イエスに導きを受けているのです。主イエスは、ペトロがサタンの誘惑と支配とに負けないように、ペトロを叱り、我が身を振り返らせています。そのようにして神の御心を求めて生きるように、主イエスはペトロに関わり、育くむのです。そして、この主イエスの愛は、今、ここで私たちにも注がれています。
 ヘブライ人への手紙第12章5、6節に次のような言葉があります。 
 「わが子よ、主の鍛錬を軽んじてはいけない。
 主から懲らしめられても、力を落としてはいけない。
 なぜなら、主は愛する者を鍛え、
 子として受け入れる者を皆、鞭打たれるからである。」
 主イエスは、私たちを導き、絶えず私たちをありのままの本当の自分となるように導き返し、その自分が神とつながって自分の背負うべき自分自身を背負って主イエスについてくるように、絶えず私たちを招き続けていてくださいます。
 そのようなそれぞれの信仰の歩みの中で、主イエスは時に「疲れた者、重荷を負う者は、だれでもわたしのもとに来なさい」と私たちを招き、また時に「サタン、引き下って、自分の重荷を背負ってわたしについてきなさい」と厳しい言葉で軌道修正させ、私たちを天の国へと伴ってくださるのです。主なる神の大きな御手の中で、主イエスによって絶えず信仰を新たにする導きを受ける者でありたいと思います。
posted by 水戸聖ステパノ教会 at 06:24| Comment(0) | 説教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月20日

カナンの女の信仰 マタイによる福音書15:21−28 聖霊降臨後第11主日(特定15) 2017.08.20

カナンの女の信仰
マタイによる福音書15:21−28
聖霊降臨後第11主日(特定15) 2017.08.20

 今日の聖書日課福音書は、異邦人であるカナンの婦人が、主イエスに熱心に願い求めて、娘の病気を癒していただいた物語の箇所です。
 はじめに少しカナン人について触れておきましょう。
 イスラエルの民は、出エジプト記に記されているように、かつてエジプトで奴隷になっていました。イスラエルの民がエジプトを脱出し、40年の放浪の末に約束の地であるパレスチナに戻ります。カナン人は既にそれ以前からその地に住みついていた民族でした。広い意味では、パレスチナ一帯に定着していた人々が「カナン人」と呼ばれ、イスラエルの民はカナンに先住していた人々の土地に入り込み、征服しながら自分たちの居住地を拡げていった歴史があります。
 イスラエルの民は、かつて奴隷であり、その後40年に渡り放浪の旅を続けた後にパレスチナに住み着くようになりました。そのようなイスラエルの民に比べ、早くからこの地に定住していたカナン人は、高い農耕技術を持ち、文化的にも資産の上でもイスラエルの民よりはるかに豊かでした。旧約聖書の中にこのカナンの地を「乳と密の流れるところ」と表現してる箇所もあります。イスラエルの人々は、カナン地方に入ると、先住の民から麦やぶどうの栽培など農耕の技術を採り入れました。しかし、そのことはイスラエルの民にとって宗教的に大きな誘惑にもなりました。それは、イスラエル民族の主なる神への信仰(ヤハウェ信仰)が、カナンの肥沃と多産をもたらす神をまつる土着の宗教によって誘惑されることになる、ということです。イスラエルの民がカナンの地に定住するようになると、彼らはカナン土着の農業神の信仰に絡め取られたり主なる神への信仰を変質させられる危険がいつもつきまとうことになります。その中、イスラエルの預言者は、民の生活から土着の農業神の文化や習慣を出来るだけ排除し、イスラエルの民が主なる神への純粋な信仰を守るように戦わなければなりませんでした。
 歴史的に見て、カナン人には今申し上げてきたような背景がありましたので、主イエスの時代にも、ユダヤ教徒たちは、その純粋性と主なる神への信仰を守ろうとするために、カナン人を嫌い、カナン人をはじめとする異民族との交わりを意識的に避けたのでした。
 こうした時代背景を念頭に置くことで、今日の聖書日課福音書を理解し易くなるかと思われます。
 主イエスの時代にも、熱心にイスラエル民族の一致と団結を考えるユダヤ教の指導者たちは、主イエスに対しても、イスラエルの民の一人として振る舞うことを求めました。そのような人々にとって、異邦人であるカナンの女がイスラエル人である主イエスのところに娘の癒しを願いに来ることなど、理解しがたいことであり、また許し難いことでもありました。
 このカナンの婦人は、主イエスに向かって「主よ、ダビデの子よ」とまで言って憐れみを求めました。「ダビデの子」とは、かつてイスラエルの国を王国として統一し繁栄させたダビデ王のような救い主が再び出現することを願って、イスラエルの人たちが「来たるべき救い主」という思いを込めて用いた言葉です。その「ダビデの子」という言葉を、異邦人であるカナンの婦人が主イエスに対して用いているのです。この言葉は、いわば信仰告白の言葉です。この言葉を聞いたイスラエル人々は不快な思いになったことも想像されます。
 更にこの婦人は、「主よ」と言って主イエスに娘の癒しを求め続けています。「主よ」も信仰告白の言葉です。すぐに自分の願いが満たされなくても、この婦人は落胆したりあきらめたりすることなく、主イエスに対する自分の信仰を告白し、娘の浄めを願い求めて止みません。
 主イエスがこの婦人に、ご自分の使命はイスラエルの民を救いに導くことにあると告げると、この婦人は自分を取るに足りない小犬に例え、「主よ、小犬も主人の食卓から落ちるパン屑はいただくのです。」と言って、異邦人である自分も主イエスの溢れ出る恵みをを受けることができるという信仰を表明します。
 マタイによる福音書がまとめられた時代を振り返ってみますと、主イエスが地上での生涯を終えられてから半世紀ほど経った時代です。主イエスを救い主であると告白して宣べ伝える人々の中にも、宣教はイスラエル人の対して行われることを当然である考える人も沢山いました。彼らは、主イエスの教えや生き方はあくまでもイスラエル民族が保持するユダヤ教の枠の中だけに意味があり、イエスを通して示された神の恩恵に浴することができるのもイスラエル民族だけである、と考えました。このような考えに立つユダヤ教信徒の中には、異国人であるカナンの婦人がユダヤ人であるイエスに近づくことを快く思わず、追い払いたくなる者もいたことでしょう。
 でも、主イエスご自身はどうだったでしょう。今日の聖書日課福音書の最後の部分で主イエスはカナンの婦人に「婦人よ、あなたの信仰は立派だ。あなたの願いどおりになるように。」と言って、この婦人の信仰を認めておられます。主イエスはこの婦人がカナン人かイスラエル人かということを問題にはなさいませんでした。イエスを自分の「主」としてひたすら主イエスに願い求めるこの婦人の信仰をご覧になって、主イエスは「あなたの信仰は立派だ」と言っておられるのです。
 主イエスは人種や民族のことを問題にするのではなく、自分の全てをぶつけてひたすら主イエスに救いを求めて寄りすがるこの婦人の信仰を良しとなさり、この婦人を受け入れておられます。
 福音記者マタイは、この物語によって、主イエスは単にイスラエルの歴史における民族的な救い主なのではなく、そのような民族の枠を超えて、異邦人も含め全ての人にとっての主であり、イエスを信じて救いを求めるすべての者の主であることを伝えているのです。
 今日の福音書は、主イエスがどのような人の信仰を認めているのかを描き、私たちにもこのカナンの女性のように、主イエスの導きと祝福の中に生きていこうとする信仰の本質を教えています。私たちは、主イエスを通して、しっかりと神を仰ぐ信仰をこのカナンの女性から教えられます。私たちは、信仰の本質とは関係のないことで、他者を優劣の目で見たり、物の豊かさなどを基準にして人を見てはいないでしょうか。また、他人の目を気にして主イエスに向かって心を開いて一心に願い求める信仰を覆い隠してはいないでしょうか。
 私たちは、聖餐式の中で、分餐の直前に近づきの祈りを致します。その中には次のような言葉があります。
 「わたしたちは、ただ主の憐れみを信じてみ机のもとに参りました。わたしたちはみ机から落ちるくずを拾うにも足りない者ですが、主は変わることなく常に養ってくださいます。(祈祷書p.181)」
 この言葉は、今日の福音書日課の言葉から採用されていることは言うまでもありませんが、この言葉には自分の全てを主イエスに委ねて求めて止まない一途な思いが表現されています。私たち一人ひとりも、元々は、神の救いの外に置かれていた者でしたが、この礼拝の中で、カナンの婦人のように一途に自分の信仰を主イエスに向け自分を委ねて主イエスに近づく者なのです。
主イエスは、そのような思いで主イエスに近づく人を、イスラエルの民であろうと異邦人であろうと、そっくりそのまま受け入れ、主の許に招き入れてくださいます。主イエスは、娘の癒しを求めて止まない異国の婦人に対して、「婦人よ、あなたの信仰は立派だ。あなたの願いどおりになるように。」という言葉をお与えになりました。イスラエルの律法の体系では、たとえその外に置かれてしまう者であっても、この婦人には、主に向かって叫ばないわけにはいかない思いがあり、それがこの婦人の信仰の源です。私たち一人ひとり、主イエスに向かって一途に叫び求めるべき何かを自分の内に持っているはずです。それを、主イエスに委ねて自分を開く一途な思いこそ信仰の土台であり、その土台がしっかりと据えられる時、私たち一人ひとりもそして教会も、その上に立派に立てられていくのです。
 今日の聖書日課福音書から、私たちも一人ひとり主イエスを求めて止まない信仰を強められますように。
posted by 水戸聖ステパノ教会 at 22:06| Comment(0) | 説教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月14日

リードオルガンのことなど  2017.08.06

リードオルガンのことなど
司祭 ヨハネ 小野寺 達
 現在、水戸聖ステパノ教会の聖堂にもう一台のリードオルガンが置かれています。このオルガンは一時預かりのもので、来年の3月には他の場所に引き取られる見通しです。
このオルガンは、アメリカのMason&Hamlin Company(メイソン&ハムリン社)製で、110年前に誕生した歴史あるものです。オルガンの一つ一つに記されている製造番号から製作年が確定または推定できるのです。
 なぜ、このオルガンがこの教会にあるのかについては他の機会にゆずり、ここではそのオルガン製作会社のことなどを記し、多くの方にリードオルガンへの関心をもって頂きたいと思います。
 鍵盤楽器の設計と製造の会社であるメイソン&ハムリン社は、1854年にマサチューセッツ州ボストンに設立されました。
 設立者のひとりヘンリー・メイソンは、ピアニストでもありました。彼の父親は清教徒の流れにある有名な作曲家また教育者のローウェル・メイソンです。この人は、アメリカの公立学校に音楽を初めて採り入れた人であり、また「アメリカの教会音楽の父」と呼ばれており、聖歌の作曲および出版に携わった人として世界中で知られています。日本聖公会の現行『聖歌集』にも以下の作品が含まれています(49よろこびの日よ、光の日よ(編曲),69諸人こぞりて(和声),395,493愛の業は楽しきかな(編曲),450救い主よわが罪をば(作曲),519主よみもとに近づかん(作曲))。『古今聖歌集』にはそれらの他にも多くの人に馴染みの聖歌も2,3掲載されていました。
 一方、エモンズ・ハムリンは、メカニックの技術と発明に卓越した力を発揮し、クラリネットやバイオリンなどの楽器に似た音をオルガンで出す方法を発明しました。彼は更にこの技術を発展させ、ヘンリー・メイソンと共に「オルガン・ハーモニウム」と呼ばれる新しい楽器を製作する目的で会社を設立したのです。それが先に記したとおり、1854年のことでした。
 ハーモニウムとリードオルガンを構造上の違いから厳密に区別して言う場合もあるようですが、多くの場合は同じものを意味して用いられているようです。
 同社は1867年のパリ万博展で、ハーモニウムで第1位を獲得して教会音楽の伝統あるヨーロッパ諸国の楽器制作者を驚かせ、その後も世界の音楽界を牽引する働きをしてきました。1881年同社はピアノ製作に踏み切り、以降ピアノの制作においても随所に新しい工夫を見せ、多くの革新をもたらしてきました。一方、ハーモニウム(リードオルガン)の製作は1927年に終了しています。
 日本におけるリードオルガンの現状について少し触れておきましょう。
 リードオルガンは、日本のキリスト教会と学校教育の中で、ピアノがまだ普及しない時期(明治期から昭和20年代)に、沢山輸入され、日本でも製作され、聖堂や教室に置かれて用いられてきました。このオルガンは、パイプオルガンに比べて運搬、設置、調律,維持が容易であり、大量に生産して用いられました。しかし、やがて、ことに第2次世界大戦後、次第にピアノが普及するにつれて、リードオルガンはその流れの中で大量に廃棄されてしまいます。専門家の中には「リードオルガンは楽器としての固有の位置を確保できなかった」と評価する人もいるようです。リードオルガンが廃棄される時期は、日本の戦後の経済復興とともにピアノが普及する時期と重なり、またその時期は、長く使われてきたリードオルガンの部品に傷みが出てその交換や修理が必要となる時期と重なっていたようにも思われます。この時代、「リードオルガンよりもピアノへ」、「リードオルガンよりもパイプオルガンへ」という流れの中で、大量生産される以前に作られていた名器もその多くが廃棄されてしまいました。こうした現状は今も続いていると言えるのではないでしょうか。
 しかし、リードオルガンは決してピアノやパイプオルガンの代用品ではありませんが、ことに日本では、リードオルガンよりパイプオルガンの方が高級であり聖堂に相応しいという印象を持つ人も多く、また近年はキーボードなどの電子楽器の普及もあり、多くのリードオルガンが、例えばふいごが破れたりペダルとふいごをつなぐベルトが切れたりというような故障を起こしたまま、どこか片隅に追いやられている場合も少なくないのではないでしょうか。
 こうした事態を憂慮し、またこの楽器をしっかりと後世に残し使っていこうとする人々の集まりも出来ていますし、有志によって演奏方法や楽器メインテナンスについての講習会も行われています。
 教会音楽も時代と共に移り変わり、現代では、ピアノ、ドラム、弦楽器、その他電子楽器なども採り入れる教会もあるようです。
 しかし、ピアノは鍵盤を押し続けても音が弱くなっていきますので、会衆の聖歌やチャントをリードするには不向きです。パイプオルガンは日本のような寒暖差と湿度差の大きな気候では音質の維持がきわめて難しくそれをするには費用がかかります。また、音量の調節が基本的に難しいため、小さな聖堂ではパイプオルガンの音量が会衆の歌声を消してしまうことにもなりかねません。
リードオルガンは、チャントや聖歌を歌いながら聖餐式を行う聖公会の礼拝をしていく上で、ことに礼拝の会衆が数十名程度の教会では、大切な役割を担ってきましたし、これからもその役割は変わらないでしょう。
 もし、かつて製作された最高級のリードオルガンを今あらたにつくるとすれば、最高級のパイプオルガンと同じ程度の費用がかかるとも言われます。
多くの人にリードオルガンへの関心をもって頂き、使用と維持について関心をもっていただけると嬉しいです。
                          『草苑』(水戸聖ステパノ教会月報)2017.08月号
posted by 水戸聖ステパノ教会 at 09:23| Comment(0) | 牧師のコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする